タグ:ヤエヤマウラナミジャノメ ( 2 ) タグの人気記事


2019年 11月 21日

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)

石垣島3日目

naoggioさんご夫妻は竹富島に観光に行かれると言うので、昼に合流することにして、それまでの時間もう少し撮影をすることにした。

朝、ホテルの前の草地を見るとリュウキュウアサギマダラが飛んでいた。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17263916.jpg

撮影していてふと足元を見ると、オオゴマダラの終齢幼虫がいて、蛹化場所を探しているのか歩き回っている。

ちょうどその先にリュウキュウアサギマダラが止まったので、オオゴマダラの幼虫とリュウキュウアサギマダラの成虫とのコラボを撮影できた。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17263962.jpg

こういう写真は自然状態ではまず撮れないなと一人にんまりする。

その後、昨日に続きウスアオオナガウラナミシジミを撮影した場所に行く。

道の入り口近くではイシガケチョウがテリハリをしていた。

止まっている位置が少し高いので、飛び出すところを撮影する。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17263939.jpg
石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17263946.jpg


林道では相変わらずオジロシジミが多い。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17263603.jpg

少しゆっくり飛んでくれたので飛翔を撮影。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17263643.jpg

リュウキュウヒメジャノメは数は多くはなかったけどどこにでもいた。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17263665.jpg

本土のヒメジャノメと似ているからついカメラを向けないけど、"いや、これもここに来なければ見られない蝶だから" と自分に言い聞かせて撮影する。

ウスアオオナガウラナミシジミが見つからないまま林道の一番奥に来てしまった。

足元を横切って藪の中に入ったチョウがいるので、止まったところをよく見るとウスイロコノマチョウだった。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17263751.jpg

あまり撮影機会がないので喜んで撮影。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17263615.jpg


ウスアオオナガウラナミシジミはいないなと思っていたら、家内が撮影していた。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17262601.jpg
家内撮影


移動して別の林道に入る。

少し歩くと、ヤエヤマムラサキがいた。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17262690.jpg

前日も撮影したけど、この日も少し高い所でテリハリをしていて、他のヤエヤマムラサキが飛んでくると飛び立ってスクランブルをしている。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17262591.jpg

そのうち少し降りてきたので、飛び立つところを撮影することにした。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17261665.jpg

翅の先端の紫色が出てくれた。
石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17261652.jpg


しばらくしたらした草に止まって翅を開いてくれた。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17261201.jpg

10日にはヤエヤマムラサキの前蛹を撮影することができた。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17263979.jpg
家内撮影


D500には内臓ストロボがないので、自分が撮影した分は暗くなってしまった。

ヤエヤマムラサキを追いかけていたら、足元でバタバタする蝶がいた。

見るとミカドアゲハで黄色みの強い個体だった。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17262695.jpg

傷ついているのか飛べないようだった。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17261690.jpg
家内撮影


少し奥にはヤエヤマウラナミジャノメがいた。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17261206.jpg

自分が来る時期にはなかなかこの蝶と時期が合わなくて、傷んだ個体しか撮影できていなかったけど、今回は新鮮な個体だった。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17261268.jpg

時期的には少し遅いはずだけど、ラッキーだった。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17261166.jpg

飛び立つところも撮影できた。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17260587.jpg
石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17260595.jpg

キチョウも飛んでいたので、こちらも撮り残しの無いようにカメラを向ける。

これはタイワンキチョウ。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17262610.jpg


家内の撮った写真は、ミナミキチョウだろう。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_15153578.jpg
家内撮影


そこにタイワンキチョウが飛んできた。
石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17261627.jpg
家内撮影


飛んでいるので前翅の縁が良く見えて間違いないと思う。
当初、飛んできた方もミナミキチョウかと思っていましたが、banyanさんのご指摘でタイワンキチョウの間違いだとわかりましたので訂正しておきます。

時間になったのでnaoggioさんと合流し空港まで戻るけど、途中スジグロカバマダラやシロオビアゲハがいたのでシャッターを押す。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17260591.jpg
石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17260535.jpg

青空背景のシロオビアゲハは最後にやったねという気分にさせてくれた。

石垣島3日目(ヤエヤマウラナミジャノメ:2019/11/11)_f0031682_17260585.jpg

naoggioさん、3日間楽しい撮影旅行をご一緒いただきありがとうございました。

それに案内していただいた熊谷さん、色々お世話になりました。
おかげさまで充実した撮影行になりました。



by dandara2 | 2019-11-21 17:50 | 飛翔 | Comments(14)
2015年 09月 24日

石垣旅行1(2015/9/20)

9月19日から22日まで石垣島に行ってきた。
シルバーウィークで混んでいて、航空機の時間や宿がなかなか確定せずやきもきしたけど、何とか行くことができた。
初日は乗り継ぎが悪く、那覇で2時間待たされた関係で、宿についたら17時。

息子の家族はさっそくホテル前のプールやビーチに行っていたようだが、こちらはぐったり。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17223143.jpg


翌20日は、息子家族とは別行動で今回の目的であるヤエヤマウラナミジャノメとオオシロモンセセリ、カワカミシロチョウなどを探しに出かける。
ただ、8月の台風15号の影響で、迷蝶はおろか、島で生活していた蝶までがごっそり吹き飛ばされたとかで、蝶の数はほんとに少なかった。

最初についたポイントではスジグロカバマダラが出迎えてくれた。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_1723355.jpg

こちらでは普通種だけど、この明るい色を見るとうれしくなる。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17232611.jpg


交尾個体も見つけることができた。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17234691.jpg


少し歩いた暗い道路の横をジャノメがちらちら飛んでいる。
もしかしてと思って撮影するけど、うっかりシャッター優先の1/1250で撮影したので、モニターでは真っ暗にしか見えず、果たして写っているのかいないのかわからなかった。

結果的には目的のヤエヤマウラナミジャノメだったけど、この旅行ではこれが唯一の個体だった。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17284283.jpg


ちょっと時期が早かったのかもしれない。

その後はジャノメを見るたびにシャッターを押すけど、ヤエヤマウラナミジャノメと言う感触が持てない。
家内の撮影したものは明らかにマサキウラナミジャノメ。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17292065.jpg


自分が撮影したこの個体もマサキだけど、ヤエヤマであってほしいという欲目から、撮影しているときにはもしかしたらと思ってしまう。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17294451.jpg


フィールドガイドの記述では後翅外縁まで白くなると書いてあるが、なにしろまだヤエヤマウラナミジャノメを見たことがないから、上の様な個体でも外縁まで白くなっているかなと思ってしまう。

結局帰ってから学研の日本産蝶類標準図鑑の、後翅の縁毛がマサキウラナミジャノメでは灰色で、ヤエヤマウラナミジャノメでは黒いという記述を見てようやく得心が行った。

ヤエヤマウラナミジャノメが見つからず(この時点では撮れたと思っていなかった)、がっくりして車に戻ると、アマミウラナミシジミが産卵していた。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_19363945.jpg


これでちょっと気が晴れる。

オオシロモンセセリを探して3か所ほどを歩くが結局見つからなかった。
どうもオオシロモンセセリとは相性が悪い。

最後の場所ではウラナミシロチョウが吸蜜していた。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17311284.jpg


大きさがモンシロチョウ位で、最初は何かわからなかった。(南の蝶はみんなわからないけど)

イワサキタテハモドキは台風でもそれほど飛ばされなかったのかそこそこの数を見ることができた。
この個体は、枯葉の裏に静止していて、何か他の個体と雰囲気が違うなと思いながら撮影したけど、後で写真を見ると手前の翅が短いようだ。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17314747.jpg


翅が破れた個体かと思ったけど、開翅したところを見ると切れてはいないようなので、何らかの原因で翅が矮小化した個体だろう。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_1732441.jpg


アオタテハモドキは以前来た時にはここでは見なかったけど、今年は数が多かった。
新鮮な個体が多かったから、台風の影響は受けなかったのかもしれない。

後翅のブルーがきれいな個体がいて喜んで撮影。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17323092.jpg


こちらの個体は前翅の後角まで青がのっていてとてもきれいだった。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17324557.jpg


雌もいた。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_1733548.jpg
家内撮影

青いタイプの雌には気が付かなかったけど、自宅で写真を確認していて気が付いた。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17433067.jpg


この個体、産卵しているようだ。
かなりうれしい

撮影中、家内がなかなか追いついてこない時があって、どこに行ったんだと思っていたら、オオコウモリを撮影していたとか。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17495157.jpg
家内撮影

来た日にも、ホテルに来る時に車の前のほうを飛んでオオーと喜んだのだけど、運転中だから撮影できなかった。
家内が撮影してくれたのはうれしい。

ホテルに帰ると、息子たちは十分楽しんだようだった。
孫はシーサーの絵付けをして、自分のカメラで撮影していた。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17335335.jpg
孫撮影

海にも出たようで、シュノーケルの練習をしたとか。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17341281.jpg


マンタも撮影できたと喜んでいた。
石垣旅行1(2015/9/20)_f0031682_17342995.jpg
孫撮影

25日から27日までまた出かけてきますが、今度はちょっと難しそうです。

by dandara2 | 2015-09-24 17:54 | 産卵 | Comments(8)