タグ:ミヤマチャバネセセリ ( 14 ) タグの人気記事


2018年 05月 05日

小畔川便り(ミヤマチャバネセセリ:2018/4/19.22)

4月19日は自宅前に、先日傷んだ個体しかいなかったミヤマチャバネセセリのその後の様子を見に行く。

オスは傷んでいたので、メスでもいないかなと思っていたのだけれど、いつものテリハリ場所に行くと一頭がテリハリしている。

見ると翅の傷んでいないオスだった。

まずはきっちり静止写真を撮影。

f0031682_19030898.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_19030826.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


光線の加減で翅の裏側がつぶれたり、草が茂っているので、逃げないように真横に移動するのが難しく、全体にピントを合わせるのが難しかった。

f0031682_19030115.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ちょっとのアングルの変化で、背景がガラッと変わる。
f0031682_19030146.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


静止写真をなんとか撮って、あとは飛び立ち撮影。

f0031682_19031861.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_19031810.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_19031925.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_19031819.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


これもなかなか良い方向に飛び出してくれず難しい。


最初はいつものようにシャッタースピードは1/4000で撮影していたけど、これだと翅の先が少しぶれたり、翅が同じ位置ばかり写ってしまう。
つまり翅表が写ると、ほとんどすべてのコマが翅表のみになってしまう。

翅を打ち下ろすタイミングとシャッターの間隔が一致してしまうのかな。
コマ数は秒60コマで、これは変えなかったけど、シャッタースピードを少しずつ変えてみたりしながら撮影した。

上のものも下のものも1/5000

f0031682_19030902.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


f0031682_19030922.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_19030961.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


また、翅の動きが早いので、ローリングシャッター歪みが出てきたものもあった。

ここでは目立たないものを載せたけど、翅が二つに折れたようなものも見られた。


次の写真は1/6400
これが一番良い感じだった。

この写真では、横から何かが飛んできて、それを追いかけるように飛び立ったけど、途中でしっかり飛ぶ方向を見て、体の向きを変える様子がよくわかる。

f0031682_19030108.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


何かが飛んできたのを見つけて飛び立つ。
f0031682_19030187.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ここで飛ぶ方向をしっかり見ている。
f0031682_19030175.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


体の向きが変わった。
f0031682_19024870.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ギンイチモンジセセリはまだオスが飛び回っていて、新鮮なメスも見ることができた。

f0031682_19031825.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


3日経った22日にも様子を見に行くけど、ギンイチモンジセセリは3日の間にオスはかなり傷んだ個体ばかりになった。
f0031682_19024806.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ミヤマチャバネセセリはもう見られず、ヒメウラナミジャノメが目立つようになってきた。

f0031682_19024868.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_19024782.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_19024848.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


これからは端境期に入って、自宅前も寂しくなる。



by dandara2 | 2018-05-05 19:28 | 飛翔 | Comments(4)
2018年 04月 27日

小畔川便り(ツマキチョウのねぐら:2018/4/14.16.17)

4月14日は薄曇りで、気温も平年並みかやや低い。

こんな日はギンイチモンジセセリの活動もそれほど活発ではないだろうから、オスも撮りやすいかもと思って、10時半過ぎに自宅前の川原に撮影に行く。

着くとすぐにオスが飛び出すけど、予想通り飛んでもすぐ止まる。

f0031682_15533809.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15533868.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15533882.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翅を開いたけど、まだきれいな状態だ。

f0031682_15533888.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛翔も撮影する。

f0031682_15533897.jpg
ニコン1V2 1ニッコール10-30

f0031682_15533310.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


知らない間に絞りが動いてしまって、撮影データは1/4000 f16 ISO 6400

1V2では、高感度ではノイズが盛大に出てしまう。


17日も薄曇り。

この日はミヤマチャバネセセリのテリハリ場所に行くと、1頭出ていたけど、すでに前翅の先端が切れている。

f0031682_15533331.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんとなくテンションが上がらず、一応証拠写真を撮影。

f0031682_15532820.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


飛び出すところも撮影したけど、納得のいく写真は撮れなかった。
f0031682_15533457.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ギンイチモンジセセリのメスもいた。

f0031682_15532914.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15533429.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15533371.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツマキチョウは少し傷んできているので、撮影はせず昼食ごろに帰宅する。


15時半を過ぎたところで孫が学校から帰ってきた。

友達と約束をして、これからチョウの幼虫を探しに行くという。
なんでも学校で飼うことにしたんだそうだ。

いきなり子供だけで探しに行っても簡単に見つかるわけがないので、仕方なく付き合うことにした。

いくらかのモンシロチョウの卵や幼虫を見つけて帰宅する途中、家内が自宅前の植え込みでツマキチョウが何頭か休んでいたという。

それで幼虫の飼育の準備をしてから再度行ってみると、確かにツマキチョウが止まっていた。

f0031682_15532966.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


時間も16時半を過ぎているので休止モードだ。

すぐ近くには、2頭が休んでいるところもあった。

f0031682_15532948.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


このうち一頭は驚いたのか飛んでしまった。

近くにいた家内が、こっちにも2頭いる !
今飛んだ1頭がこっちに飛んできたと騒いでいる。


急いで駆けつけて、その1頭が合流するところを撮影した。

f0031682_15532837.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


止まっているオスは、例によって翅を開いてけん制している。
f0031682_15532429.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15532498.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15532403.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翌17日は朝から天気が悪い。

こんな日はツマキチョウも飛び出さないに違いないと思って様子を見に行く。

予想通り、昨日の場所にそのまま止まっていた。

f0031682_15532486.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_15532344.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


一応周囲の様子も撮影しておく。
f0031682_15531457.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


枯れたような枝が込み入った場所が好きなようで、葉の茂った場所にはいなかった。



by dandara2 | 2018-04-27 16:12 | 休止(睡眠)場所 | Comments(8)
2017年 05月 06日

小畔川便り(ミヤマチャバネセセリ:2017/4/21.22)

4月20.21日は自宅前の川原でギンイチモンジセセリと、そろそろ出ているだろうミヤマチャバネセセリの撮影をした。

20日、川原はムラサキハナナとカラシナが花盛りで、ムラサキハナナにはキアゲハが来ていた。

f0031682_08105751.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツマキチョウは求愛をしていた。

f0031682_08105839.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


いつもミヤマチャバネセセリがテリハリをしている場所を見ると、少し様子が変わっていて、その場所より10m離れた場所でテリハリをする個体を見つけた。

f0031682_08105369.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


例によって、近くに何か飛んでくるとスクランブルをかけている。

f0031682_08105878.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_08105818.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ここにはギンイチモンジセセリも飛んできて、時々は2頭が絡み合っている。

f0031682_08105716.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ギンイチを追いかけていたら、少しゆったりと飛ぶ個体を見つける。

止まったところを見るとメスだった。

f0031682_08105371.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


このメスは近くのムラサキハナナで吸蜜した。

f0031682_08105395.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ギンイチはどちらかというと、黄色のタンポポや、ハルジオンなどで吸蜜することが多く、ムラサキハナナで吸蜜するのは初めて撮影した。

もっとも何時も撮影する場所には、ムラサキハナナはあまり咲いていないので、その場所によるのかもしれない。

枯れ葉ではなく、緑の葉の中に止まるのもいいものだ。

f0031682_08105322.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30




21日、昨日はミヤマチャバネセセリの飛び出しが翅表のみで、特徴である裏面が撮れていなかったので、裏面の写った飛び出しを撮影することを目標にして川原に出る。

この日は、ベニシジミがカラシナで吸蜜をして出迎えてくれた。

f0031682_08105222.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツマキチョウもムラサキハナナやカラシナで吸蜜してくれた。

f0031682_08105246.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_08102230.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ギンイチモンジセセリも元気に飛び回っている。

f0031682_08103069.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_08103005.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_08102362.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


家内は昨日に続いてムラサキハナナで吸蜜するところを撮影していた。

f0031682_08102918.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ミヤマチャバネセセリは昨日と同じ場所でテリハリをしていたので、予定通り飛び出しを撮影。


f0031682_08102992.jpg

ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_08103016.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


結構大迫力の飛び出しが撮れた。

こちらはほぼイメージ通りだけど、飛び出しが前方だったのでピントがやや外れてしまった。

f0031682_08102300.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_08102376.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


こちらの方がその点ではいいけど、カメラを構えている家内が入ってしまった。

f0031682_08102347.jpg

ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_08102482.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


数日後にも様子を見に行くけど、ミヤマセセリの姿は見られなかった。

テリハリ場所を変えたのか、それとも事故にあったのか。
頭上をときどきツバメがとんで虫を探しているのが気になった。
家内は、蛾のようなものを捕まえるところを目撃したらしい。



by dandara2 | 2017-05-06 08:31 | 配偶行動 | Comments(20)
2016年 05月 04日

小畔川便り(ミヤマチャバネセセリ、ツマキチョウ:2016/4/22.25)

4月22日と25日はまた自宅前でミヤマチャバネセセリを狙う。

先日は1/4000でも翅がぶれてしまったので、この日は1/5000で撮影することにする。
本当はもっとシャッタースピードを上げればいいのだろうけど、そうするとISOが上がって、画質が落ちるのではないかと思って踏み切れなかった。

f0031682_18590150.jpg

ミヤマチャバネの鮮度が心配だったけど、見た目それほど落ちた感じはしなかった。

f0031682_18590729.jpg

この日はこれが目的だったから、とにかく納得いくまで撮影した。

f0031682_18591230.jpg
f0031682_18591228.jpg
f0031682_18591373.jpg

とは言っても、背景とか、タイミングとか、ピントとかで納得いくものはそれほどたくさんは撮れなかった。

f0031682_18591252.jpg

ふと見るとツマキチョウが追飛をしている。

f0031682_18590728.jpg

この日もメスがオスを追いかけるような感じで飛んでいた。
f0031682_18590761.jpg

追いかけていたら、他のオスも絡んできてなんだかすごいことになってきた。

f0031682_18590706.jpg

チャンスとばかりシャッターを押すけど、見た目ほどにはうまくとらえられなかった。

f0031682_18590716.jpg

でもまあ、一応ピントが合ったものがあっただけ良しとしよう。

家内が、ミヤマチャバネセセリが産卵していたという。

f0031682_18590002.jpg

写真を見ると確かにそれらしい。
その後近くを探してみるけど、見つからなかった。


25日も撮影に出るけど、この日は少し離れたところでもう一頭のミヤマチャバネセセリがテリハリをしていた。

f0031682_18585061.jpg

背景にナノハナが咲いているので、それを背景に飛び出しを撮ることにする。

f0031682_18590082.jpg
f0031682_18585020.jpg
f0031682_18584900.jpg

ムラサキハナナの場所にはアゲハが吸蜜にきていた。

f0031682_18585018.jpg
これはこれでうれしい収穫だ。
f0031682_18585021.jpg



by dandara2 | 2016-05-04 19:09 | 配偶行動 | Comments(12)
2016年 04月 29日

小畔川便り(ミヤマチャバネセセリ発生:2016/4/20.21)

4月20日は再度自宅前の川原へ。

いつもミヤマチャバネセセリがテリハリする場所を見ると、ミヤマチャバネセセリの黒い影が見えた。

f0031682_21584858.jpg

ああ今年も無事発生していたなと安心する。

f0031682_21584859.jpg

ミヤマチャバネセセリは時々飛び立っては元の場所に戻ってくるので、1J5 と 1V3 のBMC機能で飛び立ちの瞬間を狙う。

f0031682_21585130.jpg

モンシロチョウのような白いものが来ると、すぐにスクランブルに飛び立つけれども、ギンイチが頭の上を通過しても全く反応しなかった。

f0031682_21585176.jpg
f0031682_21584707.jpg

そのくせ小さな蠅のようなものにも反応していた。
この辺りももっと観察を続けると面白いかもしれないなと思う。

f0031682_21585149.jpg

羽ばたきのスピードが速く、1/4000でも止まらないし、翅の形が不自然になっている。
f0031682_21585153.jpg


ギンイチモンジセセリも飛んでくるけど、ミヤマチャバネセセリに集中していたので、写真は撮れなかった。

ツマキチョウの場所にもいくと、ペアが追飛をしていた。

f0031682_21584170.jpg

この時は、メスがオスを追いかけるような感じで飛んでいた。
いつもはオスがメスを追いかけるような感じだったけど、モンキチョウのような飛び方もするんだなと思う。

f0031682_21584135.jpg
f0031682_21584181.jpg

f0031682_21584107.jpg


翌21日は天気が悪く雲が空を覆っている。

それでもと思って出かけるけど、ミヤマチャバネセセリもギンイチモンジセセリも出てこなかった。

代わりに、ツバメシジミの雌雄が翅を開いてくれた。

f0031682_21584820.jpg

メスの方はブルーの色も出ていてきれいな個体だった。

f0031682_21584706.jpg

キアゲハもいたけど、天気が悪いので全く動く気配はなかった。

f0031682_21585114.jpg



by dandara2 | 2016-04-29 21:00 | 配偶行動 | Comments(6)
2015年 05月 03日

小畔川便り(ジャコウアゲハ飛翔他:2015-04-26)

4月26日は団地内のツツジを見たらジャコウアゲハが飛んでいる。
ツツジで吸蜜しているようなので、急いでカメラを持って下に降りる。

ツツジの周りを飛び回ってなかなか止まらないのでその様子を撮影。
カメラとツツジの間を通り抜ける瞬間を狙って撮影するけど、敏感に気配を感じて方向を変えてしまうのでなかなかうまくいかない。

f0031682_23070448.jpg
f0031682_23070418.jpg

それでも何枚かは狙い通りの写真が撮れた。

f0031682_23065750.jpg

ツツジで吸蜜する写真も撮れた。

f0031682_23065716.jpg

体にツツジの花粉がいっぱいついている。
ツツジ類は、アゲハに受粉してもらうように進化した花だ、と言うのをどこかで読んだような気がするけどなるほどと思う。

コミスジが突然割り込んできた。

f0031682_23065882.jpg

あわてて撮影するけどなんとか写っていた。

その後川原に行くと、ミヤマチャバネセセリがテリ張りをしている。

f0031682_23065742.jpg

飛び立つところを撮影するけど、スピードが速く、3回撮影したうち、ただ枯草だけしか写っていないというのが2回あった。

これはかろうじて撮れた一枚。

f0031682_23065836.jpg

20枚のうちの一枚目。

先日、アオスジアゲハの吸水を撮影した所に行くと、2頭が吸水していた。

f0031682_23070496.jpg

また、ヒメウラナミジャノメを見ていたら、目の前で交尾した。

f0031682_23070455.jpg



by dandara2 | 2015-05-03 23:14 | 交尾 | Comments(14)
2015年 04月 26日

小畔川便り(ミヤマチャバネセセリ交尾:2015/4/22)

4月22日は自宅前にギンイチの撮影に出た。

ギンイチを探して歩き始めてすぐに足元からセセリが飛び出した。
やけに重たげに飛んでいるので止まったところを見たらミヤマチャバネセセリの交尾ペアだった。

f0031682_18265394.jpg

昨年の秋の草刈りが十分行われなかったので、ギンイチの発生を期待していたのだけど、ミヤマチャバネセセリも発生しているとは思わなかった。

その後ギンイチを探すけど、個体数は多くはなく、かろうじて飛翔を抑えられただけ。

f0031682_18270033.jpg

家に帰りかけると、遠くでキタキチョウが飛んでいる。
どうも交尾しているようだ。

急いで近づいて交尾飛翔を撮影。

f0031682_18265371.jpg

←♂+♀のようだ。

ゆっくりと長く飛んでいたので、何とかピントの合った写真も撮れた。

f0031682_18270051.jpg

昼食後、家内と再度ギンイチの撮影に来る。

12時を過ぎているので、ギンイチも少しゆっくりになり、静止する個体も出てきた。

f0031682_18270092.jpg

家内撮影

飛翔も何とか撮れた。

f0031682_18270052.jpg

ピントが少し甘いけど、カラスノエンドウのピンクが入ってくれた。
f0031682_18270070.jpg


この時にはミヤマチャバネセセリは見なかったけど、家内は見つけて撮影していた。
雌のようだ、子孫をしっかり残してくれるといいけど。

f0031682_18265369.jpg
家内撮影

f0031682_18265386.jpg
家内撮影

ついつい無視してしまうツバメシジミもしっかりと撮影していた。

f0031682_18265351.jpg
家内撮影

自宅前でいろいろ楽しめていい季節になってきた。




by dandara2 | 2015-04-26 18:32 | 交尾 | Comments(12)
2015年 04月 03日

小畔川便り(桜とびっくりなお客さん:2015/3/31-4/1)

3月31日は自宅前の川の土手の桜が見ごろになったので、サクラ背景の蝶の写真を撮りに出かける。

26日にはほんの数輪しか咲いていなかったけど、暖かい日が続いたので31日には7分咲き位。
見た目は満開に近い。

花見に来て散策する人や、河原でバーベキューをやる人などで大賑わいだ。

そんな中で、カメラを構えて蝶を追いかけまわすのは気が引けるので、少し人が少なく、かつ花はきれいに写る場所を探す。

何頭ものベニシジミが飛んだりテリ張りをしているけど、うまく桜が背景にはいり、かつ鮮度がまあまあの個体はなかなかいない。

左後翅の端が少し痛んでいるようだけど、この日のこれがベストの個体。

f0031682_15375097.jpg

食草のギシギシの葉に止まってくれた。

f0031682_15375058.jpg

モンキチョウもたくさんいるけど、気温が高いので雄は飛ぶスピードも速く、良い写真にはならない。

ようやく産卵場所を探している雌を見つけ、背景に桜が入るような位置に回り込みながら撮影。

f0031682_15375178.jpg
f0031682_15375086.jpg
f0031682_15375018.jpg


何とか満足のいく感じの写真が撮れた。

4月1日は、午前中は曇りだったけど、14時過ぎに日が出たので、桜とは反対の、上流側に向かってツマキチョウを探しに歩いてみる。

残念ながらツマキチョウは見つからなかったけど、足元を素早く飛ぶセセリチョウを見つけ、もしかしたらと止まったところを見たら、予想通りミヤマチャバネセセリだった。

f0031682_15380585.jpg

昨年もここで見かけたけど、一回きり、ワンチャンスの撮影だったので、今回はきちんと撮影しておくことにする。

テリ張りをしているのか、あまり遠くに行かずに飛び回るので、飛翔を撮影。

f0031682_15380586.jpg
f0031682_15380536.jpg
f0031682_15380578.jpg

何とか撮影することができた。

その後ムラサキサギゴケで吸蜜をした。

f0031682_15380566.jpg

この花に蝶が吸蜜に来たのは初めて撮影したような気がする。

気をよくしてヒオドシチョウでも産卵していないかなとエノキの様子を見ながら自宅に帰りかけると、目の前の草の間にキタテハにしては色が赤いタテハがタンポポで吸蜜をしている。

アカタテハとも違う。

もしかしてと思いながらよく見たら、目玉模様が見えた。

f0031682_15424478.jpg

エー、こんなところにクジャクチョウがいるの~!!! とびっくり。

発生地である秩父からだと直線距離で40㎞以上ある。
ここにきて16年くらいになるけど、はじめてみた。
定年になって時間ができ、自宅近くもよく歩くようになったからだろうか。

草かぶりだけどとにかく証拠写真を撮影。

その後そろそろと近づいて撮影。

f0031682_15380982.jpg
f0031682_15380993.jpg

いったん飛び去ってしまったけど、もう一度戻ってきたので、魚露目で背景を入れてみる。

f0031682_15380959.jpg

大きくて入らなかったけど、後ろは関越道の橋脚だ。



by dandara2 | 2015-04-03 15:49 | 飛翔 | Comments(22)
2014年 04月 25日

小畔川便り(ツマキ・ギンイチ・ミヤマチャバネ:2014/4/22)

4月22日は自宅から車で10分のポイントにギンイチモンジセセリとミヤマチャバネセセリの発生の確認に行く。

車を置いた場所の近くでは、セイヨウタンポポの群落がきれいだった。
カシオのEX-10の全焦点マクロを試してみた。

f0031682_22033643.jpg
カシオEX-10

こういった動きのないものに対しては威力がありそうだ。

隅の方ではベニシジミが吸蜜している。
f0031682_22034873.jpg
オリンパス TG-2+魚露目

ギンイチのポイントに行くが、昨年に比べて草の出方が遅く、かなり雰囲気が変わってしまっている。
ギンイチはようやく一頭が、いつもとは少し違う場所で見つかった。

f0031682_22034366.jpg
家内撮影  ニコン1V2 ニコン55-200

それほど新鮮でもないので、数日前から発生していたのだろう。

ミヤマチャバネセセリの発生しているはずの所に行くが見つからなかった。

ミヤマチャバネセセリ自体は4月10日に自宅前で撮影している。
f0031682_22034124.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200

f0031682_22033912.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200

この時はツマキチョウの確認がメインだったので、ミヤマセセリの方は一応の証拠写真程度に撮影したのみ。

代わりにベニシジミやツマキチョウが元気に飛んでいた。
f0031682_22034677.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200

ツマキチョウはちょうど雌の盛期。

f0031682_22032866.jpg

家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

花の上にはクモがいるけど、ツマキチョウは無事だった。

雄が雌を追いかけるけど、雌は逃げるばかり。
この時は飛翔の設定を少し変えてみる。
より広角にした代わりに、ピント位置をかなりカメラに近くしてみた。(以下3枚は全てノートリ)

f0031682_22033241.jpg
f0031682_22033490.jpg
ニコン1V2 ニコン18-55

雌は産卵場所を求めて飛び回る。
f0031682_22032937.jpg
ニコン1V2 ニコン18-55

飛翔のピント位置をかなり近くにしたので、迫力は出たけど、距離感がくるって、いつもならちゃんと撮れる距離でもピンボケを続発してしまった。
この辺りは再度検討の余地がある。

何頭もの個体が、ムラサキハナナの若い蕾に盛んに産卵をしていた。
f0031682_22032207.jpg
f0031682_22032519.jpg



by dandara2 | 2014-04-25 22:22 | 産卵 | Comments(4)
2013年 07月 06日

小畦川便り(セセリの季節:2013/7/1)

7月1日の月曜日は、勤務後自宅から車で10分の小畦川の周辺を歩く。
昨年はここでオオチャバネセセリが発生していたので、今年も無事に発生しているかどうかの確認。
車をおいて歩き始めるとすぐにぼろのオオチャバネセセリを発見。
昨年の発生地からは500m位離れている。
広い範囲で発生するようになるとうれしいけど、もう痛んだ個体というのはちょっとショックだった。
6月17日の月曜日に様子を見に来たときにはまだ発生していなかった。
6月24日はどうしようか迷って、前日の栃木遠征の疲れもあり、行っても同じベニシジミやモンキチョウではなと思って意欲が湧かず出かけなかった。
1日も前日の福島遠征で帰宅したのが21時30分を過ぎていたので、どうしようか迷ったけど自宅周辺の様子を確認しておくことも大事だと、気持ちにむち打って出かけたのだった。
昨年オオチャバネセセリがいた場所に行くと、大型のセセリがふわっと言う感じで出てきた。
オオチャバネかと思って見るとミヤマチャバネセセリ。
f0031682_7581737.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

昨年は6月30日にはいなくて、7月15日に確認できたので、今年は2週間近く早い発生。
オオチャバネセセリがぼろになるのは無理がないかも知れない。
ミヤマチャバネセセリは雌なのであまり敏感ではなかったので、確実に撮影する。
f0031682_7592463.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

魚露目でも撮影するが、背景のススキ群落が発生地だろうか。
f0031682_7592176.jpg
ニコン1V1 ニコン18-55+魚露目

少し奥に行くと、セセリがいくつも飛んでいる。
ほとんどがオオチャバネセセリ、雄が多く吸蜜するときには翅を半開にしていつでも飛び出せる体制だ。
f0031682_812481.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

止まっても近づくとすぐに飛び立ってなかなか撮影できない。
ようやく雌を一頭見つけて撮影。この場所では雌はこれからの発生だろうか。
f0031682_823364.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

注意してみていると、小さなセセリもいる。
比較的動きが遅いのはキマダラセセリ。
f0031682_831667.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

かなり擦れているけど元気に吸蜜していた。
f0031682_832860.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

小さくて素早いのはチャバネセセリ。
f0031682_83581.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

数枚撮影すると視界から姿が消えた。

ある程度撮影できたので車の所に帰りかけると、農道の横でも吸蜜するオオチャバネセセリがいた。
f0031682_84785.jpg
ニコン1V1 ニコン18-55+魚露目

こんなオープンな環境では珍しいけど、対岸には木が茂っているのでその関係かな。
雌なのでじっくり吸蜜してくれたのでじっくり撮影する。
f0031682_89625.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

車に戻る寸前に新鮮な雌がいたけど、カメラを構える前に飛んでしまった。

イチモンジセセリも少数いたけど、すぐに翅を開いてきちんと裏面を撮影できなかった。
f0031682_86550.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

昨年いたコチャバネセセリはまだ発生していないようだった。

by dandara2 | 2013-07-06 08:07 | 初見日 | Comments(6)