タグ:ヒメアサギマダラ ( 2 ) タグの人気記事


2018年 01月 13日

12月の八重山-2(2017/12/23:マダラチョウ)

2017年の12月23日は、マダラチョウを撮影に石垣島の北部の方に出かけた。

ここはヒマワリヒヨドリに来るたくさんのマダラチョウを撮影することができる。
8年前の2009年の12月にも来たけど、その時よりは蝶の数は少ないような気がした。
その年の気候とかいろいろあるだろうから、単純に少なくなったという話ではないとは思うけど。


2009年の時には撮影できなくて、今回撮影できたのはヒメアサギマダラ。
少し前から数が増えてきたということだけど、かなりの数を見ることができた。

f0031682_10104416.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


リュウキュウアサギマダラに似ているけど、色も薄く、大きさも少し小さいので、慣れるとすぐに区別がつくようになった。
f0031682_10103785.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_10103886.jpg

ニコンD500 シグマアポマクロ150


今回見たマダラチョウの中では、一番小さく飛び方も弱々しい。

飛翔もそれほど早くないので、久しぶりに飛翔写真も撮影した。

f0031682_10104594.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


明るい場所よりは、こんな感じの少し暗い所が好みのようだ。
f0031682_10104563.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


吸蜜していたヒメアサギマダラのところにジャコウアゲハが飛んで来たら、びっくりしたヒメアサギマダラが飛び出した。

f0031682_10104403.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


スジグロカバマダラは、前日にも撮影したけど、目の前にいるとやはりカメラを向けたくなる。
f0031682_10102083.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


たくさんの個体が吸蜜しているだけでうれしくなる。

f0031682_10100724.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


リュウキュウアサギマダラとのコラボもうれしい。
f0031682_10100747.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


f0031682_10100752.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この個体は黒い部分がはっきりしていてちょっとインパクトがあった。

f0031682_10102189.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


この日は交尾ペアにもいくつも出あうことができた。

f0031682_10103041.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


別の交尾個体を見つけてカメラを向けたら、奥にも交尾個体がいて驚いたのか翅を開いた。

f0031682_10102995.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


両方にピントを合わせようと少し踏み込んだら、驚いたのか飛び上がった。

f0031682_10102128.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


幸い遠くには飛ばずに、並んで止まってくれたので、なんとか両方にピントの合った写真をとることができた。

f0031682_10102124.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


こんなシーンはめったにないので大喜び。

前の写真でもわかるけど、交尾飛翔形式は♂+♀のようだ。

f0031682_10102158.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この時期に一番多いマダラチョウは、やはりリュウキュウアサギマダラ。

f0031682_10103739.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


手元のストックを確認したら、写真(作品)として保存してあるのは10カットのみだった(撮影したものは当然もっと数が多いけど)。
"よく目にする蝶"というフィルターに惑わされないようにカメラを向けた。
f0031682_10102932.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


きれいなブルーの模様は南に来たなという気にさせてくれる。

f0031682_10103061.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この蝶もゆっくり飛ぶので、飛翔写真も何とか撮れた。

f0031682_10103879.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_10103842.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


吸蜜している個体の背景にいるのはアサギマダラ。

f0031682_10103023.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


アサギマダラはこの時期、比較的きれいな個体と翅にシミなどが目立つ個体とが見られた。

普通だときれいな個体にカメラが向いてしまうけど、翅にシミの目立つ個体は本土から越冬のためにはるばる旅をしてきた蝶と思ったので、そういった個体を意識してカメラを向けた。

f0031682_10104492.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


マーキングされた個体がいないかと気にはしてみたけど見つからなかった。




by dandara2 | 2018-01-13 10:40 | 吸蜜 | Comments(6)
2011年 05月 22日

5月の八重山(3:西表 2011/5/5)

5月5日はアサヒナキマダラをあきらめて、3日の日に見かけはしたものの撮影できなかったリュウキュウウラボシシジミを撮影に西表に行くことにした。
車をおいて歩き始めてすぐに、新鮮なマサキウラナミジャノメの雌がいたのでじっくり撮影する。
f0031682_21241368.jpg

撮影しているうちに開翅したので大喜びで撮影するが、フラットにきちんとピントを合わせるのって難しい。
これも前翅の縁毛がややピンボケになってしまった。
f0031682_2124303.jpg

ポイントに着く途中で、入野さんが「あ、ヒメアサギマダラ」と叫ぶと同時に自分の横をスーと追い抜いていく。
f0031682_212452100.jpg
(家内撮影)

よく見かけるリュウキュウアサギマダラよりはシンプルな色合いで、飛び方もかなりゆっくりだ。
リュウキュウウラボシも飛んでいたらしいが、そちらに注意を払って見逃してはいけないので、とりあえずこの蝶を撮影することに集中する。
追いかけていくと、林道横の花で吸蜜を始めた。
f0031682_21251837.jpg

後から追いついた家内はこのチョウをじっくりと撮影したようで、シンプルで清楚なこのチョウの感じが良く出ていると思う。
f0031682_21253588.jpg
(家内撮影)

3日にリュウキュウウラボシを見かけたポイントに着くと、1頭のリュウキュウウラボシが林道上を行ったり来たりして探雌飛翔をしている。
飛翔の軌道は比較的単純だけど、驚かして逃げられてはいけないので最初は止まるのをじっと待つ。
けれどもなかなか止まらない。止まっても短時間ですぐに飛び立つ。
それでもようやく止まったので、すこし遠目だけどシャッターを押す。
取りあえず証拠写真を押さえられたとほっとした。
f0031682_2126678.jpg

そのあと少し距離を詰めて撮影。もう少し近づこうとしたら飛び立たれてしまった。
f0031682_21263120.jpg

様子を見ていると、白っぽいものに反応しているようで、この写真も吸蜜に来たと言うよりは、センダングサの花弁の白に反応して飛来したようだ。
f0031682_21265140.jpg

結局マクロで撮影するほど近づくことはできなかったけど、わざわざ西表まで来た甲斐はあったと満足しながら車のところまで戻ることにする。
もどる途中で、リュウキュウヒメジャノメの♂が♀のところに飛来して求愛をしていた。
f0031682_21271382.jpg

カメラを向けて撮影していると、飛び立って♀のところに近づく。
f0031682_21273476.jpg

♀は何のアクションもしないので、交尾拒否はどうするのだろうと思いながら撮影を続ける。
f0031682_21282911.jpg

やがて♀のところに横並びになったと思ったら交尾が成立した。
f0031682_2129475.jpg

まさか求愛から交尾までの一連の写真が撮れるとは思わなかったのでびっくり。
f0031682_21292016.jpg


by dandara2 | 2011-05-22 21:30 | 配偶行動 | Comments(12)