タグ:ハヤシミドリシジミ ( 3 ) タグの人気記事


2018年 07月 28日

北海道旅行-2(ウラジロミドリシジミ:2018/7/16)

カラフトルリシジミの撮影を終えた後はこの日の宿がある層雲峡まで移動した。

移動途中の駐車場でトイレ休憩。

周囲を見るとエゾシロチョウが飛んでいる。

f0031682_10474109.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


家内が呼ぶので行ってみるとコヒオドシが吸蜜していた。

f0031682_10474093.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10474124.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


その後宿までの道すがら気になった場所をのぞいてみるけど空振りばかり。

最後に見た林道ではエゾシロチョウが交尾していた。

f0031682_10474178.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


宿に入って、以前オオイチの情報でお世話になったお店をのぞいてみる。

以前購入したブレスレットをその後愛用しているのだけど、念のためにそのゴムひもを取り換えてもらった。

そして、色々と蝶の情報を教えてもらう。


翌日は朝から雨。

大雪登山は中止して、教えてもらった場所を見て回る。
雨で収穫はなかったけど、次に来るときの参考になった。

最終日の16日、カシワアカシジミ狙いで移動する。
この日は"四季彩散歩"のNoreenさんとお友達のりんこさんの案内でカシワアカシジミのポイントに行く。

天気も薄曇りでゼフの撮影には全く問題ない。

カシワアカシジミを撮ったつもりで意気揚々と待ち合わせ場所に行く。

カシワの林の中に入ると、早速ハヤシミドリシジミがお出迎え。

f0031682_10472675.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


小飛して翅を開いた。

f0031682_10473347.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


足元が笹に覆われていて回り込めない。
そのまま広角で撮影。
f0031682_10473312.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_10473383.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ようやく全面が輝いてくれたけど、今一つの感じ。

f0031682_10473237.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



すぐ横のカシワの新芽ではウラジロミドリシジミが2頭吸蜜している。

f0031682_10474058.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


良い場所をめぐって取り合いがあったようだ。

f0031682_10473222.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ハヤシミドリシジミも吸蜜に来ていた。

f0031682_10471711.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ウラジロミドリも翅を開いてくれたけど、ハヤシミドリに比べるとブルーが濃いというか暗い。

f0031682_10472559.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_10472512.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここではウラジロミドリが多く、あちこちで姿が見えた。

f0031682_10471705.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_10472503.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


クサフジで吸蜜する個体もいた。

f0031682_10471829.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ウラジロミドリシジミのメスが飛んできて翅を開いた。

f0031682_10471863.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後で写真を見たら前翅の表面にブルーの鱗粉が点在している。

f0031682_10471869.jpg
上の写真の拡大


調べると、稀にこんなのが現れるようだ。

肝心のカシワアカシジミが全く見られない。

聞くと、5年くらい前にはあたり一面に見られたそうだけど、ここ数年は全く見られなくなって絶滅状態だそうだ。

後でネットを調べてみると、確かに最近の撮影記事はない。

みんな撮れた時の記事は載せるけど、撮れないときは載せないからな~

残念だけど仕方ない。

Noreenさん、りんこさん、お世話になりました。
他の場所のカシワアカシジミはどうだったのかな。




by dandara2 | 2018-07-28 11:01 | 吸汁 | Comments(20)
2010年 07月 20日

長野遠征(2010/7/18:ウラジロミドリ他)

ようやく梅雨が明けた7月18日は 「還暦からのネイチャーフォト」のmustachioさんと、ゼフィルスとキマダラモドキ狙いで白馬に行って来た。
この時期何処に行くか迷うところだけど、今回はmustachioさんの未撮影の蝶を中心に回ることにした。
午前1時に待ち合わせをして出かけたが、夜中なので高速道路は空いていて2時間半で白馬についてしまった。
安曇野の蝶と自然」のkmkurobeさんと待ち合わせの5時まで仮眠をとって(寝られなかったけど)その後最初のポイントへ。
ポイントでは蝶山人ご夫妻、「探蝶逍遙記」のfanseabさんなどと合流する。
叩き出して最初に飛び出したのがウラミスジシジミ、来る時の車の中で、ウラミスジシジミはいるけれども個体数が少ないので撮影できるかどうか判らないと話していたのに、あっけなく撮影できてしまった。
f0031682_18284579.jpg

その後、本命のウラジロミドリシジミが飛び出す。
まだ♂が多いようで、♀はあまり見かけなかった。
f0031682_18294172.jpg

しばらく待っていると、♂が翅を開いてくれた。
このチョウ独特のブルーの翅表はいつ見てもきれいだが、角度の関係で後翅が光らなかったのはちょっと残念だ。
f0031682_1830137.jpg

ハヤシミドリシジミもそこそこの数がいたが、まだ♂が多かった。
f0031682_18304387.jpg

ハヤシミドリもやがて翅を開いてくれたけど、こちらはやや痛んでいたし、ウラジロミドリ同様後翅がうまく輝いてくれなかった。
なかなか難しい。
f0031682_1831124.jpg

ここについて1時間半くらいで一応目的とする蝶はすべて撮影できた。
その後も様子を見るけれども、だんだん高所に上がるようになってしまったので、次にフジミドリが撮影できたという林道に行ってみる。
ここでは少し時間が遅かったのか、フジミドリは見ることが出来なかったが、ジョウザンミドリシジミのテリ張り時間には滑り込みセーフで間に合った。
ただ、角度が悪くこれも思い通りの写真は撮れず。
f0031682_1831454.jpg

林道を降りていると、アイノミドリが吸水しているのに気がつかず蹴飛ばしてしまったらしい。
同行の方の大声にも一体何が起こったのかわからなかったが、指差された先を見るとアイノミドリがひっくり返って気を失っている。
そのうちもぞもぞと動き出したので、何とか撮影。
f0031682_18322160.jpg

昼食後皆さんと別れ、クロツバメシジミ、ミヤマシジミを見に行く。
クロツバメシジミはたくさん飛んでいたが、やや時期が遅く痛んだ個体が多かった。
気温も高くなかなか止まらないが、なぜか赤い実(種名は調べていない)に止まる個体もあった。
吸蜜をしているわけでもないので、単に止まっただけだと思うけど、写真写りは良い。
f0031682_1832573.jpg

こちらはややしぼみかけた実に止まる個体。これもストローを伸ばしてはいない。
f0031682_18332270.jpg

ミヤマシジミの方は発生を始めたところのようで新鮮な個体が多かった。
食草のコマツナギで吸蜜する♂。
f0031682_18335763.jpg

同じくコマツナギで吸蜜する♀。花穂に産卵する♀もいたけど、うまく撮影できなかった。
f0031682_18364915.jpg

最後にキマダラモドキポイントに移動。
例年より個体数が少なく、1.2頭を見かけただけだったけど、この個体は林の薄暗いところに止まったまま微動だにしなかった。
f0031682_18371449.jpg

そのおかげで、本日の最後の課題も無事撮影。
フジミドリが撮影できればパーフェクトだったけど、活動時間が厳密に決まっているミドリシジミ類の場合は掛け持ちはなかなか難しいと感じた一日だった。
色々お世話になったkmkurobeさん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2010-07-20 18:39 | 静止 | Comments(22)
2008年 07月 13日

信州遠征(ハヤシミドリ他)

この日、叩き出しで最初に飛び出したのはハヤシミドリシジミだった。フラフラ飛んで石の上に止まった。
あまり良いポーズではないが、馬鹿にして撮らないと後で痛い目に遭うことが多いのでとにかく撮影。
f0031682_2335376.jpg
カシワ食いのゼフは関東ではなかなか撮影できなくて、ハヤシミドリシジミも撮影したい蝶だったのでうれしい1枚だ。
その後は何頭か飛び出すが、ウラジロミドリシジミに比べて数が少なかった。出てきたのもほとんどが♀のようで、何でもない下草に止まったこの個体は意外に良い雰囲気でお気に入りの一枚となった。
f0031682_2342231.jpg

次に出てきたのはウラミスジシジミ、眠いところを叩き出されてよたよた下に止まったがあまり良いポーズではない。
叩き出しの欠点は1枚1枚の写真が何となく消化不良になってしまうことだろうか。良いポーズになるまで待っていると時間が経つので、ついつい適当なところで妥協して次の叩きに入ってしまう。
このウラミスジシジミも、このままにしておいて叩き出しを続けて、後で見に来てみたら行方不明になっていた。
f0031682_2344629.jpg
ここでは長野県ではほとんど見ることが出来なくなったクロシジミも少数ながら見ることが出来た。
ウラジロ、ハヤシ、ウラミスジ、クロシジミとこれだけの種類が1ヶ所で見られるとはすごいところだ。
f0031682_2351149.jpg

次に場所を移動してジョウザンミドリのテリ張りポイントに行く。
着くと何頭ものジョウザンが飛び回っているが、個体が多くてすぐにスクランブルに入ってしまい意外と写真を撮るのが難しかった。
f0031682_2353562.jpg

ジョウザンは過去に何回も撮っているので、また場所を移動してアサマシジミとウラクロ、ウスイロオナガのポイントに移動。
ヒメシジミに混じって少しだけアサマシジミを見ることが出来た。ウラクロとウスイロも目撃できたが撮影は出来なかった。やや時期が遅かったようだ。
f0031682_236061.jpg

次にアイノミドリとコヒョウモンモドキのポイントに案内していただく。
時間的にアイノミドリの開翅が撮れるか心配だったけどやはり難しかった。活動終盤の給水時間になって時々吸水に降りては来るがこれと言った写真を撮ることは出来なかった。
f0031682_2361743.jpg
ただここで、アイノとは違うゼフの♀が開翅しているのを霧島緑さんが見つけて教えてくれた。
裏面を確認できなかったので種名の確定は自信がないけどエゾミドリだろうか。ハヤシのようにも思うけど、周囲にカシワはなかったような気がする。(kmkurobeさんやヘムレンさんからジョウザンミドリの♀ではないかとのアドバイスをいただきました。ありがとうございます。)
f0031682_2363325.jpg

メスグロヒョウモンが追飛をしていたので撮影。バックに溶け込んで難しいが何とかそれとわかる写真を撮ることが出来た。
f0031682_2365484.jpg
コヒョウモンモドキは樹林の中のシモツケやトラノオに吸蜜に来ていて、高原の蝶というイメージがあったので意外な感じがした。何となく、植生遷移によって滅びる寸前の姿を見ているような気がしたが気のせいだろうか。
f0031682_2371930.jpg

最後にキマダラモドキのポイントにも案内して頂くが、やや時期が遅かったのか痛んだ個体が多く見られた。
f0031682_2374121.jpg
ここでは数が少ないというウラナミアカシジミも見かける。
ウラナミアカ自体は珍しくも何ともないけど、クヌギが少なくて安曇野ではここで初めて撮影できたというお話にひかれて撮影する。
f0031682_2375667.jpg

盛り沢山の一日だったけどそれぞれkmkurobeさんが足で調べた貴重なポイントを案内していただいて素晴らしい一日を過ごすことが出来た。
本当にありがとうございました。

by dandara2 | 2008-07-13 23:59 | 静止 | Comments(18)