タグ:ツマムラサキマダラ ( 4 ) タグの人気記事


2018年 01月 29日

12月の八重山-3(2017/12/23:マダラチョウ、アゲハ蝶)

寒い日が続きますが、石垣島北部の続きです。

前の記事でヒメアサギマダラ、スジグロカバマダラ、リュウキュウアサギマダラなどのマダラチョウについて書きましたが、それ以外には見られたのはツマムラサキマダラでした。

f0031682_11065957.jpg
♂ ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_11065907.jpg
♀ ニコンD500 シグマアポマクロ150


ツマムラサキマダラはこの時期以外には、まとまって撮影したことがないので、その紫色の翅表の輝きを見ると喜んでカメラを向けてしまいます。
f0031682_11065921.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150



f0031682_11070618.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


f0031682_11070659.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


メスの翅表も角度によっては紫色に輝くのでしょうが、この時は輝いてはくれませんでした。

f0031682_11070592.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


飛び立つところも
f0031682_11065954.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_11070631.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


スジグロカバマダラとのツーショットも撮れました。

f0031682_11065833.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


オオゴマダラは高所を飛んでいて、見掛けるものの撮影できず、宿に帰る途中で寄った草原で撮影しただけだった。

f0031682_11071253.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


マダラチョウ類を撮影していると、案内の熊谷さんが呼んでいるので駆けつけると、アオスジアゲハのハンキュウ型がいるとのこと。

ハンキュウ型は撮影したことがなかったので、大喜びで撮影。

f0031682_11071968.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_11071919.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


右前翅の裏面の過剰紋の数が多いような気もするけど、よく見ると色が違うので、傷か何かのようだ。

家内も少し遅れて駆けつけたけど、その時には奥に飛んで行ってしまいきちんと撮れなかったようで、その後粘ってもう一度飛んできたところをきちんと撮影していた。

f0031682_11071908.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ちなみに、アオスジアゲハの変異にはこんなものがあるようです。

アゲハ蝶では、他にはシロオビアゲハもけっこう多く見られた。

f0031682_11071225.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


f0031682_11071278.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


メスはベニモン型が多く見られた。
f0031682_11071218.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_11270148.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


2011年に見た時よりも、ベニモン型の割合が増えたし、後翅の白斑もより大きく派手になってきたように思うけど、時期も違うし個体差もあるようだから気のせいかもしれない。
ただ、シロオビアゲハのベニモンアゲハへの擬態について調べてみて、色々妄想を膨らませるのも楽しい。

f0031682_11070563.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ジャコウアゲハも多かったけど、撮影中は知識不足で八重山亜種ということには思い至らず、いつも見るジャコウアゲハよりもきれいだし、頭の部分が赤いなーと思って撮影していた。

f0031682_11071935.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


熊谷さんから宮古島の亜種はもっときれいだという話を聞いて、いつかは見に行きたいものだと思った。
f0031682_11071998.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150



by dandara2 | 2018-01-29 11:32 | 変異・異常型 | Comments(6)
2017年 12月 27日

八重山から帰りました(2017/12/27)

26日に八重山から帰ってきましたが、今年の八重山(石垣)は12月に入って天気が悪く、我々が行った22日までに、晴天の日は3日くらい、気温の低い日が続いて蝶の数も少なく、思ったような成果はありませんでした。

着いた日の22日の夕方に買い物に寄ったお店の人の話でも、やっと少し暖かくなった(この日は22℃)ということでした。

そんな中、案内をしていただいた"石垣の蝶"の熊谷さんのおかげで、普通種が中心ですがなんとか撮影が出来ました。

f0031682_17570003.jpg

撮影枚数が夫婦合わせて1万枚を超えているので、今日はPCに取り込んだだけで、整理には時間がかかりそうですが、これから寒に入るとこちらの越冬蝶も撮影が難しくなるので、そのころにぽつぽつと更新していきたいと思います。


f0031682_17570053.jpg
スジグロカバマダラ


f0031682_17570076.jpg
リュウキュウアサギマダラ


f0031682_17565998.jpg
ツマムラサキマダラ







by dandara2 | 2017-12-27 18:03 | 飛翔 | Comments(8)
2010年 12月 02日

沖縄遠征(3/4 沖縄 ヤンバル:2010/11/23)

3回で終わらせるつもりだったけど、撮影枚数が多くもう一回追加することにしました。

コノハチョウを撮影した後は、リュウキュウムラサキなどを求めて移動するが、これは撮影できなかった。
代わりに、アオタテハモドキが現れてくれた。
昨年久しぶりにちょっとだけ撮影できたのでこれも十分うれしい。
f0031682_9591735.jpg

ここにはイシガケチョウがたくさん飛んでいた。ただ、ついでの感じになってしまったのであまり良い写真が少ない。
f0031682_9595422.jpg

クロマダラソテツシジミもみかける。
f0031682_1002331.jpg

ルリウラナミシジミはここでも見かけた。
昨年は八重山で多いと言うことが話題になっていたような気がしたけど、今年の沖縄でも普通種という感じだった。
f0031682_22334062.jpg

シロオビアゲハのⅡ型が産卵をしていた。新芽に産卵していた時には、葉被りでうまく撮影できず、これは別の葉で腹端を曲げた時だけど、産卵したかどうかはちょっと微妙だ。
シロオビアゲハのⅡ型は30数年前に八重山を訪れた時にはほとんど目にしなかったけど、今回は♀の多くはこのタイプだった。
ベニモンアゲハの進出につれてⅡ型が増えたとのことだけど、きれいなタイプなので撮影できるとうれしい。
f0031682_1011816.jpg

帰宅して写真を眺めながら、そういえば、南大東島でチャバネセセリを撮影したことを思い出し、類似種の分布を調べてみると、沖縄ではユウレイセセリが1973年以来定着しているようだ。
後翅の斑紋の並び方で区別できるらしい。
自分の撮影した写真を調べてみるが、チャバネセセリなどにはほとんどカメラを向けていない。
がっくりしながら家内の写真を見てみると、・・・やったーいるじゃん!! 
f0031682_1015781.jpg

ということでユウレイセセリがアオタテハモドキの草地で撮影できていました。家内に感謝、感謝。
なんでも馬鹿にしないでカメラを向けておくべきだということを痛烈に反省しました。
ここではウスキシロチョウの無紋型も撮影することが出来た。
f0031682_1022830.jpg

こちらはナミエシロチョウ。
f0031682_1024986.jpg

また場所を移動して、山茶花にたくさんの蝶が吸蜜に来ているという場所を目指す。
途中、トックリキワタという、幹の下部が徳利型に膨らんだ木が花を咲かせているので見ると、ツマベニ蝶やナガサキアゲハが吸蜜に来ていた。
ただ木が大きいので、証拠写真程度にしかならなかったが、花はなかなかきれいで、条件がよければ絵になる組み合わせだと思った。
f0031682_18581294.jpg

この木の下にはハイビスカスも咲いていて、その花にもツマベニチョウが来ていた。
f0031682_1033862.jpg

メスアカムラサキが居たというヒルトップで昼食をとるが、メスアカムラサキは現れず代わりにスミナガシが慰めてくれた。
f0031682_1091831.jpg
ここで、イワカワシジミやリュウキュウウラナミジャノメを探すが見つからない。
両種とも撮影できたらいいなと思っていたのだけど残念。
ま、生き物を相手にする以上仕方がない。
お目当ての山茶花の場所につくと、なるほど、各種のマダラチョウがたくさん来ている。
一番多いのはツマムラサキマダラ
f0031682_104828.jpg

♂♀とも多くて、♂が青い翅端をきらめかせながら飛んでいる。
f0031682_1061628.jpg

こちらは♀が偶然同じ空間に飛び込んできた。
f0031682_1063632.jpg

次に多いのがアサギマダラ。マーキングされている個体がいないかなと思って注意してみるが、それは見つからなかった。
もう少しすると薄暗い場所で集団で冬を越しているとのことだった。
f0031682_107155.jpg

時々はオオゴマダラも吸蜜に来ていた。
今回の沖縄旅行では、オオゴマダラの写真もたくさん撮りたいと思っていたのだけど、意外に数は少なくてあまり良い写真は撮影できなかった。
f0031682_1072663.jpg

そうそう、あまり多くはなかったけど、リュウキュウアサギマダラもいました。
f0031682_22391514.jpg

ここにはアマミウラナミシジミもいたが、ルリウラナミシジミに比べると個体数は少なく、見かけたのはこのときだけだった。
f0031682_1081818.jpg

十分撮影して車に戻る頃には、雲も多くなりなんとなく薄暗くなってきたけど、ツマベニチョウの♀がハイビスカスに吸蜜にきた。
ツマベニの♀の吸蜜は意外とチャンスが少ないので、やや色あせた個体だったけどありがたく撮影した。
f0031682_1085471.jpg

これで楽しかったやんばるでの撮影も終わり。
一日案内していただいたmhidehideさん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2010-12-02 10:10 | 飛翔 | Comments(18)
2009年 12月 31日

久しぶりの八重山(2:石垣:マダラチョウ)

12月24日は朝9時に「蝶館カビラ」の入野さんと会い、いよいよ八重山での撮影に出発。
来る時に心配した天気も今日は大丈夫そうだ。
撮影のみで採集はしないと言うことから、この時期限定のとっておきの場所に案内してくれるという。
そこはフジバカマ(我々が見ているフジバカマと違うので、別の種類と思うが詳しい種名は不明)が咲いていて、この花の咲く2週間は多くのマダラチョウが集まるという蝶の楽園だ。
f0031682_1233247.jpg

車を降りて周りを見ると、チョウの温室に行っても見られない位の密度でマダラチョウが群れている。
この写真では左上から、ツマムラサキマダラ♂、ツマムラサキマダラ♀、リュウキュウアサギマダラ、スジグロカバマダラ、ツマムラサキマダラ♂などがいる。
f0031682_12334477.jpg
こちらの写真では、画面中央にツマムラサキマダラ、それにスジグロカバマダラ、リュウキュウアサギマダラなどが見られる。
実際にはこれ以上の密度でチョウがいるのだけれど、なかなか写真では表現できない。
まさかこの時期にこれだけのチョウを見られるとは思わなかったので夢中で撮影した。
f0031682_12343233.jpg

以前来た時にもたくさんいたリュウキュウアサギマダラは、ここでも一番数が多かったけど凡人の悲しさで撮影枚数はそれほど多くなかった。
f0031682_12355311.jpg

でもこれを見ると南に来たという気にさせてくれる。
f0031682_12362170.jpg

次に多かったのがスジグロカバマダラ。
実は前に来た時にはこのチョウは撮影できなかった。と言うか1頭も見かけなかった。
八重山に来た方の話を聞くと、どなたもスジグロカバマダラは多いという話をされるのだけれど、どうしてなんだろうと不思議でならず、とっても残念に思っていたので、今回はようやくスジグロカバマダラに会えたのでうれしかった。
f0031682_12371615.jpg

やっぱりきれいなチョウですよね。しかもこの時は交尾個体に2組も巡り会えてなおさらうれしかった。
f0031682_12374518.jpg

そしてここで初めて会った2種類のルリマダラ。
最初はどれがどれやら分からず、入野さんがあれはツマムラサキマダラ、あっちはマルバネルリマダラと教えてくれる。
ルリマダラ類は吸蜜中はほとんど翅を開かない。それでも独特の裏面を見ているだけでもうれしくなる。こちらはツマムラサキマダラの♂。
f0031682_12382318.jpg

♀の裏面は随分違っていて、なれないと他のマダラチョウかと思ってしまう。
f0031682_12401469.jpg

ツマムラサキマダラはゆっくり飛ぶので、翅表の紫がチラチラと光ってとてもきれいだ。
飛翔にも挑戦したけど、うまく翅表の紫が写っている写真もあった。
f0031682_12404822.jpg

こちらはその中でも一番きれいに光っていた写真。
f0031682_12411559.jpg

そして迷蝶のマルバネルリマダラ。これを目当てに八重山に来る人もいると教えてくれた。
こちらもゆったりと飛ぶので飛翔を撮影するが、飛翔高度がツマムラサキマダラよりは高く、裏面しか撮影できなかった。
f0031682_12414171.jpg

吸蜜もやや高い所が多く、近くからはなかなか撮影できなかったが、2頭並んで吸蜜しているこの写真は両方ともマルバネルリマダラでめったにないチャンスだと思う。
f0031682_1242739.jpg

めったにないチャンスと言えば、入野さんが、「アッ翅を開いた」というので見ると、吸蜜に来ていたマルバネルリマダラがゆっくりと翅を開閉している。とっさに数枚撮影できたが、「マルバネルリマダラの翅表が撮れるなんて」と感心された1枚になった。ビギナーズラックというやつだろうか。
f0031682_12424319.jpg

ここにはアサギマダラもいたけど、どうしてもカメラを向けることは少なくて、ある意味貴重な記録写真だ。
f0031682_124362.jpg

ここにはマダラチョウ以外の蝶もたくさんいたけど、それは次回。

そう言えば、今日は大晦日。
ブログ仲間や蝶好きの皆さんのおかげで今年も充実した1年になりました。
ありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

by dandara2 | 2009-12-31 12:49 | 吸蜜 | Comments(44)