タグ:タテハモドキ ( 2 ) タグの人気記事


2015年 09月 29日

石垣旅行2(2015/9/21)

今年の石垣島の蝶の少なさにがっくりして、9月21日は竹富島に行きたいという息子家族と一緒に観光も兼ねた撮影に行くことにする。
あまりせかせかしても仕方ないかなと言うあきらめの気分、半分は家族旅行でもあるし。

島に行く前に鍾乳洞を見たいという息子たちとは別行動で現地で会うことにする。
時間までホテルの前の海岸のベンチに座って、ゆったりと南の島の雰囲気を味わいたかったのだけど、前日に思い通りの写真が撮れなかったので、さすがにそんな気分にはなれず、ホテルの周辺の蝶を見てみることにする。

海を背景にしたり、ホテルを背景にしたチョウでも撮れればラッキーだ。

ホテルの庭を歩いてみるけど、ホテルを背景にした写真は難しくて、結局撮れたのは植え込みにたくさん飛んでいたホリイコシジミのみ。
f0031682_22403813.jpg


ランタナに産卵しているものもいた。
f0031682_2241043.jpg


以前来た時には、シソモドキをホストにする系統の産卵シーンを撮影したので、ランタナをホストにする系統の産卵シーンが撮れたのはうれしかった。

海を背景にした写真は、スジグロカバマダラが吸蜜していたので何とか頑張ってみるが、こちらは背景の木の背が高く、海が入ってくれなかった。
f0031682_22412978.jpg


それでもなんとなくいい感じだ。

庭をぶらぶら歩いていたら、アオタテハモドキがセンダングサに吸蜜に来た。
f0031682_22415967.jpg


触角の片方がなくなった個体だったけど、アオタテハモドキの吸蜜シーンはあまり見かけないので急いで撮影。

センダングサにはセセリも来ていた。
f0031682_22424047.jpg


チャバネセセリと思ったけど、後で写真を見直したらトガリチャバネセセリのようだ。
もっとも写真だけでは判別は難しいけど…違っていたらご教示ください。

その後港に行くけど…なんと駐車場が満杯で車が止められない。
少し間をおいて何回か行ってみるけど無理そう。
シルバーウィークで混むと言うことをすっかり忘れていた。

どうしようかと思ったけど、竹富はあきらめて近くで撮影することにして、息子たちには電話で連絡。
昨日知っている場所にはあらかた行っていて、いずれの場所も芳しくなかったので、港から近い山に向かう。

車を置いてすぐの場所にはシロチョウ類がたくさん飛んでいた。
多いのはウスキシロチョウ。

ぼろの個体が大半だけど、盛んに産卵行動をしている。
f0031682_22433680.jpg

f0031682_22435210.jpg


産付された卵も撮影。
f0031682_22444182.jpg


ふと横を見ると、ハイビスカスの花にきれいな個体が止まっている。
f0031682_2245431.jpg


撮影して、家内にそこの花に止まっているよと言うと、"あら、こっちの花にも止まってるわよ" と言うので見ると、隣の花にも止まっている。
f0031682_2246073.jpg


大きさはかなり小さい。
その時は、やったーカワカミシロチョウだと大喜びして撮影。

家内はその前から撮影していて、花に飛んでくるシーンから撮影していた。
f0031682_22462369.jpg
家内撮影

この時は、迂闊にもすっかりカワカミシロチョウと信じてしまったが(南の蝶に関してはこの程度の知識しかありません・・・前日撮れなかった欲目もあったし)、後でよくよく調べたらこれもウスキシロチョウのようだ。ガックリ
でもなんでこんなに大きさが違うの (^_^;)

近くにはタテハモドキもいた。
f0031682_22465834.jpg
家内撮影

f0031682_22474423.jpg


あまり撮影のチャンスがないので、喜んで撮影。

家内は産卵シーンも撮影していた。
f0031682_224817.jpg
家内撮影

アオタテハモドキの雌もいて、翅を目いっぱい開いてくれたので、後翅の大きな目玉模様も撮影できた。
f0031682_22481680.jpg


ヒメシルビアシジミもかなり飛んでいた。
f0031682_13333180.jpg


いつもあまりきれいに撮れないのだけど、今回は花とのコラボもよく、可愛く撮れた。

15時過ぎには竹富島から帰った息子家族と合流し、お気に入りのアクセサリー店を覗いたり、夕食を食べてホテルに帰る。

孫は水牛を見てしっかり撮影していた。
f0031682_22483519.jpg
孫撮影

翌日は孫のこともあって、比較的早い時間に帰ることになっている。
チェックアウトまでの間に、宿から少し歩いてゲットウの多い場所を見て歩くけど、ここにもオオシロモンセセリの姿はなかった。
でも良い環境だったので、きっと次に来た時には見ることが出来そうな感じだった。

by dandara2 | 2015-09-29 22:53 | 産卵 | Comments(10)
2014年 02月 19日

八重山撮影行(最終日 石垣島:2013/11/23)

このところの雪騒ぎで八重山の報告が遅くなってしまいましたが、最後の石垣島での撮影記録です。

朝、ホテルの前ではクロマダラソテツシジミが花壇の花に来ていましたが、鮮やかなブルーの花に、クロマダラソテツシジミの翅表のブルーが良く似合っていました。
f0031682_09130426.jpg
f0031682_09130393.jpg
この日は、午後の便で帰るので、午前中にバンナ岳に行ってイワサキタテハモドキをメインに撮影しました。
f0031682_09130453.jpg
家内撮影

バンナ岳の蝶園近くの芝生の中にはたくさんのシソモドキが生えていて、イワサキタテハモドキの食草になっています。
f0031682_09130467.jpg
そのシソモドキに盛んに産卵する雌がいました。
f0031682_09130436.jpg
また、静止する雌にアタックする雄もいました。
f0031682_09130427.jpg
f0031682_09164697.jpg
このようなオーブンな場所での求愛行動はあまり多くなくて、道端の藪の中のような場所で雌にアタックしているのをよく見かけました。
f0031682_09130493.jpg
そんな場合には、動き回る雄はわかるのに、地面にじっと静止している雌はどこにいるのかわからない場合が多いです。

一通りの撮影ができたので、少し周囲を歩き回ってみることにしました。
林の縁ではコウトウシロシタセセリが吸蜜に来ていました。
f0031682_09130498.jpg
その林の中では、ウスイロコノマチョウが足元から飛び出しました。
f0031682_09131301.jpg
林の中だったので、石垣島では珍しいクロコノマチョウかと思いましたが、ウスイロコノマのようです。

このあたりではアカスジベッコウトンボも多く見かけました。
f0031682_09130340.jpg
珍しいトンボかなと思って撮影しましたが、石垣島では2012年から観察されるようになったようです。

ここでうれしかったのは、タテハモドキがいたこと。
f0031682_09131311.jpg
決して珍しい蝶ではないと思うのですが、意外と出会う機会が少なくて、今回の旅行でもここでしか会うことができませんでした。
f0031682_09131395.jpg
以前撮影したのは夏型だったので、秋型は初めての撮影になります。

半逆光で表の模様が透けて見えるようにも撮影してみました。
f0031682_09131379.jpg
それと、クロセセリにも久しぶりに会いました。
f0031682_09131393.jpg
ハイビスカスに吸蜜に来ていたので、あわてて撮りましたが、十分撮影する前に飛ばれてしまいました。

今回の旅行ではシロチョウの仲間はあまり撮影できませんでしたが、ウスキシロチョウが元気に飛び回っていました。
f0031682_09131307.jpg
オオゴマダラもいて飛翔を撮影できました。
f0031682_09131378.jpg
f0031682_09131334.jpg
オオゴマダラは今まではあまり撮影のチャンスがなかったのですが、今回の旅行では産卵も含めていろいろなシーンを撮影できました。

今回の八重山は1週間と日程的にはかなりゆとりを持って計画し、おおむね天気にも恵まれて楽しい旅行をすることができましたが、だんだん未撮影種も少なくなり、これからはピンポイントで時期を合わせて出かけなくてはなりそうです。

by dandara2 | 2014-02-19 09:24 | 産卵 | Comments(8)