タグ:スジグロシロチョウ ( 16 ) タグの人気記事


2018年 05月 09日

オナガアゲハの求愛飛翔(2018/4/29)

4月29日から大型連休の始まり。

朝6時頃に窓から関越高速を見ると、もう車がノロノロ運転。


一般道で行ける奥武蔵の渓流に、ツツジに来るアゲハとウスバシロチョウ、アオバセセリなどの様子を見に出かけた。

最初に見掛けたのはスジグロシロチョウの産卵行動。
イヌガラシの周囲を飛び回っているので、もしかしたら産卵するかなと思って撮影。

f0031682_10364421.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


予想通り産卵してくれた。

f0031682_10364424.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後でストックを見てみたら、スジグロシロチョウの産卵シーンはいくらも撮影していなかった。


ツツジのポイントに着くと、ヤマツツジの花は終わりに近いのかやや寂しい感じ。

それでも何頭かのオナガアゲハが来ていた。

吸蜜時間ではないのか、オスはなかなか止まらないけど、メスが吸蜜に来てくれた。

f0031682_10364472.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスはツツジの周囲を飛び回っては吸蜜してくれるので、いくつかの吸蜜シーンを撮影できた。

f0031682_10364492.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_10363736.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10362037.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10362072.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そのうちオスも吸蜜してくれた。

f0031682_10363794.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスを撮影していると、オスが絡んでくるのでそれも撮影。

f0031682_10364482.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


興奮するのかストローを伸ばしていることが多い。

f0031682_10362105.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスが来てくれるといろいろなシーンが撮影できるのでラッキーだ。
f0031682_10362020.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


地面近くで雌雄が絡んでいた。

f0031682_10363751.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


家内の横で飛翔用のカメラで撮影していたら、その様子が家内の写真に写っていた。

f0031682_10363750.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


その時に写したのがこの写真。

f0031682_10363735.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


背景が暗かったので、少し残念な結果だ。


メスの吸蜜を撮影していたら、ナガサキアゲハのオスが絡んできた。

f0031682_10362073.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここではこの時期にあまりナガサキアゲハを見ないので、やったねと思って撮影。

f0031682_10361111.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


残念ながらあまり長居はしてくれなかった。
f0031682_10361129.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内は少し離れた場所で白いツツジに来るカラスアゲハを撮影していた。

f0031682_10361187.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_10354406.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ウスバシロチョウのところに移動すると、お蕎麦屋さんが開店した関係だろうか、車が何台も止まっていて、いつもの場所に車が置けない。

あきらめて、さらに奥のアオバセセリのポイントに行く。

少し木が大きくなってきていて、あまり良い環境ではなくなっている。

1時間ほど待ってみたけど、さっぱり出てきてくれないので、あきらめて他の場所の様子を見てみるけどどこもすっきりしない。

残念だけど早めに帰ることにした。



by dandara2 | 2018-05-09 10:56 | 配偶行動 | Comments(6)
2018年 04月 10日

神奈川のギフ(2018/4/3)

4月3日は里山の蝶便りさんと神奈川のギフを見に行く。
この日は上に登る気はなくて、山麓で各種の花に来るギフを撮影する予定。

9時少し過ぎ位に現地について様子を見る。

数日前に撮影仲間が素晴らしい写真を撮っているので、楽勝のつもりでいたけれどギフの姿がない。

二手に分かれて探すことにする。

10時少し前にギフがツツジに吸蜜に来た。

f0031682_06570538.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200


ここでのツツジ吸蜜は、いつも時期が合わずあまり良い写真がないので喜んで撮影。

f0031682_06570593.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


すぐに電話を入れると、向こうでもギフが現れたらしい。


ところがその後が続かない。

マメザクラの前で散々待つけど、時々飛んでは来るものの全く止まる気配がない。

やけくそで通過するギフを撮ってみたらかろうじて1枚だけ写っていた。

f0031682_06570567.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


結局マメザクラのギフはこの1枚だけだった。

この場所で様子を見るという里山の蝶便りさんを置いて別の場所を見に行く。

遠くのツツジにギフが来ていたので、10m以上あるけど、とりあえず撮影。

f0031682_06570589.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


トリミングしたら多少は見られる写真になった。

近くに飛んでくるけど止まらないので、飛翔を撮影。

f0031682_06570695.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


あまり良い出来ではなかった。

ようやく近くのツツジで吸蜜してくれた。

f0031682_06565963.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんかギフが大きく写るし、フォーカスが遅いなと思いながら撮影。

f0031682_06570044.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後で気が付いたけど、ここのマメザクラの撮影は、少し距離があることが多いのでテレコンをかましてきていたんだった。

撮影していたら里山の蝶便りさんから、マメザクラに吸蜜に来ているという電話。

ちょうどツツジに来ている所だったし、マメザクラは前にも撮れているし、これからチャンスがあるだろうと思ってツツジでの撮影を続行。

f0031682_06570087.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06570085.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

ツツジの蕾にやってきたけど、当然吸蜜せずに離れた。
f0031682_06565927.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06565229.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そしたら2度目の電話があったので移動したら、ちょうど飛んで行ってしまったとのこと。

その後は13時半すぎまでまってみたけど現れてくれなかった。

モデルになったのはミヤマセセリ。

f0031682_06565292.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


スジクロシロチョウのみだった。

f0031682_06565154.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それぞれ写真はないから、貴重なシーンではあるけど、ギフチョウもちゃんと写したかったかな。

なんとなく消化不良の結果だったけど、とりあえずは二人とも撮影できたので帰ることにした。

里山の蝶便りさん、お疲れさまでした。



by dandara2 | 2018-04-10 07:12 | 吸蜜 | Comments(10)
2018年 03月 22日

コツバメ初見(2018/3/17)

3月17日は午後から所用があるし、18日は墓参りの後もう一つ所用があるのでどうしようかと思ったけど、その後は天気が悪そうなので、17日の午前中にいつもコツバメの飛翔を撮影する近くの公園に行ってみた。

歩き始めてすぐにコツバメが笹の葉に止まっているのを発見。

f0031682_07423095.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ああやっぱり出ていたなと一安心。

広角でも撮ったけど、カメラの影が入ってしまい、かなりトリミングすることになってしまった。

f0031682_07423152.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


笹の枝にも止まったので撮影する。

f0031682_07423179.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後で家内の写真を見たら、家内の方が背景が抜けていて良い感じ。

f0031682_07423178.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200撮影


最初に位置取りをしたのは私で、家内はその横で撮影したから、私の位置取りが甘かったということか。

撮影していて、コツバメにフラットに構え、複眼にピントを合わせるのに気を取られて、背景にまで神経が行っていなかった。
まだまだ修行が足りない。

またまたみんなに「奥さんは写真が上手だね」って言われるね、と二人で笑ってしまった。

いつもコツバメがいる場所に行くと、先に来ている人がいて、コツバメを撮りに来たのかなと思って近づくとchochoensisさんだった。

挨拶をすると、コツバメが一頭出ているという。

二人で探すと、ちらちらと飛んできて笹の葉に止まった。

今度は背景にも気を使って撮影。

f0031682_07422490.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_07422547.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内は縁毛のブルーを表現しようと逆光側から狙っている。

f0031682_07422472.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


この個体はそれほど青く光らなかった。

オオイヌノフグリでは吸蜜してくれなかったので、飛び立ちを狙う。

f0031682_07422415.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_07421752.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_07421723.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


性標がはっきりしないからメスかもしれない。

f0031682_07422430.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


飛び立ち写真は納得のいく写真は撮れなかったけど、これからもチャンスはあるだろうと思い、時間が来たので帰ることにする。

家内はスジグロシロチョウも撮影していた。

f0031682_07423019.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


車のところに戻るときに、最初にコツバメを見たところで、ちらっと動く影が見えたので探したら、斑入りのアオキの葉にコツバメが止まっていた。

コツバメにマッチする背景かどうかは微妙なところがあるけど、家内の写真は背景のボケも良く、きれいに撮れていた。

f0031682_07421667.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


私の写真は、モンキの産卵やキタテハの交尾用に絞りすぎていて、背景がはっきり写りすぎていて没。

chochoensisさんのお元気な様子を見て安心した。




by dandara2 | 2018-03-22 07:53 | 初見日 | Comments(12)
2017年 06月 18日

ミドリシジミの開翅(2017/6/10.11)

6月10日は"森林里山巡り"のmorrieさんの案内でミドリシジミのポイントに出かけた。

この場所は3月のコツバメの撮影の時にMorrieさんからお話を伺って、ご一緒できるのを楽しみにしていた場所だ。

7時に現地について、蝶を探し始めたのが7時20分くらい。
ところがこの日はカンカン照りの暑い日で、今年の最高気温が各地で記録された。

ミドリシジミはあまりの暑さに木陰にいるのか、ほとんど姿が見えない。

それでも木陰で休んでいる蝶を何頭か見つけて、この場所の様子を知ることはできた。

f0031682_14024224.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14023483.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


f0031682_14023486.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


初めての場所なので、土地勘を得るためにMorrieさんに周辺を案内していただいたが、その間に家内はいくつかのシーンを撮影していた。

これは桑の実がつぶれたところに吸汁に来たもの。

f0031682_14024120.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


こちらは桑の実に来たところ。

f0031682_14024211.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ストローは出していないようだけど、ここに吸汁に来たんだろう。

オスの開翅は家内だけが撮影していた。

f0031682_14024217.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


アングルが悪いので、きれいには輝いていないのが残念だけど。

スジグロシロチョウが配偶行動をしていたのでカメラを向けた。

f0031682_14023406.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14024118.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後でストックを見てみたら、スジグロシロチョウの配偶行動はほとんど撮影していなかった。


これではこの場所の本当の様子がわからないと感じたので、翌11日は家内と二人で出かけてみた。

自宅からの道順とか、見るべきポイントの場所とかも分かったので、少し早い6時半に現地につく。

朝はうっすらと雲がかかって気温も昨日より3,4度は低い。

着いてすぐに、道端にオスが翅を開いているのを家内が見つけた。

f0031682_14023488.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


曇っているので翅の色は青っぽくなっているけと、前日には見られなかった全開翅が撮れたので、今日は良い写真が撮れるかなと嬉しくなる。

撮影していたら、カメラを持った方が来たので挨拶をして話をする。
ここにはよく来られるとかで、Morrieさんともお知り合いのNさんとのこと。

今開翅していたからと、その場所に案内していただいた。

最初に見つけたのはB型のメス。

f0031682_14022791.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ゆっくり翅を開いてくれた。

f0031682_14023357.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


すぐ近くにオスが出てきて、こちらもじわっと翅を開く。

そのうち全開翅してくれた。

f0031682_14022864.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


すごくきれいな個体で夢中でシャッターを押すけど、左前翅の先に上の葉の影がかかっていた。

とりあえず撮影したところで、Nさんが影になっていた葉をどけてくれた。
飛んでしまうのではないかと心配したけど、そんなことはなくて、ちょうど日も射してきて、翅全体が輝いた写真が撮れた。

f0031682_14022802.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


どちらがいいかは好みが分かれそうだ。

ここでは何頭ものオスが翅を開いてくれた。

f0031682_14022784.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14022262.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翅の輝きがすごい。
f0031682_14022155.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


f0031682_14022128.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


Nさんが半開翅が撮りたいというので、それもそうだと撮影。
f0031682_14022110.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


贅沢な話だ。

いずれもきれいな個体で、十分満足して時計を見るとまだ9時前。

気温が上がってきて開翅も終わったようなので、メスがほとんど見られなかったのが残念だけど、目的だったオスの開翅が撮れたので帰宅することにした。

Morrieさん、Nさん いろいろお世話になりました。



by dandara2 | 2017-06-18 14:21 | 開翅 | Comments(18)
2017年 05月 09日

ギンイチの吸蜜植物とウスバシロチョウ(2017/4/28.29)

4月28日、その前二日間ほど雨や曇りだったけど、この日は晴れて気持ちの良い日だった。

自宅前の川原ではツマキチョウがまだ飛んでいるけど、数が減っているし、傷んだ個体が増えてそろそろ発生も終わりの感じ。

ギンイチモンジセセリが今まであまり撮影したことのない花で吸蜜していた。

最初はタンポポ

f0031682_21450436.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


これはもちろん珍しいというわけではないし、手前の枯れ草がじゃまだけど、撮影した花を見ておやっと思った。

総包片が反り返っているからセイヨウタンポポというわけだけど、前にも書いたけどこの川原ではカントウタンポポが優先している。

総包片の反り返りもセイヨウタンポポと何となく違うなと思ったので、雑種かなと思って少し調べてみた。

すると、関東では(そう書いてあるわけではないけど、雑種の分布図を見てとりあえず自分の住んでいる地域ということで)、カントウタンポポとセイヨウタンポポの雑種化がかなり進んでいて、セイヨウタンポポと思ってみても実際には85%が雑種タンポポなんだそうです。

こちらはオランダミミナグサ

f0031682_21450544.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この花での吸蜜は初めて撮影したような気がする。


アメリカフウロ

f0031682_21450595.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


これも初めてかな。


トキワハゼ

f0031682_21450529.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これも初めて。
エーと思って、とにかくまずはD500で、確実に撮影した。

ここには、少し湿ったところにムラサキサギゴケも生えていて、撮影した時にはそちらかと思っていたけど、どうも茎が立っているので、トキワハゼの方ではないかと思う。

この日は少し前から発生していたヒメウラナミジャノメの数もかなり目立つようになった。
それで、一応証拠写真を残しておこうと思ったけど、ただ止まっているのでは芸がないので(と言うか撮影のテンションが上がらないので)、飛んでいるところを撮影した。

f0031682_21450562.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


ヒメウラナミジャノメはひらひらと不規則に方向を変えるので、飛翔写真を撮るのは意外に難しい。
(私の技術ではということです)
f0031682_21450497.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


この日から、飛翔用は1V2から1V3に戻した。


29日は、ウスバシロチョウを撮影に行く。
最初に行った場所ではまだ発生していないようだったので、ブログ仲間の情報で確実に発生しているコツバメの公園に移動。

ミツバウツギのところに行くと、"森林里山巡り"のMorrieさんが撮影していらしたので一緒に撮影させてもらう。

f0031682_21445267.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


最初は姿がなかったけど、すぐに数頭のウスバシロチョウが現れて吸蜜してくれた。

f0031682_21444518.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

ウスバシロチョウの翅表の斑紋もそれぞれ個性があって面白かった。
これは前翅の亜外縁の黒い帯が少し薄いようだ。

f0031682_21445764.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_21444617.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


こちらはうっすらと現れている。
f0031682_21445209.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_21445230.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



こちらはかなりはっきりとしたタイプ

f0031682_21444665.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここにはスジグロシロチョウも吸蜜に来ていて、ウスバシロチョウにちょっかいを出していた。
f0031682_21444669.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


見ていると、スジグロシロチョウはウスバシロチョウにちょっかいを出すけど、その逆はなかった。

f0031682_21445821.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


種の認識パターンに違いがあるのかもしれない。

もちろん、ウスバシロチョウは同じ仲間にはちょっかいを出していた。

f0031682_21445851.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21445809.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21445845.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


追いかけている方の翅が切れているのは残念だけど、ピントもいいし、前の個体の翅が透けて花が見えているのもいい感じで、お気に入りの一枚になった。





by dandara2 | 2017-05-09 22:17 | 吸蜜 | Comments(13)
2017年 03月 30日

ミヤマセセリの飛び立ちなど(2017/3/28)

3月28日は、自宅近くでは撮影しにくくなったミヤマセセリ狙いで再度アセビのコツバメの公園に出かける。

アセビのところでは何人かの方がコツバメを待っていたけど、まだ出ていないとのことだった。

しばらく待っているとミヤマセセリが飛び出したのでそれを追いかけてとりあえず撮影する。

f0031682_15263602.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

すぐに飛び立ってなかなか止まらなかったけど、ちょっとだけおとなしく止まっていてくれたので、そっとカメラを近づけて飛び立つところを撮影する。

f0031682_15263655.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_15263669.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_15263718.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


この日はチャンスはこの一度だけだったけど、何とか写ってくれた。

コツバメが出ないので、別の場所を見に行くことにする。
スジグロシロチョウが産卵場所を探している感じで飛び回っている。

f0031682_15263574.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ムラサキハナナにまとわりついて産卵しそうになるけど止まらない。

f0031682_15262968.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


止まったと思ったら吸蜜だった。
f0031682_15262934.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


少し離れた場所でようやく産卵を撮影することができた。

f0031682_15262946.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミヤマセセリがカキドオシに吸蜜に来た。

f0031682_15262902.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日の目的はミヤマセセリだったから、吸蜜シーンも不十分ではあるけど撮影できてよかった。
f0031682_15263089.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そうしたら"蝶散歩"さんから電話で、コツバメが出たと知らせてくれた。

ちょうど、コツバメが全く撮れないのはさみしいなと思い始めたところだったので、急いでその場所に行ってみた。

コツバメは赤くなった葉の上に飛んできてモデルになってくれた。

f0031682_15262160.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


しばらくして、また"蝶散歩"さんから別のところにもいるとの電話。

急いで行ってみると、今度はアセビで吸蜜していた。

f0031682_15262159.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少しだけ、翅の縁の幻光が出ていた。
f0031682_15262163.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_15262180.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_15262253.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


この日はコツバメに関してはすっかり蝶散歩さんのお世話になってしまった。
ありがとうございました。


この前、ミヤマセセリの交尾の時にお会いした"森林里山巡り"のMorrieさんもいらしていていろいろお話を伺った。

主に地元の埼玉の蝶を撮影しておられるようだけど、とても詳しいのにびっくり。

自分ももう少ししたら、地元の蝶をしっかり撮影したいと思っていたので、いろいろとお話を伺えてよかった。



by dandara2 | 2017-03-30 15:37 | 飛翔 | Comments(8)
2017年 03月 22日

コツバメとミヤマセセリの初見(2017/3/19.20)

3月19日は前日にコツバメが出たということで、いつものコツバメの公園へ行く。
この日は小さなコツバメがメインなので、レンズは久しぶりにシグマのレンズをつけてきた。

アセビの周辺では、蝶散歩さんbanyanさん、ヘムレンさん、みき♂さんdragoubutterさんなどにお会いすることができた。

18日にコツバメを初見された蝶散歩さんにお話を伺うと、今日はコツバメはまだのようだった。


ちらっと黒い影が動いたのでコツバメかと思ってみるとムラサキシジミ。

f0031682_09245426.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


テングチョウも吸蜜していた。
f0031682_09245476.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


しばらく待っていたけど、姿を見せないので、別の場所の様子を見ようと歩き始めたら、コツバメが出たとbanyanさんから電話があった。

急いで戻ると、皆さんがカメラを向けているので仲間に入れてもらう。

f0031682_09245427.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


しばらく止まっては、飛び出してまた同じような場所に戻るという行動を繰り返していた。

f0031682_09245508.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150



アセビの花に止まってもストローを伸ばしていないので、テリハリだろうか。

f0031682_09244728.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


この写真でははっきりしないけどストローを伸ばしている。

f0031682_09245585.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


撮影していて、コツバメの姿が小さいので、もう少し大きくしたいなと思ってズームリングを回すと、コツバメがピンボケになる。
なんで?? と思いながら撮影していてふと気が付いた。
今日はマクロレンズをつけていたんだ、ズームリングと思っていたのはピントリングだった!!

体がズームレンズに慣れてきているので、こんなミスをしているとチャンスを逃すことになるので、次からは70-200に戻すことにする。

ひとしきり撮影して周囲を見ると、キタテハが熱心に吸蜜している。

f0031682_09244857.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


きれいに翅を広げているのでカメラを向けた。

f0031682_09244749.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


コツバメもどこかに飛んでしまったので、ミヤマセセリを探すことにして移動した。

別のアセビのところでは、スジグロシロチョウが吸蜜している。

f0031682_09244877.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


その場所にいた方と話をすると、5分くらい前にはミヤマセセリが吸蜜していたという。

しばらく待ってみたけど、結局この日はミヤマセセリを撮影できなかった。


20日は、ミヤマセセリを求めて再度同じ場所に行く。
19日よりは1時間くらい遅くに現地に着いた。

この日も何人もの方がアセビの前で待っていたけど、コツバメはまだ出ていないという。

ミヤマセセリはいないかと、周囲の草地を一回りして元の場所に戻ってくると、皆さんがカメラを向けている。
アセビではないので、もしかしたらと思って近づくと、ミヤマセセリが交尾していた。
やったねと思ってカメラを向ける。

f0031682_09244737.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミヤマセセリ狙いで来たけど、一発目で交尾個体に会えるとは思ってもみなかった。

f0031682_09243811.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


じっと動かないので、広角でも撮影する。

f0031682_09243935.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


しばらく待つけど、コツバメは現れないので、ミヤマセセリを探して周辺を歩くことにする。

ミヤマセセリは、時々飛んでくるけど、止まる気配は全くない。
ようやく草の先に止まったのを撮影できた。

f0031682_09242912.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


明るい畑の縁では、ナズナがたくさん咲いていて、ムラサキシジミが吸蜜していた。

f0031682_09243965.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


背景がいいので、飛び立つところも撮影する。

f0031682_09242930.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09242967.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ここではテングチョウがテリハリをしていた。

f0031682_09243831.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ルリシジミは吸水していた。

f0031682_09243957.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


帰りがけに家内がスジグロシロチョウの交尾を見つけた。

草の中なのでなかなか難しい。

f0031682_09242926.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


カメラを近づけると、敏感に反応して小飛して逃げる。

ようやく枯れ枝に止まって落ち着いた。

f0031682_09243097.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


広角でも撮影してみる。

f0031682_09242146.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


これで、コツバメ、ミヤマセセリと撮影でき、うれしい春の休日になった。



by dandara2 | 2017-03-22 09:47 | 初見日 | Comments(20)
2016年 04月 19日

小畔川便り(ツマキチョウの産卵2016/4/10)

4月10日は自宅前にギンイチモンジセセリの発生の確認とツマキチョウの産卵狙いで出かけた。

ギンイチモンジセセリはまだ発生していないようだった。

ツマキチョウのオスは例によって全く止まらない。

今日は同じ飛翔でも背景にムラサキハナナの群落が入るようにしてみた。

f0031682_06215875.jpg
f0031682_06215882.jpg

2頭が追飛しているシーンではさすがに思い通りの背景で撮影というわけにもいかなかったけど、少し入れることができた。

f0031682_06220403.jpg
f0031682_06220483.jpg


11時半を過ぎると吸蜜する個体が出てきた。

f0031682_06215889.jpg


スジグロシロチョウは自宅前では数が少なく、結構貴重な感じがする。

f0031682_06220487.jpg
f0031682_06220496.jpg


12時近くなってようやくツマキチョウの産卵を撮影することができた。
ムラサキハナナではなくてナノハナに産卵するようだ。

f0031682_06215863.jpg
f0031682_06215817.jpg

その後も1時間以上粘ってみるけど、これ以上のチャンスはなく帰宅することにする。

帰りがけにモンシロチョウの交尾ペアにツマキチョウが絡んできたけど、枯草の中なのでうまく撮影できなかった。

f0031682_06220404.jpg

今年はナノハナの咲く範囲がかなり広がって、一時は減っていたツマキチョウの個体数が回復してきているみたいでうれしい。



by dandara2 | 2016-04-19 06:32 | 産卵 | Comments(8)
2016年 04月 13日

トラフ敗退(2016/4/8)

4月8日、朝、空を見上げるとどんよりと厚い雲が広がっている。
風も強い。

今日はトラフシジミを見に行こうと思っていたのだけど、これでは見送りかなと思ってのんびりと過ごしていた。

しばらくして、再度空を見るとトラフのいるであろう方角の空が少し雲が薄いようだ。
孫の好きな燻製屋さんでの買い物も頼まれたので、ダメもとで出かけてみることにする。

途中薄日が差してきて期待を持たせたけれど、ポイントではやはり雲がとれない。
それでも風は自宅付近よりは強くない。

一通り歩いてみるけど、トラフシジミはおろかコツバメも見つからない。
モンシロチョウが吸蜜していたのでとりあえずカメラを向ける。

f0031682_07383525.jpg

少し歩くとスジグロシロチョウもいた。

f0031682_07383564.jpg

それだけ・・・・・・

せっかく出てきたのに今日はしょうがないかなと思っていたら、スジグロシロチョウの交尾を見つける。

f0031682_07383679.jpg

スジグロシロチョウの交尾はそれほど撮影していないので、ある意味トラフよりは貴重かなと自分を慰めながら撮影。

f0031682_07383589.jpg

この日はスジグロシロチョウだけはいくつか飛んでいて写真が撮れた。

f0031682_07382932.jpg
f0031682_07382846.jpg

最後に回った場所でツマキチョウを見つけ、吸蜜シーンを撮影することができた。

f0031682_07382936.jpg

自宅前では、全く止まらず苦労しているのにうそのようだ。
f0031682_07382974.jpg



by dandara2 | 2016-04-13 07:50 | 交尾 | Comments(6)
2016年 04月 04日

小畔川便り(ツマキチョウ発生:2016/4/3)

孫の春休み真っ最中。
一日家にいるので結構大変。
両親が家にいる土日しか遠出ができない。
しかもその土日もあまり天気が良くない。

でもそれでは不自由なので、孫にもカメラを与えて、この春休みは少し遠出もしてみることにした。

孫用に購入したカメラはオリンパスのSTYLUS 1s 35mm換算28-300のズームレンズ付きのコンデジ。
画素数が1200万画素と今のカメラとしては低画素だけど、402gと比較的軽いし、蝶の撮影には十分な性能がある。

孫が使わないときには、家内のサブカメラにちょうど良いかなと思った。

30日は、孫にこのカメラを持たせて自宅前の川原に行ってみる。
f0031682_2220491.jpg


力いっぱいシャッターを押すので手振れ続発。
それに少し近づきすぎかな。
おいおい練習しましょうね。
f0031682_2221199.jpg
孫撮影

これからは、たまに"孫撮影"ってついた写真が出るかもしれません。
ジジバカだと思って見てやってください。

この日はモンシロチョウが産卵していた。
f0031682_22214432.jpg


ツマキチョウの発生を確認に行くけど、まだ早いのか飛んでいない。
天気も悪くなって、モンシロチョウがムラサキハナナにとまって休んでいるだけだった。
f0031682_22221070.jpg


4月2日は新潟方面は天気が良かったようだけど家族の用事をこなす。
3日の日曜日は曇りだけど、自宅近くの通りはちょうど桜が満開。
f0031682_22253830.jpg


10時半過ぎに明るくなってきたので、自宅前の川原に出る。
f0031682_22255835.jpg


花見の人が多くて落ち着いて撮影はできないけど、桜バックの写真も少しはとっておきたい。

ちょうどベニシジミがテリハリをしていたので、背景に桜が入るように撮影。
f0031682_22261960.jpg

f0031682_22262994.jpg


もっとじっくり撮りたいけど落ち着かないので場所を移動。

ツマキチョウがそろそろ出る頃なのでその確認に行く。

ムラサキハナナにスジグロシロチョウが止まっていた。
f0031682_2227218.jpg


吸蜜しているわけではなく、曇りなので休んでいるところのようだ。
f0031682_22271341.jpg


少し空が明るくなるとちらちらと飛び始めるけど、その中に少し小ぶりの蝶を見つける。

ツマキチョウだ。昨年の初見も4月3日だから、ちょうど同じ日の確認になる。

止まらないのでとりあえず飛翔を撮って証拠写真に・・・
f0031682_2227373.jpg


止まっても枯草の中。
f0031682_2227589.jpg


近づくと枯草を踏んで逃げられる。

家内も家事を終えて出てきた。

手を焼いていたツマキチョウがとまって翅を開く。
f0031682_22282092.jpg
家内撮影

まったく・・・なんてこった。

使い勝手を見るためにSTYLUS 1sを持ってきてもらったけど、フォーカスも早くて結構使いやすいとのことだった。
自宅前の散策の時には、その後買い物をしたりするので、家内はカメラを持ってこないことが多いけど、これなら多少は気軽に持って歩けるかもしれない。

by dandara2 | 2016-04-04 22:42 | 初見日 | Comments(16)