タグ:スジグロカバマダラ ( 4 ) タグの人気記事


2018年 01月 13日

12月の八重山-2(2017/12/23:マダラチョウ)

2017年の12月23日は、マダラチョウを撮影に石垣島の北部の方に出かけた。

ここはヒマワリヒヨドリに来るたくさんのマダラチョウを撮影することができる。
8年前の2009年の12月にも来たけど、その時よりは蝶の数は少ないような気がした。
その年の気候とかいろいろあるだろうから、単純に少なくなったという話ではないとは思うけど。


2009年の時には撮影できなくて、今回撮影できたのはヒメアサギマダラ。
少し前から数が増えてきたということだけど、かなりの数を見ることができた。

f0031682_10104416.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


リュウキュウアサギマダラに似ているけど、色も薄く、大きさも少し小さいので、慣れるとすぐに区別がつくようになった。
f0031682_10103785.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_10103886.jpg

ニコンD500 シグマアポマクロ150


今回見たマダラチョウの中では、一番小さく飛び方も弱々しい。

飛翔もそれほど早くないので、久しぶりに飛翔写真も撮影した。

f0031682_10104594.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


明るい場所よりは、こんな感じの少し暗い所が好みのようだ。
f0031682_10104563.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


吸蜜していたヒメアサギマダラのところにジャコウアゲハが飛んで来たら、びっくりしたヒメアサギマダラが飛び出した。

f0031682_10104403.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


スジグロカバマダラは、前日にも撮影したけど、目の前にいるとやはりカメラを向けたくなる。
f0031682_10102083.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


たくさんの個体が吸蜜しているだけでうれしくなる。

f0031682_10100724.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


リュウキュウアサギマダラとのコラボもうれしい。
f0031682_10100747.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


f0031682_10100752.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この個体は黒い部分がはっきりしていてちょっとインパクトがあった。

f0031682_10102189.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


この日は交尾ペアにもいくつも出あうことができた。

f0031682_10103041.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


別の交尾個体を見つけてカメラを向けたら、奥にも交尾個体がいて驚いたのか翅を開いた。

f0031682_10102995.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


両方にピントを合わせようと少し踏み込んだら、驚いたのか飛び上がった。

f0031682_10102128.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


幸い遠くには飛ばずに、並んで止まってくれたので、なんとか両方にピントの合った写真をとることができた。

f0031682_10102124.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


こんなシーンはめったにないので大喜び。

前の写真でもわかるけど、交尾飛翔形式は♂+♀のようだ。

f0031682_10102158.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この時期に一番多いマダラチョウは、やはりリュウキュウアサギマダラ。

f0031682_10103739.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


手元のストックを確認したら、写真(作品)として保存してあるのは10カットのみだった(撮影したものは当然もっと数が多いけど)。
"よく目にする蝶"というフィルターに惑わされないようにカメラを向けた。
f0031682_10102932.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


きれいなブルーの模様は南に来たなという気にさせてくれる。

f0031682_10103061.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この蝶もゆっくり飛ぶので、飛翔写真も何とか撮れた。

f0031682_10103879.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_10103842.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


吸蜜している個体の背景にいるのはアサギマダラ。

f0031682_10103023.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


アサギマダラはこの時期、比較的きれいな個体と翅にシミなどが目立つ個体とが見られた。

普通だときれいな個体にカメラが向いてしまうけど、翅にシミの目立つ個体は本土から越冬のためにはるばる旅をしてきた蝶と思ったので、そういった個体を意識してカメラを向けた。

f0031682_10104492.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


マーキングされた個体がいないかと気にはしてみたけど見つからなかった。




by dandara2 | 2018-01-13 10:40 | 吸蜜 | Comments(6)
2018年 01月 03日

12月の八重山-1(2017/12/22)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


昨年の12月22日は、小学5年生の孫を学校に送り出してから羽田に向かった。

両親はこの日も勤めがあるので、帰宅は20時過ぎ。
終業式だから昼ころには学校が終わって、友達と遊んだりはしたものの、大分寂しい思いをしたようで、家内の携帯に何度も電話が入っていた。(両親ともIT関係で、セキュリティの関係で電話はできない)

そんなこんなで、石垣に着いたのは14:45分、空港にはこれからお世話になる"石垣の蝶"の熊谷さんが迎えに来てくれていた。

今回は12月も下旬ということで、この時期に咲いているヒマワリヒヨドリに来るマダラチョウの仲間が撮影目的ということになるけど、未撮影種のバナナセセリも何か撮影のヒントになるようなものがあるといいなということでお願いしてあった。

宿に向かいながら、途中にあるポイントをいくつか回る。


最初は、今年見られたというメスアカムラサキのポイントに寄ってみる。

メスアカムラサキは見られなかったけど、スミナガシがテリハリをしていた。

f0031682_15124255.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200撮影


目の高さでテリハリしてくれたので、飛び立つところも撮影。
f0031682_15124297.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_15124362.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


f0031682_15124138.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


カメラの前20㎝くらいで撮影するこんなチャンスはなかなかないので結構うれしかった。

小さくて白い裏面の蝶はタイワンクロボシシジミ。

f0031682_15124141.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


今回はシジミ類はあまり見なかったけど、この蝶は多かった。
ただ新鮮なものは少なかったので、カメラを向けることは多くはなかった。

林道を車で移動していると、ヒメアサギマダラがぽつぽつ見られた。

f0031682_15123217.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


昨年あたりから数が多いという。

スジグロカバマダラがいくつか見られたので車を降り、少し腰を据えて撮影する。

f0031682_15122550.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


八重山では多いけど、明るくきれいなので好きな蝶だ。
f0031682_15123335.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


飛ぶ様子を見ていると、茶色の枯れ葉の周りを飛ぶことが多かった。

f0031682_15123304.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


仲間と間違えているのかもしれない。
それで、ここに来る瞬間を狙ってシャッターを押す。

f0031682_15123376.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_15123288.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


おかげで飛翔写真をとることができた。

f0031682_15122599.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ほかの個体の様子を見ていると、16時半を過ぎてそろそろ塒を探すのかなという感じがする。

3mくらいの高さの枝先に一頭のスジグロカバマダラが止まっているので、きっとここに飛んでくる個体もいるに違いないと思ってカメラを構えて待っていた。

そしたら思った通りこの個体を目指して飛んでくるのがいた。

f0031682_15122579.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


そして近くに止まった。

f0031682_15121796.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


まだほかにも来るに違いないと思って待っていると、狙った通りにもう一頭が飛んできた。

f0031682_15121865.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_15121894.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


他の蝶が飛んでくると、それに反応して、止まっている蝶も翅を開く。

f0031682_15121772.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_15120637.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_15120679.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


狙った通りのシーンが撮れて、初日としては満足だ。

その後バナナセセリのポイントに案内していただく。

17時を過ぎてもまだ明るく、南に来たんだなという感じがした。

バナナの木を何気なくスナップした写真には、オレンジの矢印で示したところに、食痕や巣が見られた。

f0031682_15120592.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


残念ながら成虫はいなかったけど、巣を開いて幼虫を見ることができた。

f0031682_15120521.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


夕食後、宿の近くのお気に入りのお店をのぞくと、ここ何日も寒くて、今日ようやく暖かくなったという話だった。

予報では、明日も晴れで、気温も25℃くらいになるという。

写真が撮れるといいなと思いながら、今日の撮影分をハードディスクにバックアップしてベッドに入った。




by dandara2 | 2018-01-03 15:40 | 飛翔 | Comments(26)
2017年 12月 27日

八重山から帰りました(2017/12/27)

26日に八重山から帰ってきましたが、今年の八重山(石垣)は12月に入って天気が悪く、我々が行った22日までに、晴天の日は3日くらい、気温の低い日が続いて蝶の数も少なく、思ったような成果はありませんでした。

着いた日の22日の夕方に買い物に寄ったお店の人の話でも、やっと少し暖かくなった(この日は22℃)ということでした。

そんな中、案内をしていただいた"石垣の蝶"の熊谷さんのおかげで、普通種が中心ですがなんとか撮影が出来ました。

f0031682_17570003.jpg

撮影枚数が夫婦合わせて1万枚を超えているので、今日はPCに取り込んだだけで、整理には時間がかかりそうですが、これから寒に入るとこちらの越冬蝶も撮影が難しくなるので、そのころにぽつぽつと更新していきたいと思います。


f0031682_17570053.jpg
スジグロカバマダラ


f0031682_17570076.jpg
リュウキュウアサギマダラ


f0031682_17565998.jpg
ツマムラサキマダラ







by dandara2 | 2017-12-27 18:03 | 飛翔 | Comments(8)
2009年 12月 31日

久しぶりの八重山(2:石垣:マダラチョウ)

12月24日は朝9時に「蝶館カビラ」の入野さんと会い、いよいよ八重山での撮影に出発。
来る時に心配した天気も今日は大丈夫そうだ。
撮影のみで採集はしないと言うことから、この時期限定のとっておきの場所に案内してくれるという。
そこはフジバカマ(我々が見ているフジバカマと違うので、別の種類と思うが詳しい種名は不明)が咲いていて、この花の咲く2週間は多くのマダラチョウが集まるという蝶の楽園だ。
f0031682_1233247.jpg

車を降りて周りを見ると、チョウの温室に行っても見られない位の密度でマダラチョウが群れている。
この写真では左上から、ツマムラサキマダラ♂、ツマムラサキマダラ♀、リュウキュウアサギマダラ、スジグロカバマダラ、ツマムラサキマダラ♂などがいる。
f0031682_12334477.jpg
こちらの写真では、画面中央にツマムラサキマダラ、それにスジグロカバマダラ、リュウキュウアサギマダラなどが見られる。
実際にはこれ以上の密度でチョウがいるのだけれど、なかなか写真では表現できない。
まさかこの時期にこれだけのチョウを見られるとは思わなかったので夢中で撮影した。
f0031682_12343233.jpg

以前来た時にもたくさんいたリュウキュウアサギマダラは、ここでも一番数が多かったけど凡人の悲しさで撮影枚数はそれほど多くなかった。
f0031682_12355311.jpg

でもこれを見ると南に来たという気にさせてくれる。
f0031682_12362170.jpg

次に多かったのがスジグロカバマダラ。
実は前に来た時にはこのチョウは撮影できなかった。と言うか1頭も見かけなかった。
八重山に来た方の話を聞くと、どなたもスジグロカバマダラは多いという話をされるのだけれど、どうしてなんだろうと不思議でならず、とっても残念に思っていたので、今回はようやくスジグロカバマダラに会えたのでうれしかった。
f0031682_12371615.jpg

やっぱりきれいなチョウですよね。しかもこの時は交尾個体に2組も巡り会えてなおさらうれしかった。
f0031682_12374518.jpg

そしてここで初めて会った2種類のルリマダラ。
最初はどれがどれやら分からず、入野さんがあれはツマムラサキマダラ、あっちはマルバネルリマダラと教えてくれる。
ルリマダラ類は吸蜜中はほとんど翅を開かない。それでも独特の裏面を見ているだけでもうれしくなる。こちらはツマムラサキマダラの♂。
f0031682_12382318.jpg

♀の裏面は随分違っていて、なれないと他のマダラチョウかと思ってしまう。
f0031682_12401469.jpg

ツマムラサキマダラはゆっくり飛ぶので、翅表の紫がチラチラと光ってとてもきれいだ。
飛翔にも挑戦したけど、うまく翅表の紫が写っている写真もあった。
f0031682_12404822.jpg

こちらはその中でも一番きれいに光っていた写真。
f0031682_12411559.jpg

そして迷蝶のマルバネルリマダラ。これを目当てに八重山に来る人もいると教えてくれた。
こちらもゆったりと飛ぶので飛翔を撮影するが、飛翔高度がツマムラサキマダラよりは高く、裏面しか撮影できなかった。
f0031682_12414171.jpg

吸蜜もやや高い所が多く、近くからはなかなか撮影できなかったが、2頭並んで吸蜜しているこの写真は両方ともマルバネルリマダラでめったにないチャンスだと思う。
f0031682_1242739.jpg

めったにないチャンスと言えば、入野さんが、「アッ翅を開いた」というので見ると、吸蜜に来ていたマルバネルリマダラがゆっくりと翅を開閉している。とっさに数枚撮影できたが、「マルバネルリマダラの翅表が撮れるなんて」と感心された1枚になった。ビギナーズラックというやつだろうか。
f0031682_12424319.jpg

ここにはアサギマダラもいたけど、どうしてもカメラを向けることは少なくて、ある意味貴重な記録写真だ。
f0031682_124362.jpg

ここにはマダラチョウ以外の蝶もたくさんいたけど、それは次回。

そう言えば、今日は大晦日。
ブログ仲間や蝶好きの皆さんのおかげで今年も充実した1年になりました。
ありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

by dandara2 | 2009-12-31 12:49 | 吸蜜 | Comments(44)