タグ:コツバメ ( 40 ) タグの人気記事


2018年 05月 02日

新潟のギフ(ちょっと変なギフ:2018/4/21)

4月21日は新潟の雪の多い場所に様子を見に行ってきた。

いつもは5月に入っていくことが多いけど、先日関越トンネルを抜けた時にかなり雪が少なかったので、もしかしたらもう発生しているかなと思って出かけた。

ポイントに着くと、カタクリはちょうど良い感じ。

f0031682_22505327.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


しばらく待つとギフのオスが飛んできた。

f0031682_22510077.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


メスを探して、止まることなく目の前を通り過ぎて行った。

f0031682_22510038.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


足元のカタクリの前を通り過ぎていくので、体をひねりながらカメラで追いかける。

f0031682_22510037.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_22510078.jpg

ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_22505962.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


f0031682_22505381.jpg


ニコン1V2 ニッコール10.5


なんとかギフの飛翔にカメラが追い付いてくれた。


その後飛んでくるオスは止まることなく、杉の周辺を探るように飛んでメスを探している。

f0031682_22505376.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_22505319.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


f0031682_22505256.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_22504338.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


この日は各地で真夏日が記録されたようで、気温が高く全く止まる気配がない。
f0031682_22503552.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ふと見るとコツバメが止まっていた。

f0031682_22504305.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


それで残雪を背景に飛び出すところを撮影してみた。

f0031682_22504372.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


やや逆光気味なので難しかったけど、なんとか写すことができた。
f0031682_22503662.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ギフはというとその後もチャンスがなく、ちょうどお出でになった霧島緑さんに、「まだ(静止画は)1枚もシャッターを押していない」と情けない話をする。

霧島緑さんが食事をすると言って帰られた後、ようやく一頭が吸蜜に来てくれた。

二人であわてて近づいて撮影。

f0031682_22503647.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_22504405.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_22504399.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんとかシャッターが押せて、やれやれこれで零敗は免れたかなと安心する。(飛翔写真はあとで見てみないとわかりませんものね)

またまた1時間ひたすら待ち。

ようやくもう1頭が吸蜜に来てくれた。

f0031682_22503658.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今度は何とか表側をきっちり撮影することができた。

後で見てみると、前翅の黒状が一部途切れている。

右前翅はかなりはっきり途切れていて、左側は途切れ方が薄い。

家内は裏面を撮っていたけど、裏面の黒状も途切れていたので、擦れたりしたとかいうことではないようだ。

f0031682_22503619.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


こういった形は初めて見た。

結局チャンスは2回しかなかったけど、帰りの道々ツクシを摘んだり、コゴミをとったりしてそれなりの春の里山を楽しんできた。



by dandara2 | 2018-05-02 23:20 | 変異・異常型 | Comments(10)
2018年 03月 28日

コツバメとミヤマセセリの飛び出し(2018/3/24.25)

3月24日は前日に引き続いて同じ場所に撮影に行く。
もう少しミヤマセセリの写真を追加したいと思った。

この日は気温はそこそこ高かったけど、なぜか蝶の姿は少なかった。

それでも前日は逆光でしか撮れなかったレンギョウどまりのコツバメが撮影できた。

f0031682_22155436.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミヤマセセリの方は、ノイバラの花に来た写真が撮れたけど、チャンスは多くはなかった。

f0031682_22155586.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ノイバラの花に止まったので急いで駆けつけて、とりあえず少し遠目からシャッターを押した瞬間に飛ばれた。

f0031682_22154882.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


偶然飛び去るところが写っていたけど、ピントが甘い。

f0031682_22154859.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


まあ写っているだけでも儲けものという感じか。

近くではオオイヌノフグリでコツバメが吸蜜していた。

f0031682_22155565.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アセビでの吸蜜もいいけど、オオイヌノフグリでの吸蜜はより自然な感じがして好きだ。

メスのようで、吸蜜しては小飛して別の花で吸蜜するので、飛び立つところを撮影する。

f0031682_22155583.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_22155457.jpg

ニコン1V3 1ニッコール10-30


この日は薄い雲がかかっていて、真っ青な空というわけにはいかなかったのが残念。

f0031682_22154779.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30



25日は先日コツバメの飛翔を撮った場所に行く。

暖かい春らしい日で、日曜日ということで人も多かった。

それに反して蝶の姿はさっぱりで、いつもの場所でも数頭のコツバメがいただけだった。

オオイヌノフグリでに来たので、飛び立つところを撮影するが、ちょっと近すぎた。

f0031682_22154855.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_22154783.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


一回だけちょうどよい場所に止まってくれて、飛び出す方向もピッタリだったので、きっちりピントのあった飛び出し写真が撮れた。

f0031682_22154076.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_22154122.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_22154014.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


f0031682_22153480.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_22153445.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_22153490.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30




by dandara2 | 2018-03-28 09:00 | 飛翔 | Comments(4)
2018年 03月 25日

ミヤマセセリ初見(2018/3/23)

3月23日は、コツバメの吸蜜やミヤマセセリを撮影したいなと思って、いつもコツバメを撮影する公園に出かける。

公園についてアセビをのぞくと、期待通りコツバメが止まっていた。

f0031682_09282885.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それを撮影して、別の場所に移動する途中でルリタテハが吸水をしていた。

f0031682_09282945.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


越冬明けにしてはきれいな個体だった。
写真のストックを見てみたら、ルリタテハの吸水は初めての撮影だった。

移動した先のアセビの場所には数人の方がお見えになって撮影していた。

ここでは期待していたミヤマセセリが出ていた。

f0031682_09282883.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体はアセビで吸蜜してくれた。
f0031682_09282240.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09282905.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09282285.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今年はミヤマセセリをきっちり撮りたいと思っているので、その出来はともかくとしてシャッターを押すことができてうれしい。

アセビにはコツバメも来ていた。

f0031682_09282298.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09281376.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


桜が満開できれいなので、アセビに来たコツバメの背景に桜を入れてみた。

f0031682_09281300.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


飛び立ったところも撮影できた。

f0031682_09282289.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


撮影する方が多いと遠慮してしまって撮影できないけど、この日は皆さんの撮影の合間をぬって何とか撮影することができた。

レンギョウにも止まった。

f0031682_09281425.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ベニシジミもアセビに来ていた。

f0031682_09281414.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


たぶん初めての撮影。

浅間の煙さんをはじめ、当日ご一緒した皆さん、お世話になりました。



by dandara2 | 2018-03-25 09:40 | 初見日 | Comments(8)
2018年 03月 22日

コツバメ初見(2018/3/17)

3月17日は午後から所用があるし、18日は墓参りの後もう一つ所用があるのでどうしようかと思ったけど、その後は天気が悪そうなので、17日の午前中にいつもコツバメの飛翔を撮影する近くの公園に行ってみた。

歩き始めてすぐにコツバメが笹の葉に止まっているのを発見。

f0031682_07423095.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ああやっぱり出ていたなと一安心。

広角でも撮ったけど、カメラの影が入ってしまい、かなりトリミングすることになってしまった。

f0031682_07423152.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


笹の枝にも止まったので撮影する。

f0031682_07423179.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後で家内の写真を見たら、家内の方が背景が抜けていて良い感じ。

f0031682_07423178.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200撮影


最初に位置取りをしたのは私で、家内はその横で撮影したから、私の位置取りが甘かったということか。

撮影していて、コツバメにフラットに構え、複眼にピントを合わせるのに気を取られて、背景にまで神経が行っていなかった。
まだまだ修行が足りない。

またまたみんなに「奥さんは写真が上手だね」って言われるね、と二人で笑ってしまった。

いつもコツバメがいる場所に行くと、先に来ている人がいて、コツバメを撮りに来たのかなと思って近づくとchochoensisさんだった。

挨拶をすると、コツバメが一頭出ているという。

二人で探すと、ちらちらと飛んできて笹の葉に止まった。

今度は背景にも気を使って撮影。

f0031682_07422490.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_07422547.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内は縁毛のブルーを表現しようと逆光側から狙っている。

f0031682_07422472.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


この個体はそれほど青く光らなかった。

オオイヌノフグリでは吸蜜してくれなかったので、飛び立ちを狙う。

f0031682_07422415.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_07421752.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_07421723.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


性標がはっきりしないからメスかもしれない。

f0031682_07422430.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


飛び立ち写真は納得のいく写真は撮れなかったけど、これからもチャンスはあるだろうと思い、時間が来たので帰ることにする。

家内はスジグロシロチョウも撮影していた。

f0031682_07423019.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


車のところに戻るときに、最初にコツバメを見たところで、ちらっと動く影が見えたので探したら、斑入りのアオキの葉にコツバメが止まっていた。

コツバメにマッチする背景かどうかは微妙なところがあるけど、家内の写真は背景のボケも良く、きれいに撮れていた。

f0031682_07421667.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


私の写真は、モンキの産卵やキタテハの交尾用に絞りすぎていて、背景がはっきり写りすぎていて没。

chochoensisさんのお元気な様子を見て安心した。




by dandara2 | 2018-03-22 07:53 | 初見日 | Comments(12)
2017年 04月 02日

小畔川便り(コツバメの飛翔:2017/3/29.30)

3月29日は神奈川にギフを見に行ってみた。
雲がありそうな気配で、気温も低くあまり良い条件ではなかったけど、孫が春休みに入ったので、夫婦で出かけられるのは孫の母親が休みを取ったこの日しかない。

山麓ではもちろん発生していなくて、山頂を目指す。
山頂近くでは27日に降った雪がまだ少し残っている。

f0031682_07185101.jpg

ここにギフを撮影に来るようになってから初めてのことだ。

午前中は雲が多く寒い、12時を過ぎてから日が射してきたけど、この日の条件ではこれから山頂に来るギフはいないと判断して、途中でギフに会えないかなと思ってゆっくり下るけど、残念ながらギフは出てくれなかった。

モデルになってくれたのは、ミヤマセセリ

f0031682_07185132.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


それにテングチョウ

f0031682_07185230.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここで空振りするのは久しぶりだな~、などと思いながら帰宅した。

この日は修理に出していた1J5が戻ってきた。
修理に出した時には31日が完成予定だったけど、2日ほど早く帰ってきた。
落として鏡筒などに傷がついていたけど、新品のようになって帰ってきた。



30日は天気も良く気温も上がって、もしかしたらギフが出るかなと思ったけど、出るにしても山頂だろうし、数も少なそう。

この日は孫がいるので、お昼の心配とかいろいろある。

出かけるとしたら一人だけど、昨日の登山で筋肉痛になってきたし、修理の終わった1J5の調子も見たいので、近くの公園でコツバメの飛び出しを撮ることにした。


コツバメの数はまだ少なくて、一番多いときでも一度に2頭しか視野に入らなかったけど、誰もいなかったので、飛び出しを撮影するには遠慮がなくていい。

f0031682_07184681.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_07184614.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


撮影していたら一人お見えになった。
かがんで狙っていたら、飛ばせましょうかと親切に言ってくれたけど、慣れているので「大丈夫です」と言って撮影。

f0031682_07185170.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


私が撮影していた場所の足元にはオオイヌノフグリが咲いているので、この写真が撮れた後場所を譲ったのだけど、吸蜜に来なかったのかすぐに帰られた。


上の写真は比較のために1V3で撮影した。
2台で撮影できれば、メモリーにデータを書き込んでいる間も待たなくて済むので、この体制で行くことにする。

ギフチョウシーズンに入ってからは、望遠レンズを使った時にもBMC(いわゆるバスト連射)を使ってみようかと思うので、今は飛翔用に使っている1V3をそれ用にしようかなと思う。

その場合は、飛翔用にはお蔵入りになっている1V2を引っ張り出してくることにする。
1V2は少し前のカメラだけど、飛翔はマニュアル露出、置きピンで撮影するからOK。
画素数が少ない(1400万画素)のでトリミングには弱いけど、とりあえずは少し試してみることにする。

カメラマンが帰られた後はまた一人になったので、飛び出しの撮影を続けた。

f0031682_07185236.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_07184505.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_07184517.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


最後にようやく納得のいく写真が撮れた。

f0031682_07184539.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30



次に、飛び回っているコツバメの飛翔にもチャレンジする。

f0031682_07183755.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


機械任せでなく、コツバメの習性をよく見極めて、自分の腕で撮影できるとやはりうれしい。

f0031682_07183120.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


この日は何枚か撮影することができた。

f0031682_07183774.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_07183716.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


車に戻る途中でミヤマセセリを探しながら歩いていたら、ようやく見つけることができた。
f0031682_07183049.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここにはいなくなってしまったかと思っていたけど、元気な姿を撮影できてよかった。

f0031682_07183169.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200






by dandara2 | 2017-04-02 07:33 | 飛翔 | Comments(18)
2017年 03月 30日

ミヤマセセリの飛び立ちなど(2017/3/28)

3月28日は、自宅近くでは撮影しにくくなったミヤマセセリ狙いで再度アセビのコツバメの公園に出かける。

アセビのところでは何人かの方がコツバメを待っていたけど、まだ出ていないとのことだった。

しばらく待っているとミヤマセセリが飛び出したのでそれを追いかけてとりあえず撮影する。

f0031682_15263602.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

すぐに飛び立ってなかなか止まらなかったけど、ちょっとだけおとなしく止まっていてくれたので、そっとカメラを近づけて飛び立つところを撮影する。

f0031682_15263655.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_15263669.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_15263718.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


この日はチャンスはこの一度だけだったけど、何とか写ってくれた。

コツバメが出ないので、別の場所を見に行くことにする。
スジグロシロチョウが産卵場所を探している感じで飛び回っている。

f0031682_15263574.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ムラサキハナナにまとわりついて産卵しそうになるけど止まらない。

f0031682_15262968.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


止まったと思ったら吸蜜だった。
f0031682_15262934.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


少し離れた場所でようやく産卵を撮影することができた。

f0031682_15262946.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミヤマセセリがカキドオシに吸蜜に来た。

f0031682_15262902.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日の目的はミヤマセセリだったから、吸蜜シーンも不十分ではあるけど撮影できてよかった。
f0031682_15263089.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そうしたら"蝶散歩"さんから電話で、コツバメが出たと知らせてくれた。

ちょうど、コツバメが全く撮れないのはさみしいなと思い始めたところだったので、急いでその場所に行ってみた。

コツバメは赤くなった葉の上に飛んできてモデルになってくれた。

f0031682_15262160.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


しばらくして、また"蝶散歩"さんから別のところにもいるとの電話。

急いで行ってみると、今度はアセビで吸蜜していた。

f0031682_15262159.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少しだけ、翅の縁の幻光が出ていた。
f0031682_15262163.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_15262180.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_15262253.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


この日はコツバメに関してはすっかり蝶散歩さんのお世話になってしまった。
ありがとうございました。


この前、ミヤマセセリの交尾の時にお会いした"森林里山巡り"のMorrieさんもいらしていていろいろお話を伺った。

主に地元の埼玉の蝶を撮影しておられるようだけど、とても詳しいのにびっくり。

自分ももう少ししたら、地元の蝶をしっかり撮影したいと思っていたので、いろいろとお話を伺えてよかった。



by dandara2 | 2017-03-30 15:37 | 飛翔 | Comments(8)
2017年 03月 26日

小畔川便り(自宅近くのコツバメ他:2017/3/17.22.27)

3月17日は自宅から車で10分ほどの公園にコツバメを確認に行く。

コツバメはまだ出ていなかったけど、歩き始めてすぐにテングチョウが現れた。

f0031682_17314445.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


期待したミヤマセセリやヒオドシチョウはいなかったけど、樹液が出ている場所ではルリタテハが吸汁していた。

f0031682_17314555.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ルリシジミが満開のオオイヌノフグリで吸蜜していた。

f0031682_17314454.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

体の向きがちょうどよくなったと思ったら、オオイヌノフグリの数が…少ない

f0031682_17314533.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


19日と20日にいつもの公園で、コツバメやミヤマセセリが撮影できたので(下の記事)、22日には再度ここにコツバメの様子を見に行く。

女性の方がカメラを構えていたので、コツバメですかと聞くとそうだとの返事。
コツバメは出てきていたけど、まだ1.2頭の状態だった。

f0031682_17314447.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでも自宅近くでもコツバメが見られるようになって、春が来たなという感じがする。

撮影できるのは1頭だけだったので、邪魔をしないように周囲を歩くと、ルリタテハが止まっていた。

f0031682_17313837.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


とりあえず撮影して、コツバメのところに戻ると、まだテリハリをしていた。

f0031682_17313865.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


女性の方も十分撮影できたかなと思って、飛び立たせて写真を撮ってもよいですかと聞いて、OKをもらったので撮影する。

f0031682_17313966.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_17313931.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ピントが甘いけど、とりあえず撮影することができた。

帰りがけには、越冬明けのキタキチョウがオオイヌノフグリで吸蜜していた。

f0031682_17313802.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


24日も再度同じ場所に出かける。

いつもの撮影ポイントに行く前に、狭いけどコツバメが出て来てくれる場所を見ると、一頭が足元から飛び出してヤマノイモの枯れた果実に止まった。

f0031682_17313236.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ルリシジミがテリハリをしていたので、飛び出しを撮影。

f0031682_17313267.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_17313286.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_17313245.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ブルーの翅表がきれいに撮れた。

テングチョウも枯れ葉に止まってテリハリをしていたので、これも飛び立つところを撮影。

f0031682_17312577.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_17312506.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_17312599.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_17312661.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_17312483.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


自然に飛んでくれたので、結構よい写真が撮れた。

コツバメの数はなかなか増えない。

ミヤマセセリは一度も見かけなかった。
ここ数年見かけていないので、ミヤマセセリはとうとうここでは見られなくなってしまったのかもしれない。



by dandara2 | 2017-03-26 17:48 | 飛翔 | Comments(14)
2017年 03月 22日

コツバメとミヤマセセリの初見(2017/3/19.20)

3月19日は前日にコツバメが出たということで、いつものコツバメの公園へ行く。
この日は小さなコツバメがメインなので、レンズは久しぶりにシグマのレンズをつけてきた。

アセビの周辺では、蝶散歩さんbanyanさん、ヘムレンさん、みき♂さんdragoubutterさんなどにお会いすることができた。

18日にコツバメを初見された蝶散歩さんにお話を伺うと、今日はコツバメはまだのようだった。


ちらっと黒い影が動いたのでコツバメかと思ってみるとムラサキシジミ。

f0031682_09245426.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


テングチョウも吸蜜していた。
f0031682_09245476.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


しばらく待っていたけど、姿を見せないので、別の場所の様子を見ようと歩き始めたら、コツバメが出たとbanyanさんから電話があった。

急いで戻ると、皆さんがカメラを向けているので仲間に入れてもらう。

f0031682_09245427.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


しばらく止まっては、飛び出してまた同じような場所に戻るという行動を繰り返していた。

f0031682_09245508.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150



アセビの花に止まってもストローを伸ばしていないので、テリハリだろうか。

f0031682_09244728.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


この写真でははっきりしないけどストローを伸ばしている。

f0031682_09245585.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


撮影していて、コツバメの姿が小さいので、もう少し大きくしたいなと思ってズームリングを回すと、コツバメがピンボケになる。
なんで?? と思いながら撮影していてふと気が付いた。
今日はマクロレンズをつけていたんだ、ズームリングと思っていたのはピントリングだった!!

体がズームレンズに慣れてきているので、こんなミスをしているとチャンスを逃すことになるので、次からは70-200に戻すことにする。

ひとしきり撮影して周囲を見ると、キタテハが熱心に吸蜜している。

f0031682_09244857.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


きれいに翅を広げているのでカメラを向けた。

f0031682_09244749.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


コツバメもどこかに飛んでしまったので、ミヤマセセリを探すことにして移動した。

別のアセビのところでは、スジグロシロチョウが吸蜜している。

f0031682_09244877.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


その場所にいた方と話をすると、5分くらい前にはミヤマセセリが吸蜜していたという。

しばらく待ってみたけど、結局この日はミヤマセセリを撮影できなかった。


20日は、ミヤマセセリを求めて再度同じ場所に行く。
19日よりは1時間くらい遅くに現地に着いた。

この日も何人もの方がアセビの前で待っていたけど、コツバメはまだ出ていないという。

ミヤマセセリはいないかと、周囲の草地を一回りして元の場所に戻ってくると、皆さんがカメラを向けている。
アセビではないので、もしかしたらと思って近づくと、ミヤマセセリが交尾していた。
やったねと思ってカメラを向ける。

f0031682_09244737.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミヤマセセリ狙いで来たけど、一発目で交尾個体に会えるとは思ってもみなかった。

f0031682_09243811.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


じっと動かないので、広角でも撮影する。

f0031682_09243935.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


しばらく待つけど、コツバメは現れないので、ミヤマセセリを探して周辺を歩くことにする。

ミヤマセセリは、時々飛んでくるけど、止まる気配は全くない。
ようやく草の先に止まったのを撮影できた。

f0031682_09242912.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


明るい畑の縁では、ナズナがたくさん咲いていて、ムラサキシジミが吸蜜していた。

f0031682_09243965.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


背景がいいので、飛び立つところも撮影する。

f0031682_09242930.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09242967.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ここではテングチョウがテリハリをしていた。

f0031682_09243831.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ルリシジミは吸水していた。

f0031682_09243957.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


帰りがけに家内がスジグロシロチョウの交尾を見つけた。

草の中なのでなかなか難しい。

f0031682_09242926.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


カメラを近づけると、敏感に反応して小飛して逃げる。

ようやく枯れ枝に止まって落ち着いた。

f0031682_09243097.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


広角でも撮影してみる。

f0031682_09242146.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


これで、コツバメ、ミヤマセセリと撮影でき、うれしい春の休日になった。



by dandara2 | 2017-03-22 09:47 | 初見日 | Comments(20)
2016年 03月 28日

コツバメの産卵かな?(2016/3/25)

3月25日はミヤマセセリを撮りたいなと思って17日に今年初めてコツバメを撮影した公園に行く。

ところが、ちょっと気温が低く風があるせいか、ミヤマセセリもコツバメも出てこない。

ミヤマセセリを探していたところでは、スジグロシロチョウが出てきた。
f0031682_9491022.jpg


今年初めての撮影になる。
f0031682_9493377.jpg


12時過ぎになってようやくミヤマセセリが出てきてくれたけど、カメラを向けたらすぐに飛んでしまった。
f0031682_9494818.jpg


コツバメも出てきた。
f0031682_9502593.jpg


アセビの花にちょこんと止まっている姿を見ると、なんともかわいらしい。
f0031682_9504251.jpg


コツバメはこの後、メスも出てきて、産卵態勢をとった。
f0031682_951434.jpg

f0031682_9511816.jpg

f0031682_951292.jpg


ただ、写真からは卵は確認できなかったので、産卵しなかったかも知れない。

アセビにはルリシジミも吸蜜に来た。
f0031682_952289.jpg


この日は条件も厳しく、蝶の姿は少なくて、トラフも姿を現さなかった。

by dandara2 | 2016-03-28 09:55 | 産卵 | Comments(4)
2016年 03月 25日

花壇のパンジーに来たコツバメ(2016/3/22)

3月22日は、前回ピントの甘かったコツバメの飛翔を撮り直しに、再度自宅近くの公園に出かける。

車を置いて歩き始めると、オオイヌノフグリがたくさん咲いている場所で白いシジミが飛んでいる。
今年初めてのルリシジミだ。
f0031682_20143276.jpg


落ち着きなく吸蜜するので、なかなか近づけなかった。
f0031682_20144879.jpg


ミヤマセセリがいるかなと思って立ち寄った場所ではヒオドシチョウがいた。

大きくて見栄えがするので、ちょっと飛んでもらった。
f0031682_2015596.jpg


これは帰りがけに撮ったもの。
f0031682_20154397.jpg


飛び出す時にはちょっと下に行くのを忘れていた。
f0031682_20162349.jpg


目的のコツバメの場所に行くけど、思った程には個体数が多くない。
気温が低いためか、地面近くの草にとまってなかなか飛び立ちが撮影できない。

気温が少し上がったら、ようやく目の高さにとまった個体がいた。
背景も雑木林でいい感じなので慎重に飛び立つところを撮影。
f0031682_2017751.jpg


飛び立つ方向も良くて前後に行かなかったので、何とかピントの合った写真が撮れた。
f0031682_20172258.jpg


とりあえずこれで来た目的の写真は撮れたと満足。

そのうち、何頭かいたコツバメが見られなくなってしまった。

コツバメを探していると、家内が花壇のところで手招きをしている。
行くと、コツバメがパンジーで吸蜜しているという。

先日はここでテングチョウが吸蜜していたけど、えーコツバメも!?と思って見ると、確かに小さな蝶が何頭か飛び交っている・・・コツバメだ。
気温が上がって、パンジーの香りが立ち込めているここに来たのだろう。

自分一人だったらここには見に来なかっただろう。

いろいろな色の花で吸蜜している。
f0031682_20183782.jpg

f0031682_2019483.jpg

f0031682_20192984.jpg
家内撮影

f0031682_20194353.jpg

f0031682_2020154.jpg

f0031682_20201267.jpg


帰宅後、家内の撮影した写真を見てびっくり。

エー、テングチョウのこんなすごいシーンっていつ撮ったのと思わず聞いてしまった。
f0031682_20203252.jpg
家内撮影

何でも私が一通り撮影して、ちょっと気を抜いていた時に撮影したらしい。
f0031682_2020428.jpg
家内撮影

今回もやられてしまったかな。

by dandara2 | 2016-03-25 20:25 | 吸蜜 | Comments(12)