タグ:クロヒカゲモドキ ( 4 ) タグの人気記事


2018年 09月 04日

まだクロヒカゲモドキとカジノキのアカボシゴマダラ(2018/8/26)

8月26日は7月末にクロヒカゲモドキを撮影した場所にツマジロウラジャノメが出ているかと思って様子見に出かける。

少しのんびり家を出て、10時半ころに現地に着く。

前回ツマジロウラジャノメを見た崖を探すけど姿が見えない。

f0031682_06145559.jpg

多いのはジャノメチョウ。

f0031682_06151272.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


時々ヒョウモンも飛んでいるけど、崖が気になって全く気にしなかったら家内が撮影していた。

f0031682_06151212.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_06151217.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_06151399.jpg
か家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


クモガタヒョウモンだとわかっていればまじめに撮影したのに。

ツマジロウラジャノメは全く姿を現さないので、そろそろあきらめムードになってきたら、家内が「この蝶はなーに」と声をかけてきた。

f0031682_06151246.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


様子を見に行って、「ヒカゲチョウだよ」と答えてから、他に何もいないからとりあえず撮影しておこうかとカメラを向ける。

ファインダーを見て、"レレレッ !! 前翅の下の眼状紋が大きいじゃん" とびっくり。

f0031682_06145570.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この前撮影してから1か月がたっているので、クロヒカゲモドキがまだ生き残っているとは予想外だった。

12時半まで粘ってみたけどツマジロウラジャノメは姿を現さない。
クロヒカゲモドキが生き残っているくらいだから、まだ発生していないのだろうか。

今年は蝶の姿が少ないし、発生時期もなんだか狂っているし、ましてや初めてのポイントだから様子がわからない。

このまま帰るのはさみしいので、カジノキに来るゴマダラやアカボシゴマダラを撮影しに移動する。


移動距離はおよそ70km。
下道をこれだけ移動するのは久しぶりだ。

ポイントに着いてみると、いつも撮影するカジノキは枝が剪定されてあまり実がついていない。

ガーン ! 今日はなんて日だ。

しばらく様子を見るけど待っていても期待できそうもない。

他にはカジノキはないかと思って少し周辺を歩いてみる。

ようやく数本のカジノキを見つける。
周囲にはアカボシゴマダラが何頭か飛び回っている。

家内も呼んで一緒に撮影することにした。

少し距離があるので、1V3に望遠ズームをつけたもので撮影。

f0031682_06145505.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ゴマダラチョウも来ていた。

f0031682_06145528.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


やれやれこれで一日が無駄にならずに済むかなと一安心。

この実には2頭のアカボシゴマダラが・・・実が新鮮でないのが残念。

f0031682_06145596.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


2頭のアカボシゴマダラと1頭のゴマダラチョウが来ている実もあった。
f0031682_06142350.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ゴマダラチョウが縦になってしまうので、少し位置を変えた時に別のアングルで撮影。
ゴマダラチョウもちゃんと写ってくれた。

f0031682_06142346.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300



家内が撮った時にはまた位置が変わっていた。

f0031682_06142302.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ゴマダラチョウがアカボシゴマダラを牽制したのかちょうど翅を開いてくれた。

f0031682_06142221.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


これで何とかこの日の撮影もできたような気がしたので、近くの道の駅でいろいろ買い物をして帰宅した。

帰ってから写真を見たら、D500で撮った写真がおかしい。

木漏れ日背景の写真は真っ黒。

なんでかなと思って設定を見直すと、測光モードがハイライト重点測光になっていた。

設定した記憶はないのに…何かで動いてしまったのかな。

少し距離があったから、1V3をメインに撮影しておいてよかった。




by dandara2 | 2018-09-04 06:39 | 終見日 | Comments(16)
2018年 08月 06日

クロヒカゲモドキ(2018/7/29)

7月29日は霧島緑さんと栃木にクロヒカゲモドキを撮影に行った。

クロヒカゲモドキは、家内の実家近くのポイントが道路工事の関係であまり芳しくなくなったので、霧島緑さんにお願いして案内してもらうことにした。

台風12号の影響で一日延期しての出発。

ポイントに着いて、霧島緑さんが以前この辺りにいたという崖を見ると、崖の上を飛び回るウクロヒカゲモドキがいた。
そっと近づいて、石の上でテリハリをしているところを撮影。

f0031682_06150714.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


比較的新鮮なオスだ。
やったね、雨を心配しながらも出てきてよかったと一安心。


カメラを向けていたら翅を開き始めた。

f0031682_06150838.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06150805.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえずは撮影できたので、周囲の様子を見ながら歩き始める。

草地の近くを飛び回る個体を見つけて、静止したところを撮影。

f0031682_06150701.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


こちらもゆっくり翅を開き始めた。

f0031682_06150867.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


右の後翅が壊れているので、目立たない位置から撮影。

f0031682_06145932.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


前翅の白線が目立つからメスのようだ。

さらに歩き始めるけど、途中の道は台風の影響で増水した水が流れていて、長靴の霧島緑さんはさらに奥に進んだけど、軽登山靴の私は最初の場所に戻って撮影を続けることにする。

最初の場所に戻ると、まだオスがテリハリをしていたので、今度はじっくりと撮影。

f0031682_06145922.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


クロヒカゲモドキは、今までの経験では、雑木林の縁のススキが生えている場所にいるイメージだったので、このように岩の上でテリハリをしているのは異質な感じがする。
f0031682_06145917.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翅を開いたところを真上から撮影。

f0031682_06145943.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そっと近づいて広角でも撮影。

f0031682_06145018.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_06145974.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ツマジロウラジャノメが出てきそうな感じだ。


最後に飛び立つところも撮影した。

f0031682_06145063.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_06145056.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


霧島緑さんも戻ってこられたので車の方に移動する。

帰りがけにツマジロウラジャノメが飛んできた。

止まらなかったので、証拠写真だけを撮影。

f0031682_06145025.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やっぱりいたな~。

機会を改めて撮影に来よう。


霧島緑さん、ご案内いただきありがとうございました。



by dandara2 | 2018-08-06 06:34 | 静止 | Comments(18)
2014年 07月 23日

7年ぶりにクロヒカゲモドキを発見(2014/7/23)

7月22日は家内の実家の甲府に行ってきた。
22日は義母の様子を見に行って、翌23日はミヤマモンキの様子を見に行こうと思っていたのだけど、少し心配な点が出てきたのでそれは取りやめ。
23日は実家からそう遠くない場所にある、以前クロヒカゲモドキを撮影した場所の様子を、朝食前に見に行くだけにした。

ここのクロヒカゲモドキは2007年に1個体を撮影したけど、それ以降は見たことはなかった。
もっとも、その撮影に適した時間に入っていないので、今回は樹液に来ているであろう早朝に様子を見に行く。

ところが今まではなかった綺麗な道路ができていてびっくり。
環境の変化が気になったけど、クロヒカゲモドキのいた場所は大きな変化がないようなので一安心した。

大きなクヌギが何本もあるので、樹液の出ている木はないかと見て回ると、1本の木にオオムラサキが来ていた。
時期が遅いので、いたのは雌だった。

f0031682_23024960.jpg

以前クロヒカゲモドキを撮影したあたりを探すけど見当たらない。

やはりいなくなってしまったかと思いながら、周辺を探すと、林に囲まれた明るいススキの原を見つける。

何かいるかなと思って中に入ると、ホソバセセリが飛んでいた。

f0031682_23024917.jpg
以前いた場所は暗くなってしまったのでここで発生しているようだ。
f0031682_23025051.jpg

他には何もいないので、そこを出ようとして林の縁に行ったらちらっと動く影。
見るとクロヒカゲモドキが樹液に来ていた。

f0031682_23025094.jpg

今年は発生か早かったのか少し痛んでいる。
それでも、やったーまだ生き残っていたと喜んで、魚露目でも撮影。

f0031682_23025091.jpg

反対側の翅は痛んでいないようなので、ある程度撮影したところで、手をふるとびっくりして飛び出して近くの葉の上にとまった。

f0031682_23025097.jpg

軽くストロボをたくけど、不自然な感じも出なくて良い感じの写真が撮れた。
まだ発生していることを確認できて、ミヤマモンキの撮影に行けなくなって残念な気分もすっきりした。

帰りがけに、ホソオチョウが飛んでいた。

f0031682_23025018.jpg
ここには何回も来ているけど、ホソオチョウを見るのは初めて。
壊れているけど、いたという証拠のために撮影しておく。
f0031682_23025023.jpg
いたのはほんの一角だけど、これからここもどう変化していくのか、




by dandara2 | 2014-07-23 23:13 | Comments(18)
2007年 07月 29日

甲府市のクロヒカゲモドキ

7/29は義父の3回忌なのでその法要のために28日に甲府に行く。
夏期講習も終わってようやくフリーになったので9時前には出発して、甲府について家内、息子夫婦、孫をおろしてすぐにクロヒカゲモドキを探しに行ってみる。
いると思われる付近を探してみるが見つからない。その代わりにホソバセセリが萩の花で何頭も吸蜜していた。
f0031682_20445748.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/180、f4.0、ISO640

暗い場所なのでどうかなと思ったけど、一応飛翔写真も撮影してみる。まるっきり露出不足でオリジナルは真っ黒だけどレタッチで何とか見られる所まで持ってきてみた。
f0031682_2142381.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、シャッタースピード優先、1/1000、f2.8、ISO400、焦点距離28mm(35mm換算値)

同じ事はオオムラサキの飛翔についても言えそうで、普通に撮ると1/30,f4の状況、それを1/1000で切り取るので、オリジナルは真っ黒。レタッチで処理しても不自然な感じは免れない。
それでも写っているだけ良いけど、良い条件で撮影するとどんな感じになるんだろうか。
f0031682_21111628.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、シャッタースピード優先、1/1000、f2.8、ISO400、焦点距離28mm(35mm換算値)

マクロでは翅表の色を出すためにやむなくストロボを使った。
f0031682_20522267.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/100、f4.0、ISO640、ストロボ使用

ちょっと時期遅れで擦れた個体が大半だが個体数は多いようだ。
f0031682_20524172.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/250、f4.0、ISO640、ストロボ使用

結局この日はクロヒカゲモドキにはお目にかかることは出来なかった。一生懸命探した挙げ句撮影出来たのはベンチに止まっていたクロヒカゲ。
それでもこのクロヒカゲはすごいべっぴんさんで、今まで撮影した中では一番きれいに後翅の眼状紋の紫が出ている。
みんなこんなにきれいだと、クロヒカゲももう少し人気が出るかも知れない。
f0031682_2053564.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/250、f4.0、ISO640

翌29日、法事は11時からなので、朝6時頃に車で15分くらいのポイントに再度様子を見に出かける。
以前日野春にオオムラサキを撮りに行った時には、クロヒカゲモドキはそのついでに撮影するチョウで、まさかそのためにわざわざ出かけることになるなんて考えもしなかった。
前日一通り周囲の様子を見ておいたので、いるとすればここだろうという場所に行ってススキの間を覗いてみるが姿が見えない。
どうもクロヒカゲモドキを探すのにススキの間をかき分けるというのが自分のイメージに合わないので、昔撮影した状況を思い出して樹液を見ることにする。
樹液のでている所へ行ってみると1頭のクロヒカゲモドキが吸汁していた。まずは確実にマクロで撮影することにして、シャッタースピードを確認すると1/30。
ストロボを使いたい所だが、ぐっとこらえてVRレンズの威力を信じて手持ち、ノンストロボで撮影。かなりの枚数を撮影するが、やはり多少ブレが入っているのか、すっきりシャープな写真はあまりなかった。VRといえどもこの辺りが限界のようだ。
f0031682_18383399.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/30、f3.2、ISO640


次にコンデジの広角撮影を試してみることにする。
シャッターを押してみてビックリ、カッシャンとすごく間のびした音。感覚的に1/15秒以下の感じ。
一応手ぶれ防止効果はあるようだけどこれはどうかな、止まるかなと自信がなかった。
f0031682_2055322.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、プログラムAE、1/15,f2.8、ISO100、焦点距離28mm(35mm換算値)

さらに近づいてこちらは1/8のシャッタースピード、それでもちゃんととまっいるのは、手ぶれ防止効果なのか腕なのか。ちょっと油断したのはブレブレだったので両方のおかげかな!
f0031682_2103431.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、プログラムAE、1/8,f2.8、ISO100、焦点距離28mm(35mm換算値)

写真の出来の方は、かなり良い結果のような気がする。ピントを会わせるターゲットマークの移動もスムースだし、狙った位置できちんとピントが来る。
今まで使っていたリコーのR1とはえらい違いだ。
この日は望遠も試してみたが、暗い林道ではファインダーも液晶も見にくく、ほとんど使い物にならなかった。
どうも♀のようなのでこの後の行動も見て見たい気がしたが、朝食を食べに戻って支度もしないと行けないので7時頃には現場を離れることにした。
ここのポイントについて色々教えていただいた虫林さん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2007-07-29 23:43 | 吸汁 | Comments(24)