タグ:ギフチョウ ( 97 ) タグの人気記事


2020年 04月 15日

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)

4月7日に撮影した写真のうち、飛翔と産卵を載せたいと思います。

交尾を撮影した場所は少し小高くなっていて、オスが何頭も巡回にやってきた。

ちょうどユキツバキの木の前を飛ぶので、そこに陣取って目の前を通り過ぎるギフチョウを撮影することにした。

これだとツバキよりも少し遠いかな

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09274394.jpg

これは背景にユキツバキがうまく入ってくれたけど近すぎるかな・・・結構むずかしい。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09271451.jpg

これは上を通ったけど、それはそれでOKの感じ。
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09275109.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09275130.jpg


この場所はオス同士が追飛することが多いので、飛翔速度が速く撮影は大変だった。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09280346.jpg

これは連続した3枚の写真だけど、秒30コマでの撮影なので最初と最後の写真の間は0.07秒。
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09280445.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09280391.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09280301.jpg

この場合は向かってくるので良かったけど、そうでない場合はカメラをかなり速く動かさないとついていけない。

どうしてもギフチョウが画面の隅という写真が多くなってしまう。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09275024.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09275079.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09275047.jpg


これは止まっていたオスが飛び立ったところをキャプチャーモードで撮影。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09274379.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09274386.jpg

止まっている時間が短いので、あまり待たずに済む。

ただ、止まったので飛び立ち用のカメラをかまえたら、ピントが合う前に飛んでしまうということが多く、ほとんど写真は撮れなかった。

12時も近くなったので、昼食を食べながら、さて次はどうしよう、最初の予定通り移動しようか、それともここにいた方が良いかなと考えて家内と相談。

まだ撮れていない産卵が撮れる確率はどうかなと考えた時に、今日の状態が未知の場所よりも、様子が分かったここの方が良いような気がして、このままここで撮影することにした。

そんな時に1頭のメスが飛んできてカンアオイに絡んだ。

産卵かなと思って近づくと、期待通り産卵を始めてくれた。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09274388.jpg
家内撮影

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09274340.jpg
家内撮影

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09272638.jpg

産卵の時間になったのか、周囲の様子を見て見ると、もう一頭産卵しそうなメスが飛んでいる。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09272694.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09272630.jpg

小さなカンアオイの新芽にまとわりついて尾端を曲げるけど、うまく体が支えられないのか産卵できない。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09272647.jpg

反対側に回って、カタクリの葉で体が支えられたのか、ようやく産卵を始めた。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09272617.jpg

別の個体は、地面に翅を付けるようにして身体を支えて産卵している。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09271446.jpg
家内撮影

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09271489.jpg

この個体は、止まる位置が悪かったのか、うまく体を支えることができなくて、産卵をあきらめて飛んで行ってしまった。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09523170.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09271534.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/7)_f0031682_09271462.jpg

ギフチョウの場合は、葉の上部に止まって身体を支え、腹端がうまく葉裏につかないと産卵できない。

その関係で、産卵できる状態の葉はかなり限られる。


ヒメギフはウスバサイシンの葉裏に止まれるので、展開前の葉でも、かなり展開した葉でも、ぶら下がるようにして産卵ができる。


この日のギフチョウの撮影目的は思った以上の成果だったけど、実はもう一つ目的があって、それは先日孫用に買ったお土産の追加。

この前買ってあげた中に、小さな丸い缶に金平糖が入ったお菓子があったんだけど、その缶に描いてあるキャラクターが気に入って、食べた後は小物入れに使っていた。

ところが、自分の家からこちらまで(10m位だけど)勉強道具やその缶をもって移動してきて、門扉を開ける時に片手を離したら、缶を落としてへこんでしまった。

中に入ったとたんに泣き出してしまったので、また買ってあげるよと約束して慰めた。

もう一つ、 " カエルのうんこ(運呼) " という名前の、小さな丸いナッツにチョコレートをコーティングしたお菓子があって、そのネーミングに笑ってしまって1つ買ってきたんだけど、それを孫のお友達の数だけ買うのも目的の一つ(孫自身や友達の反応はいま一つだったみたい・・・大人向けかな)。

無事それらも購入できて、気分良く帰宅することができた。

帰宅してニュースを見ると、この日新型コロナウィルスに関する緊急事態宣言が発令されて、3密を避けるようにとの話もあった。

我々が行く場所は人はあまりいないけど(この日あったのは花を見に来たらしい人が全部で4人)、車を止める場所が問題で、公共の駐車場なら少しはいいけど、山中の路上に東京都の近県のナンバーの車が止まっていたら、それを見た住民の人はあまりいい気持ちはしないかもしれないね、しばらくは近場かなと家内と話した。



タグ:

by dandara2 | 2020-04-15 10:12 | 産卵 | Comments(4)
2020年 04月 13日

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)

4月7日は晴れて、新潟の方の気温は最高18℃くらい。

3月31日に行った場所は、カタクリの花は終わっているだろうからどうしようかなと思ったけど、その時はまだメスが少なかったので、吸蜜ではなく、交尾とか産卵シーンが撮れるかもしれないと再度出かけることにした。


撮影した枚数が多いので、最初に吸蜜・交尾シーンを載せて、飛翔・産卵は次に載せることにします。


この日の狙いの場所に行くと、オスはまだ新鮮個体がいる。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11144574.jpg
家内撮影


予想どおりカタクリはほとんど終わりで、代わりに3月31日にはほとんどなかったイワカガミがたくさん咲いている。

そんなイワカガミを見ながら歩いていると、イワカガミにギフが飛んでくるのが見えた。

急いでその場所に行くと、少し翅が壊れているけどイワカガミで吸蜜している。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11162843.jpg

イワカガミでの吸蜜は初めてなので大喜びで撮影する。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11162876.jpg


越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11162739.jpg
家内撮影



周りを見るとオスがたくさん飛んでいるけど、メスを探して全く止まる気配がない。

ふと見ると、ギフが道の上でチラチラ翅を動かしている。

急いで近づくとちょうど交尾が成立した時のようだ。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11154001.jpg


何もない路上なので、メスは落ち着かないのかオスを引っ張って移動を始めた。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11162887.jpg
家内撮影

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11162793.jpg
家内撮影


枯れ葉の溜まった場所の短い枝に止まって一安心。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11154072.jpg

一通り撮影して、せっかくだからとイワカガミに止めてみる。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11154092.jpg
家内撮影

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11234370.jpg
家内撮影


何枚か撮影したら居心地が悪いのか小飛して小枝に止まった。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11154015.jpg

周囲の風景もいれて広角で撮影するけど、イワカガミでの交尾シーンが納得できた写真が撮れた気がしない。

それで再度イワカガミにつけるけど、雌雄がちょうど良い位置に落ち着いてくれない。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11145874.jpg

そんな時、少し離れた場所で見ていた家内が、「オスが飛んで行くわよー」と声をかけてくれた。

右の個体が飛んできたオス。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11145951.jpg
越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11145946.jpg

数秒絡んで離れてしまった。

残ったペアもどうにも良いポーズになってくれないので色々試してみる。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11145829.jpg
越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11145965.jpg

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11144453.jpg

少し休んでいると、家内が " 交尾したみたい " というので近づいて見ると、枝の先で2番目の交尾が成立していた。
越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11144445.jpg
越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11140622.jpg
越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11140607.jpg

今度はあまり作為的なことはしないで、このままにしておく。

この時点で12時少し前、

この日はある程度撮れたら、4月3日に撮影した場所にも移動するつもりだったけど、かなりの個体が飛んでいるので移動はせずここで粘ることにした。

帰宅後家内の撮影した写真を見てみたら、枝の先に止まったギフの尾状突起が合計4本ある。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11144448.jpg
家内撮影


二人で写真を見ながら、あーだ、こーだと言っていたけど、別のアングルから私が撮影した写真を見ると特に変わった点はなかった。
越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/4/7)_f0031682_11144493.jpg

肛角付近の翅が微妙に下にカーブしているので、撮影の角度によってそう見えるのだろう。
それでも左右ともにそう見えるのはかなり珍しいと思う。

形態的な点について論じるときは、写真は注意してみないといけないなと感じた。


タグ:

by dandara2 | 2020-04-13 11:41 | 交尾 | Comments(8)
2020年 04月 08日

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)

新型コロナの関係で、息子は自宅でテレワーク、嫁さんは週に3日程度の勤務になって、31日もそうだったけど、4月3日も両親がそろって自宅にいて、孫の面倒を見なくていいので再び新潟に行く。

6時半ころ自宅を出て、途中のSAで朝食をとって9時40分頃に到着。
この前とは違う場所だ。

様子を見ながらポイントに行くと、ギフが飛んでいるのが見える。
10時頃にとりあえず地面どまりの個体を撮影出来て一安心。

カタクリもほぼ適期で、吸蜜シーンをたくさん撮影することができた。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07291115.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07291147.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07291050.jpg
家内撮影


ある程度吸蜜が撮れたので、カタクリ背景の飛び立ちも撮影する。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07291089.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07290244.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07290255.jpg

かなり納得のいく写真が撮れた。

飛翔も撮影。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07291092.jpg

1頭のメスが吸蜜に来てくれてよいモデルになってくれた。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07290299.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07290209.jpg
家内撮影


やや逆光気味になってきれい。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07290210.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07285484.jpg


1頭のメスが産卵場所を探すようにして飛んでいるので、そっと様子を見ていると古いカンアオイの葉に絡んでいる。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07285429.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07285450.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07285313.jpg

古い葉に止まったので、もしかして産卵するかなと思って見ていたけど産卵はしなかった。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07285491.jpg

近くのカタクリで吸蜜。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07284564.jpg

飛び立って後ろに飛んでしまった。

様子を見ていた家内が、「あっ、新芽に止まった !! 」と叫ぶ。

腹端が暗いので、ストロボを使うけどうまく写っていた。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07284502.jpg

このカメラ(Z50)のストロボ発光は、何も考えなくてもうまく調光してくれる。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07284517.jpg

4台もカメラを持つので、余計なものをカメラにつけたくない私にとって、咄嗟の撮影にはすごく便利だ。

うっかり飲み物を買い忘れてしまったので、車の方に一旦戻ることにすると、途中で青い紐にギフチョウが飛んできて絡んだ。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07284462.jpg

ギフが青い色に来ることはよく知られているけど、これだけ明瞭にその様子が撮れたのは初めて。

ストローを伸ばしているけど、吸蜜しようとしているのか、興奮しているのかどっちだろう。

近くの自販機で飲み物も買えて、無事水分の補給もすんで落ち着いたので、今日は必要ないかなと思って車に置いてきた70-300を付けた1V3も持ってきて、少し離れた所からの飛び立ちも撮影する。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07284574.jpg

これは吸蜜後飛んだところ。
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07283613.jpg
越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07283546.jpg

チャンスが多いので、魚眼付きの1V2で飛んでいるところも撮影。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07283530.jpg

なんとかカタクリの入った飛翔も撮ることができた。

越後のギフ(飛翔・産卵:2020/4/3)_f0031682_07283626.jpg

たくさんの吸蜜写真や産卵写真が撮れて、満足してその場を離れた。
途中のSAで孫にお土産を買ったらすごく気に入ってくれた。


タグ:

by dandara2 | 2020-04-08 07:47 | 産卵 | Comments(10)
2020年 04月 05日

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)

3月31日、関東は天気が悪いようだけど、新潟方面は晴れるというのでギフの撮影に出かける。

藤岡JCあたりから雲が切れて青空が見えてきた。

9時半過ぎについて歩き始めるとギフが飛んでいるのが見える。

そのうち家内が、イワウチワに吸蜜に来たギフを見つける。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09182190.jpg
家内撮影

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09182142.jpg
家内撮影


オスはメスを探して盛んに飛び回っていた。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09182136.jpg
越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09182120.jpg

今年は発生数が多いような感じだ。

メスが吸蜜に来た。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09181351.jpg


メスを追いかけながら撮影していると、目の前で吸蜜していたメスが突然いなくなった。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_13542141.jpg


その時はなんで飛び立ったのかわからなかったけど、モニターで見たら雄が絡みに来たところだった。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_13561790.jpg


カタクリ吸蜜の花の鮮度は少し落ちてきているけど、それでも十分楽しめる。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09175947.jpg

ルリシジミも吸蜜に来ていたようで、右の花の陰に映っている。
越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09181322.jpg
家内撮影


越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09181365.jpg
家内撮影


越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09175916.jpg
家内撮影


越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09175200.jpg
家内撮影

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09175294.jpg

一面のカタクリの中の吸蜜シーンを撮りたいと思っているけど、なかなかそううまくは行かない。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09175186.jpg

キアゲハも吸蜜に来た。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09175268.jpg

キアゲハのカタクリ吸蜜は初めて撮影した。

ほとんど人がいないので、飛翔シーンも撮影することができた。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09182155.jpg

カタクリ群落の上を飛ぶ写真はこの日のお気に入り。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09180793.jpg

家内は雪割草の横を飛んだところをうまくとらえていた。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09175282.jpg
家内撮影


一休みしながらギフの飛ぶ斜面を見ていると、少し離れた所でパタパタと動きが見える。

交尾かなと思って行ってみると、ちょうど交尾が成立したところだったようだ。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09180751.jpg

ところがこのメスは落ち着きがなくて、何枚か撮影したら樹上に飛びあがってしまった。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09340707.jpg

枯れ枝で枝を叩いて下に降ろして撮影。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09180659.jpg
家内撮影

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09180710.jpg
家内撮影


色気を出そうと思ってカタクリに止めたら、カメラを構えるひまもなくオスが飛んできてこのペアに絡んだ。

あわててカメラを構えて撮影するけど、私のものはすべてピンボケ、家内がちゃんと撮影してくれていた。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09175982.jpg
家内撮影

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09180029.jpg
家内撮影


もう少し豪華なカタクリに止めてみたけど、あまり出来は良くなかった。

越後のギフ(吸蜜・交尾:2020/3/31)_f0031682_09180028.jpg

コロナ騒ぎの中の新潟遠征だったけど、人も少なく、自然の中でのんびり撮影できた。
関越のトンネルを抜けたら雨だった。



by dandara2 | 2020-04-05 09:42 | 交尾 | Comments(14)
2020年 03月 28日

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)

3月25日は晴れ、モミジイチゴに吸蜜に来るギフを撮影しようと、Farfallaさんを誘って出かける。

8時半過ぎにポイントに着くけどまだ何もいない。

ギフを待っている間にotto-Nさんなどもお見えになってにぎやかになってきた。

9時半を過ぎた時にギフが出てきてスミレで吸蜜してくれた。

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15563693.jpg

前翅の先端付近が破れているけど、飛び立つところも撮れた。

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15563626.jpg

10時半ころに、ようやくモミジイチゴに吸蜜に来てくれた。

その頃には6人くらいのお仲間が来ていて、一斉にカメラを構えるので、カメラの先端を間に割り込ませてようやく撮影。

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15563682.jpg

最初はギフの止まる角度が悪かったけど、花を移動しようとして少し角度が変わってくれたので連射。

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15563651.jpg

飛び移るところも写っていた。

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15563671.jpg

飛び移った先の花では、ほぼイメージしていたような写真を撮ることができた。

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15563096.jpg

少し角度が変わったので、今度は尾状突起がきちんと撮れた。

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15563029.jpg

モミジイチゴに来たのはこの1回だけで、後は地面に止まったり。

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15563078.jpg

スミレに来たりを繰り返していた。

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15562144.jpg

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15562153.jpg

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15561090.jpg

ミヤマセセリもスミレに吸蜜に来た。

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15562126.jpg

ある程度撮れたので、飛翔も撮影するけど、人が多いので、長球で遠くから撮影するだけにした。

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15562971.jpg
ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15563044.jpg
ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15562092.jpg
ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15560937.jpg

ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15560907.jpg
ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_15560922.jpg

その後山麓の様子を見に行くけど、2頭位のギフを見ただけで、まだ適期とは言えない感じだった。

ここではスギタニルリシジミを撮影した。
ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_16191050.jpg
ギフ、モミジイチゴ吸蜜(2020/3/25)_f0031682_16191191.jpg

Farfallaさん、現地でご一緒した皆さん、お世話になりました。



by dandara2 | 2020-03-28 16:08 | 吸蜜 | Comments(4)
2020年 03月 19日

今年のギフ開幕(2020/3/18)

3月18日は神奈川にギフチョウを求めてFarfallaさんと出かけた。

8時半ころに現地に着くけど、駐車場には車が止まっていない。

いつも多くの人でにぎわう山麓のマメザクラは、まだ蕾も良く分からないような感じで、開花までは10日以上かかりそうな感じ。

山麓に出ていないことは想定内だったので、とにかく山頂を目指して歩き始める。

最初の急な登りを登って、平らな尾根道をしばらく歩くといきなりギフが飛び出した。

もう少し歩くと、もう一頭のギフが・・・

2頭とも止まらなかったので撮影はできなかったけど、これは期待できるかなと思って、山頂直下のきつい登りもいつもよりは軽く登ることができた。

9時半ころに山頂に着くけど何もいない、撮影の人も一人もいない。

エーと思うけど、きっと途中であったギフチョウがここまで上がってくれるに違いないと思って周囲を見ながらひたすら待つ。

人よりも先にギフが出てきてくれと念じていると、ほぼ10時に1頭のギフが出てきてくれた。

今年のギフ開幕(2020/3/18)_f0031682_07125966.jpg

背中がまだ濡れたような感じだ。
大喜びで撮影。

今年のギフ開幕(2020/3/18)_f0031682_07125905.jpg

今年のギフ開幕(2020/3/18)_f0031682_07125930.jpg

人が来ないうちに飛び立ちも撮影する。

今年のギフ開幕(2020/3/18)_f0031682_07124627.jpg

撮りたいなと思っていた山背景の写真も撮ることができた。

今年のギフ開幕(2020/3/18)_f0031682_07125955.jpg

同じ頃出てきたヒオドシチョウの飛び立ちも撮影する。

今年のギフ開幕(2020/3/18)_f0031682_07125907.jpg

11時近くになるとギフはスミレで吸蜜してくれた。

今年のギフ開幕(2020/3/18)_f0031682_07125569.jpg

隣の花に移動する。

今年のギフ開幕(2020/3/18)_f0031682_07125502.jpg

花が下向きでうまく吸蜜できないようで、諦めて飛び去った。

今年のギフ開幕(2020/3/18)_f0031682_07125444.jpg

少し姿が見えなくなったけど、20分くらいしてまた現れた。

今年のギフ開幕(2020/3/18)_f0031682_07125514.jpg

同一個体かどうかは良く分からない。


この個体もスミレで吸蜜してくれた。

今年のギフ開幕(2020/3/18)_f0031682_07125576.jpg

12時近くなると、かなりの人が登ってこられて賑やかになってきたので下に降りることにする。

下でも1頭を見かけたけど、撮影はできなかった。

いよいよギフシーズンの開幕かと思うと嬉しい。
Farfallaさん、色々ありがとうございました。







by dandara2 | 2020-03-19 07:21 | 初見日 | Comments(18)
2019年 04月 29日

越後のギフ-3(2019/4/20.23)

4月20日は中越の雪の多い地方にギフの様子を見に行った。

現地で会った地元の方の話では、2月までは例年より雪が少なかったそうだけど、3月、4月に寒の戻りがあって雪も降ったそうで、春の訪れはもう少し先の感じだった。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10011281.jpg

いつものポイントに着くと、naoggioさん,Akakokkoさん,midoriさんがお見えになっていて、我々夫婦の到着前に一度ギフが枯れ草の上に降りてきたということだった。

しばらく様子を見ていると、ギフが飛んできてカタクリに止まった。

急いで近づくけど、木の陰になっていて回り込む間に飛ばれてしまった。

近くにいた家内が何とか撮影してくれた。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10011312.jpg
家内撮影


その後は何回か飛んでは来るものの止まらない。

naoggioさんたちは別の場所に移動された。

我々はここの様子を見るのが目的だったので、もう少し粘ることにする。


待っている間にコツバメを撮影したり、カタクリに来たルリシジミを撮影したりするけど、結局ギフに関してはこの日一回もシャッターを押すことはできなかった。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10011426.jpg
家内撮影

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10011480.jpg

13時半くらいまで様子を見たけど、ここではまだ無理だなと納得がいったので帰ることにする。

車に戻る間に山菜を摘んで帰った。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10011310.jpg

右上のコゴミは山菜取りのおじさんにいただいたもの。
コゴミにはまだ早いとのことだったけど、とったコゴミを気前良く分けていただいた。
どれもおいしく食べることができた。

それから3日後の23日、再度様子を見に行くことにした。

ただこの日は孫の学校があるので、孫を送り出してから8時ちょっとすぎに出発し、放課後クラブの仮入部とかを済ませて5時に帰る予定なので、万一渋滞があったりしてはいけないので4時には帰っている予定ででかける。

一応家の鍵は持たせてあるので、我々がいなくても少しの時間なら、自分の家の方で過ごして心配はないと思うけど、親と違って爺、婆はついつい過保護になってしまう。


この日は晴れて、最高気温は25度を超えるような天気。
10時半についてみると、何頭かのギフが飛んでいる。
ここ数日で個体数が増えたようだ。

メスを探して止まらないので、とにかく飛翔を撮って証拠写真を押さえておくことにする。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10010590.jpg
越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10010623.jpg


植林された杉の木の周りをまわってメスを探すのはいつものパターン。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10010618.jpg

飛んできたオスが下草に止まった。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10010690.jpg

飛び方も止まり方も何となくぎごちなく、この日羽化したような感じの個体だった。

このオスは30分に一回くらい巡回してきてモデルになってくれた。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10010503.jpg
越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10005821.jpg

飛んできては下草で休む感じ。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10005874.jpg
越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10005875.jpg

13時を過ぎて少し風が出てくる。

このオスが飛んできて風を避けるように下草に止まった。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10005852.jpg
家内撮影

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10004950.jpg
家内撮影


飛び立つところも撮影できた。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10112529.jpg

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10004913.jpg
越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10004923.jpg

飛び立った行方を見ているとカタクリに止まった。
吸蜜かと思って大急ぎで近づいて撮影する。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10005752.jpg

吸蜜ではなくてカタクリの花に止まっただけのようだ。
でもこの方が、頭が隠れず、体も下向きにならずに良かったかもしれない。

少しゆっくり止まってくれたので、家内は縦位置でも撮影していた。

越後のギフ-3(2019/4/20.23)_f0031682_10265404.jpg
家内撮影


花に止まっただけだとわかった時点でテンションが下がってしまって、このアングルは思いつかなかった。
まだまだ未熟だな。

時間を見ると13時15分。
途中のSAで買い物もしたいというので帰ることにする。
最後の最後にカタクリと一緒に撮影できて、出てきた甲斐があった。

途中渋滞もなく16時に帰宅。
孫はクラブ活動をして17時過ぎに帰ってきた。
今日のクラブが気に入ったようで、そこに入部するようだ。





by dandara2 | 2019-04-29 10:28 | 飛翔 | Comments(14)
2019年 04月 23日

越後のギフ-2(2019/4/17)

4月17日は再度中越地方にphotobikersさんとギフを見に行く。

前回は思ったより雪が少なく、カタクリも大半が終わっていたので、この日はカタクリがまだ残っているであろう場所に出かけた。

ポイントに着いてすぐに、足元にギフのメスがでてきた。

越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22112754.jpg

羽化して間もない感じ。
地面どまりだけど喜んで撮影。

ところがその後が続かない。
時々オスが飛んでくるけど全く止まらない。

1時間半後、ようやくカタクリに止まったところを撮影できた。

越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22131518.jpg

カタクリも、ギフチョウも鮮度はまあまあ。
これでとりあえずphotobikersさんを案内した役目は果たせたかなと一安心。

ここはギフの数は少なくて、たまに現れるくらいなので周辺を歩いて様子を見る。

カタクリが林床一面に咲いている場所はまだ鮮度も良いようだ。

越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22112276.jpg

ギフも時々飛んでくる。

越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22112862.jpg

越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22112844.jpg
越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22112745.jpg

下で待機しているphotobikersさんに声をかけてここで撮影することにした。


ギフを追いかけていると地面に降りて吸水を始めた。

越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22112204.jpg

吸水写真のストックはあまり多くないので喜んで撮影する。

越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22112212.jpg

この個体はカタクリでも吸蜜してくれたけど、うまく回り込むことができなかった。

越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22112322.jpg

ドングリの芽生えの近くでも吸水したけど、発芽した芽の赤が面白い感じだ。

越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22112239.jpg

カタクリの近くを飛び回る様子も撮影できた。

越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22111613.jpg
越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22111601.jpg
越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22111598.jpg
越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22110950.jpg

羽化間もないと思われるメスが止まっているのを見つけて撮影。

越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22110974.jpg
越後のギフ-2(2019/4/17)_f0031682_22110996.jpg

14時を過ぎると雲が多くなってきたので帰ることにした。

カタクリやギフの発生状況が手探りの状態だったけど、無事撮影できて満足して帰ることができた。

photobikersさん、お付き合いいただきありがとうございました。


タグ:

by dandara2 | 2019-04-23 06:13 | 吸蜜 | Comments(8)
2019年 04月 18日

越後のギフ-1(2019/4/13)


4月13日は中越にギフの撮影に行く。

いつもの場所に着いてカタクリを見ると、花がみんな終わっていた。
今年は雪が少なくて、一度も雪かきをしないですんだらしい。

エーと思いながら少し上に上がると、神奈川でもご一緒した撮影仲間が、産卵中のギフがいるよと教えてくれた。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07273709.jpg

撮影して周囲を見渡すと、少し先の枝に何か違和感を感じる。

よく見るとギフが交尾しているようだ。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07273774.jpg

ごちゃごちゃしてどうなっているのか良くわからない。

小飛して地面に止まった。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07273737.jpg

メスが翅を開いているので良く分からないけど、メスの後翅の下に交尾相手の翅が少しだけ見えている。

カタクリが咲いていないのでは困るので、咲いていそうな場所を探して歩くと、ようやくカタクリにギフが止まった。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07273775.jpg

別の場所では一面のスミレの所にオスが吸蜜に来た。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07273702.jpg

かなり擦れてしまってはいるけど、元気に吸蜜していた。

さらに歩いていると、産卵したそうなメスがカンアオイの芽を探して飛んでいる。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07272775.jpg

芽吹いた葉に絡むけど気に入らないみたいだ。
越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07272855.jpg

このメスはカタクリで吸蜜してくれた。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07272876.jpg
家内撮影


数頭のオスが飛び回っている場所を見つける。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07272114.jpg

神奈川では撮影できなかったヒルトップでの飛翔を撮影することができた。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07272121.jpg
越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07271420.jpg

時々は数頭のオスが絡んで飛び回ったりしている。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07272169.jpg

足元を2頭が通り過ぎたので、とっさに撮影。
越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07361131.jpg

ギフが飛び回っている近くにはユキツバキの木があって、花がたくさん咲いている。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07271496.jpg

ユキツバキの木の下には落ちた花がたくさんあった。

飛翔をとろうとユキツバキの近くで待っていると、飛んできた雄が落ちていたツバキの花に止まった。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07272706.jpg

エッと思ってみるとストローを伸ばして吸蜜しているようだ。

急いで家内を呼んで様子を見ていると、同じオスがまた飛んできて今度は咲いている花にも止まった。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07272156.jpg
家内撮影


越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07272848.jpg


オクチョウジザクラで吸蜜するオスがいたので大急ぎで撮影する。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07271460.jpg

12時を過ぎたころに、新潟在住のtomatsuさんが仕事を終えられて合流された。

しばらくヒルトップの飛翔を撮影するけどスビートが早くて難しい。

そのうちまたカンアオイを探して飛び回るメスを見つける。

様子を見ていると今度は気に入った葉があったようで産卵を始めた。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07270791.jpg

時間も14時を過ぎたので、ゆっくり車に向かいながら様子を見ていると、何度かオクチョウジザクラで吸蜜するギフを撮影することができた。

越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07270745.jpg
家内撮影


このギフは、花弁の落ちた花で吸蜜している。
蜜は中にたまっているのかな。
越後のギフ-1(2019/4/13)_f0031682_07270787.jpg

当日ご一緒した皆さん、tomatsuさんいろいろありがとうございました。





タグ:

by dandara2 | 2019-04-18 07:50 | 飛翔 | Comments(16)
2019年 04月 07日

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)

4月4日はギフの撮影に行く。
この日は穏やかに晴れて気温も上がりそう。
春休み中の孫がお友達と遊ぶということで、15時くらいまでは時間があるので家内と出かける。

山麓での撮影なので、家事を片付けて9時頃出発。
現地には10時少し過ぎに着いた。

朝は気温が低い関係か10時半過ぎになってもギフチョウは飛び出さない。

スギタニルリシジミがたくさん見られた。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22125961.jpg
家内撮影


飛び出すところも撮影。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22125193.jpg


ミヤマセセリがスミレで吸蜜していた。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22125960.jpg

家内はミヤマセセリが吸い戻しをしているところを撮影していた。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22125964.jpg
家内撮影


ミヤマセセリの吸い戻しはほとんど撮影したことがない。
これで2例目。

ギフチョウの姿が見えたので急いで近づく。
一度は見失ったけど、斜面を飛んでいるのが見えて、そのうち白っぽいスミレに止まった。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_07135102.jpg


オトメスミレだろうか。(マルバスミレというご指摘がありました。下のスミレの名前も含めて違っていたらご指摘ください)

上の花にも止まった。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22125907.jpg

とりあえず撮影できて一安心。


しばらくしてもう一頭が現れる。
今度はタチツボスミレで吸蜜した。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22125198.jpg

後翅が破損しているけど、今年は個体数が少なくて、なかなか現れないから贅沢は言っていられない。

小飛してタチツボスミレの群落で吸蜜した。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22125100.jpg

しばらくして別の個体がオオイヌノフグリで吸蜜していた。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22125180.jpg

この個体は小飛してはいろいろな花で吸蜜してくれた。

これはアオイスミレかな。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22124536.jpg

これは良く分からない。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22125050.jpg

タチツボスミレから飛び立つところも撮れていた。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22124570.jpg

家内も飛び立つところを撮影していた。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22124418.jpg
家内撮影


マメザクラにも来てくれたけど、混み入った中での吸蜜でうまくは撮れなかった。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22124076.jpg

ミヤマセセリのメスがツツジに止まった。

ギフチョウ(スミレ吸蜜:2019/4/4)_f0031682_22123988.jpg

この後ギフの出が止まったし、孫が早めに帰ってもいけないので、ご一緒した皆さんに挨拶して帰宅することにした。



by dandara2 | 2019-04-07 07:14 | 吸蜜 | Comments(18)