2018年 07月 08日

小畔川便り(ギンイチ2化:2018/6/30-7/3)

6月30日は、ギンイチモンジセセリが発生しているかもしれないと自宅前の川原に行く。

暑さのせいか端境期なのか、蝶の姿はほとんどないが、ギンイチは発生していた。

f0031682_08264644.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ここで毎年コスモスの花を咲かせている人が撒いたヒメイワダレソウ(リッピア)に吸蜜に来ていた。
f0031682_08264677.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_08264633.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_08264667.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


7月1日は、少し離れた上流部に様子を見に行く。

ギンイチの様子を見に行く前に、ゼフの多かった林を見に行くと、足元にオレンジ色の蝶が止まっていた。

f0031682_08262089.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


よく見たらウラナミアカシジミだった。

f0031682_08264624.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


この場所で7月に入ってウラナミアカシジミを見たのは初めて。

路上でアカボシゴマダラが吸汁していた。

f0031682_08262063.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アカボシゴマダラは一時のような勢いはなくなってきたような気がする。

ギンイチのいる方に移動して探すと、休耕田の中に見つかった。

f0031682_08255712.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


メスのようだ。
f0031682_08262060.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメジョオンで吸蜜する。

f0031682_08262144.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ちょっと腹部の様子が変な感じがする。

時々腹を曲げて産卵態勢をとるけど、すぐに飛んでしまうので、産卵は撮影できなかった。

f0031682_08262158.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵していなかったのかもしれない。

7月3日は再度自宅前の川原に行く。

この日は少し擦れたオスが出てきて色々な花で吸蜜してくれた。

f0031682_08255095.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_08255113.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_08255104.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アカバナユウゲショウにも止まったけど、すぐに飛んでしまった。

キタテハやヒメウラナミジャノメもいたので、吸蜜後飛び立つところを狙って撮影する。

f0031682_08255087.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_08255750.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_08255718.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


翌4日から7日まで台風7号とその後の前線の影響で天気が悪い。
西日本では大きな被害が出ているようだ。




# by dandara2 | 2018-07-08 08:42 | 初見日 | Comments(6)
2018年 07月 05日

キマルリ再撮影-2(2018/6/25)

オオヒカゲの撮影が無事終わったので、キマルリのポイントを目指して移動。

10時半ころに出発して13時半くらいに着いた。

キマルリの保護をしているTさんに挨拶してから、念のためにチョウセンアカシジミの発生木の周りを探してみると数頭の個体がいた。

f0031682_05531403.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここのチョウセンアカは、キマルリの頃には傷んでいるのであまりカメラを向けたことはないけど、今回は案内係なので、まだ残っていて良かったと喜んでカメラを向けた。

その後キマルリの発生地に行く。

時間的にはまだ早いけど、もしかしたらメスが出ているかもしれないし、前回はほとんどカメラを向けなかったヒメシジミも撮影のチャンスがあるかもしれない。

結果的にはメスは出ていなかったし、ヒメシジミは傷んだ個体ばかりで、カメラは向けなかった。

ひたすらうろうろ歩いて、もしかしたら撮れないんじゃないかと悲観的な考えが頭をよぎり始めた15時30分、ようやく1頭が現れてくれた。

f0031682_05531490.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


風があるので、ピント合わせが難しいけど、葉をそっと手で押さえたりしてなんとかphotobikersさんにも撮影してもらった。

この日は、我々二人以外には、地元の方がお一人撮影しているだけでほぼ貸し切り状態。

きちんと飛翔を取り直したいと思っていたので、お二人の邪魔にならないように、というか人の動きを気にしないで済むように少し離れた別の場所で狙うことにした。

ところがなかなかテリハリ個体が現れないし、現れても周囲を飛び回ってばかりでなかなか止まらない。

16時を過ぎた時にようやく撮影のチャンスがあった。

カメラを構えてじっと待つこと数分、ようやく飛び立ってシャッターを押すことができた。

f0031682_05531603.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05531644.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


もう少し青く光ってくれたら最高だけど、ピントが合っているだけでも良しとしないと。
f0031682_05531442.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


モニターで確認すると何とか写っているようだ。

この後も何回かチャンスがあるけど、なかなか納得のいく写真は撮れない。

f0031682_05525842.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


f0031682_05525835.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05525901.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


体が少し隠れてしまう位置に止まった。
飛翔狙いだから飛び出したときに体全体は写るだろうとカメラを構えていると、何かが近くを飛んだ時にそれを追うようにして飛び出した。

f0031682_05530776.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05530707.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


後でモニターを見ると、近くを通り過ぎたのは別のキマルリで、それを追いかけて飛び出す様子が写っていた。

f0031682_05530745.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05530769.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


飛翔を狙っているときに、目の高さに止まった個体がいたので、急いでカメラを持ち替えて開翅を狙う。

f0031682_05530777.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


発生から10日経っているので、多少擦れてはいるけど、それでも思ったよりはきれいな個体だ。

もう少し翅を開いてくれた。

f0031682_05525825.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この後Tさんがお見えになったので、テリハリ位置が高くて開翅が撮りにくいと愚痴をこぼしたら、昨日から低い位置でテリハリする個体がいるというので、その場所に案内してくれた。

見ていると、1頭が飛んできて腰より低い位置でテリハリを始めた。

f0031682_05525879.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


喜んで撮影し、翅表がより光る位置を求めて周囲を回るけど、個体差だろうか鮮度だろうか、期待したほどには光ってくれなかった。

f0031682_05524976.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_05524815.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでも自分一人なので撮り放題。

f0031682_05524988.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


photobikersさんにも電話するけど出ない。
多分荷物の中に入れっぱなしなんだろうと思って、この個体はまだしばらくはここで翅を開いているだろうからと、少し離れた場所まで声をかけに行く。

戻ってきて少し撮影していたら、飛んで行ってヒメジョオンの周りを飛び回っている。
そのうち花に止まった。

二人で駆け寄って撮影。

f0031682_05524947.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これで少しは華やかな開翅シーンが撮れたと大喜び

縦位置にもトリミングしてみたけど、結構よい感じかな。

f0031682_05524836.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


Tさんのお店で食事をし、家内へのお土産も買って無事帰宅することができた。

photobikersさん、お疲れさまでした。



# by dandara2 | 2018-07-05 06:12 | 飛翔 | Comments(8)
2018年 07月 02日

キマルリ再撮影-1(栃木のオオヒカゲ:2018/6/25)

6月25日はphotobikersさんと、栃木のオオヒカゲ、福島のキマルリの撮影に行ってきた。

以前から約束していたけど、風邪が治らず、長距離を1台の車に同乗して風邪をうつしてはいけないと思って、最初はキマルリ撮影をお断りした。

17日に新潟にチョウアカを撮影しに行ったときに、予定外ではあったけどキマルリも撮影できてしまった

それからしばらくして、風邪の方もかなり良くなってきたし、キマルリの様子をネットで調べてみると、鮮度的にはまだ何とか行けそう。

お断りはしてあったけど、楽しみにされていただろうし、自分は撮影できたからもう行きませんみたいに思われるのは嫌だったので出かけることにした。

行く途中のオオヒカゲのポイントによると、車を降りてすぐの場所でかなりの数のオオヒカゲが吸汁に来ていた、

f0031682_12500164.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


樹幹に止まっているけど、結構敏感でなかなか落ち着いて撮影させてくれない。
f0031682_12500190.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_12500111.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミスジチョウも吸汁に来ていた。

f0031682_12500153.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


2頭が追飛していたので、もしかしたら交尾するかなと思って追いかけてみるけど、どこかに行ってしまった。

f0031682_12495494.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


暗いから飛翔は無理かなと思っていたら、日の当たる場所に止まった個体がいたので、いつかは飛び立つに違いないと思ってカメラを構えて待っていたら、願い通りに飛び出してくれた。

f0031682_12500145.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_12495419.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_12495400.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ある程度は写真が撮れたので、今度はじっくりチャンスを待つことにする。

日の当たる場所で2頭が吸汁していた。

f0031682_12495427.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


1頭が上の方に移動しようとして翅を開いた。

f0031682_12495464.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ルリタテハが吸汁しているなと思って近づくと、オオヒカゲも吸汁していた。

f0031682_12494838.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ルリタテハが翅を開閉したら、それに驚いたオオヒカゲが飛び立った。

f0031682_12494890.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この樹液が一番状態が良さそうなので時々様子を見に来ていたら、1頭のオオヒカゲが吸汁にきた。

f0031682_12494842.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


他に邪魔するハチや蝶もその場にはいなくて落ち着いているので、こちらも落ち着いてカメラを構える。

樹液の下の方にいたスズメバチも飛んで行ったら、他のオオヒカゲが集まってきた。

f0031682_12494059.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_12494053.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


だんだん数が増えてきて、4頭になった。

f0031682_12494087.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ついには5頭になった。

f0031682_12494058.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


着いてから30分程度しか経っていないけど、予想以上の成果があったのでキマルリの方に移動することにした。



# by dandara2 | 2018-07-02 13:03 | 吸汁 | Comments(14)
2018年 06月 30日

近くのオオムラサキ(2018/6/24)

6月24日はオオムラサキを見に、春先にコツバメを撮影する公園に行く。

家内の実家が山梨県だから、今まではそっちにオオムラサキを撮影に行っていて、ここには来たことはなかった。

ここではオオムラサキの保護のために、越冬幼虫を集めて、ネットをかけて飼育、保護している。

ネットをかけて飼育し羽化した個体を撮影しても仕方ないなと思っていたけど、地元のオオムラサキの様子を見ておくことも大切かなと思って出かけてみた。

現場に着くと、係の人が今朝羽化した個体がいますよと教えてくれた。

行ってみると7,8人の人がカメラやスマホを構えている。
その先を見ると、羽化したオオムラサキがいた。

f0031682_11551953.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず撮影して、周囲の様子を見に行くけど、樹液の出ている木もないし、オオムラサキ自体も見つからない。

最初の場所に戻ると、先ほどの人たちがまだカメラを構えていた。

裏側に回ると、蛹に止まっている様子がよくわかる。

f0031682_11551967.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


係の人が息を吹きかけると少し翅を開いた。

f0031682_11551961.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


蛹に止まっている様子も撮影できたので、もう少し周囲の様子を見てから帰ることにする。

歩いていると、ムラサキシジミがクヌギの周囲を飛んでいる。

f0031682_11551006.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


様子を見ているとどうも産卵したいらしい。

産卵態勢をとったところを撮影する。

f0031682_11551918.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内は葉の裏に腹部を曲げる様子も撮影していた。

f0031682_11551001.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ついでに飛び立つところも撮影する。

f0031682_11551931.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_11551077.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ホソオチョウの幼虫の様子などを見ていたら、ヒョウモンがいるという。

見るとメスグロヒョウモンのようだ。

f0031682_11551038.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


木の間からなので撮影しにくいけど、なんとか証拠写真を撮影した。

f0031682_11551097.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


帰りがけに、孫の大好きなお店のマフィンと、これまた大好きな燻製屋さんのビーフジャーキーを買って帰る。(ここに来た目的の半分はこの買い物かな)




# by dandara2 | 2018-06-30 12:06 | 産卵 | Comments(2)
2018年 06月 27日

小畔川便り(オオチャバネセセリの吸い戻しなど:2018/6/19,22)

6月19日はコムラサキの様子を見に、14日と同じ場所に行く。

14日にネムの花に来るキアゲハを撮影した木には何も来ていなかったけど、それから100mくらい離れた別のネムノキにはキアゲハが来ていた。

f0031682_13334647.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_13334690.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


前回より5日ほど経っているので、花の鮮度はやや悪いけど、ネムノキでの吸蜜が追加できてうれしい。

f0031682_13334687.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_13352483.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オオチャバネセセリが、クズの葉の上の鳥の糞で吸い戻しをしていた。

f0031682_13334586.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


上の写真を拡大してみると、口吻がすごく長いのがよくわかる。

f0031682_13333831.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この写真の少し後の写真ではさらに口吻が伸びて、尾端の真下まで伸びていた。

f0031682_13333905.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


鳥の糞が少し黒いのは、尾端から出た水で湿っているせいだろうか。
尾端から水が出ているシーンは残念ながら写っていなかった。


コムラサキは数頭が出てきたけど、撮影距離まで降りてきてはくれなかった。

f0031682_13333931.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


帰りがけに、別のネムの花にアオスジアゲハが来ていた。

f0031682_13333928.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


距離がかなりあるので、とりあえず証拠写真を撮影しておく。

f0031682_13333897.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


22日は、そろそろギンイチモンジセセリが出ているかなと思って自宅前の川原を見てみるけど、何もいなかった。

それで、午後からコムラサキのテリハリも確認するつもりで、19日と同じ場所に出かける。

ここにもギンイチモンジセセリが発生する。

ところがこの日は、どういうわけか蝶の姿がほとんどない。

カンカン照りの暑い日の13時過ぎなので、蝶はみんな木陰に入ってしまったのだろうか。

ぶらぶら歩いても何も出てこないので、少し横の道に入ってみると、アサマイチモンジがテリハリをしていた。

f0031682_13333112.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

ちょっと傷んでいるので、飛び出すところの撮影をすることにする。

f0031682_13333051.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_13331816.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


飛ばしても、同じような場所に戻ってくるので何回か撮影のチャンスがあった。

f0031682_13333104.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_13333125.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


f0031682_13333177.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30



これで全くの無駄足にはならずに済んだなと思って帰りかけると、草の間からサトキマダラヒカゲが飛び出した。

暗い場所の葉の間に隠れるようにして止まるので、これも飛び出しを撮影することにする。

f0031682_13331805.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_13331882.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_13331901.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


これも何とか撮影できて、やれやれという感じ。

近くのお店で頼まれた買い物をして帰ることにする。



# by dandara2 | 2018-06-27 13:48 | 吸汁 | Comments(6)