2018年 05月 07日

白馬のヒメギフ撮影(2018/4/26)

4月26日は里山の蝶便りさんとヒメギフをメインに撮影に行く。

ポイントに着くと蝶の数が少ない。

なんとか枯れ草に止まったヒメギフを撮影。

f0031682_10513906.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


気温が高い関係か全く止まる気配がない。

近くを通り過ぎた時に飛翔を撮影。

f0031682_10513937.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_10513843.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_10513245.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


これは杉の木から降りてきた個体。

f0031682_10513913.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


なんとか零敗は免れたかなと思っていたら、2頭が追飛してきて、目の前で絡んだ。

交尾するかなと思ってとっさに撮影。

f0031682_10513999.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


数秒で離れてしまった。

帰宅後写真を見たら、ギフのメスにヒメギフのオスが絡んでいるところだった。

撮影しているときは、ヒメギフ同士かとばかり思っていた。

ギフのメスにヒメギフのオスが絡んでいる写真は、前に1回だけ撮影したことがあるけど、満足できるレベルではなかった。

今回の写真はそれよりは少しマシ。

雑交というと、ギフのメスとヒメギフのオスの組み合わせになるらしいので、その片鱗をうかがわせる写真が撮れてうれしい。


あまり止まらないので、少し場所を移動。

ようやくヒメギフが少し落ち着いてカタクリで吸蜜してくれた。

f0031682_10513305.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


下草にも止まって、シャッターを押したら飛び立った。

f0031682_10513310.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10513351.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


どうにも個体数が少ないので、ヒメギフは中断してヒメシロチョウの場所に行ってみる。

もう発生しているかなと心配したけど、数頭のヒメシロチョウが飛んでいてホッとする。

f0031682_10513260.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後クロツバメシジミの場所に移動。

こっちもどうかなと思ったけど、なんとか発生していた。

f0031682_10512598.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


2頭が絡むシーンもあった。

f0031682_10512527.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今年はどこに行ってもギフの数が少ないけど、ヒメギフもこの日に関しては今までで一番少なかった。

それでも何とか案内役のお役目はできたかなと思って帰宅した。



# by dandara2 | 2018-05-07 10:59 | 配偶行動 | Comments(4)
2018年 05月 05日

小畔川便り(ミヤマチャバネセセリ:2018/4/19.22)

4月19日は自宅前に、先日傷んだ個体しかいなかったミヤマチャバネセセリのその後の様子を見に行く。

オスは傷んでいたので、メスでもいないかなと思っていたのだけれど、いつものテリハリ場所に行くと一頭がテリハリしている。

見ると翅の傷んでいないオスだった。

まずはきっちり静止写真を撮影。

f0031682_19030898.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_19030826.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


光線の加減で翅の裏側がつぶれたり、草が茂っているので、逃げないように真横に移動するのが難しく、全体にピントを合わせるのが難しかった。

f0031682_19030115.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ちょっとのアングルの変化で、背景がガラッと変わる。
f0031682_19030146.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


静止写真をなんとか撮って、あとは飛び立ち撮影。

f0031682_19031861.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_19031810.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_19031925.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_19031819.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


これもなかなか良い方向に飛び出してくれず難しい。


最初はいつものようにシャッタースピードは1/4000で撮影していたけど、これだと翅の先が少しぶれたり、翅が同じ位置ばかり写ってしまう。
つまり翅表が写ると、ほとんどすべてのコマが翅表のみになってしまう。

翅を打ち下ろすタイミングとシャッターの間隔が一致してしまうのかな。
コマ数は秒60コマで、これは変えなかったけど、シャッタースピードを少しずつ変えてみたりしながら撮影した。

上のものも下のものも1/5000

f0031682_19030902.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


f0031682_19030922.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_19030961.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


また、翅の動きが早いので、ローリングシャッター歪みが出てきたものもあった。

ここでは目立たないものを載せたけど、翅が二つに折れたようなものも見られた。


次の写真は1/6400
これが一番良い感じだった。

この写真では、横から何かが飛んできて、それを追いかけるように飛び立ったけど、途中でしっかり飛ぶ方向を見て、体の向きを変える様子がよくわかる。

f0031682_19030108.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


何かが飛んできたのを見つけて飛び立つ。
f0031682_19030187.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ここで飛ぶ方向をしっかり見ている。
f0031682_19030175.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


体の向きが変わった。
f0031682_19024870.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ギンイチモンジセセリはまだオスが飛び回っていて、新鮮なメスも見ることができた。

f0031682_19031825.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


3日経った22日にも様子を見に行くけど、ギンイチモンジセセリは3日の間にオスはかなり傷んだ個体ばかりになった。
f0031682_19024806.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ミヤマチャバネセセリはもう見られず、ヒメウラナミジャノメが目立つようになってきた。

f0031682_19024868.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_19024782.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_19024848.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


これからは端境期に入って、自宅前も寂しくなる。



# by dandara2 | 2018-05-05 19:28 | 飛翔 | Comments(4)
2018年 05月 02日

新潟のギフ(ちょっと変なギフ:2018/4/21)

4月21日は新潟の雪の多い場所に様子を見に行ってきた。

いつもは5月に入っていくことが多いけど、先日関越トンネルを抜けた時にかなり雪が少なかったので、もしかしたらもう発生しているかなと思って出かけた。

ポイントに着くと、カタクリはちょうど良い感じ。

f0031682_22505327.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


しばらく待つとギフのオスが飛んできた。

f0031682_22510077.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


メスを探して、止まることなく目の前を通り過ぎて行った。

f0031682_22510038.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


足元のカタクリの前を通り過ぎていくので、体をひねりながらカメラで追いかける。

f0031682_22510037.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_22510078.jpg

ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_22505962.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


f0031682_22505381.jpg


ニコン1V2 ニッコール10.5


なんとかギフの飛翔にカメラが追い付いてくれた。


その後飛んでくるオスは止まることなく、杉の周辺を探るように飛んでメスを探している。

f0031682_22505376.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_22505319.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


f0031682_22505256.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_22504338.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


この日は各地で真夏日が記録されたようで、気温が高く全く止まる気配がない。
f0031682_22503552.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ふと見るとコツバメが止まっていた。

f0031682_22504305.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


それで残雪を背景に飛び出すところを撮影してみた。

f0031682_22504372.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


やや逆光気味なので難しかったけど、なんとか写すことができた。
f0031682_22503662.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ギフはというとその後もチャンスがなく、ちょうどお出でになった霧島緑さんに、「まだ(静止画は)1枚もシャッターを押していない」と情けない話をする。

霧島緑さんが食事をすると言って帰られた後、ようやく一頭が吸蜜に来てくれた。

二人であわてて近づいて撮影。

f0031682_22503647.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_22504405.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_22504399.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんとかシャッターが押せて、やれやれこれで零敗は免れたかなと安心する。(飛翔写真はあとで見てみないとわかりませんものね)

またまた1時間ひたすら待ち。

ようやくもう1頭が吸蜜に来てくれた。

f0031682_22503658.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今度は何とか表側をきっちり撮影することができた。

後で見てみると、前翅の黒状が一部途切れている。

右前翅はかなりはっきり途切れていて、左側は途切れ方が薄い。

家内は裏面を撮っていたけど、裏面の黒状も途切れていたので、擦れたりしたとかいうことではないようだ。

f0031682_22503619.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


こういった形は初めて見た。

結局チャンスは2回しかなかったけど、帰りの道々ツクシを摘んだり、コゴミをとったりしてそれなりの春の里山を楽しんできた。



# by dandara2 | 2018-05-02 23:20 | 変異・異常型 | Comments(10)
2018年 04月 30日

トラフシジミとウスバシロチョウ(2018/4/11.20)

4月11日はウスバシロチョウが出始めたというのでコツバメの公園に様子を見に行く。

ホソオチョウがまだ飛んでいて、春らしい一枚が撮れた。

f0031682_18434983.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ウスバシロチョウが吸蜜に来るウツギのところに行くと、ウスバシロチョウはいなくてトラフシジミが吸蜜していた。

f0031682_18435076.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


これもまたいい感じだ。

f0031682_18435093.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ミヤマセセリも吸蜜に来た。

f0031682_18435043.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


時期的に傷んできているけど、今年は吸蜜写真をほとんど撮っていないので喜んで撮影。

f0031682_18434996.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日はウスバシロチョウは出てきてくれなかったので早めに撤収する。

帰りがけに比較的きれいなミヤマセセリのメスが枯れ葉に止まっていたので撮影。

f0031682_18434372.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


桜の花にも来ていた。

f0031682_18434334.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_18434382.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


タンポポにも来ていた。
f0031682_18434335.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


広々とした風景だったので、飛びあがるところを撮ってみる。

f0031682_18434393.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


残念ながらピントが甘かった。

f0031682_18433567.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


それから10日くらいした4月20日にも再度来てみる。

ウスバシロチョウはそれなりの数が飛んでいて、タンポポに吸蜜に来た。

f0031682_18433585.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ウツギの花にも来ている。

f0031682_18433574.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_18432653.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カメラを向けていたらスジグロシロチョウが飛んできた。

f0031682_18433582.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ベニシジミが瞬間絡んだところを家内がうまく撮っていた。

f0031682_18432690.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


帰りがけには飛翔も撮影しておく。

f0031682_18432683.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_18432681.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18432709.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ゆったりと飛んでいるようでも、こちらの動きに敏感に反応するので、いつもながら思い通りには撮影させてくれなかった。



# by dandara2 | 2018-04-30 19:07 | 吸蜜 | Comments(4)
2018年 04月 27日

小畔川便り(ツマキチョウのねぐら:2018/4/14.16.17)

4月14日は薄曇りで、気温も平年並みかやや低い。

こんな日はギンイチモンジセセリの活動もそれほど活発ではないだろうから、オスも撮りやすいかもと思って、10時半過ぎに自宅前の川原に撮影に行く。

着くとすぐにオスが飛び出すけど、予想通り飛んでもすぐ止まる。

f0031682_15533809.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15533868.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15533882.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翅を開いたけど、まだきれいな状態だ。

f0031682_15533888.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛翔も撮影する。

f0031682_15533897.jpg
ニコン1V2 1ニッコール10-30

f0031682_15533310.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


知らない間に絞りが動いてしまって、撮影データは1/4000 f16 ISO 6400

1V2では、高感度ではノイズが盛大に出てしまう。


17日も薄曇り。

この日はミヤマチャバネセセリのテリハリ場所に行くと、1頭出ていたけど、すでに前翅の先端が切れている。

f0031682_15533331.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんとなくテンションが上がらず、一応証拠写真を撮影。

f0031682_15532820.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


飛び出すところも撮影したけど、納得のいく写真は撮れなかった。
f0031682_15533457.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ギンイチモンジセセリのメスもいた。

f0031682_15532914.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15533429.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15533371.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツマキチョウは少し傷んできているので、撮影はせず昼食ごろに帰宅する。


15時半を過ぎたところで孫が学校から帰ってきた。

友達と約束をして、これからチョウの幼虫を探しに行くという。
なんでも学校で飼うことにしたんだそうだ。

いきなり子供だけで探しに行っても簡単に見つかるわけがないので、仕方なく付き合うことにした。

いくらかのモンシロチョウの卵や幼虫を見つけて帰宅する途中、家内が自宅前の植え込みでツマキチョウが何頭か休んでいたという。

それで幼虫の飼育の準備をしてから再度行ってみると、確かにツマキチョウが止まっていた。

f0031682_15532966.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


時間も16時半を過ぎているので休止モードだ。

すぐ近くには、2頭が休んでいるところもあった。

f0031682_15532948.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


このうち一頭は驚いたのか飛んでしまった。

近くにいた家内が、こっちにも2頭いる !
今飛んだ1頭がこっちに飛んできたと騒いでいる。


急いで駆けつけて、その1頭が合流するところを撮影した。

f0031682_15532837.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


止まっているオスは、例によって翅を開いてけん制している。
f0031682_15532429.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15532498.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15532403.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翌17日は朝から天気が悪い。

こんな日はツマキチョウも飛び出さないに違いないと思って様子を見に行く。

予想通り、昨日の場所にそのまま止まっていた。

f0031682_15532486.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_15532344.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


一応周囲の様子も撮影しておく。
f0031682_15531457.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


枯れたような枝が込み入った場所が好きなようで、葉の茂った場所にはいなかった。



# by dandara2 | 2018-04-27 16:12 | 休止(睡眠)場所 | Comments(8)