2018年 11月 18日

小畔川便り(ルリタテハの季節型:2018/11/7.8.10)

11月7日は公園へ。
5日、6日と天気が悪く久しぶりの晴天。気温も20℃くらいまで上がって気持ちが良い。

ルリタテハが日光浴をしている。

f0031682_10295712.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日は何頭かのルリタテハがいた。
新鮮な個体と飛び古した個体がいたので、瑠璃色の帯のきれいな個体にカメラを向ける。

f0031682_10295713.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


あまり新鮮でない個体もいたけど、記録だからと自分に言い聞かせてカメラを向ける。

f0031682_10295057.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


後で確認すると、新鮮な方の個体は、後翅の瑠璃色の帯の中の黒点が外側に寄っているので、低温期(越冬)型。

飛び古した方は、黒点が真ん中にあるので高温期型のようだ。

一か所で同時に両方のタイプが見られるのは、この季節ならではのことだろう。

傷んでいるからと言ってバカにしないで、シャッターを押しておいてよかったと思った。

この日はウラギンシジミの姿も多く見られた。

ツバキの周囲を飛び回っているので、休止場所を探しているのかなと思って撮影。

f0031682_10295735.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_10295706.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


葉の裏には止まらなかったけど、表に止まったところを見ると、翅の角がとがった立派な越冬タイプだった。

f0031682_10295892.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


少し移動したところではムラサキシジミが出てきてくれた。

f0031682_10295082.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ふと見ると、ウラギンシジミが葉の裏に止まっている。

f0031682_10295137.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ここで越冬態勢に入るのかなと思ったけど、翌日には見られなくなっていたので、単に休んでいただけのようだ。


翌8日にも出かける。
この日は70-200のズームにテレコンをつけてみた。

ツマグロヒョウモンのオスがいたけど、めっきり数が少なくなった。

f0031682_10295119.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200+1.4×テレコン


キタキチョウが一定の空間を飛び回っているので、飛んでいるところを撮影するけど、結構飛び方が早くて、10枚くらいシャッターを押して撮影できたのはこの1枚だけだった。
この時は確かテレコンは外していた。

f0031682_10294011.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日はあまり成果がなく、散歩と割り切って歩くけどちょっと寂しい。


10日も公園に行く。

この日撮影したウラギンシジミは新鮮なメスだけど、あまり前翅の先のとがっていないタイプの個体だった。

f0031682_10294035.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


別の個体がサザンカの葉先に止まる。

f0031682_10294032.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


サザンカの花の状態はまだこんな感じ。

開翅する個体も見られた。

ちょっと傷んでいるけど、赤の部分がやや広いオス。

f0031682_10293273.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


こちらは赤の部分は狭いけど、くっきりとしたオス。

f0031682_10293223.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


葉の陰に止まるウラギンシジミを見つける。

f0031682_10293989.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


如何にも越冬状態の感じ。
この個体はその後も注意してみているけど、1週間後の17日にも同じ場所にいたので、越冬態勢に入ったと思ってよいだろう。

ムラサキツバメも何頭か顔を見せてくれた。

f0031682_10294005.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_10293281.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


家内がムラサキシジミが何頭かいると声をかけてくれる。

f0031682_10293230.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


そのうち一頭がドングリの実の近くに止まったのでカメラを向けると、数回羽ばたくように翅を開いてくれた。

f0031682_10293191.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ドングリの実とムラサキシジミの組み合わせは昨年も撮っているけど、開翅してくれたのは初めてなので、こんなシーンは次にいつ撮れるかわからないなと満足して帰宅した。



# by dandara2 | 2018-11-18 10:52 | 季節型 | Comments(8)
2018年 11月 14日

秩父のクロツバメシジミ撮影会(2018/11/4)

11月4日は、10月28日と同じ場所に、naoggioさんAkakokkoさん霧島緑さんphotobikersさんらと出かけた。

現地では先週もお世話になったekuboさん、R.Kさん、それにekuboさんの同級生のAさんらと合流、総勢8人の大撮影会になった。

9時頃に現地に着くと、早速新鮮なクロツバメシジミが翅を開いて出迎えてくれた。

f0031682_16591853.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


霧島緑さんはクロツの幼虫を見つけてくれた。

f0031682_16591862.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


気温がやや低いので、クロツの活動はあまり活発ではなく、ウラナミシジミやヤマトシジミが吸蜜をしてよいモデルになってくれた。

f0031682_16591867.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_16591819.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


10時を過ぎると活動する個体数も増えてきた。

f0031682_16591855.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日は新鮮な個体が多く、カメラを向けても気持ちが良い。
f0031682_16591197.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150



11時近くなると、産卵する個体や吸蜜する個体が目に付くようになってきた。

f0031682_16591126.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_16591109.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_16591146.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


飛翔撮影にも挑戦。
f0031682_16591163.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


なんとか撮影できた。

ホトケノザにクロツが止まっていると声が聞こえたのでその場に駆けつける。

背景にはツメレンゲが咲いている。

f0031682_16590159.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


紅葉したツタの葉もちょっとだけ入って、春と秋が同居しているような雰囲気になったかな。

f0031682_16590104.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


この後皆で秩父そばを食べながら談笑した。

食事が終わった後、またポイントをのぞくと紅葉した葉にクロツが止まっていた。

f0031682_16590168.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


撮影していると、クロツが交尾している!! という声が・・・

急いで駆けつけると、紅葉したツタの葉の上で交尾するカップルの姿があった。

f0031682_16590130.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


こんなチャンスはめったにないので、色々アングルを変えていたら、背景にも紅葉した葉が入ってくれた。

f0031682_16585424.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


開き始めた花穂に産卵する個体もいた。

f0031682_16585435.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


撮影していたら、交尾個体を下ろしてツメレンゲの花穂に止めたとの声。

背景に紅葉した葉が入るようにして撮影してみる。

f0031682_16585546.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


雌雄がそろって翅を開いたシーンも撮影することができた。

f0031682_16585530.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


帰りの渋滞が気になったりするので、早めに帰ることにする。

ご一緒した皆さん、楽しい時間をありがとうございました。



後日、ekuboさんが撮影した素晴らしい写真を送っていただき、掲載の許可をいただいたので載せておくことにします。

f0031682_16585453.jpg
ekuboさん撮影



# by dandara2 | 2018-11-14 17:19 | 交尾 | Comments(8)
2018年 11月 13日

小畔川便り(ムラサキツバメの飛び出し:2018/11/1.2)

11月1日も公園に様子見に出かける。
晴れてはいるけど20℃は切っていてやや風がある。

10時頃に家を出て、しばらく探したら10時20分頃にムラサキツバメが現れてくれた。

f0031682_21420213.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


今日は複数の個体が出てきた。

f0031682_21420352.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_21420367.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


一頭が翅を少しだけ開く。

f0031682_21420397.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この個体が飛び立つところを狙うことにした。

f0031682_21420226.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


飛び立ったところを見るとメスだった。

f0031682_21415517.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_21415581.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ちょっと背景がごちゃごちゃしているけど撮れただけでもOK。

別の個体が飛び立つところも撮影。

f0031682_21415532.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


こちらはオスだった。

f0031682_21415567.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


移動して別の場所に行くと、足元から飛び出したムラサキツバメがサザンカの葉に止まった。

f0031682_21415508.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


しばらく待つけど動く気配がないので、ほかの個体はいないかと探すけどいない。

この個体にも飛んでもらった。

f0031682_21414805.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


天気が良くて直射日光が当たるので、木陰に入ってしまった。

f0031682_21414992.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


11月2日も晴れ、1日よりも少し気温が高いようだ。
やはり10時くらいから公園へ行く。

木の幹にルリタテハがいた。

飛び出すところ撮るけど、ちょうど影になっていて残念な結果だった。

f0031682_21414817.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_21413645.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


キタテハが日光浴をしている。

f0031682_21413713.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ムラサキツバメは撮影しやすい位置には止まってくれなかった。

f0031682_21413784.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


アゲハの新鮮なのが飛んでいたけど撮影はできなかった。

その後川原に行ってみる。

ツマグロヒョウモンのオスがコスモスに来ていた。

f0031682_21413760.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


観察していたギンイチの幼虫は、新たに作った巣を放棄してどこかに行ってしまっていた。

f0031682_21413408.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


こうしてみると、巣の中にも結構糸を吐いているようだ。
吐いた糸の位置を見ていると、巣を丸くするのに使ったような気がする。




# by dandara2 | 2018-11-13 07:05 | 飛翔 | Comments(4)
2018年 11月 10日

小畔川便り(公園のムラツ・ムラシ:2018/10/29.30)

10月29日
前日は秩父に行っているので、家でのんびりしようかと思ったけど、天気が良いと落ち着かない。
運動も兼ねて11時過ぎから公園へ行く。

公園ではウラギンシジミが多い。

頭の上位の少し高い所に止まったので、腕を伸ばして撮影した。

f0031682_15371404.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


こっちは腰の高さに止まってくれた。
f0031682_15371411.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


こちらは膝の高さ
f0031682_15365813.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


同じ個体を広角でも撮ってみるけど、スズメバチがいる木の周辺に張られたテープが入ってしまった。
通路のすぐ横の木だからしょうがないけど、ちょっと大げさな感じもする。
f0031682_15365824.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日はムラサキツバメはあまり見かけず、一頭だけが少し姿を見せてすぐにいないくなってしまった。

f0031682_15371401.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ムラサキシジミも1頭姿を見せた。

f0031682_15371423.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


気温がやや高めで、開翅してくれないので飛び立つところを撮影してみた。

f0031682_15371377.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_15365869.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


翅表が何とか撮れたので素直にうれしい。


個体数が少なくちょっと消化不良なので、川原の方に行ってみる。
コスモスもほぼ終わりだけど、キタテハ、ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハが吸蜜に来ていた。

f0031682_15365879.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


傷んだ個体も多いので、なるべく新鮮なものを選んで撮影した。

f0031682_15365870.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_15365359.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150



30日には10時半くらいから公園へ。

歩き始めてすぐにムラサキツバメがツバキの葉の間から出て隣の日当たりの良い葉の上で日光浴を始めた。

f0031682_15365373.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


飛び立つところを撮影しようと別のカメラに目を向けている間にいなくなってしまった。

いつもたくさんの個体が来るマテバシイの葉にも別個体が止まったけど、今年はアブラムシがいなくて、ここに来るムラサキ兄弟はほとんどいない。

f0031682_15365354.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


サザンカの蕾はたくさんついているので、その頃にでも吸蜜に来てくれるかな。

でも個体数が少なそうだからチャンスはあまりないかな、なんて悲観的なことを考えながら帰りかけると、ムラサキシジミが止まっていてちょっとだけ慰めてくれた。

f0031682_15365374.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


気温が20℃を超えているので、直射日光の当たる場所を嫌って葉陰に入ってしまった。
f0031682_15365367.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


飛び立つところも狙ったけど、1/4000 f8 では真っ黒になってしまい失敗。



# by dandara2 | 2018-11-10 15:54 | 飛翔 | Comments(8)
2018年 11月 07日

秩父のクロツバメシジミ(2018/10/28)

秩父のekuboさんのお誘いで、10月28日は秩父のクロツバメシジミの様子を見に行ってきた。

翌週の11月4日は蝶仲間たちと撮影をする予定だったので、この日は花の咲き具合の確認もしたいと思った。

9時頃に現地についてekuboさんにご挨拶をし、ツメレンゲの様子を見るとやはりもう少し後の方が良い感じ。

それでも9時少しすぎにはクロツバメシジミが出てきた。

f0031682_15153775.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


背景に紅葉したツタの葉とツメレンゲの花穂を入れることができた。
f0031682_15153781.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_15153701.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_15153753.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


10時を過ぎると活発に活動するようになって、産卵行動をするものも出てきた。

f0031682_15153708.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_15152663.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


腹部の先端はツメレンゲの蕾や葉に隠れてしまうので、実際に産卵したのかはなかなかわからない。
f0031682_15152602.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_15152629.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


あちこちで産卵行動が見られるようになったけど、たんに腹部を曲げているだけのものもかなりあるようだ。
f0031682_15152694.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


家内は偶然飛び出るところが写っていたと喜んでいる。

f0031682_15152664.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


こちらは飛び上がったところを撮影。

f0031682_15152026.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30



赤く色づいた葉に止まってくれると嬉しいけど、多くは温まったコンクリの擁壁に止まってしまうので、なかなかこんな写真が撮れない。

f0031682_15152012.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_15151958.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


2頭が飛んできてツメレンゲの花穂の上に止まった。

オスが腹部を曲げて交尾しようとするけど、メスは腹部を上げて翅を開いている。

f0031682_15152055.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


これだとオスの腹部が届かず交尾ができない。
f0031682_15152014.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


オスはあきらめて飛んで行ってしまった。

昼食を食べてもう一度様子を見ると、2頭が飛んできてツメレンゲの花穂の先端に止まった。

f0031682_15151277.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


オスが腹部を曲げているけど、メスは翅を閉じている。

f0031682_15151208.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


角度が悪くてよくわからなかったけど交尾が成立したようだ。
f0031682_15151282.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200




少し落ち着いたところをじっくり撮影することができた。

f0031682_15151291.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ツメレンゲの花には少し早かったけど、色々な生態をじっくり撮影することができた。

これで次の週には安心して仲間を呼ぶことができる。

ekuboさん、それに当日ご一緒したR.Kさん、いろいろお世話になりました。



# by dandara2 | 2018-11-07 15:36 | 交尾 | Comments(10)