人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2018年 12月 29日

小畔川便り(ムラツの7頭集団は消失:2018/12/14-17)

12月14日は晴れて気温は8℃位、久しぶりに公園に行く。

12日は小雨が降り、13日は千葉にルーミス観察に行っていたので3日ぶりだ。

ムラツの4頭集団はそのままだった。

f0031682_16403181.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


枯れ葉の7頭集団を見に行くと、雨が降ったり、風が強かった関係かだいぶ様子が変わっていて、集団のいた葉がどれだったかわからなくなっていて、当然集団もいなかった。

まるまった枯れ葉で一頭のオスが翅を開いていた。

f0031682_16403244.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近くではメスが翅を開いていた。

f0031682_16403164.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


光線の加減で、前翅が緑色に見えたり、中室近くの紫色の部分がかなり白くなってたりと、少し変わった個体だ。

f0031682_16403180.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ムラサキシジミのオスがツバキの葉の上で開翅していた。

f0031682_16403109.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


きれいな個体だった。

うろうろしていたら、ムラサキツバメのオスが飛んできて翅を開いた。

f0031682_16402406.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これもかなりきれいな個体で喜んで撮影。

f0031682_16402528.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


角度によっては翅が緑色に輝いていた。

f0031682_16402434.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85



15日は晴れて気温は9℃位、風がややある。
10時半に公園に行く。

7頭集団の一部だろうか、2頭のムラツが枯れ葉に止まっていたが、やや下向きの葉。

f0031682_16402555.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ムラツは葉の表側に止まっていることが多いので、この態勢は何か違和感を感じる。

この日もムラツの雌雄がツバキに止まって翅を開いてくれた。
f0031682_16402440.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85

f0031682_16400914.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85



12月17日は朝は雨。
9時頃には雨は上がって、11時頃に晴れてきて気温は9℃位。

公園に行ってみると、ムラツの4頭集団はそのままだった。

f0031682_16400946.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


クヌギの葉に単独に止まるムラツを3頭ほど見つける。

昼食後14時頃には晴れて気温も上がってきたので、再度公園に行ってみた。

午前中同様クヌギの葉にムラツが止まっている。

f0031682_16401019.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16401074.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


斑入りのアオキの葉に日が射してきて、ムラツの雌雄が翅を開いていた。

f0031682_16400916.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16400264.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


地面の日の当たる場所ではオスが翅を開いている。

f0031682_16400217.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


昨日の下向きの枯れ葉は、午前中見た時には1頭しかいなかったけどこの時間になって1頭戻ってきた。

f0031682_16400271.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここが新たな越冬場所になるのだろうか。

近くを見てみると、緑色のクヌギの葉に3頭のムラツの集団が見つかった。

f0031682_16400205.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


すぐ近くのツバキの葉にも3頭の集団があった。

f0031682_16395428.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


7頭の集団がばらけて近くに新たな越冬場所を見つけたのだろうか。




by dandara2 | 2018-12-29 16:55 | 越冬 | Comments(4)
2018年 12月 24日

ムラサキ3兄弟の混成(2018/12/13)

12月13日はnaoggioさんのお誘いで千葉のルーミスを撮影に行った。

今年はムラサキ3兄弟の混成、ルーミスの6頭集団、それにAkakokkoさんの撮影された後翅にきれいな白斑の入った個体と色々興味を惹かれる対象が多い。

このうち6頭集団はばらけるかもしれないし、白斑の入った個体は必ずしも会えるとは限らないけど、できれば混生集団は撮影したいと思った。

昨年は圏央道が千葉まで開通したのでそれを利用したけど、今年の6月には外環道が延長して、自宅からだと距離も短くなるし、首都高を通らずにすむので渋滞を避けられるかもしれない、その確認も楽しみだ。

道路の方は、12月の平日ということでトラックが多くて、かなりの渋滞。
行きは結局4時間かかってしまった。

現地に10時に着くと、ちょうどclossianaさんとpapilaboさんがお着きになったところだった。

お二人にご挨拶をして、ポイントに行くとnaoggioさんとK.Tさんがすでに着かれて撮影をしておられた。

聞くと6頭集団の方はばらけてしまったようだ。

話をしていると目の前にルーミスがふらふらと飛んできた。

気温が低い関係か、日当たりの良い地面に止まって翅を開いた。

f0031682_22153731.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


着いて10分も経っていないのでラッキーだ。

そっと回り込んで撮影、後翅を見るけどノーマルな感じの個体だった。

f0031682_22153784.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ばらけてしまった6頭集団の位置を聞くと、かなり高い位置に2頭が止まっている。

撮影意欲がそがれてしまったので、とりあえず証拠写真を撮影してあきらめた。

f0031682_22153133.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


肝心の混生集団はというと、無事そのままでいるとのこと。

2mちょっとの所に混生集団があったので、まずは撮影。

f0031682_22153626.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


もう少し近づいて、混生集団がルーミス2頭、ムラサキツバメ5頭、ムラサキシジミ1頭(右下)からなることも確認できる写真を撮ることができた。

f0031682_22153142.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


一通り撮影して、考えてみればルーミスの裏面をきちんと撮影していないことに気がついた。

ルーミスはやはり裏面が肝心。

みんなが探した後だからもういないかなと思いながら歩いていると、まるまった葉の中に隠れるようにしているルーミスを発見。

f0031682_22153130.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_22153068.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


これでルーミスのきちんとした裏面も撮影できた。

空を見ると雲に覆われて晴れ間は期待できそうもないので、皆さんにご挨拶をして帰ることにした。

当日ご一緒した皆さん、ありがとうございました。


そうそう、撮影中naoggioさんから、後翅に白斑が出たルーミスはある程度の確率で見られるけど、冬になると翅が擦れてはっきりしなくなるとのご教示をいただいた。

自宅に帰ってみると、確かに過去に何度か撮影はしてあった。
その中で、2006年に撮影した個体が多少白斑がはっきりしていて、ブログには載せていなかった写真があったので、ここに載せておくことにします。

f0031682_22153602.jpg
2006年1月15日撮影  ニコンD100 マイクロニッコール105mm


お手元のルーミスの写真を確認すれば同様な個体があるかもしれません。



by dandara2 | 2018-12-24 08:14 | 越冬 | Comments(16)
2018年 12月 21日

小畔川便り(ムラツの集団-3:2018/12/9-11)

12月9日は曇りで、風が強い。
気温は12℃前後だけど風がある分寒く感じる。

公園へ集団の様子を見に行く。

f0031682_15085476.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


集団は7頭になっていた。
f0031682_15085458.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


他の蝶の様子も見るけど特に変化はなかった。



12月10日は晴れで10℃位。
10時少し過ぎに着くと、ムラツはすでに飛び出して3頭が残っているだけだった。

f0031682_15083965.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


撮影していたら1頭が戻ってきて集団は4頭になった。

f0031682_15085448.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


1分もしないうちにもう一頭が戻ってきた。

f0031682_15085466.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


集団の左上にはもう一頭が止まっている。

戻ってきた1頭も集団に加わろうとしている。

f0031682_15085333.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15084668.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


戻る前に集団の上で翅を開いて日光浴を始めた。

f0031682_15084784.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


すぐには入らず、周囲を飛び回って様子を見ているようだ。

f0031682_15084797.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200


その後止まって集団に加わった。

f0031682_15084758.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_15084608.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これで集団は5頭になった。

f0031682_15083990.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


集団の上にいた個体も飛び立って集団の近くの葉に止まって翅を開いた。

f0031682_15083902.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15083081.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やがてこの個体も集団の中に加わった。

f0031682_15084085.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15084050.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これで集団は6頭になった。

f0031682_15083069.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


最初に3頭の集団を撮影してからここまでおよそ10分。

ちょうど良いタイミングで観察に来ることができたようだ。

その後公園内をうろうろして観察中の蝶の確認をして、30分後に戻ってきたら集団は7頭になっていた。

f0031682_15083159.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


集団の上の葉がすこし気になる。

マテバシイの4頭集団はそのままだった。

f0031682_15083151.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


動きは少ないけど、この場所の方が安定している。


12月11日は曇りで太陽がうっすらと見えるような天気。

買い物のついでに様子を見に来るけど車載器の温度は5℃だった。

7頭集団はそのままだったけど、気になっていた上の枯れ葉をうまくよけるような位置で横になっていた。

f0031682_15083094.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85



by dandara2 | 2018-12-21 15:40 | 越冬 | Comments(0)
2018年 12月 18日

小畔川便り(ムラツの集団-2:2018/12/6-8)

12月6日、昨夜は雨が降った。朝のうちは曇りで時々小雨が降る天気。

12時少し前には雲が多いけど、雨の心配もなくなったので昨日の集団の様子を見に出かける。

昨日飛び出していたマテバシイの4頭集団は戻っていた。

f0031682_09280292.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アラカシの枯れ葉のムラサキシジミも無事そこにいた。

f0031682_09280349.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


移動してクヌギの6頭集団を見に行くと、そのままで葉の上で横になっていた。
f0031682_09280304.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


最初の4頭集団の時に飛び出した個体もそのまま動いていなかった。

f0031682_09280377.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30



7日は雲の間からうっすらと太陽が見える程度の曇り、気温は12度前後。

6頭集団のいる位置はこんな感じ。

f0031682_09280228.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


高さは地上から170㎝位だろうか。
朝は早くから日が射す場所だ。

6頭の集団は互いの位置もほとんど変わらない状態だった。

f0031682_09275550.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


マテバシイの4頭も天気が悪いので横になっている。
f0031682_09275524.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


雲が多く、他の蝶の動きもないので帰宅する。



12月8日は雲が多いもののようやく日が射してきた。
気温は12度前後。

9時半に様子を見に行くと、6頭集団はばらけて、1頭が隣の葉に移っていた。

f0031682_09275606.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


11時くらいに様子を見た時には飛び出した一頭の姿は見えなくて、残りの5頭が起き上がって固まっていた。

f0031682_09275612.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


目線よりは少し高いので、ファインダーを覗くD500ではこんな感じに写る。


公園の管理の人が、ここで翅を開いていますよと教えてくれる。

見るとムラサキシジミのオスが翅を開いていた。

f0031682_09275587.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


喜んで撮影して、もう一度ムラサキツバメの様子を見に行くと6頭集団に戻っていた。

f0031682_09274662.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


さっき確認してから15分しか経っていない。

ムラサキシジミの場所に戻ると、さっきの個体が別の位置で翅を開いている。

f0031682_09274604.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翅の輝きが微妙にさえないので、花の横にこちら向きに止まった時に、膝をついてかなり前からのアングルで撮ってみたら、ようやく狙ったような輝きになってくれた。

f0031682_09274683.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し移動してムラツの4頭集団を見に行くとそのままだった。

f0031682_09274651.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


日が当たっているので、1頭は飛び出しそうな気配だった。

元の場所に戻ると、さっきの個体だろうかムラサキシジミのオスが翅を開いていた。

f0031682_09274537.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今度は少しきれいに撮れただろうか。



by dandara2 | 2018-12-18 09:43 | 越冬 | Comments(8)
2018年 12月 15日

小畔川便り(ムラサキツバメの越冬集団:2018/12/2-5)

12月1日の夜は強い風が吹いた。

2日は曇りで気温は13℃位。
越冬している蝶の様子を見に行く。

歩き始めると、途中のモミジが紅葉してそのグラデーションがとってもきれいだったのでカメラを向ける。

f0031682_21232729.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


背景が補修中の建物でネットがかかっているので、ぎりぎりカット。

4頭で越冬中のムラサキツバメはそのまま。

枯れ葉で越冬中のムラサキシジミを見ると、風で枯れ葉がかなりやばい感じ。

f0031682_21232748.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ぱっと見ムラサキシジミはいないので、枯れ葉をもう少しきちんと止めなおそうといじったらうまくいかなくて枝から離れてしまった。

アレーと思って枯れ葉を見ると、なんとムラサキシジミが止まっていた。

あわてて枯れ葉を止めなおそうとするけど、そのショックでムラサキシジミは飛び出してしまった。

気温が低いのですぐ近くの地面に降りた。

f0031682_21232725.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


少し日が射したら飛び出して、高い木の先に止まった。

かわいそうなことをしたけど、なんとか無事に冬を乗り切ってほしい。

クヌギの葉にはムラサキツバメが止まっていた。

f0031682_21232845.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


日が射さず、他に蝶も出てこないので、こんな時には川原の様子を見ようと思って川原に行く。

いつもジャコウアゲハの蛹が見つかる木には蛹が一つしか見つからない。

f0031682_21232739.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


まだ葉がたくさんついているので、葉が落ちたらもう少し見つかるかもしれない。

これだけではさみしいので、エノキの根元を探ってみたらゴマダラチョウの幼虫が見つかった。

f0031682_21231936.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


公園に戻って、何気なくエノキの若木を見たら黄葉した葉にアカボシゴマダラの幼虫がついていた。

f0031682_21231924.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


12月3日は曇り、気温は15℃。
4頭のムラサキツバメはそのままだったけど、気温が少し高いので、体を起こしているものもいた。
f0031682_21231953.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ムラサキシジミもいるけど、観察できるのはこれ1頭になってしまった。

f0031682_21231917.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


昨日のアカボシゴマダラの幼虫はいなくなっていた。

f0031682_21231881.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


下に降りたのかな。


12月4日は晴れで、気温も20℃位と暖かい。

9時半くらいに出かけてみると、4頭のムラツ集団は飛び出して1頭もいなくなっていた。

近くのサザンカに吸蜜に来ている個体がいた。

f0031682_21231100.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


きっと4頭のうちの1頭だろう。
f0031682_21231274.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


移動して別のサザンカのところに行くと、ここにもムラツが来ていた。

f0031682_21231221.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体は吸蜜というわけではなかったようだ。

クヌギの幹にはルリタテハの越冬タイプが来ていた。

f0031682_21231127.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


さすがに高温期型は見かけなくなった。


12月5日は晴れで、気温も昨日ほどではないけれど18℃くらいある。

11時くらいに、黄葉したクヌギのところに行くと、ムラサキツバメのメスが飛んできて翅を開いた。

f0031682_21230276.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


撮影していて、ふと横を見るとクヌギの枯れ葉にムラサキツバメの集団がある。

エッと思ってカメラを構える。

f0031682_21230320.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


4頭の集団のようだ。

昨日来た時にはいなかったけど、気温が高かったので午後になって集まったのかな。

撮影していたら1頭が飛び出して、同じ木の別の葉に止まった。

f0031682_21230346.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


せっかくの4頭集団が3頭になってしまった。

f0031682_21231152.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


雲が多く、これ以上は期待できないので帰宅する。


昼食を食べ終わると日が射してきた。

さっきの集団が気になったので、もう一度出かける。

見ると、なんと6頭の集団になっていた。

f0031682_21230218.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


ここでムラツのこんな集団を撮影するのは初めて。
気になって戻ってきてよかった。

この先どうなるだろう、楽しみだ。




by dandara2 | 2018-12-15 21:37 | 越冬 | Comments(6)
2018年 12月 12日

小畔川便り(ムラサキツバメの吸蜜と吸水:2018/12/1)

12月1日は20度近い暖かい一日。

11時くらいに公園に行く。

ムラサキツバメのメスが黄葉したクヌギの葉の上で翅を開いて日光浴をしている。

f0031682_07441985.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


目の高さより少し高いので、カメラを持ち上げて上から撮影。

f0031682_07441910.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


ムラサキシジミの越冬を確認すると、枯れ葉の上に止まっていた。

f0031682_07441906.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


枯れ葉の上ではムラサキツバメが止まって、なかなかいい感じの写真になった。
f0031682_07441959.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ここで越冬中のムラサキツバメは4頭のまま。

f0031682_07441995.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


移動してサザンカの花が咲いている場所に行くと、地面にムラサキツバメが降りてきた。

様子を見ていると地面で吸水しているようだ。

f0031682_07440941.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その拡大写真。

f0031682_07440936.jpg

もしかすると、マテバシイの葉でアブラムシの排泄物から吸汁するときの水分を補給しているのかもしれない。

サザンカの花の所で様子を見ていると、ムラサキツバメが飛んできて葉に止まった。

f0031682_07440916.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


そのうち花に止まった。

f0031682_07440930.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜ではないけど、家内に来たよと声をかける。

少しして向きを変えておしべの方に向き直った。

f0031682_07520414.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


おしべの中にストローを入れて吸蜜を始めたようだ。
f0031682_07435968.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


おしべに乗り上げて吸蜜している。
f0031682_07435944.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200



オスも飛んできて花弁に止まった。

f0031682_07440048.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


ただ吸蜜はしないで飛び去った。


別のオスが花の咲いている近くの葉に止まった。

f0031682_07435178.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


なかなか良い位置には止まってくれない。

この日は暖かいのでムラサキシジミは飛び出していた。

f0031682_07435148.jpg

12時半近くになると、その近くに戻ってきた個体がいた。

f0031682_07435132.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これが越冬中の女主人かな。
f0031682_07435167.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


近くに止まって翅を開いていたけど、直接巣には止まらず近くの木の上に行ってしまったので、巣に入るところは確認できなかった。


この日の夜は強い北風が吹いた。
もう一日早ければ木枯らし一号になっただろうに、とうとう今年は木枯らしが吹かずに終わったようだ。




by dandara2 | 2018-12-12 07:58 | 吸蜜 | Comments(12)
2018年 12月 09日

小畔川だより(アカタテハの終見?:2018/11/29.30)

11月29日、晴れ
公園にムラツの様子を見に行く。

昨日は20度を超えた暖かい日だったけど、この日は16℃とひんやりする。
それでもこれで平年並みとか。

昨日1頭もいなくなっていたマテバシイのムラサキツバメは4頭とも戻っていた。

f0031682_11032379.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ウラギンシジミの越冬中の4頭ともそのままだった。

A個体

f0031682_11032318.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200


B個体

f0031682_11032356.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

C個体
f0031682_11032391.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

D個体
f0031682_11032392.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


それ以外に活発に飛び回る雌雄を確認。

f0031682_11031435.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85

f0031682_11031535.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


サザンカの花の近くではムラサキツバメのオスが翅を開いている。

f0031682_11031534.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


微妙に高さが高い。

カメラを替えて、頭の上に持ち上げて撮影。

f0031682_11031588.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


前には回り込めないのでこんなものか。

少し移動したけどさらに高い場所に。

f0031682_11031474.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


背伸びしてカメラを頭の上に持ち上げてもこれが精いっぱいだった。

ムラサキシジミのメスも翅を開いてくれた。

f0031682_11030660.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30



11月30日、晴れ、気温も昨日と同じくらい。

ムラツの集団は一頭が飛び出したのか3頭になっていた。

ムラサキシジミはそのまま枯れ葉で越冬中。

f0031682_11025739.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


霧島緑さんが見つけてくれたムラシは2頭になっていた。

f0031682_11030667.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ムラサキツバメのメスが出てきて翅を開いてくれた。

f0031682_11030658.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


少し移動してサザンカの近くに行ったけど吸蜜はしなかった。
f0031682_11030612.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


珍しくアカタテハが幹に止まっている。

f0031682_11030651.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


昨日の暖かさで飛び出したのかな。

黄葉したクヌギの葉に2頭のムラツが止まっていた。

f0031682_11025702.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ここには時々ムラツが止まっているけど、このまま越冬態勢に入るのは無理なような気がする。

f0031682_11025706.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


その後banyanさんがいらした。

ムラサキシジミのオスが足元で翅を開いてくれたけど、全開とまではいかなかった。

f0031682_11025710.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


サザンカに来るムラツを探していたら、ヤマトシジミの青っぽいメスが落ちた花弁に来ていると教えてくれたので撮影。

f0031682_11025715.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


一人で探していると、ヤマトシジミにはあまり注意を払っていないので、教えてもらってよかった。



by dandara2 | 2018-12-09 11:18 | 初見日 | Comments(6)
2018年 12月 06日

小畔川便り(キタキチョウの吸蜜:2018/11/26.28)

11月26日は曇りで時々薄日が射すような天気。
気温は16℃と少し暖かい。

この日はいつもと違うルートを通って公園に行く。

途中、道路わきに咲いているツワブキにキタキチョウが吸蜜に来た。

f0031682_10041792.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


公園などにはツワブキはなくて、ツワブキに来る蝶を撮影する機会はあまりないので喜んで撮影する。

ムラサキツバメの4頭集団は2頭が飛び出したのか2頭になっていた。

f0031682_10041724.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ムラサキシジミが赤く色づいてきたサザンカの蕾近くに止まっている。

f0031682_10041819.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんとか蕾も入れようと頑張ってみる。

f0031682_10041871.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日はムラサキシジミはこの1頭だけだったけど、良く翅を開いてくれた。

f0031682_10041038.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


キタキチョウが枯れ葉に止まった。

f0031682_10041702.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


暖かいせいかよく飛んでいた。


ムラサキツバメも何頭か出てきてモデルになってくれた。

f0031682_10041008.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10041034.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


11時少し過ぎに越冬集団を確認すると4頭になっていた。

f0031682_10041076.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この間どこに行っていたんだろう。



11月28日は孫の持久走。

ムラサキ兄弟を観察している公園の周辺を走るので、応援がてら蝶の観察にも出かける。

この日は20度を超える暖かい日になった。
天気もまあまあ。

ムラツの4頭集団を見に行くとみんな出払っていた。

f0031682_10041048.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ムラサキシジミも飛び出していた。

f0031682_10040144.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ツバキの葉の上ではムラツのメスが翅を開いている。

f0031682_10040252.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


こちらでは2頭がいるけど、上の個体はストローを伸ばして葉に着いたアブラムシの排泄物を吸っているようだ。

f0031682_10040201.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体もストローを伸ばしている。

f0031682_10040222.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200



近くの枝にはアブラムシがついている。
f0031682_10141356.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


もう少し寒くなってアブラムシの数が減ると、仕方なくサザンカに吸蜜に来るのかなという感じがする。

うろうろ歩いていたらヒメウラナミジャノメがいた。

f0031682_10035479.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


あまり傷んでいない個体だ。

少し離れた地面には別の個体がいた。

f0031682_10035421.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


こちらは後翅が痛んでいる。

ヒメウラナミジャノメの終見になるかもしれない。


キタキチョウがサザンカに吸蜜に来ていた。

f0031682_10035456.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


11時半過ぎにはムラサキシジミが戻ってきていた。

f0031682_10035472.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ムラサキツバメの塒近くのサザンカに吸蜜に来ているムラサキツバメがいた。

f0031682_10035372.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


12時過ぎに確認した時には、越冬集団の場所には1頭も戻ってきていなかった。

このまま解散してしまうのか、もう少し時間が経つと戻ってくるのか・・・
明日また確認に来よう。

孫も毎朝お友達と練習をした甲斐があった順位になって満足していた。



by dandara2 | 2018-12-06 10:23 | 終見日 | Comments(4)
2018年 12月 03日

小畔川便り(サザンカとムラサキツバメ:2018/11/25)

3連休最後の11月25日は10時半少し前に公園に行く。
朝のうちは雲があったけど、段々晴れてきた。
気温は最高16℃位になった。

公園に着くとbanyanさんがお見えになっていて、ムラサキシジミのオスが翅を開いていると教えてくれた。

f0031682_16013238.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


その後もぽつぽつと出てくるけど、これといったシーンは撮影できない。

banyanさんに、ムラツの4頭の越冬集団を案内したりする。

そのうち霧島緑さんもお見えになった。

家内がサザンカの花の近くで翅を開いたムラサキツバメを撮影していた。

f0031682_16013300.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


吸蜜に来てくれたらよかったのに。


黄色く色づいた葉の上でムラサキツバメが翅を開いてくれた。

f0031682_16013301.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200+テレコン×1.4


霧島緑さんにもムラツの越冬集団を案内する時点でbanyanさんはお帰りになるというのでお別れする。

集団の場所に着く直前に足元のサザンカでムラサキツバメが吸蜜しているのを見つける。

f0031682_16013344.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


今年初めてのサザンカでの吸蜜なので喜んで3人で撮影。

少し撮影しにくい位置の花だけど、位置を替えたりカメラを替えたりして何とか撮影。

f0031682_16013285.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200+テレコン×1.4

f0031682_16012727.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200+テレコン×1.4

f0031682_16012708.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200+テレコン×1.4

f0031682_16012724.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

ちょっと翅を開いた。
f0031682_16012774.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

ムラツの4頭集団もそのままの位置にいた。

f0031682_16012634.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200+テレコン×1.4


ムラサキシジミの越冬個体もお教えする。

f0031682_16011574.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ストロボでまた翅を開いたシーンが撮れていた。

f0031682_16011687.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ムラサキシジミが目の前の笹に止まって翅を開いてくれた。

f0031682_16012144.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200+テレコン×1.4

f0031682_16012102.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200+テレコン×1.4

f0031682_16012191.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200+テレコン×1.4


別の場所のサザンカにはキタキチョウも吸蜜に来た。
f0031682_16011568.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200+テレコン×1.4


霧島緑さんが熱心に越冬蝶を探してくれて、新たにムラサキシジミの越冬個体を確認。

f0031682_16011611.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200+テレコン×1.4


ムラサキツバメが枝先に止まっているのも見つけてくれた。

f0031682_16011693.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200+テレコン×1.4


ただ位置的に、この2頭はここで越冬態勢をとるのは難しそうだ。

クヌギの葉に止まるムラサキツバメもこの後ここでよく目にするようになるが、越冬場所というわけではなさそうだ。

f0031682_16012133.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


いよいよサザンカでの吸蜜が撮影できるようになった。

banyanさん、霧島緑さん、いろいろありがとうございました。



by dandara2 | 2018-12-03 16:15 | 吸蜜 | Comments(6)