<   2018年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2018年 08月 29日

小畔川便り(まだ新鮮なギンイチ:2018/8/19.20)

8月19日は8時40分頃から自宅前の川原に出る。
晴れてはいるけど、24℃とまだ涼しい空気が残っている。

ギンイチは元気に飛び回っていた。

f0031682_14251951.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_14251992.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_14251976.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_14251952.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


気温が低い関係か、少し飛んではすぐに止まる。

止まった個体を見るとまだ新鮮だった。

f0031682_14251979.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今月の10日が初見だったから、それから10日経ってもまだ新鮮な個体がいるというのは少しびっくりな感じ。

キバナコスモスの所ではキアゲハが吸蜜に来ていた。

f0031682_14251187.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14251214.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14251282.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14251230.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


20日も川原に出る。
曇りで、気温は少し高くて27℃くらい。

新鮮なギンイチのオスが出迎えてくれた。

f0031682_14251115.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14250440.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


コスモスの所ではジャコウアゲハが吸蜜に来ていた。

f0031682_14250493.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オスは相変わらず一つの花では落ち着いて吸蜜してくれない。

f0031682_14250492.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


隣にいるのはイチモンジセセリかな。
f0031682_14250498.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



吸蜜しているオスに他のオスが絡む。

f0031682_14250462.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近づいても、ある程度の距離まで近づくと、メスではないとわかるのかすぐに離れてしまうので、一つの画面に収めるのは難しかった。

キアゲハも来ていた。

f0031682_14245466.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14245532.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


2種の蝶が同時にいる場合は、キアゲハが中心部、ジャコウアゲハが周辺を飛び回るという感じが多かった。

雨が少ないのでキバナコスモスが元気がないように見えるが、これから雨が降ればもっときれいに咲いてくれるだろうか。

f0031682_14245459.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


帰り影にギンイチの飛翔を撮影、少し傷んでいるようだ。

f0031682_14245550.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ところが、開翅していたオスはびっくりするくらいきれいだった。

f0031682_14245469.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


縁毛が少し傷んではいるけど、なかなかこれだけきれいな翅表は撮れないので、この時期にこれだけの個体がいるのにびっくりしながらシャッターを押す。



by dandara2 | 2018-08-29 15:06 | 飛翔 | Comments(2)
2018年 08月 25日

孫と一緒にベニヒカゲ撮影(2018/8/17)

8月17日は孫を連れて東信の山にベニヒカゲを撮影に行った。

16日までは暑かったけど、この日は寒冷前線が降りてきて風が強く気温も下がってきた。

朝食をとっているときに、今日はどうしよう、明日にしようかと家内に言ったら、明日は土曜日で両親もいるし、予定が入っていて行けないとのこと。
ゲームばかりでなく、夏休み中に一度くらいは自然の中に連れていきたいということで、蝶に関しては撮影できなくてもしょうがないかなということで出かけることにした。

孫は結構車酔いしやすいので、それも心配だったけど、途中休憩を入れながら、2時間半のところを3時間半かけてようやく到着。

ポイントに着いて車を降りたら…寒い !!
13℃位しかない。
風も強いし、蝶の姿もない。

朝ドタバタしていて半袖のまま来てしまった。
家内と孫はしっかり上着を持っていたからまあよかった。

少し歩けば暖かくなるかもしれないと思って斜面を登る。

いつものポイントに着いたら足元からベニヒカゲが飛び出した。

気温が低いし風が強いから、飛び出してもすぐに地面に止まる。

f0031682_09324680.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでもこの条件でベニヒカゲの写真が撮れれば御の字だと思って喜んでシャッターを押す。

f0031682_09324675.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


風が弱まると、飛び回る個体も出てきた。

f0031682_09324668.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


トイレに行っていた孫たちも帰ってきたので、一緒に撮影を始める。

f0031682_09282636.jpg
孫撮影 Olympus STyLUS 1s


そのうち一頭のメスがいろいろな花で吸蜜してくれた。

f0031682_09324503.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_09283101.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09282658.jpg
孫撮影 Olympus STyLUS 1s


こちらは別個体。オスのようだ。
f0031682_09281875.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


オスが何かに絡んだ。
行ってみると交尾ペアがいた。

f0031682_09282696.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内たちに交尾しているよと声をかける。

小飛してカラマツの芽生えに止まった。

f0031682_09282699.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_09282551.jpg
孫撮影 Olympus STyLUS 1s


せっかくなので、孫に手に載せてごらんと声をかける。

f0031682_09281825.jpg

風が強いので、体と手で風をさえぎるようにアドバイス。

そのあと、風の弱い、きれいな花の咲いている近くに止めさせる。

f0031682_09281874.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


広角で背景を入れて撮影。

f0031682_09280841.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


その様子を孫が撮影していた。

f0031682_09281807.jpg
孫撮影 Olympus STyLUS 1s


少し離れて他の蝶の様子を見ていたら、家内が「あー、ほかのオスが絡んだ~」と声を上げる。

急いで戻った時にはもうオスはどこかに行ってしまっていたけど、家内がしっかりシャッターを押していた。

f0031682_09280971.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_09280945.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ある程度写真も撮れたので車に戻ることにする。

戻る直前に飛翔も撮ることができた。

f0031682_09280913.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_09280895.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


車で少し移動するけど風が強くて寒い。

孫がリフトを見つけてあれに乗りたいという。

半袖Tシャツの私は、歩いていても寒くて鳥肌が立つのに、リフトにじっと座っていると凍えそうなのでパス。
車で待つことにする。
車載器の温度は11℃だった。

40分くらいして戻ってきたけど、リフトを降りて少し散歩もして結構楽しかったらしい。

その後はお気に入りのチーズ屋さんでちょっと遅めの昼食をとる。

孫も小学六年生、来年は中学生になるので、こんな感じで3人で出かけるのはこれが最後かなと思いながら帰宅した。



by dandara2 | 2018-08-25 10:02 | 交尾 | Comments(16)
2018年 08月 22日

小畔川便り(ギンイチ飛翔撮影:2018/8/15.16)

8月15日はやはり晴れて暑い。
14日に9時半ではギンイチの飛翔活動が終りに近かったので、8時45分に川原に出る。

ギンイチは活発に飛翔していた。

f0031682_09464084.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_09464152.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


もう少し近づいてもいいような気もするけど、今でレンズ前面15センチ以下、これ以下だと蝶が驚いてコースを変える確率が高くなって、今度はシャッターを押すチャンスが減ってしまう。

f0031682_09464101.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


この辺の加減が難しい。

撮影しながら歩いていたら、メスが止まっていた。

そっと近づいて撮影。

f0031682_09464000.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


周囲を見ると、オスの飛翔コースの中。

これならオスが絡むのが撮影できるなと思いながら、ポジションを定めたり、カメラの設定を確認したりしながら、視線を戻すとなんともうオスが絡んでいた。

メスは小飛して位置が変わっている。

f0031682_09464169.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんてこったと思って、もう一度絡まないかと思って、メスを少し飛ばせて良い位置に止まらせようとするけど、そうは問屋が卸さない。

だんだん土手の斜面を下に移動してしまい、オスの飛翔コースから外れてしまった。

仕方なく広角で撮影。

f0031682_09463248.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


キバナコスモスのところに行くと、今日もキアゲハが吸蜜に来ていた。

f0031682_09463225.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09463205.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメイワダレソウにはギンイチのオスが吸蜜に来ていた。

f0031682_09463229.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し擦れているかなという感じだったけど、まあ許容範囲。

f0031682_09463245.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ふと見ると、少し大きめのシジミが止まっている。
ウラナミシジミだった。

f0031682_09462510.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


もうそんな時期かと、秋を感じてしまった。


16日も同じように晴れて暑そう。
撮影に出る時間をもう少し早めて7時45分頃に川原に出る。

出た時には飛んでいなかったけど、7時50分頃には飛び始めた。


ようやく思った感じで何枚か飛翔が撮影できた。

f0031682_09462589.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_09462570.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_09462665.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


f0031682_09462533.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

それでも上の写真のように草の手前で横に飛んでくれることは少ない。
多くは、草の間を飛んだり、コースを変えて逃げて行ったりする。
f0031682_09461598.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


まだオスも新鮮だ。

f0031682_09461508.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後キバナコスモスのところに行くと、この時間帯はジャコウアゲハが来ていた。

f0031682_09461572.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_09460670.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09461590.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

ジャコウアゲハはキアゲハほどには落ち着いて吸蜜してくれず、一つの花にはせいぜい4,5秒しか止まっていてくれない。
f0031682_09461529.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09460642.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影は難しかったけど、違う種類で楽しく撮影した。

8時半前には撮影を終了し、後はゆっくり自宅で写真の整理をしたりして過ごす。





by dandara2 | 2018-08-22 10:03 | 飛翔 | Comments(6)
2018年 08月 19日

小畔川便り(ギンイチの飛翔設定見直し:2018/8/14)

8月14日、今日も朝から暑い。

朝の掃除も終わったので、9時30分から自宅前の川原に出てみる。
11日と同じで、30分くらいで帰るつもりで、水も持たず、カメラも望遠ズーム付きのD500一台だけ持って出る。

河原に出たとたんにギンイチが飛んでいる、しかも何頭も。
ギンイチの飛翔撮影は想定していなかったので、飛翔用の1V2はもっていないので、無駄と思ったけど一応カメラを向ける。

f0031682_18422330.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


当然ピンボケ。
草の間を飛ぶ小さなギンイチは、画面の中に入れるだけでも一苦労。

一頭が止まってくれたので、一応証拠写真が撮れたけど、他は飛んでばかり。

f0031682_18422468.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


無駄に時間を過ごしても仕方ないので、家に飛翔用の1V2を取りに戻った。

河原に戻ると、なんともうギンイチは飛んでいなかった。
この間、10分も経っていないのに朝の飛翔時間は終わってしまったのだろうか。

仕方ないので、コスモスのところに行ってキアゲハを撮影する。

f0031682_18422433.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


濃い目のキバナコスモスで吸蜜するキアゲハはかなり黄色みが強くなってしまう。

f0031682_18422417.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家に戻りかけると、土手を1頭のギンイチが飛んでいた。
f0031682_18422320.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_18421388.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


なんとか撮影。

アカツメクサではヒメアカタテハが吸蜜していた。

f0031682_18421368.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


自宅で撮影した飛翔写真を確認すると、ピントはあっているけどギンイチが小さい。

飛翔は置きピンだけど、そのままだと持ち歩いているうちに距離リングが動いてしまうので、ピントは30㎝(レンズ前面から20㎝)にして動かないようにセロテープを張ってある。

ただギンイチは小さいので、ついついカメラを近づけすぎてしまう。
当然大きくは写っているけどピンボケ。

それで次からは撮影距離を25㎝にしてみることにした。

距離の設定がどうか気になるので、15時過ぎに再度出かけてみる。

残念なことに土手にはギンイチは飛んでいない。

キバナコスモスのところは日陰になっていてキアゲハもいない。

ヒメアカタテハが一頭だけアカツメクサに来ていたので、これで少し遊ぶことにする。

まずは飛び立ちの撮影。

f0031682_18421379.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_18421220.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


次には広角で背景を入れて撮影。

f0031682_18401509.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_18401692.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


蝶がいないので仕方なく戻りかけると、ギンイチのメスが飛び出した。

様子を見ていると、産卵態勢をとったが産卵はしなかったようだ。

f0031682_18401620.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


すぐに近くで休止態勢に入ってしまった。

f0031682_18401555.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


時間は15時20分を過ぎているので、このまま夜を過ごすのかもしれない。
f0031682_18405880.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


帰ろうと思ったけど、せっかく飛翔の距離の設定を変えたので、このメスに飛んでもらうことにする。

少しの距離を飛んではすぐに止まるけど、なんとか飛んでいるところが撮影できた。

f0031682_18405851.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_18405802.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


蝶の大きさも少しは大きく写るし、自分の距離感にもしっくりくるので、ギンイチの飛翔はこの距離設定で撮影することにした。

今年はギンイチが多い。
草刈りが6月に行われたけど、その時は土手の上の、人が歩く部分のみで、土手の斜面と下の川原は草刈りしなかった。

その後7月上旬にギンイチの2化が発生し、8月中旬に3化が発生。
今の河原の様子はこんな感じになっている。

f0031682_18421304.jpg

草刈りと発生のサイクルがうまくかみ合ったのだろうか。



by dandara2 | 2018-08-19 18:59 | 飛翔 | Comments(8)
2018年 08月 17日

小畔川便り(アゲハとキアゲハ:2018/8/11)

8月11日は、すごい日射しで朝から暑い。
ギンイチの様子を見るために10時頃に川原に行く。

キバナコスモスの場所に行くと、アゲハが吸蜜に来ていた。

f0031682_05390359.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここではアゲハはあまり多くないので、珍しいなと思いながら撮影。

f0031682_05390362.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キアゲハも吸蜜している。

f0031682_05385749.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_05385778.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_05385655.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_05385036.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


様子を見ているとキアゲハの方が活発で、キアゲハは我が物顔で吸蜜しているけど、アゲハは少し遠慮気味だった。

この日のキアゲハは新鮮なメスだったので、かなりの枚数を撮影した。

f0031682_05385081.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_05384257.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_05385088.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_05385039.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し離れたところでは、コスモスにも吸蜜に来ていた。

f0031682_05385780.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ピンクのコスモスに来るキアゲハは絵になる。

f0031682_05390275.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

吸蜜中に虫が飛んできて、キアゲハはびっくりして逃げ出した。
f0031682_05390328.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_05390313.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


すごい日射しで、ギンイチもいないので、帰りかけるとまたアゲハがキバナコスモスに吸蜜に来ていた。

f0031682_05384295.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_05384310.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


結局この日は30分くらいで撮影をやめて撤収。

ギンイチはもう少しして、数が増えたころに様子を見に来ることにする。



by dandara2 | 2018-08-17 05:54 | 吸蜜 | Comments(8)
2018年 08月 15日

小畔川便り(ギンイチ3化:2018/8/10)

台風13号が関東に向かってきていたので、8日、9日と予定していた遠征はキャンセル。

8月10日は3日ぶりに天気が良くなった。

窓から見える関越道は金曜日なのに朝6時前から大渋滞。

朝食後、ふと下の川原を見ると、川原に少し大きめの蝶が飛んでいる。
モンキチョウではなくてキアゲハのようだ。

アカツメクサで吸蜜している。

のんびりしていると飛んで行ってしまいそうなので、掃除の途中だったけどカメラをもって急いで外に出る。

何とか間に合ってアカツメクサで吸蜜するキアゲハの写真が撮れた。

f0031682_21450960.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21450902.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家の用事を済ませた後、下流側の川原の様子を見るために再度出かけた。

途中の花壇でもキアゲハが吸蜜していた。

f0031682_21450931.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21450915.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21450901.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


春先にモンキチョウを撮影する場所では、草が茂っていて何もいない。

それでギンイチのいる場所に戻ってみることにする。

河原に降りようとしたらギンイチがよたよたと飛んできた。

羽化間もないオスのようだ。

f0031682_21450115.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21450024.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


草の間に隠れるようにして止まっている。

f0031682_21441685.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


周囲を探すけど、この個体しか見つからなかった。
まだ出始めたばかりのようだ。

キバナコスモスの咲き始めた場所に行くと、この前と同様キアゲハが吸蜜に来ている。

f0031682_21445092.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21441606.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21441600.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


夏型のメスだからかずいぶん黒い。

f0031682_21441651.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キアゲハが吸蜜しているところにツマグロヒョウモンのオスが飛んできた。

f0031682_21450045.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21450128.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キアゲハも少し驚いたようだけど、そのまま吸蜜を続けた。

f0031682_21450139.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


大好きなギンイチモンジセセリが出るようになると、しばらくは川原の撮影も楽しみになる。

この日はヒメアカタテハの姿は見られなかった。



by dandara2 | 2018-08-15 05:59 | 初見日 | Comments(8)
2018年 08月 12日

小畔川便り(ヒメアカタテハ産卵とちょっと変なチャバネセセリ:2018/8/6)

8月6日は、台風13号が8,9日には関東に上陸しそうなのと、それ以降はお盆休みになって高速道路が込みそうなのでどうしようかと思ったけど、7月10日以来遠征が続いていて少々疲れ気味なので、久しぶりに自宅前の川原を見に行くことにした。

このところ35℃を超えるような暑さが毎日続いて、それでなくても外に出る気になれない。

自宅前の川原に行くのは、7月8日以来1か月ぶりだ。


そろそろギンイチでも出ているかなと思って歩くけど、まだ出ていなかった。

蝶の数も少ない。

ようやく出てきてくれたのはヒメアカタテハ。

f0031682_21462877.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


見ていると、ヨモギの芽生えに関心を示している。

もしかして産卵するかなと思って様子を見ていると、産卵を始めたようだ。

f0031682_21463989.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なかなか思い通りの写真が撮れないけど(後脚が邪魔になる)、この写真では、産卵されたと思われる卵が腹部の少し後ろ(葉の付け根の方)に写っている。

f0031682_21463929.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


止まったのを見て急いで近づいてシャッターを押したので、この時に産卵したのか、その前にあったのかはよくわからないけど、腹部を曲げている位置には産卵せずに飛び立ったので、この時に産卵したのかもしれない。

この写真では、手前の草が邪魔だけど、それでもと思ってピントを合わせて、シャッターを押した。

f0031682_21463971.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立つ寸前の写真も撮れていたけど、産卵された卵が写っていた。

f0031682_21463860.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


久しぶりに飛び立つところも撮影した。

f0031682_21462882.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_21462737.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


不思議なもので、シャッターを押し始めると暑さも全く気にならなくなる。


ほかには何かいないかと歩いていたらチャバネセセリが何頭かいる。

そのうちの一頭が何か違和感がある。

f0031682_21462898.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


シャッターを押したらすぐに飛んで行ってしまった。

後で写真を確認すると、チャバネセセリの後翅の斑紋がおかしいようだ。

f0031682_21462847.jpg
上の写真の拡大


斑紋の大きさが大きいものがあるし、チャバネセセリの斑紋は7個前後なのにこれは12個もある。

手元の写真を見たけど、8個以上のものはなかった。

naoggioさんから、後翅が水平で見えているのは前翅の裏ではないかというご指摘がありました。
よく見てみると確かにその通りですね。
何度も見ていたつもりですが、全く気が付きませんでした。
ありがとうございます。


セセリでは、イチモンジセセリとキマダラセセリもいた。

f0031682_21463988.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キバナコスモスが少しだけど咲き始めていて、そこにキアゲハが来ていた。

f0031682_21461941.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここではよく見かけるけど、動きがあるから撮影していても楽しい。

f0031682_21460962.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


久しぶりに思いっきりシャッターを押した。

f0031682_21461998.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21461959.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


秒10コマで数秒間シャッターを押しっぱなしにしていると、ミラーレスとは違ったバシャバシャという連続音に、何か充実した気分になる。

f0031682_21461835.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21460832.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21460987.jpg


まあ、写真の出来は撮った枚数ほどではありませんけど。

f0031682_21460854.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでもこれは、面白いポーズで結構お気に入り。
f0031682_21593798.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


お盆の間は自宅前で十分楽しめそうだ。



by dandara2 | 2018-08-12 07:04 | 変異・異常型 | Comments(12)
2018年 08月 09日

キリシマミドリシジミ再挑戦(2018/8/4)

8月4日は、霧島緑さんとキリシマミドリシジミに再度チャレンジした。(ちょっとややこしい)

前回は天気もあるけど、多少日が射した時も全く姿が見えなかった。
もしかしたら未発生だったのではないかということで再チャレンジすることにした。

ポイントに着いたとたんに目の前をキリシマミドリシジミが横切った。
もしかしたら葉に止まっていた個体を驚かしてしまったかと少し残念。

その後は時々近くを飛び回るけど全く止まらない。

どこかでテリハリしてくれないかと探すと、キリシマミドリが飛んで行ったときに他の個体が飛び出す場所があった。

我々のいる場所からは死角になっているようだけどテリハリ場所のようだ。

ただその場所を見るには暗くて細い道に立って見る必要がある。

実はその場所はヒルがいる可能性が大。

この前は、霧島緑さんの足についていた。

この写真には大小3匹が写っているけど、全部で4匹いたとか。

f0031682_06121497.jpg

先を歩いて道案内していた私の足にはつかなかったので、私の歩いた刺激でヒルがはい出して、後を歩く霧島緑さんの足に這い上ったのかな。

四つ足の動物に対応してるんだねなんて話をしていた。

ちょっと勇気がいるけど、今回はヒル除けの薬を用意して足回りにつけていたので、そこまで行ってみる。
けれどもいる場所がわからなかった。

安全なところに戻って注意してみていると、時々飛び出してくるので、およその場所の見当がついた時点で霧島緑さんが見に行った。

ちょうど翅を開いたとかでうまく見つけることができて呼んでくれた。

少し遠いけどかろうじて証拠写真が撮れた。

f0031682_06121459.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


そのうち翅を開いた。

f0031682_06121523.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


もう一頭が絡んできて、ちょっとの間卍飛翔をしていたけど、別の葉に止まって翅を開いた。

f0031682_06121510.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


裏側の証拠写真も撮れた。

f0031682_06121416.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ここに着いてからかれこれ3時間立ち尽くすけどこれ以上の写真は撮れず、13時を過ぎる頃になるとテリハリも終わりになった感じなので移動することにする。

先日ホシチャバネセセリを撮りに行ったときに、"今日の一枚しばたのブログ" のしばたさんからヤマキチョウの話が出たけど、ご一緒できなかったのでその場所に立ち寄ってみることにする。

歩き始めるとサンショの花にオオウラギンスジヒョウモンが来ていた。

f0031682_06120888.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ホシチャのいた場所では、ミヤマチャバネセセリがコキマダラセセリにちょっかいを出していた。

f0031682_06120809.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


さらに進むと、ジャノメチョウがツリガネニンジンで吸蜜していた。

f0031682_06120802.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


シーズンに来たらワラビがたくさん採れそうな場所ではホソバセセリがテリハリをしていた。

f0031682_06120835.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


シロバナノヘビイチゴの花で吸蜜している。
f0031682_06120087.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミヤマチャバネセセリはコオニユリの花で吸蜜していた。

f0031682_06120854.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し傷んだメスがナデシコでも吸蜜していた。

f0031682_06120011.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


口吻が長い。


ここにはクジャクチョウもいた。

f0031682_06120000.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今年はかなり復活してきたようだけど、個体数がキベリタテハくらいだと、撮影の時にもっと興奮するなと思いながら撮影。

f0031682_06120026.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミヤマカラスシジミは傷んだものが大半だったけど、少しきれいなものが吸蜜していた。

f0031682_06120068.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


結局ヤマキチョウは見つからなかったけど、時間も16時近かったのでその関係だろうか。

不十分だけど、目的のキリシマミドリシジミの証拠写真は撮れたし、雷も鳴り始めたので撤収することにした。

霧島緑さん、お疲れさまでした。





by dandara2 | 2018-08-09 06:28 | 静止 | Comments(14)
2018年 08月 06日

クロヒカゲモドキ(2018/7/29)

7月29日は霧島緑さんと栃木にクロヒカゲモドキを撮影に行った。

クロヒカゲモドキは、家内の実家近くのポイントが道路工事の関係であまり芳しくなくなったので、霧島緑さんにお願いして案内してもらうことにした。

台風12号の影響で一日延期しての出発。

ポイントに着いて、霧島緑さんが以前この辺りにいたという崖を見ると、崖の上を飛び回るウクロヒカゲモドキがいた。
そっと近づいて、石の上でテリハリをしているところを撮影。

f0031682_06150714.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


比較的新鮮なオスだ。
やったね、雨を心配しながらも出てきてよかったと一安心。


カメラを向けていたら翅を開き始めた。

f0031682_06150838.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06150805.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえずは撮影できたので、周囲の様子を見ながら歩き始める。

草地の近くを飛び回る個体を見つけて、静止したところを撮影。

f0031682_06150701.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


こちらもゆっくり翅を開き始めた。

f0031682_06150867.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


右の後翅が壊れているので、目立たない位置から撮影。

f0031682_06145932.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


前翅の白線が目立つからメスのようだ。

さらに歩き始めるけど、途中の道は台風の影響で増水した水が流れていて、長靴の霧島緑さんはさらに奥に進んだけど、軽登山靴の私は最初の場所に戻って撮影を続けることにする。

最初の場所に戻ると、まだオスがテリハリをしていたので、今度はじっくりと撮影。

f0031682_06145922.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


クロヒカゲモドキは、今までの経験では、雑木林の縁のススキが生えている場所にいるイメージだったので、このように岩の上でテリハリをしているのは異質な感じがする。
f0031682_06145917.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翅を開いたところを真上から撮影。

f0031682_06145943.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そっと近づいて広角でも撮影。

f0031682_06145018.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_06145974.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ツマジロウラジャノメが出てきそうな感じだ。


最後に飛び立つところも撮影した。

f0031682_06145063.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_06145056.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


霧島緑さんも戻ってこられたので車の方に移動する。

帰りがけにツマジロウラジャノメが飛んできた。

止まらなかったので、証拠写真だけを撮影。

f0031682_06145025.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やっぱりいたな~。

機会を改めて撮影に来よう。


霧島緑さん、ご案内いただきありがとうございました。



by dandara2 | 2018-08-06 06:34 | 静止 | Comments(18)
2018年 08月 03日

富士山麓の蝶(2018/7/24)

7月24日は "里山便り"のphotobikersさんとホシチャバネセセリ、クロシジミ狙いで出かける。

前日の23日は埼玉県熊谷市で日本歴代最高気温の41.1℃が記録されたけど、この日も高原とは言えさえぎるものの少ない場所で半端なく暑い。

歩き始めるとジャノメチョウが多い。
カメラを向けなければと思いながら、足元から飛び立つジャノメチョウを見ながら歩く。

なかなかカメラが向かないけど、ウツボグサで吸蜜する姿を見てようやくシャッターを押した。

f0031682_07431743.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんだか一安心。

歩いていく途中ではミヤマカラスシジミが多い。

f0031682_07431289.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07431251.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07431227.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


photobikersさんが「トラフシジミがいる!!」と叫ぶ。
見るとミヤマカラスシジミと同じサンショに吸蜜に来ていた。

f0031682_07431714.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ホシチャバネセセリのポイントに着いて少し探すと、ススキの葉にちょこんと止まっているのを見つけた。

f0031682_07431762.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


気温が高い関係なのかすぐに翅を開く。

f0031682_07431830.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


表と裏が見える位置も狙って撮影。

f0031682_07431784.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


photobikersさんを探すけど姿が見えない。
大声で呼ぶけど返事がない。
携帯に電話をかけるけど通じない。
何度か電話するとようやく通じた。

場所がよくわからないようなので、元の道で会うことにする。
ホシチャは結構おとなしい個体なので、もしかしたらそのままの位置にいてくれるかもしれない。

少し探してようやく合流。

ホシチャバネセセリの場所に戻ると、少し離れた位置に止まっていてくれた。

すぐに飛んでしまったけど、近くを探すと2.3頭の個体がいるようで、無事撮影してもらうことができた。

少しゆとりができたので、広角や飛び立つところを撮影する。

f0031682_07431142.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_07431137.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


カキツバタにはキアゲハが来ていた。

f0031682_07430502.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


車に戻りかけると、"今日の一枚 しばたのブログ"のしばたさんご夫妻とお会いする。

実はしばたさんとは10日にミヤマシロなどを撮影に行った時にお会いしていたのだけど、その時にはお顔とお名前が一致しなかった。


車に戻りかけると、これも同じミヤマシロの時に出会った方(時々お会いするけど、お名前を聞きそびれているような(最近忘れっぽいし)・・・もしこれをご覧になっていたら鍵コメでもいいから教えていただけると嬉しいです)に、ホソバセセリも出ているというお話を聞き、一休みした後行ってみる。


ホソバセセリは数頭いて、ウツボグサで吸蜜してくれた。

f0031682_07430547.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07430524.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


林道ではヤマトスジグロシロチョウが吸水していた。

f0031682_07430588.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


その後クロシジミのポイントに移動する。
ここも暑い。
f0031682_07425831.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


クロシジミはこの前はオスが多かったけど、この日はメスが多かった。

f0031682_07425843.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


何頭かの個体がいて無事に撮影。
f0031682_07430582.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07425807.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_07425892.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日は産卵態勢をとる個体はいなかった。

f0031682_07425811.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここも日影が殆んどないので、12時を少し過ぎた時点で撮影を切り上げることにする。


photobikersさん、お疲れさまでした。






by dandara2 | 2018-08-03 07:56 | 吸水 | Comments(6)