<   2018年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2018年 07月 31日

クロシジミ(2018/7/21)

7月21日は"蝶の観察記録その2"の霧島緑さんと、キリシマミドリの撮影に行く。

あいにくの曇りで、少し明るくなってもちらちら飛ぶのはウラギンシジミばかり。
だんだん雲が厚くなってきたので、あきらめてクロシジミの撮影に移動する。

ポイントに着くと何頭かのクロシジミがテリハリをしている。

f0031682_06391116.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


裏面の明るさや斑紋が微妙に異なった個体がいた。

f0031682_06391291.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06391128.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


裏面の明るさの違いには以前から気が付いていたけど、よく見ると黒点の大きさもずいぶん個性があった。
特に、後翅の中室から上の部分の黒点はずいぶん違っていた。

f0031682_06391289.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06384452.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06384440.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

時間は14時近くで、曇りのせいなのかテリハリ中に開翅する個体がいくつか見られた。

f0031682_06384482.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06391118.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵したいのか、少し下にいるアリの様子をじっとうかがっているメスがいた。

f0031682_06384431.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


どうするかなと様子を見ていると、そのうちじりじりとアリのいる近くに降りて行ったけど、もう少しというところでアリがさっと近づいて追い払われてしまった。

帰りがけに羽化直後と思われるミヤマチャバネセセリがいた。

f0031682_06384308.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キリシマミドリシジミは残念だったけど、クロシジミが無事生息しているのが確認できた。
暑い中お付き合いいただいた霧島緑さん、ありがとうございました。



by dandara2 | 2018-07-31 06:48 | 開翅 | Comments(10)
2018年 07月 28日

北海道旅行-2(ウラジロミドリシジミ:2018/7/16)

カラフトルリシジミの撮影を終えた後はこの日の宿がある層雲峡まで移動した。

移動途中の駐車場でトイレ休憩。

周囲を見るとエゾシロチョウが飛んでいる。

f0031682_10474109.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


家内が呼ぶので行ってみるとコヒオドシが吸蜜していた。

f0031682_10474093.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10474124.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


その後宿までの道すがら気になった場所をのぞいてみるけど空振りばかり。

最後に見た林道ではエゾシロチョウが交尾していた。

f0031682_10474178.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


宿に入って、以前オオイチの情報でお世話になったお店をのぞいてみる。

以前購入したブレスレットをその後愛用しているのだけど、念のためにそのゴムひもを取り換えてもらった。

そして、色々と蝶の情報を教えてもらう。


翌日は朝から雨。

大雪登山は中止して、教えてもらった場所を見て回る。
雨で収穫はなかったけど、次に来るときの参考になった。

最終日の16日、カシワアカシジミ狙いで移動する。
この日は"四季彩散歩"のNoreenさんとお友達のりんこさんの案内でカシワアカシジミのポイントに行く。

天気も薄曇りでゼフの撮影には全く問題ない。

カシワアカシジミを撮ったつもりで意気揚々と待ち合わせ場所に行く。

カシワの林の中に入ると、早速ハヤシミドリシジミがお出迎え。

f0031682_10472675.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


小飛して翅を開いた。

f0031682_10473347.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


足元が笹に覆われていて回り込めない。
そのまま広角で撮影。
f0031682_10473312.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_10473383.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ようやく全面が輝いてくれたけど、今一つの感じ。

f0031682_10473237.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



すぐ横のカシワの新芽ではウラジロミドリシジミが2頭吸蜜している。

f0031682_10474058.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


良い場所をめぐって取り合いがあったようだ。

f0031682_10473222.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ハヤシミドリシジミも吸蜜に来ていた。

f0031682_10471711.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ウラジロミドリも翅を開いてくれたけど、ハヤシミドリに比べるとブルーが濃いというか暗い。

f0031682_10472559.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_10472512.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここではウラジロミドリが多く、あちこちで姿が見えた。

f0031682_10471705.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_10472503.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


クサフジで吸蜜する個体もいた。

f0031682_10471829.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ウラジロミドリシジミのメスが飛んできて翅を開いた。

f0031682_10471863.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後で写真を見たら前翅の表面にブルーの鱗粉が点在している。

f0031682_10471869.jpg
上の写真の拡大


調べると、稀にこんなのが現れるようだ。

肝心のカシワアカシジミが全く見られない。

聞くと、5年くらい前にはあたり一面に見られたそうだけど、ここ数年は全く見られなくなって絶滅状態だそうだ。

後でネットを調べてみると、確かに最近の撮影記事はない。

みんな撮れた時の記事は載せるけど、撮れないときは載せないからな~

残念だけど仕方ない。

Noreenさん、りんこさん、お世話になりました。
他の場所のカシワアカシジミはどうだったのかな。




by dandara2 | 2018-07-28 11:01 | 吸汁 | Comments(20)
2018年 07月 25日

北海道旅行-1(カラフトルリシジミ:2018/7/14)

7月13日から16日は、40年くらい前にフィルムで撮ったカラフトルリシジミとアサヒヒョウモンを、デジタルで撮りなおすために北海道に行ってきた。

関東は晴れて暑いけど、北海道はそれまでずっと雨。

13日に空港に着くと、雨はちょうど上がったようだけど、厚い雲に覆われている。

ポイントの近くに宿をとったので、宿に入る前に登山口の様子と車を止める場所を確認する。

かなり擦れたエゾシロチョウがチシマフウロで吸蜜していた。

f0031682_18264818.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


翌日は、9時くらいから登り始める。

登山道はかなりの急傾斜。

f0031682_18264801.jpg

それでも1時間20分くらいでポイントに着く。

ナキウサギの撮影に来ている方が2名ほどいらした。

周囲を見渡すと、最初に目についたのはコヒオドシ。

f0031682_18264810.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影するのは久しぶりだ。

次に目についたのはナキウサギ。
撮影中も顔を出してはキュッ、キュッと元気よく泣いていた。
そのうちに、小灌木の葉を噛み切って巣に運び入れていた。

f0031682_18262691.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


撮影している人に教えたら、「今日はそのシーンが撮りたかった」と言って喜んでいた。

肝心のカラフトルリシジミは、岩場の周囲をちらちらと飛んでは、チシマフウロなどに吸蜜に来たり、岩の上で日光浴をしていた。

f0031682_18264848.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


シャッターを押して、やれやれこれでやっと一つデジタルで撮影できたと喜ぶ。
f0031682_18264857.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18372677.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18262635.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翅を開いた時には思ったより翅表が暗いのにびっくりしたけど、角度によって明るさは変化するようだ。

f0031682_18372644.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18372629.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18263345.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_18264014.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


地衣類の近くで翅を開くと、いかにも北の高山という感じがしていい。

f0031682_18263398.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_18262654.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


飛び上がったところも撮れていた。
f0031682_18263416.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ある程度撮れたので、11時少し過ぎには下山を始めて(後で考えてみれば、撮影していたのは1時間もなかった)、翌日の撮影ポイントの下見をしながら130kmくらい先の次の宿まで移動した。



by dandara2 | 2018-07-25 18:46 | 吸蜜 | Comments(16)
2018年 07月 22日

中信の蝶-2(ミヤマモンキチョウ他:2018/7/10)

いつものミヤマシロチョウのポイントに着くと、ミヤマシロチョウの姿がない。

代わりにクジャクチョウが出てきてくれた。

f0031682_18021177.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


途中の道ではコヒョウモンがよく見られた。

f0031682_18021097.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18021080.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸水している個体がいたけど、コヒョウモンの吸水は初めて撮影した。

f0031682_18020498.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミヤマシロチョウは出てこないので、ミヤマモンキの撮影をしようと思って移動することにする。

移動途中ではヒオドシチョウが吸水していた。

f0031682_18021189.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そのうちカメラにまとわりついてストローを伸ばし始めた。

f0031682_18021054.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


歩いていたらミヤマモンキチョウのメスが吸蜜している。

f0031682_18020493.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここで撮影できるとは思わなかったので喜んでこのメスをしつこく撮影。

f0031682_18020439.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18015600.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18020464.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18020312.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18015672.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_18015661.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ある程度撮影できたので、ミヤマモンキチョウの撮影のために移動するのをやめて、この日ちょっと気になっているゴイシシジミの様子を見ることにした。

移動の途中でヒョウモンチョウ(コウゲンヒョウモンになったようですね)がいた。

f0031682_18015786.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


コヒョウモンが撮影出来たら、ヒョウモンチョウも撮影したいなと思っていたので、喜んで撮影。

f0031682_18015613.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


下に降りてきたらエルタテハが吸水していた。

f0031682_18014555.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ついでに飛び立つところも撮影。

f0031682_18014536.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


気になっていたゴイシシジミはまだ発生を始めたばかりの感じ。

f0031682_18014430.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


周囲の環境も入れて撮影。

f0031682_18014589.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


葉の裏を少し見てみるけど、アブラムシは見つからなかった。
まあ、熱心には探さなかったけど。

少し傷んだメスにオスが求愛していた。

f0031682_18014590.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ある程度撮影できたので、少し早めに帰宅することにした。




by dandara2 | 2018-07-22 18:12 | 吸蜜 | Comments(6)
2018年 07月 20日

中信の蝶-1(ミヤマシロチョウ・コヒョウモンモドキ:2018/7/10)

天気予報では雲が多そうで少し迷ったけど、他の日は都合がつかないので、中信の山にミヤマシロチョウなどを撮影に出かけた。

現地に着いたら雲は多いものの日が射している。
これなら大丈夫かなと思ってアイノミドリシジミのポイントに行ったら、雲が出てきてしまった。

しばらく待ってみたけどダメそうなので移動する。

コヒョウモンモドキを探していたら目の前を白い蝶が飛んだ。
見るとミヤマシロチョウ。

ここではたまに見かけるけどあまり数は多くない。

カメラを向けるとかなり擦れている。

f0031682_14153057.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


かなり新鮮な個体もいたので、この個体を中心に撮影。

f0031682_14105184.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14105274.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14105198.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影していたら "浅間暮らし2018(ヤマキチョウだより)" の浅間の煙さんがお見えになった。

f0031682_14104495.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


飛んできたのはヒメキマダラセセリのようだ。


f0031682_14104464.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ご挨拶をして撮影していたら、コヒョウモンモドキが現れてくれた。

f0031682_14104556.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14104522.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


昨年に続き、今年も現れてくれたので良かった。
f0031682_14104482.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_14103781.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_14103760.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


コヒョウモンもいたけど、この場所では数が少ないようだ。

f0031682_14105173.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒョウモンではギンボシヒョウモンもいた。

f0031682_14103720.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜しているところにウラギンヒョウモンが絡んできた。

f0031682_14102795.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


シャッターを押したら、続いてギンボシヒョウモンも飛んできた。

f0031682_14102727.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


咄嗟のことだったけど、結構迫力ある写真になってお気に入り。

ミヤマシロチョウが撮れてしまったけど、本来のミヤマシロチョウのポイントの様子を見るために移動する。

移動していく途中でアカセセリを見かける。

f0031682_14102744.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここではあまり見た記憶がない。

ヒメキマダラヒカゲも現れた。

移動途中で現れることが多いので、カメラを向けないことも多いけど、今回はミヤマシロチョウが撮影できて、多少気持ちにゆとりがあるのでカメラを向ける。
f0031682_14233731.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200


広角で環境も入れて撮影。

f0031682_14102705.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

その2に続きます。



by dandara2 | 2018-07-20 14:36 | 吸蜜 | Comments(8)
2018年 07月 17日

半分曇り、半分雨の北海道-1(2018/7/13-16)

昨日まで北海道に行っていましたが、今年の北海道は天気が悪く、旅行中日が射すことは殆んどありませんでした。

3泊4日の旅行で、主な目的はデジタルで未撮影のカラフトルリシジミとアサヒヒョウモンの撮影+αでしたが、撮影に関しては一勝一敗一引き分けという感じでした。

帰りには、羽田空港の滑走路に穴が空いたとかで、滑走路が一本閉鎖になり、飛行機の出発が1時間半遅れ、帰宅は日付が変わった今日になってしまいました。


まだ写真のバックアップも終わっていないし、その前に行った高山蝶の写真の整理もできていないので、それを先に載せるつもりですが、そうすると間が空きすぎるのでとりあえず帰宅のご挨拶を。

登った山ではナキウサギが出迎えてくれました。

f0031682_10181918.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カラフトルリシジミは、意外なところにもいました。

f0031682_10181945.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


行かれたことのある人は、"えっ、あそこで ?" と思われるかもしれません。
後ろは山の名前、標高を示す標識です




by dandara2 | 2018-07-17 10:25 | 吸蜜 | Comments(14)
2018年 07月 13日

小畔川便り(ギンイチモンジセセリの産卵他:2018/7/8.9)

7月8日はようやく明るい曇り。
山の方はまだ不安定で天気は悪そうなので、自宅前のギンイチの様子を見に行く。

この前はオスがかなり傷んでいたので、あまり期待していなかったけど、川原に降りたらすぐに新鮮なメスが出てきてくれた。

f0031682_19475701.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カメラを向けていると、飛び立ってはススキの葉に止まって産卵態勢。

何枚か撮影して、後でPCで見直すと産みだされた卵が写っていた。

f0031682_19475724.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近くには羽化間もないと思われるキアゲハが止まっている。

f0031682_19475737.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近寄ると小飛したので飛び立つところを撮影する。

f0031682_19475747.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ヒメイワダレソウのところでやけに黒いベニシジミを見つける。

f0031682_19474001.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


黒化型というわけではないんだろうけど、夏型にしても黒いのでカメラを向ける。
f0031682_19475656.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメイワダレソウにはギンイチモンジセセリも数頭吸蜜に来ていた。

f0031682_19474185.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


そのうち比較的新鮮なメスにカメラを向ける。

f0031682_19474153.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ふと見ると、きれいなツバメシジミが止まっていた。

f0031682_19474053.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツバメシジミはよく見かけるけどあまりカメラを向けていなかったので、きれいな翅表を狙ってみた。

f0031682_19474063.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


満足して帰りかけると、きれいなイチモンジセセリがいた。

f0031682_19465715.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近くにはチャバネセセリもいた。

f0031682_19465812.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_19465803.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


数日前までは蝶の数が少なかったけど、そろそろ次の世代の発生が始まったようだ。

9日は少し上流の様子を見に行く。
林の中では、アカボシゴマダラが吸汁に来ていた。

f0031682_19464682.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_19465875.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


テングチョウは2化だろうか。
逆光で真っ黒になってしまうので、飛び立つところを撮影する。

f0031682_19465748.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_19464669.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


川の方に行くけど、ギンイチモンジセセリは見かけなかった。

草の中を歩いていると、コオニヤンマだろうか、何かを捕まえて飛んできて枝に止まった。
みると、ヒメウラナミジャノメを捕らえて食べていた。

f0031682_19464671.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


車に戻る途中、キアゲハがアベリアの花で吸蜜していた。
f0031682_19464528.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_19464650.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今日から連休の間はまた北の方に遠征します。
天気はまた厳しそうですが。



by dandara2 | 2018-07-13 05:56 | 天敵 | Comments(9)
2018年 07月 11日

小畔川便り(雨の合間の練習:2018/6/14、7/1)

7月4日から7日まで、曇りや雨で撮影に行っていなかったので、没にしていたモンキチョウの追飛の写真を載せておくことにします。

6月14日にオオチャバネセセリやウラギンヒョウモンを探しに行ったときに、目の前でモンキチョウが配偶行動をしていた。

飛翔用のカメラを持っていなかったので、練習も兼ねて望遠ズームでモンキチョウのペアを撮影した。

f0031682_14500475.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14500414.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14500413.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14500456.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14500403.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し近くで追飛をした。
f0031682_14495123.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



f0031682_14495140.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_14495134.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14495160.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14494125.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


遠くで何頭ものオスがメスを追いかけていた。
f0031682_14494160.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


望遠ズームでの飛翔撮影はほとんどしないので、ちょうど良い練習になった。


7月1日にギンイチモンジセセリの撮影に行った時にもモンキチョウが追飛をしていた。

この時は、もしモンキチョウが追飛をしていたら、今度は広角(魚眼)で飛翔を撮影しようと思ってカメラを用意していたので、早速撮影した。

f0031682_14494146.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_14493445.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_14493408.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_14493311.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


広角の方が慣れているので、撮るのは簡単だったけど、広角の場合は背景にも気を使わないとなかなか見られる写真にはならない。

望遠ズームの場合は、撮るのは難しいけど、背景がぼけてくれるので、蝶にピントが合っていればきれいな写真になるなというのが感想。

必要に応じて使い分けられるといいかな。



by dandara2 | 2018-07-11 15:18 | 配偶行動 | Comments(8)
2018年 07月 08日

小畔川便り(ギンイチ2化:2018/6/30-7/3)

6月30日は、ギンイチモンジセセリが発生しているかもしれないと自宅前の川原に行く。

暑さのせいか端境期なのか、蝶の姿はほとんどないが、ギンイチは発生していた。

f0031682_08264644.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ここで毎年コスモスの花を咲かせている人が撒いたヒメイワダレソウ(リッピア)に吸蜜に来ていた。
f0031682_08264677.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_08264633.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_08264667.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


7月1日は、少し離れた上流部に様子を見に行く。

ギンイチの様子を見に行く前に、ゼフの多かった林を見に行くと、足元にオレンジ色の蝶が止まっていた。

f0031682_08262089.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


よく見たらウラナミアカシジミだった。

f0031682_08264624.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


この場所で7月に入ってウラナミアカシジミを見たのは初めて。

路上でアカボシゴマダラが吸汁していた。

f0031682_08262063.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アカボシゴマダラは一時のような勢いはなくなってきたような気がする。

ギンイチのいる方に移動して探すと、休耕田の中に見つかった。

f0031682_08255712.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


メスのようだ。
f0031682_08262060.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメジョオンで吸蜜する。

f0031682_08262144.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ちょっと腹部の様子が変な感じがする。

時々腹を曲げて産卵態勢をとるけど、すぐに飛んでしまうので、産卵は撮影できなかった。

f0031682_08262158.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵していなかったのかもしれない。

7月3日は再度自宅前の川原に行く。

この日は少し擦れたオスが出てきて色々な花で吸蜜してくれた。

f0031682_08255095.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_08255113.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_08255104.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アカバナユウゲショウにも止まったけど、すぐに飛んでしまった。

キタテハやヒメウラナミジャノメもいたので、吸蜜後飛び立つところを狙って撮影する。

f0031682_08255087.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_08255750.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_08255718.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


翌4日から7日まで台風7号とその後の前線の影響で天気が悪い。
西日本では大きな被害が出ているようだ。




by dandara2 | 2018-07-08 08:42 | 初見日 | Comments(6)
2018年 07月 05日

キマルリ再撮影-2(2018/6/25)

オオヒカゲの撮影が無事終わったので、キマルリのポイントを目指して移動。

10時半ころに出発して13時半くらいに着いた。

キマルリの保護をしているTさんに挨拶してから、念のためにチョウセンアカシジミの発生木の周りを探してみると数頭の個体がいた。

f0031682_05531403.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここのチョウセンアカは、キマルリの頃には傷んでいるのであまりカメラを向けたことはないけど、今回は案内係なので、まだ残っていて良かったと喜んでカメラを向けた。

その後キマルリの発生地に行く。

時間的にはまだ早いけど、もしかしたらメスが出ているかもしれないし、前回はほとんどカメラを向けなかったヒメシジミも撮影のチャンスがあるかもしれない。

結果的にはメスは出ていなかったし、ヒメシジミは傷んだ個体ばかりで、カメラは向けなかった。

ひたすらうろうろ歩いて、もしかしたら撮れないんじゃないかと悲観的な考えが頭をよぎり始めた15時30分、ようやく1頭が現れてくれた。

f0031682_05531490.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


風があるので、ピント合わせが難しいけど、葉をそっと手で押さえたりしてなんとかphotobikersさんにも撮影してもらった。

この日は、我々二人以外には、地元の方がお一人撮影しているだけでほぼ貸し切り状態。

きちんと飛翔を取り直したいと思っていたので、お二人の邪魔にならないように、というか人の動きを気にしないで済むように少し離れた別の場所で狙うことにした。

ところがなかなかテリハリ個体が現れないし、現れても周囲を飛び回ってばかりでなかなか止まらない。

16時を過ぎた時にようやく撮影のチャンスがあった。

カメラを構えてじっと待つこと数分、ようやく飛び立ってシャッターを押すことができた。

f0031682_05531603.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05531644.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


もう少し青く光ってくれたら最高だけど、ピントが合っているだけでも良しとしないと。
f0031682_05531442.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


モニターで確認すると何とか写っているようだ。

この後も何回かチャンスがあるけど、なかなか納得のいく写真は撮れない。

f0031682_05525842.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


f0031682_05525835.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05525901.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


体が少し隠れてしまう位置に止まった。
飛翔狙いだから飛び出したときに体全体は写るだろうとカメラを構えていると、何かが近くを飛んだ時にそれを追うようにして飛び出した。

f0031682_05530776.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05530707.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


後でモニターを見ると、近くを通り過ぎたのは別のキマルリで、それを追いかけて飛び出す様子が写っていた。

f0031682_05530745.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05530769.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


飛翔を狙っているときに、目の高さに止まった個体がいたので、急いでカメラを持ち替えて開翅を狙う。

f0031682_05530777.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


発生から10日経っているので、多少擦れてはいるけど、それでも思ったよりはきれいな個体だ。

もう少し翅を開いてくれた。

f0031682_05525825.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この後Tさんがお見えになったので、テリハリ位置が高くて開翅が撮りにくいと愚痴をこぼしたら、昨日から低い位置でテリハリする個体がいるというので、その場所に案内してくれた。

見ていると、1頭が飛んできて腰より低い位置でテリハリを始めた。

f0031682_05525879.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


喜んで撮影し、翅表がより光る位置を求めて周囲を回るけど、個体差だろうか鮮度だろうか、期待したほどには光ってくれなかった。

f0031682_05524976.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_05524815.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでも自分一人なので撮り放題。

f0031682_05524988.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


photobikersさんにも電話するけど出ない。
多分荷物の中に入れっぱなしなんだろうと思って、この個体はまだしばらくはここで翅を開いているだろうからと、少し離れた場所まで声をかけに行く。

戻ってきて少し撮影していたら、飛んで行ってヒメジョオンの周りを飛び回っている。
そのうち花に止まった。

二人で駆け寄って撮影。

f0031682_05524947.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これで少しは華やかな開翅シーンが撮れたと大喜び

縦位置にもトリミングしてみたけど、結構よい感じかな。

f0031682_05524836.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


Tさんのお店で食事をし、家内へのお土産も買って無事帰宅することができた。

photobikersさん、お疲れさまでした。



by dandara2 | 2018-07-05 06:12 | 飛翔 | Comments(8)