<   2017年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 31日

サザンカでの吸蜜-3(2017/12/11-29)


12月11日は朝は気温が低いけれど、昼過ぎには15℃位と暖かい日になった。
10時半くらいにムラツの様子を見に行くと、4頭になっていた。
f0031682_10245571.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


banyanさんも見えていて、サザンカのところにムラサキシジミが吸蜜に来ているというので見に行く。

見ると花の間にムラサキシジミがちょこんと止まっていた。

f0031682_10245596.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


そのうち飛び出して吸蜜を始めた。

f0031682_10245519.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_10244158.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_10244007.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


相変わらず花の間に潜るので、顔を出した写真の撮影には苦労してしまった。
f0031682_10244025.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


吸蜜を終えたムラサキシジミは、翅を開いて日光浴を始めた。

f0031682_10245481.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


近くのツバキの葉の上でも翅を開いている個体がいた。
f0031682_10245612.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


帰りがけに見ると、ムラサキツバメは5頭に戻っていた。

f0031682_10244281.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


この後は気温が上がらず、サザンカでの吸蜜はこれが見納めになってしまった。


12日は晴れているけど12時の時点で9℃と寒い。

サザンカに来ている個体はいない。

何もいないと思って探していると、ようやく1頭のムラサキシジミがマテバシイの葉上で翅を開いていた。

f0031682_10244020.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


かなり傷んだ個体で、鱗粉も落ちているのか、光の加減では紫色に光らない。

f0031682_10243196.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この写真では、黒い部分が緑色に光っていた。

f0031682_10243100.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ムラサキツバメの集団は5頭のまま動きがない。


12月18日
しばらく天気が悪かったり、所用があったりして6日ぶりの観察になった。
気温は12時近くで7度と寒い。

これはもう大寒の頃の気温だ。

ムラサキシジミの越冬を見ると、クヌギの枯れ葉の中で3頭が越冬中だった。

f0031682_10243169.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


ムラサキツバメの集団は2頭になっていた。

f0031682_10243083.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


ずっと飛び出すような気温ではなかったので、寒さで数が減ってしまったようだ。



19日は気温が少し上がって13℃くらい。

何か飛び出すかなと思ったけど、何も飛び出さない。

浅間の煙さんがお見えになっていたけど、何もいないというので、越冬中の蝶をご案内する。

ムラサキシジミは少し葉の位置が変わっていたけど、3頭が越冬しているようだ。

f0031682_10242205.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


21日、翌日から八重山に行くので、その前の確認に出かける。

ムラツは2頭、ムラシは3頭とそのままの状態だった。

f0031682_10242398.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


f0031682_10242224.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300



29日
26日の夜に八重山から帰ってきてから初めての観察。
晴れてはいるけど、北風が吹いて寒い。
気温は8℃くらい。

ムラサキシジミのいた枯れ葉を見るけど何もいない。

f0031682_10242238.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


葉の様子もかなり変わっていて留守の間に強い風が吹いたような感じ。
そういえば、24,25日と低気圧が発達しながら通ったようだからそのせいだろうか。 

ムラサキツバメの姿もなくなっていた。

f0031682_10242303.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


これで観察中の蝶は、ここには載せていない個体2頭だけになってしまった。

まだまだ冬は長いのに…


今日は大晦日、この一年を振り返ると、不注意で落としたり、水が入ったりしたレンズの修理で13万位かかってしまって、年金暮らしの身には痛い出費になってしまった。
まあ今はどれも新品同様で撮影も気持ちが良いけど、来年は注意して撮影しなくては。

写真の方も今一つ満足できないけど、フィールドではいろいろな方にお世話になりました。
ありがとうございました。

これが一番の収穫のような気がします。

良いお年をお迎えください。



by dandara2 | 2017-12-31 10:54 | 越冬 | Comments(6)
2017年 12月 27日

八重山から帰りました(2017/12/27)

26日に八重山から帰ってきましたが、今年の八重山(石垣)は12月に入って天気が悪く、我々が行った22日までに、晴天の日は3日くらい、気温の低い日が続いて蝶の数も少なく、思ったような成果はありませんでした。

着いた日の22日の夕方に買い物に寄ったお店の人の話でも、やっと少し暖かくなった(この日は22℃)ということでした。

そんな中、案内をしていただいた"石垣の蝶"の熊谷さんのおかげで、普通種が中心ですがなんとか撮影が出来ました。

f0031682_17570003.jpg

撮影枚数が夫婦合わせて1万枚を超えているので、今日はPCに取り込んだだけで、整理には時間がかかりそうですが、これから寒に入るとこちらの越冬蝶も撮影が難しくなるので、そのころにぽつぽつと更新していきたいと思います。


f0031682_17570053.jpg
スジグロカバマダラ


f0031682_17570076.jpg
リュウキュウアサギマダラ


f0031682_17565998.jpg
ツマムラサキマダラ







by dandara2 | 2017-12-27 18:03 | 飛翔 | Comments(8)
2017年 12月 21日

小畔川便り(そろそろ終見:2017/12/6-8)

12月6日は朝は寒くて、川原には霜が降りている。

こんな日はムラサキ兄弟は活動しないので、久しぶりに川原を歩いてみることにする。

昨年はもう一週間くらい後がモンキチョウやモンシロチョウ、ベニシジミの終見だったけど、今年は寒いからそろそろ気を付けておかないといけないかも。

久しぶりに1J5に6.7-13の蝶広角をつけて歩くことにする。

川原を歩いていると、モンキチョウが飛び出した。

f0031682_09525676.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


後ろに黄葉したイチョウがあったのでそれを入れようと苦労するけどなかなか難しい。

f0031682_09525587.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


飛び立つところも撮影する。

f0031682_09531171.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09531079.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


少し歩くと、新鮮な個体がいた。

f0031682_09525589.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この日は4頭見掛けたけど、さすがに新鮮なのはこの個体だけだった。

足元からはベニシジミも飛び出した。

f0031682_09532521.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


結構新鮮な個体だ。


少し飛んでは食草のギシギシに止まったりする。

f0031682_09531148.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


産卵でもしないかと期待したけど、残念ながらそれはなかった。


少し飛んで銀杏の木の近くの土手に止まった。

近くには落葉したイチョウの葉があるので、それを入れてみる。

f0031682_09532554.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_09532453.jpg

ニコンD500 シグマアポマクロ150


後ろにはさっきのイチョウの木があるのでそれを入れてみる。

f0031682_09532445.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


イチョウまでがちょっと遠いので、そっと飛ばしてみると、狙い通りイチョウの木が入るところに止まってくれた。

f0031682_09532534.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


土手の上からモンシロチョウが飛んできた。
なかなか止まらないけど、なんとか証拠写真を撮らなくちゃと思って、また上に行くモンシロチョウを追いかけて土手を駆け上がり、家庭菜園の前の草に止まったところを撮影。

f0031682_09525523.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


多分ここの家庭菜園で発生したのだろう。

翌7日も川原に行くけど、この日も川原には霜が降りていた。

昨日の個体だろうか、きれいなベニシジミがいたが、モンキチョウは見当たらなかった。

f0031682_09531110.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_09531109.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


8日は天気は良いけど寒い。
家の掃除などをして12時過ぎに歩いてみるけど何もいない。

最大10頭だったムラサキシジミの集団も一頭もいなくなっていた。

f0031682_09523221.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


ここのところたくさんのスズメやメジロが木の間を探し回っていたので、その関係だろうか。

 この日は越冬中のムラサキシジミとムラサキツバメを撮ろうと、一脚に1J5をつけてインターバルタイマー撮影。

ムラサキシジミは2頭いる。

f0031682_09523266.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


なんとか大きく撮影もできた。

f0031682_09523231.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ムラサキツバメは4頭が横になっていた。

f0031682_09523309.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ドングリは入っているけど、2頭の体が入っていないので、撮り直し。

f0031682_09523146.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


上にある葉が邪魔でうまくいかないけど、なんとか頑張った。


-------------------------------------------------

明日から八重山の方に出かけてきます。
26日に帰りますが、現地で案内してくれる人に聞いたら、10,11月に多かったメスアカムラサキもウスアオオナガシジミ、シロウラナミシジミも数が少なくなってしまったとか。
11月の飛び石連休に行こうと思っていたのに、飛行機が一杯だったんですよね。(涙)


今年は寒いから、暖かいところに行けるだけでもうれしいけど、どうなりますか。




by dandara2 | 2017-12-21 10:11 | 終見日 | Comments(4)
2017年 12月 17日

小畔川便り(サザンカでの吸蜜-2:2017/12/5)

12月5日は晴れて気温も高く15℃位になった。

こんな日はサザンカでの吸蜜が見られるだろうといつもの公園に出かける。

最初にムラサキツバメの様子を見に行くと、2頭が飛び出して3頭になっていて、そのうち1頭は隣の葉に移動して翅を開いている。

f0031682_18070611.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


サザンカの場所に行くと浅間の煙さんがお見えになっていた。


路上ではムラサキシジミが吸水していた。

f0031682_18070660.jpg

ニコンD500 シグマアポマクロ150


越冬中のムラサキシジミの集団は1頭になっていた。

f0031682_18070640.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


暖かくて飛び出したのだろうか。
ツバキの葉でメスが翅を開いている。

少し傷があるけど、きれいに輝いている。

f0031682_18070032.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


サザンカを見ると期待通りムラサキシジミが吸蜜に来ていた。

f0031682_18070545.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


例によって花の中に潜り込んでなかなか顔まで写せないけど、顔を出したところを狙ってシャッターを押す。

f0031682_18070108.jpg

ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_18065900.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_18062004.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


少し傷んでいるけど、この花に来たムラサキシジミはいろいろなポーズを見せてくれた。

まずは吸蜜

f0031682_18070031.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_18070053.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


吸蜜を終えたのか移動して翅を開いてくれた。

f0031682_18064991.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_18065040.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


花の中心でも翅を開いた。

f0031682_18064999.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


少し移動して花弁の裏にストローを伸ばしている。

f0031682_18062125.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


下の枯れ葉に、ムラサキシジミのオスが降りて翅を開いた。
f0031682_18070564.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


メスも同じように翅を開いてくれた。

f0031682_18062164.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


サザンカの隣のツバキに止まったメスが翅を開いた。

f0031682_18065002.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


広角でサザンカの咲いた木も入れてみた。

f0031682_18065099.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


一通り撮影が変わって、ムラサキシジミの越冬場所を見ると、3頭に増えていた。

f0031682_18062108.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


今日サザンカでの写真を撮らせてくれたのはここの個体だろう。

ムラサキツバメも飛び出した個体が戻ってきて5頭になっていた。

f0031682_18062043.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300




by dandara2 | 2017-12-17 18:25 | 吸蜜 | Comments(8)
2017年 12月 13日

小畔川便り(ムラサキシジミはドングリがお好き?:2017/12/3)

12月3日は晴れて気温も13℃くらいまで上がった。

ムラサキツバメの様子を見ると、1頭が隣の葉まで出てきていた。

f0031682_16322985.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


少し移動してツバキの葉を見ると、ムラサキシジミのメスが翅を開いていた。

f0031682_16322913.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


暖かいせいかムラサキシジミの活動が活発だけど、サザンカに吸蜜に来る個体はいなかった。

1頭が飛んできて、サザンカの葉の間を探るようにして飛んでいたけど、やがて葉の間に潜り込んでいった。

f0031682_16322909.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


越冬場所かと期待したけど、後日観察したところでは飛び出していた。

ムラサキシジミの越冬集団は5頭になっていた。

f0031682_16323029.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


霧島緑さんがお見えになったので、ムラサキツバメの集団のところに案内をする。

その時点では集団は4頭になっていた。

f0031682_16321253.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


周囲を探していると、ムラサキシジミがサザンカで吸蜜していた。

f0031682_16322222.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


近くではオスが翅を開いた。
f0031682_16322126.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


1頭が塒を探すように飛んでいて、ドングリの実の近くに止まった。

f0031682_16322166.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


f0031682_16322206.jpg


ニコン1V3 1ニッコール70-300


数分で飛び出して別のドングリの実に止まった。

f0031682_16322983.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ただいずれの場合も居心地がよくないのか数分で飛び出てしまった。

ムラサキシジミを撮影していたら、ムラサキツバメが飛んできて翅を開いた。

f0031682_16321374.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


見るとオスだった。


下に降りてきてくれないかと思ったけど、2mくらいの高さで翅を開いているばかり。

f0031682_16322158.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


やがて4頭集団の周囲を飛び回っていたけど、最後にはその葉に止まって合流した。

f0031682_16321363.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ムラサキツバメが落ち着いたので、再びムラサキシジミの多い場所に行く。

比較的きれいなメスが翅を開いていた。

f0031682_16320112.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


f0031682_16320017.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


家内は飛び立ったところを偶然撮影していた。

f0031682_16320227.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


このメスは、イチョウの枯れ葉に止まって翅を開いてくれた。

f0031682_16321232.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


後で写真を見ると、家内の方がアングルが良かった。

f0031682_16320145.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


まあいつものことだけど。


霧島緑さんが、ムラサキシジミが枯れ葉に落ち着くところを観察していて、その場所を教えてくれた。

f0031682_16320162.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


2頭いるようだけど、この葉の様子だと、落葉しない限り落ち着いてくれそうだ。



by dandara2 | 2017-12-13 16:49 | 越冬 | Comments(10)
2017年 12月 09日

小畔川便り(秋色の蝶たち:2017/12/2)

12月2日は午前中は晴れ、12℃くらいまで上がったかな。

アラカシの葉で越冬中のムラサキツバメの5頭集団はそのままだけど体が起き始めている。

f0031682_10513480.jpg

ニコン1V3 1ニッコール70-300


越冬中のウラギンシジミの背景にサザンカが咲いていたので、それが入るようにして撮影。

f0031682_10521412.jpg

ニコンD500 シグマアポマクロ150


歩いていたら、ちょっと見掛けない蝶の姿が。

何だろうと思って近づくとアカボシゴマダラだった。

f0031682_10521310.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


まだ羽化して間もない感じ。

見慣れた夏型とは少し違う感じだ。

f0031682_10520378.jpg

家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200



背景に茶色くなってきた雑木林を入れようと広角で近づいたら逃げられてしまった。


ムラサキシジミがツバキの葉に止まった。
枝に黄色くなったイチョウの葉が引っ掛かっていたのでそれを入れてみる。

f0031682_10520377.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


下の地面にはイチョウの葉が一面に積もっている。

f0031682_10513486.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


このイチョウの葉のところに止まってくれないかなと思って様子を見ていると、願いが通じたのか下に降りて翅を開いてくれた。

喜んで広角で狙うけど、ちょっと位置が悪い。

f0031682_10513435.jpg

ニコン1J5 1ニッコール10-30


少し離れてから、そっと横に移動し、カメラを持ち替えてマクロで撮影する。

f0031682_10520392.jpg

ニコンD500 シグマアポマクロ150


とりあえず押さえたので、広角で撮ろうと思って近づいたらまたしても逃げられた。

体が温まったみたいで、その後木の上に上がってしまった。

別のムラサキシジミがクヌギの葉に止まった。

f0031682_10505341.jpg

ニコン1V3 1ニッコール70-300


この個体が止まった葉はまだ少し緑が残っている。

f0031682_10505294.jpg

家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


この微妙な色合いがきれいだった。


マテバシイの葉に止まるムラサキシジミを見つける。

f0031682_10513570.jpg

ニコンD500 シグマアポマクロ150


10頭だったムラサキシジミの集団は6頭になっていた。

f0031682_10520298.jpg

ニコン1V3 1ニッコール70-300


帰りがけにムラサキツバメを見てみると、1頭が集団を離れていた。

f0031682_10505333.jpg

ニコン1V3 1ニッコール70-300

日の当たるところに出てきていた。

f0031682_10505210.jpg

ニコン1V3 1ニッコール70-300


開翅しないかと思ってみていると、小飛して少し高い所に止まって翅を開いた。

f0031682_10505393.jpg

ニコン1V3 1ニッコール70-300


オスだった。

最初に見たアカボシゴマダラの色合いが気になったので、手持ちの写真と比べてみた。


これは春型

f0031682_10521369.jpg

6月3日撮影


これは夏型

f0031682_10521495.jpg

9月11日撮影



これが今回のもの。

f0031682_10520382.jpg

12月2日撮影 ニコンD500 シグマアポマクロ150



白い部分が少し広がって、後翅の赤紋も薄くなっている。

そういえば以前にも秋に羽化した個体を撮影したことがあったなと思ってストックを見てみたら、2011年の11月1日に撮影したものは今回のものよりもさらに白っほかった。

f0031682_10521377.jpg
ただ後翅の赤紋はより鮮やかだった。




by dandara2 | 2017-12-09 11:08 | 終見日 | Comments(14)
2017年 12月 06日

小畔川便り(サザンカでの吸蜜-1:2017/12/29、30)

11月29日は晴れて気温も上がるようなので、咲き始めたサザンカに吸蜜に来るのがいるかなと思って期待しながらいつもの公園に行く。

最初にムラサキツバメの5頭集団のところを見ると、みんな飛び出して残っているのは1頭になっていた。

f0031682_15561872.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


サザンカの葉の上ではムラサキシジミのメスが翅を開いている。

f0031682_15561941.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


10頭集団を見ると、みんな飛び出して1頭が翅を開いているだけだった。

f0031682_15561934.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


サザンカの花を見ると、期待通りムラサキシジミが吸蜜に来ていた。

f0031682_15561999.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


木陰のサザンカにも。

f0031682_15561120.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


すぐにおしべの間に潜り込んでしまうけど、辛抱強く待って、顔が出てきたところを狙って撮影する。

f0031682_15555954.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_15555919.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_15561149.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


最初は一頭だけだったけど、もう一頭が吸蜜に来てくれた。
f0031682_15561821.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


すぐに花に潜り込んでしまうけど、なんとか2頭の吸蜜が撮れてよかった。

f0031682_15561105.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


十分吸蜜したのか、1頭は姿を消し、もう1頭は花弁の先で小休止の感じ。

f0031682_15555021.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


そのうちゆっくりと翅を開いた。

f0031682_15560040.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


逆光で難しかったけど、翅を透かして花の色が透けて見えていた。

他の花でも吸蜜する個体がいた。

f0031682_15561079.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


この個体は花弁に垂れてきた蜜を吸っているのだろうか。

f0031682_15561281.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


そのうち伸び上がって中心部の蜜を吸い始めた。

f0031682_15560056.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


顔を突っ込んで吸蜜もしていた。

f0031682_15560083.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200



この日は期待したほど晴天が続かず、11時過ぎには曇ってきてしまったので早めに帰宅した。


30日は曇りで寒い。

この日は孫のマラソン大会なので、応援がてら公園に様子を見に行く。

ムラサキツバメは寒いから、一部の個体が体を横にしている。

f0031682_15555159.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


昨日もぬけのからになっていたムラサキシジミの越冬集団のところには5頭が戻ってきていた。

f0031682_15555119.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


子供たちもみんな頑張った。

f0031682_15555138.jpg

帰りがけに再度ムラサキツバメの様子を見ると、少し気温が上がった関係か、手前の2頭が体を起こしていた。

f0031682_15555039.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300




by dandara2 | 2017-12-06 16:20 | 吸蜜 | Comments(6)
2017年 12月 03日

小畔川便り(2017/11/23-26)

11月23日は朝のうちは雨だったけど、昼頃から晴れたのでムラサキ兄弟の様子を見に行く。

ムラサキツバメの5頭集団とムラサキシジミはそのままだった。

f0031682_18110800.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


歩いていたら、すごくきれいなムラサキシジミがツバキの葉の上で翅を開いていた。

f0031682_18110845.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


少し移動して翅を開く。
光線の加減でぎらぎら輝く中にも、微妙な色合いの変化がすごくきれいだ。

f0031682_18110825.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この翅の様子がきちんと写真に撮れるだろうかと思いながらシャッターを押す。
こんな思いはめったに感じたことがない。

24日は朝から晴れで、気温も10℃以上ある。。
10時過ぎにムラツの集団の様子を見に行くと、飛び出したのか2頭のムラサキツバメが残っていて、ムラサキシジミはそのままだった。

f0031682_18110822.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


ほかの様子を見に行くと、ムラサキシジミが飛んできて、枯れ葉の間に止まった。

f0031682_18110787.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


もしかしたらここが塒になるかと期待する。

きれいなムラサキシジミが降りてきて翅を開いたけど、前日の個体とは違うような気がする。

f0031682_18105866.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


家内がテングチョウが翅を開いているという。
えっまたテングチョウと喜んで撮影。

f0031682_18105832.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


様子を見ていると、この木の周辺を飛び回ってやがて日陰側の枝の間に静止した。

f0031682_18105829.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


もしかしたらここで越冬してくれるからな期待する。


25日、テングチョウの様子を見に出かける。

前日と同じ場所に止まっていた。

ムラサキシジミのメスも翅を開いている。

f0031682_18105930.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


撮影していたら、banyanさんがお見えになった。

先日のムラサキシジミの越冬集団は数が多くなっているようだ。

f0031682_18105819.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


後で写真を確認すると、10頭いるように見える。

テングチョウの越冬場所と、ムラサキツバメの集団越冬の場所に案内するけど、テングチョウはその時にはいたけど、しばらくして再度見に行くと飛び出してしまっていた。

ムラサキツバメの5頭集団とムラサキシジミはそのままだった。

f0031682_18104806.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300



26日は25日よりも暖かいけど少し風がある。

10時半くらいに行ってみた時は、ムラサキツバメの5頭集団はばらけて2頭になっていて、ムラサキシジミの1頭はそのままだった。


f0031682_18104968.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


足元のイチョウの枯れ葉にムラサキシジミが降りてきて翅を開いた。

f0031682_18104969.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


イチョウがもっと色鮮やかだったらいいのに少し残念。

少し移動すると、ツツジの葉の上でムラサキツバメのメスが翅を開いている。

f0031682_18104964.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ムラサキシジミの集団のところで1頭が翅を開いていた。

f0031682_18105082.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


集団の様子はよくわからないけど、写真を撮って確認すると9頭いるようだ。

ムラサキツバメの集団のところに戻ると、1頭が飛んできて目の高さに止まった。

f0031682_18104836.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


オスだといいなと思いながらカメラを向けていると、やがて翅を開いた。

f0031682_18103726.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


メスだった。

集団を見ると3頭になっていた。

f0031682_18103856.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


見ていると、もう1頭戻ってきて隣のムラサキシジミのいた葉に止まった。

f0031682_18103855.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


ムラサキシジミはどうなってしまったかと思ってみていると、飛んできたムラサキツバメが集団に合流しようと移動して、陰にいたムラサキシジミの姿が見えた。

f0031682_18103829.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


やがて合流して、ムラツの4頭とムラシの1頭の集団になった。

f0031682_18103908.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300



by dandara2 | 2017-12-03 18:35 | 越冬 | Comments(6)