カテゴリ:産卵( 190 )


2018年 10月 11日

タテハチョウの産卵(2018/9/28)

9月25日からずっと天気が悪かったけど、28日はようやく晴れ。
大型で強い台風24号が30日頃に関東を直撃しそうなので、その前にヒガンバナが遅く咲く場所の様子を見に出かける。

車に乗って走り始めると家内が用事を思い出した。
その用事をこなすためには、現地にいられる時間は1時間半くらい。
あわただしいけど仕方ない。

現地ついて歩き始めると、芝生の中でツマグロヒョウモンがスミレの近くに産卵をしていた。

f0031682_11424456.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵を終えた直後の写真では、赤矢印の先端にピンボケだけど卵が写っている。

f0031682_11424493.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒガンバナの場所に行く途中、メスグロヒョウモンのメスが飛んできて、木の根元のミズゴケに止まった。

少し距離があったので、脅かさないようにそっと近づいて撮影。

この写真ではただ止まっているようだけど、もしかしたら近づく前に産卵行動をしたのかなと思う。

f0031682_11424444.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影後は飛んで行ってしまった。

ヒガンバナの場所に行くと、予想通りまだ咲いていてくれた。

f0031682_11423732.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ただ蝶は何も来ていない。

周囲の様子を見ていると、家内がゴマダラチョウが産卵しているという。

駆け付けた時にはもう飛んでしまったけど、家内はかろうじてその様子を撮影していた。

f0031682_11423758.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ヒガンバナの場所をうろうろ探していると、家内が呼んでいる。

急いで近づくと、ミヤマカラスアゲハがいるという。

木の陰で見えないのでそっと近づくと、かなり傷んだミヤマカラスアゲハが吸蜜していた。

f0031682_11423798.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


残念だけど、この場所は花の鮮度と蝶の鮮度が一致しないことが多いので、撮れただけでも良しと割り切って撮影する。

f0031682_11423762.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず撮れたので少し移動すると、畑の縁にヒガンバナが咲いていてアゲハやキアゲハが来ていた。

f0031682_11422822.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_11422830.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮っていると家内が、ヒガンバナがたくさん咲いている場所が見えるというのでそちらに歩いていくと、誰かが蝶を探しているのが見える。

近づくとこちらに向かって手を振っている。

どうもphotobikersさんのようだ。

挨拶をして一緒に探すけど、蝶の姿がない。

帰らないといけない時間が近づいてきたので、photobikersさんに挨拶をすると、目の前を指さしてヒメウラナミジャノメが交尾してますよと教えてくれた。

f0031682_11471725.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


車に戻る途中で、ヒョウモンが飛んできて足元に止まった。

見るとミドリヒョウモンのメス。

しかも産卵行動をしている。

f0031682_11422804.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


咄嗟に撮影するけどすぐに飛んでしまった。

写真を確認しながら、ミドリヒョウモンって木の幹に産卵するんじゃなかったっけ。
この個体は下草の間に産卵したけど、これって珍しいのかな、それともよく知らないだけで普通にあることなのかなと言う疑問がわいてきた。

ネットや生態図鑑などで調べてみると、こういった産卵例も多くはないけどあるようだった。




by dandara2 | 2018-10-11 11:53 | 産卵 | Comments(4)
2018年 09月 28日

ヒガンバナとアゲハ類(2018/9/17)

9月17日は、この春にbanyanさんに案内していただいてアオバセセリを撮影した場所に、ヒガンバナの様子を見に行ってきた。

天気はまあまあなのに蝶の姿は少なめ。
私が行く前にbanyanさんもいらしたようだけど、やはり蝶の姿は少なかったとか。
今年は秋の蝶はあまり芳しくないのかな。

それでもヒガンバナの咲いているところを歩いてみると、アゲハが吸蜜に来ていた。

f0031682_09093029.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09093092.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09114792.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ナガサキアゲハのメスも来てくれたけど、落ち着かず何枚かシャッターを押したら飛んで行ってしまった。

f0031682_09093074.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09092923.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内はオスの飛んでいるところを撮影していた。

f0031682_09091027.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


このオス、全く止まることなく飛んで行ったので、私は見送るのみ。
良く飛翔が撮れたなと感心してしまった。

その後キアゲハも吸蜜に来てくれた。

f0031682_09092426.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09092403.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_09092445.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


それぞれがちょっとだけ撮影させてくれたけど、きちんと撮れた気がしない。

なんとなく消化不良でうろうろしていたら、クロアゲハが柑橘類の木に絡んでいる。

f0031682_09091824.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


どうも産卵したいようだ。

この写真には幼虫も写っている。

f0031682_09092430.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


クロアゲハの幼虫だろうか。

新芽に産卵したいようだけど、産卵に適した新芽がほとんどなくて、まとわりつくものの産卵できない。

f0031682_09092397.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09091778.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでもかろうじて残っている小さな葉に止まって産卵態勢をとった。

f0031682_09091858.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵しているかな。
f0031682_09091836.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09091769.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立った後の葉を拡大してみたら、翅の間に産み付けられた卵が写っていた。

f0031682_09091041.jpg
上の写真の拡大


別の場所も探してみるけど、ほとんどチョウの姿がない。

あきらめて車の止まっているところまで戻ったら、ミドリヒョウモンがニラの花に吸蜜に来ていた。

私は花で吸蜜している写真しか撮れなかったけど、家内は2頭のオスが絡むシーンを撮影していた。

f0031682_09091083.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_09091084.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_09091074.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200



by dandara2 | 2018-09-28 09:27 | 産卵 | Comments(14)
2018年 09月 07日

小畔川便り(アゲハとキバナコスモス:2018/8/30)

8月30日は露出の設定を元に戻したので、その確認も兼ねて自宅前の川原に出る。

ギンイチはまだ新鮮な個体がいた。

f0031682_10250373.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10250338.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_10243887.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


手持ちだけど、案外カメラが水平になっているのに自分でも感心したりする。

コスモスの場所に行くと今日もキアゲハがいたけど、少し飛び古した感じ。

f0031682_10250371.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


新鮮な個体もいた。

f0031682_10243845.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ジャコウアゲハはメスが吸蜜に来ていた。

f0031682_10250345.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


片方の尾状突起が欠けているけど、今年この場所で、メスの吸蜜は撮っていなかったのでじっくり撮影する。

f0031682_10245544.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_10250222.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10245540.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツマグロヒョウモンのメスも出てきた。
今までオスは何頭も見ているけど、カメラを向けることは少なかった。

でもメスの美しさは別格。

f0031682_10245508.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


あまり落ち着きがなくてじっくりとれなかったけど、なんとか撮影できた。

ヒメアカタテハも来ている。

f0031682_10245443.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キバナコスモス背景の写真も撮るけど、花の数がもう少し欲しい。

f0031682_10244850.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


コスモスの間を歩いていたらアゲハがコスモスに絡んでいるのが見えた。

f0031682_10244885.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10245465.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


以前にもアゲハがコスモスに絡んでいるのを撮影して、その時に調べたらキバナコスモスがアゲハの食草になる場合もあるらしいということが分かった。


産卵しないかなと思ってカメラを向けてチャンスを待つけど、結局産卵はしなかった。

f0031682_10244882.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_10244835.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10244895.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立ったアゲハにピントが何とか追従してくれている。


f0031682_10243898.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


チャンスがあれば産卵シーンを撮影したいものだ。

帰りかけるとたくさんのヤマトシジミが飛んでいる一角があった。

塀の縁の暗い場所だったけど、ちょうどギンイチ用に距離設定がしてあったので撮影する。

f0031682_10243877.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


何とか写っていた。

f0031682_10243885.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


今度はもう少し明るい場所で撮影しよう。

木漏れ日というシーンはなかったけど、カメラの設定は大丈夫だったみたい。

コスモスが咲いて、アゲハが来ているうちにいくつか試してみたい設定が出てきた。



by dandara2 | 2018-09-07 10:40 | 産卵 | Comments(12)
2018年 06月 30日

近くのオオムラサキ(2018/6/24)

6月24日はオオムラサキを見に、春先にコツバメを撮影する公園に行く。

家内の実家が山梨県だから、今まではそっちにオオムラサキを撮影に行っていて、ここには来たことはなかった。

ここではオオムラサキの保護のために、越冬幼虫を集めて、ネットをかけて飼育、保護している。

ネットをかけて飼育し羽化した個体を撮影しても仕方ないなと思っていたけど、地元のオオムラサキの様子を見ておくことも大切かなと思って出かけてみた。

現場に着くと、係の人が今朝羽化した個体がいますよと教えてくれた。

行ってみると7,8人の人がカメラやスマホを構えている。
その先を見ると、羽化したオオムラサキがいた。

f0031682_11551953.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず撮影して、周囲の様子を見に行くけど、樹液の出ている木もないし、オオムラサキ自体も見つからない。

最初の場所に戻ると、先ほどの人たちがまだカメラを構えていた。

裏側に回ると、蛹に止まっている様子がよくわかる。

f0031682_11551967.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


係の人が息を吹きかけると少し翅を開いた。

f0031682_11551961.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


蛹に止まっている様子も撮影できたので、もう少し周囲の様子を見てから帰ることにする。

歩いていると、ムラサキシジミがクヌギの周囲を飛んでいる。

f0031682_11551006.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


様子を見ているとどうも産卵したいらしい。

産卵態勢をとったところを撮影する。

f0031682_11551918.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内は葉の裏に腹部を曲げる様子も撮影していた。

f0031682_11551001.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ついでに飛び立つところも撮影する。

f0031682_11551931.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_11551077.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ホソオチョウの幼虫の様子などを見ていたら、ヒョウモンがいるという。

見るとメスグロヒョウモンのようだ。

f0031682_11551038.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


木の間からなので撮影しにくいけど、なんとか証拠写真を撮影した。

f0031682_11551097.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


帰りがけに、孫の大好きなお店のマフィンと、これまた大好きな燻製屋さんのビーフジャーキーを買って帰る。(ここに来た目的の半分はこの買い物かな)




by dandara2 | 2018-06-30 12:06 | 産卵 | Comments(2)
2018年 06月 17日

2018年の北海道遠征:6月-2

アカマダラの撮影が終わって移動しようとしたら、目の前のカンゾウの仲間にカラスアゲハが来ていた。

f0031682_18524414.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


すぐに飛んでしまったけど、隣のウツギの木にはミヤマカラスアゲハの姿も。

f0031682_18524420.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


光線の向きが悪く、きれいな翅表の輝きが撮れなかったのは残念だ。

f0031682_18524479.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後少し移動。

気になっていた場所に車を止めて、周囲の草地を見てみるとタンポポにチャマダラセセリが来ていた。

f0031682_18523695.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


全く予期していなかったので、エッ!! と思って、間違いないよなと思わず見直してしまった。

チャマダラセセリは、本州での撮影場所が、草が茂って撮影できなくなってしまったので、もう7年くらい撮影していなかった。

北海道にいることは知っていたけど、細かなポイントとか、発生時期は把握していなかったので、まさかそのチャマダラセセリが、目の前にいるとは思わなかった。

f0031682_18522977.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ちゃんと裏面も撮影。
f0031682_18524464.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


かなり興奮しながら何枚か撮影して、ふと横のタンポポを見ると、カラフトタカネキマダラセセリが吸蜜している。

f0031682_18524337.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これも全く意識していなかったので、予想外の展開。
f0031682_18523713.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヤッター、これでカラフトヒョウモンが撮れなくても、多少雨にたたられても、なんとか北海道に来た甲斐があったと思えそうだと大喜び。

家内がまだ追いついてきていないので、姿が見えたら大声で呼んで手を振ってしまった。

その後は二人で撮影。

f0031682_18523722.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


f0031682_18523690.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_18523639.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200



f0031682_18522906.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18522981.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18522995.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


f0031682_18523058.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


f0031682_18522220.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


何頭かの個体がいて、そのうちの一頭が産卵しているように見える。

f0031682_18522231.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これはチャンスと撮影するけど、はっきりとした産卵写真は残念ながら撮れなかった。
f0031682_18522259.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18522302.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体は砂利の間から吸水していたようだった。

f0031682_18522366.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


3日間北海道に来て、たった3時間半の撮影だったけど、最後の日に撮影が出来て、気分良く帰ることができた。



by dandara2 | 2018-06-17 09:31 | 産卵 | Comments(20)
2018年 05月 11日

ルリタテハの産卵とアオバセセリ(2018/4/30)

"コロポックル賛歌"のclossianaさんが、ルリタテハの産卵について非常に興味深い記事を書かれていますが、それを読んでいて、そういえば私も4月4日にルリタテハの産卵を撮影したことを思い出した。


産卵植物が、サルトリイバラかなと思ったけど、はっきりしなかったのでブログに載せるのを保留していたら、すっかり忘れてしまった。

せっかくなので写真を載せておくことにします。

この日はホソオチョウの交尾や産卵を撮影して、新潟からいらしたtomatsuさんとお別れした後、ミヤマセセリを撮影しようと雑木林に入ったらルリタテハが産卵したそうに飛翔していた。

f0031682_14385992.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


サルトリイバラ シオデ(違っていたらご指摘ください)に止まったので撮影し、あとで見てみたら産卵したと思われる卵も写っていた。

f0031682_14385935.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


上の写真の拡大

f0031682_14385967.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ルリタテハの産卵は、過去に一度撮影したことがあるだけなので良かった。


4月30日は29日に撮影できなかったアオバセセリ狙いで、最初にコツバメの公園に行ってみた。

歩き始めてすぐにクモガタヒョウモンがハルジオンで吸蜜していた。

f0031682_14385907.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここで出たという話は聞いていたけど、すぐに撮影できるとは思わなかった。

ベニシジミが飛び出したときに、クモガタヒョウモンも驚いたのか飛んでしまって近くのカエデに止まった。

このままでは絵にならないので、飛び出すところを狙うことにする。

f0031682_14385928.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_14444657.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_14385279.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


横に飛び出してくれたので、あまりピンボケにならずに撮影できた。

その後またハルジオンに吸蜜に来た。

f0031682_14385292.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アオバセセリがいるかなと思ってウツギの木のある場所に行ってみたら花は終わっていてチョウの姿はない。

ちょうどいらしていた里山の蝶便りさんと"のんびりフォトライフ"のまあささんと別の場所に移動することにした。


前の日にオナガアゲハなどを撮影した場所に行くけど、数頭のオナガアゲハがいるのみ。

その場所には、banyanさん、霧島緑さんなどがいらしていた。


少しの間様子を見たけど、アゲハに関してはあまり芳しくない。

banyanさんがアオバセセリのポイントに移動するというので、ご一緒させてもらうことにする。

初めての場所だったけど、素晴らしい環境だった。

アオスジアゲハが何頭か飛んできていた。

f0031682_14383785.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14383799.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14383819.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15130903.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14383726.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それらを撮影していたら、霧島緑さんが「あっ、来た!!」と駆け出す。

急いでその方向を見るとアオバセセリがウツギに飛んできたところだった。

f0031682_14384589.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やや擦れ気味だったけど、前日に撮影できなかったので大喜びで撮影。
f0031682_14384528.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14384465.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そのうちサカハチチョウも飛んできた。

f0031682_14385238.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


木漏れ日が当たってよい感じの一枚が撮れた。

飛び立ちも撮影するけど、手前の枝が少し残念だった。

f0031682_14385249.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_14384401.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_15030702.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ある程度撮影でき、蝶の出も一段落した感じだったので、撮影を切り上げることにした。

その後は家内のお気に入りのケーキ屋さんに寄ったりして帰った。

皆さんお世話になりました。




by dandara2 | 2018-05-11 15:09 | 産卵 | Comments(16)
2018年 04月 22日

小畔川便り(ツマキチョウの産卵とギンイチ初見:2018/4/9.10)

4月9日は天気も良く、気温も平年並みの感じ。

ツマキチョウの産卵を撮影するために再度自宅前の川原に出かける。

歩き始めたら、ギンイチの姿が見えた。
もう数日後かなと思っていたので少しびっくり。

例によって全く止まらないので、とりあえず証拠写真を撮ろうと思っていると、2頭が一瞬目の前で絡んだ。

f0031682_18025614.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ピントが甘いけど、なんとかその様子をとることができた。

f0031682_18025606.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_18025799.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


止まる気配がないので、ツマキチョウの様子を見に行く。

ツマキチョウの多い対岸に渡ろうとして、傾斜のある土手の護岸を降りて飛び石に降りようとしたら、何かにつまずいたのか滑ったのか、足首がぐきっときて体のバランスが崩れた。

そのままだと川に落ちるし、落ちたら川の中の石で足が滑って、カメラが水につかったり、怪我をしそうなので、必死でバランスをとりながら、飛び石を走ってわたって、対岸の土手に体ごとぶつかって体を止めた。

ぶつかった時にひざを打ったし、足首をねじったようでしばらく動けなかったけど、やれやれ無事渡れたと一安心。


びっこを引きながら様子を見ると、メスが飛んでカラシナの花に関心を示したりしている。

f0031682_18024362.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


そっと近づくと、蕾に止まってお腹を曲げた。

f0031682_18025731.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18025670.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ただきっちりと尾端を撮ることができない。

f0031682_18024997.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後で写真を見てみたら、小さな卵のようなものが見える。
拡大してみたら、つぼみに産卵された卵が写っていた。

f0031682_18024991.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後は吸蜜などを撮影する。

カラシナやセリバヒエンソウ、カラスノエンドウなどで吸蜜している様子を撮影することができた。

f0031682_18025028.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_18024924.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18024968.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18024328.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18024387.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


足が痛いので早めに自宅に帰りかけると、近くの植え込みの周りをツマキチョウが飛んでいた。

f0031682_18024358.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_18024258.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


夜寝る前に足を見ると、ひざから内出血し、足首がかなり腫れていたけど、なんとかなりそうだ。


一晩寝て、足首の腫れもだいぶ引いたようなので、昨日撮れなかったギンイチモンジセセリをきちんと撮ろうと思ってまた川原に行く。

ただ階段を降りると足首に響くので、この日は川を渡らずに撮影することにする。

川原を探すとメスが1頭いて、良いモデルになってくれた。

f0031682_18023729.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18023714.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18023701.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18023624.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


広角でも撮ってみたけど、草の中なのでごちゃごちゃしてしまった。
f0031682_18023709.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ミヤマチャバネセセリも出ているかなと思って探すけど、まだ発生していないようだった。





by dandara2 | 2018-04-22 18:22 | 産卵 | Comments(14)
2018年 03月 08日

小畔川便り(キタテハとモンキチョウ:2018/2/27-3/2)

2月27日は晴れで、久しぶりに気温も10℃を上回った。

雲があったので、12時少し前に川原に出るけど、風が冷たい。

キタテハが出てきた。

f0031682_14401344.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カメラを向けるけど、あまり活発な様子ではない。

飛び方を見ると、12時だけどもう塒を探したいような様子。

もしかしてと思ってそっと追いかけると、土手の草の間に潜り込んだ。

f0031682_14401342.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


どこに止まったかわからなくなってしまったので、ここだと思われる位置にカメラを向けてストロボを焚く。

f0031682_14401310.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


潜り込んだところを見ていなければまずわからないだろうな。

ちらっと動く小さな影が見えたのでそっと近づくとベニシジミだった。

f0031682_14401307.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


太陽の位置に雲が出てきてしまったけど、一生懸命翅を開いている。

f0031682_14401326.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


気温が下がって動かなくなってしまったので、そっと手に載せようとするけど、手を近づけると嫌がって小飛する。

そのうちオオイヌノフグリのところに止まったので、これ幸いと撮影。

f0031682_14400700.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


3月1日は関東では春一番が吹き荒れたようだけど、ここでは気温は上がったものの風はそれほどでもない。

11時過ぎに家を出て土手を歩くと、キタテハがたくさん出てきていた。

f0031682_14400891.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


証拠撮りも済んだし、今まではモンキの撮影が多かったので、キタテハの飛び出しをメインに撮影する。

f0031682_14400758.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_14400725.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


f0031682_14400730.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


f0031682_14400014.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ウラギンシジミとテングチョウの様子も見に行くけど、テングチョウはいなくなっていた。

ウラギンシジミは12時にはいたけど、13時には見られなくなっていた。



3月2日は晴れで気温は13℃くらい。北風がやや強い。

モンキチョウのメスが目に付くようになってきた。

f0031682_14395347.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵しないかとみていると、それらしい行動をとるメスがいたのでそっと追いかけて撮影。

川原の平らな場所に生えているカラスノエンドウの芽生えに産卵してくれた。

f0031682_14395225.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ただ、産卵された卵まで一緒に写すのは難しい。
カラスノエンドウは小さな葉がいっぱい出ているので、どうしても尾端が葉の影になってしまう。

f0031682_14395375.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立つ瞬間も写っていた。

f0031682_14395394.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


雄が雌に求愛をしていた。

f0031682_14400059.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


夏場と違って絡む時間が短いけど、なんとかシャッターを押すことができた。

f0031682_14395254.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


キタテハの飛び出しも撮影。

f0031682_14400008.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


枯れ葉の間から飛び出すので、どうしても背景がうるさくなってしまう。

f0031682_14400111.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ああでもない、こうでもないとだいぶ撮影したけど、これという写真は撮れない。

f0031682_14400073.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30




by dandara2 | 2018-03-08 14:56 | 産卵 | Comments(2)
2018年 03月 04日

小畔川便り(モンキチョウ産卵:2018/2/20-26)

2月20日は13℃くらいあるけど、少し風があって、それほど暖かいという感じではなかった。

モンキのメスが出てきて産卵をしていた。

f0031682_09234877.jpg

家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_09234898.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200 ×1.4テレコン


家内がベニシジミがいたというが、その時点ではどこかに飛んでしまってわからなかった。

モンキの産卵を撮っていたらまた現れてくれた。

f0031682_09234872.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200



ことしの初見で、去年より3日遅いけどこの8年では3番目の早さ。
この時期のベニシジミのオレンジはうれしい。

f0031682_09234840.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200 ×1.4テレコン

f0031682_09234977.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200 ×1.4テレコン


そっと近づいて飛び立つところも撮影する。

f0031682_09234156.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09234162.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


23日も出かけてみるけど、この日は交尾も産卵も見られない。
20日の産卵の撮影で、テレコンをつけていると、ピントが合う時間が、つけていないときに比べると、ほんの気持、0.0何秒か遅れるのが気になってつけるのをやめる。

モンキの産卵は、産卵態勢をとってから2,3秒以内に、モンキに近づき、ひざまずいてカメラを構え、ピントを合わせないといけない。
ピントを合わせる間もなく飛ばれて悔しい思いを何度もした。
特にやっとファインダーに入れることができた時には、合焦の時間のほんの少しの遅れはすごく気になる。

家内のカメラにつけたら、ピント合わせが遅くなるとすぐに却下されてしまった。
私のレンズはいわゆる小三元レンズで、ピント合わせはかなり早い方だけど、家内のはキットレンズ。
テレコンをつけた時のフォーカスの遅れがより目立つようになったのかもしれない。

飛び立つシーンを狙って撮影する。

f0031682_09234229.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09234183.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09233250.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09233266.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ホトケノザで吸蜜するモンキチョウを撮影することができた。

f0031682_09234100.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200 


24日は朝は寒くて川原は霜で真っ白だった。

所用があって出るのが遅れ、12時過ぎに川原に出る。
この日はベニシジミ撮影に備えて、シグマのマクロレンズをつけて出かける。

モンキチョウが交尾していた。

f0031682_09233272.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150 


オスは少し傷んだ個体。

この日はオオイヌノフグリの近くに止まってくれた。

f0031682_09233319.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

産卵もしていた。
f0031682_09233237.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150  


シグマのマクロレンズも、モンキの産卵のような瞬間をとらえるのには、フォーカス速度が気持ち遅いような気がしたので、今後は70-200を使うことに決める。


26日はメスが産卵しそうに食草の周囲を飛んでいたので、その様子を撮影。

f0031682_09232238.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


カラスノエンドウの芽生えに絡むように飛んでいる。
f0031682_09232264.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


産卵シーンは尾端が草の中に隠れてしまい、フォーカス速度とは別の意味で納得のいく写真が撮れない。

f0031682_10291257.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200 


その個体が吸蜜後飛び立つところを撮影。
f0031682_09232359.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


f0031682_09232244.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


結構気に入った写真が撮れた。




by dandara2 | 2018-03-04 10:04 | 産卵 | Comments(10)
2018年 02月 20日

12月の八重山-7(石垣島中部:2017/12/26)

八重山旅行の最終日は前日同様石垣島中部のヒマワリヒヨドリのポイントに行く。

マダラチョウの集団越冬シーンを撮りたいと思ったけれど、案内の熊谷さんが10頭くらいの集団を見つけて呼んでくれたけれども、駆け付けた時には、ばらけてしまって1画面には3頭入れるのが精いっぱいだった。

f0031682_10335404.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この日は天気の関係か、見られるマダラチョウはヒメアサギマダラとリュウキュウアサギマダラだけ。

ヒメアサギマダラ

f0031682_10334896.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_10335506.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


リュウキュウアサギマダラ
f0031682_10334862.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


f0031682_10335553.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


この日は、飛翔に重点を置いて撮影することにするけど、前日以上に天気が悪く、空を見上げても晴れ間が見えそうな確率はゼロ。

曇りで、木立に囲まれた道沿いで、飛翔には厳しい条件だったけど無理やり撮影した。

f0031682_10335484.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ヒメアサギマダラ
f0031682_10334811.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


リュウキュウアサギマダラ
f0031682_10334868.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ルリウラナミシジミも出てきてくれた。

f0031682_10334158.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


暗いけど無理やり飛翔を撮影。

f0031682_10334154.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


帰りの便に間に合うように昼過ぎには移動する。

途中、パンナ公園につくころに日が射してきたので少し時間を作ることにする。

最初に出てきてくれたのは、ヤエヤマムラサキ。
胸の高さ位の位置でテリハリをしたので、真上から撮影する。

f0031682_10334207.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


近くでは幼虫を見つけることができた。

f0031682_10334110.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ツマベニチョウも一瞬だけ現れてくれた。

f0031682_10334277.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


これも幼虫を撮影することができた。
熊谷さんが幼虫を軽くたたくと体を持ち上げて威嚇するような仕草をする。

f0031682_10461783.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


きれいなオレンジの蝶が飛んできたと思ったらカバマダラだった。

f0031682_10333296.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


止まっているカバマダラにスジグロカバマダラが絡んできた。

f0031682_10333226.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


オオゴマダラが飛んできたと思ったら産卵行動を始めた。

f0031682_10482523.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_10333342.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


時間を見ると14時近く。
空港で奥さんの楽しみの買い物もしないといけないので、名残惜しいけど移動することにした。


そうそう、初日に撮影したリュウキュウヒメジャノメの写真も載せておきます。

f0031682_10335459.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ヒメジャノメに似ているからついつい軽く扱ってしまうけど、やっぱりここに来ないと撮れない蝶ですよね。

その意味ではタイワンキチョウも同じかな。

f0031682_10334790.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


5日間、熊谷さんには大変お世話になりました。
ありがとうございました。




by dandara2 | 2018-02-20 10:51 | 産卵 | Comments(4)