カテゴリ:飛翔( 154 )


2018年 11月 13日

小畔川便り(ムラサキツバメの飛び出し:2018/11/1.2)

11月1日も公園に様子見に出かける。
晴れてはいるけど20℃は切っていてやや風がある。

10時頃に家を出て、しばらく探したら10時20分頃にムラサキツバメが現れてくれた。

f0031682_21420213.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


今日は複数の個体が出てきた。

f0031682_21420352.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_21420367.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


一頭が翅を少しだけ開く。

f0031682_21420397.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この個体が飛び立つところを狙うことにした。

f0031682_21420226.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


飛び立ったところを見るとメスだった。

f0031682_21415517.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_21415581.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ちょっと背景がごちゃごちゃしているけど撮れただけでもOK。

別の個体が飛び立つところも撮影。

f0031682_21415532.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


こちらはオスだった。

f0031682_21415567.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


移動して別の場所に行くと、足元から飛び出したムラサキツバメがサザンカの葉に止まった。

f0031682_21415508.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


しばらく待つけど動く気配がないので、ほかの個体はいないかと探すけどいない。

この個体にも飛んでもらった。

f0031682_21414805.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


天気が良くて直射日光が当たるので、木陰に入ってしまった。

f0031682_21414992.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


11月2日も晴れ、1日よりも少し気温が高いようだ。
やはり10時くらいから公園へ行く。

木の幹にルリタテハがいた。

飛び出すところ撮るけど、ちょうど影になっていて残念な結果だった。

f0031682_21414817.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_21413645.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


キタテハが日光浴をしている。

f0031682_21413713.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ムラサキツバメは撮影しやすい位置には止まってくれなかった。

f0031682_21413784.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


アゲハの新鮮なのが飛んでいたけど撮影はできなかった。

その後川原に行ってみる。

ツマグロヒョウモンのオスがコスモスに来ていた。

f0031682_21413760.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


観察していたギンイチの幼虫は、新たに作った巣を放棄してどこかに行ってしまっていた。

f0031682_21413408.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


こうしてみると、巣の中にも結構糸を吐いているようだ。
吐いた糸の位置を見ていると、巣を丸くするのに使ったような気がする。




by dandara2 | 2018-11-13 07:05 | 飛翔 | Comments(4)
2018年 11月 10日

小畔川便り(公園のムラツ・ムラシ:2018/10/29.30)

10月29日
前日は秩父に行っているので、家でのんびりしようかと思ったけど、天気が良いと落ち着かない。
運動も兼ねて11時過ぎから公園へ行く。

公園ではウラギンシジミが多い。

頭の上位の少し高い所に止まったので、腕を伸ばして撮影した。

f0031682_15371404.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


こっちは腰の高さに止まってくれた。
f0031682_15371411.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


こちらは膝の高さ
f0031682_15365813.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


同じ個体を広角でも撮ってみるけど、スズメバチがいる木の周辺に張られたテープが入ってしまった。
通路のすぐ横の木だからしょうがないけど、ちょっと大げさな感じもする。
f0031682_15365824.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日はムラサキツバメはあまり見かけず、一頭だけが少し姿を見せてすぐにいないくなってしまった。

f0031682_15371401.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ムラサキシジミも1頭姿を見せた。

f0031682_15371423.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


気温がやや高めで、開翅してくれないので飛び立つところを撮影してみた。

f0031682_15371377.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_15365869.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


翅表が何とか撮れたので素直にうれしい。


個体数が少なくちょっと消化不良なので、川原の方に行ってみる。
コスモスもほぼ終わりだけど、キタテハ、ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハが吸蜜に来ていた。

f0031682_15365879.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


傷んだ個体も多いので、なるべく新鮮なものを選んで撮影した。

f0031682_15365870.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_15365359.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150



30日には10時半くらいから公園へ。

歩き始めてすぐにムラサキツバメがツバキの葉の間から出て隣の日当たりの良い葉の上で日光浴を始めた。

f0031682_15365373.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


飛び立つところを撮影しようと別のカメラに目を向けている間にいなくなってしまった。

いつもたくさんの個体が来るマテバシイの葉にも別個体が止まったけど、今年はアブラムシがいなくて、ここに来るムラサキ兄弟はほとんどいない。

f0031682_15365354.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


サザンカの蕾はたくさんついているので、その頃にでも吸蜜に来てくれるかな。

でも個体数が少なそうだからチャンスはあまりないかな、なんて悲観的なことを考えながら帰りかけると、ムラサキシジミが止まっていてちょっとだけ慰めてくれた。

f0031682_15365374.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


気温が20℃を超えているので、直射日光の当たる場所を嫌って葉陰に入ってしまった。
f0031682_15365367.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


飛び立つところも狙ったけど、1/4000 f8 では真っ黒になってしまい失敗。



by dandara2 | 2018-11-10 15:54 | 飛翔 | Comments(8)
2018年 10月 31日

ウラナミシジミ(2018/10/21)

10月21日はウラナミシジミの様子を見に、市内のいつもとは違う場所に出かける。

ウラナミシジミは、いつものコスモスの川原にもいるにはいるのだけど、キバナコスモスには来てくれない。

比較的きれいなオスがセンダングサで吸蜜していた。

f0031682_16515903.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_16515994.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


あまりシャッターを押さないうちに飛んでしまった。

もう一頭いたけど今年はここでもチョウの姿が少ない。

キタテハがセンダングサで吸蜜しているけど、その後ろの民家にカキの実がたわわになっている。

なんとか柿の実も入れて写真を撮ろうと思うのだけど、ちょっと遠くてうまくいかなかった。

f0031682_16515935.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


モンシロチョウがもう少し近くに止まったので撮影。

f0031682_16515931.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ほとんどチョウの姿がないので、サイクリングロードをぶらぶら歩きながら車に戻る。

戻る途中でヒメアカタテハがセンダングサに来ていたので、飛び出すところを撮影した。

f0031682_16515891.jpg
ニコン1V3 1ニッコール6.7-13

f0031682_16514947.jpg
ニコン1V3 1ニッコール6.7-13

f0031682_16514927.jpg
ニコン1V3 1ニッコール6.7-13

f0031682_16514910.jpg
ニコン1V3 1ニッコール6.7-13

f0031682_16514923.jpg
ニコン1V3 1ニッコール6.7-13

f0031682_16514863.jpg
ニコン1V3 1ニッコール6.7-13




by dandara2 | 2018-10-31 16:57 | 飛翔 | Comments(4)
2018年 10月 09日

秋の川原へ-2(ツマグロキチョウ、ミヤマシジミ:2018/9/23)

9月23日、シルビアシジミのポイントから移動してツマグロキチョウとミヤマシジミのポイントに着く。

チラチラとツマグロキチョウが飛んでいるのが見える。

メドハギで吸蜜する個体がいた。

f0031682_07484327.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミヤマシジミも見つかった。

f0031682_07484381.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


こちらもメドハギで吸蜜している。

f0031682_07484394.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これで目的の3種がとりあえず撮影できたので一安心。

飛び回る個体が多いので、飛翔を撮影することにした。

f0031682_07484370.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_07484375.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


裏面が撮れたので、表も撮影。

f0031682_07482868.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ミヤマシジミは、草の周りを飛び回るときには少しスピードが落ちるので、何とか撮影できたけど背景が雑然としてしまう。

f0031682_07483657.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_07483712.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_07483734.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


多少背景が抜けているものもあった。

f0031682_07483692.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


オスが食草の周りを飛んでいた。

f0031682_07483683.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


メスを探しているようだ。

背景に青空が来るようにして飛翔を撮影したら結構よい感じに写った。

f0031682_07482887.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


カメラが気になったのか方向転換をした。

f0031682_07482862.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


向きを変えるときに飛ぶ方向を見ている。
f0031682_07482983.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


向きを変えて飛び去った。

f0031682_07482989.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


この日は3連休の中日なので、高速が混まないうちに帰ることにして土手に上がると、一面に咲いているツルボに吸蜜に来る個体がいた。

f0031682_07482074.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツルボにはあまり吸蜜に来ないので、やったねと言う感じ。

f0031682_07482009.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


この個体は、他のツマグロキチョウと花の嗜好が違うようなので、脅かさないようにそっと様子を見ていると、ツリガネニンジンでも吸蜜してくれた。

f0031682_07482008.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


最後に素敵な吸蜜写真が撮れて、気分良く帰路に着くことができた。



by dandara2 | 2018-10-09 07:57 | 飛翔 | Comments(8)
2018年 10月 04日

小畔川便り(雨の後で:2018/9/22)

9月22日は2日間続いた雨もようやく上がる気配。

朝はまだ雨だったけど、10時頃になってようやく上がった。

雨で濡れた草も少し乾いてきた11時半頃に川原に出る。

いつも通りキアゲハが吸蜜しているけど、この日は新鮮な個体はいなかった。

f0031682_14091849.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アゲハ類がいないので、いつもはあまりカメラを向けない蝶たちにカメラを向ける。

ツマグロヒョウモンの比較的新鮮なオスがいた。

f0031682_14091857.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14091180.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14091118.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスも新鮮なのがいた。

f0031682_14085967.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日はミドリヒョウモンのオスがいた。

f0031682_14091832.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメウラナミジャノメも吸蜜に来ていた。

f0031682_14091828.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


結構珍しい。

イチモンジセセリが花の上で求愛をしている。

f0031682_14091752.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14091161.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


キタテハもすっかり秋型が多くなってきた。

f0031682_14091133.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14091106.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


雨の後だからか、気温の関係か、コスモスの間を少しゆっくり飛ぶので、いつもの待つスタイルではなく、蝶を追いかけながら飛翔を撮影する。

f0031682_14090560.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_14090541.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_14090546.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


12時を過ぎると雲が多くなってきたので帰ることにする。

カメラのスイッチを切って帰りかけたら、ジャコウアゲハが飛んできた。

とっさに飛翔用の1V2をストラップから外し、スイッチを入れるけど、カメラが完全にスタンバイしないうちに撮影距離に来てしまったので、やむを得ずシャッターを押したけど完全な露出オーバー。

f0031682_14090058.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


6年も前に発売されたミラーレスカメラだから、スイッチを入れてから撮影が可能になるまでに1秒以上かかる。

幸いRAWでの撮影だったから、現像処理で何とか救えたけど、露出は2絞り分もオーバーしていた。

f0031682_14090516.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5  上の写真をRAW現像し、レタッチで修正 下も同じ

f0031682_14090024.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_14090004.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5





by dandara2 | 2018-10-04 14:22 | 飛翔 | Comments(6)
2018年 08月 29日

小畔川便り(まだ新鮮なギンイチ:2018/8/19.20)

8月19日は8時40分頃から自宅前の川原に出る。
晴れてはいるけど、24℃とまだ涼しい空気が残っている。

ギンイチは元気に飛び回っていた。

f0031682_14251951.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_14251992.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_14251976.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_14251952.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


気温が低い関係か、少し飛んではすぐに止まる。

止まった個体を見るとまだ新鮮だった。

f0031682_14251979.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今月の10日が初見だったから、それから10日経ってもまだ新鮮な個体がいるというのは少しびっくりな感じ。

キバナコスモスの所ではキアゲハが吸蜜に来ていた。

f0031682_14251187.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14251214.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14251282.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14251230.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


20日も川原に出る。
曇りで、気温は少し高くて27℃くらい。

新鮮なギンイチのオスが出迎えてくれた。

f0031682_14251115.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14250440.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


コスモスの所ではジャコウアゲハが吸蜜に来ていた。

f0031682_14250493.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オスは相変わらず一つの花では落ち着いて吸蜜してくれない。

f0031682_14250492.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


隣にいるのはイチモンジセセリかな。
f0031682_14250498.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



吸蜜しているオスに他のオスが絡む。

f0031682_14250462.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近づいても、ある程度の距離まで近づくと、メスではないとわかるのかすぐに離れてしまうので、一つの画面に収めるのは難しかった。

キアゲハも来ていた。

f0031682_14245466.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14245532.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


2種の蝶が同時にいる場合は、キアゲハが中心部、ジャコウアゲハが周辺を飛び回るという感じが多かった。

雨が少ないのでキバナコスモスが元気がないように見えるが、これから雨が降ればもっときれいに咲いてくれるだろうか。

f0031682_14245459.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


帰り影にギンイチの飛翔を撮影、少し傷んでいるようだ。

f0031682_14245550.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ところが、開翅していたオスはびっくりするくらいきれいだった。

f0031682_14245469.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


縁毛が少し傷んではいるけど、なかなかこれだけきれいな翅表は撮れないので、この時期にこれだけの個体がいるのにびっくりしながらシャッターを押す。



by dandara2 | 2018-08-29 15:06 | 飛翔 | Comments(2)
2018年 08月 22日

小畔川便り(ギンイチ飛翔撮影:2018/8/15.16)

8月15日はやはり晴れて暑い。
14日に9時半ではギンイチの飛翔活動が終りに近かったので、8時45分に川原に出る。

ギンイチは活発に飛翔していた。

f0031682_09464084.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_09464152.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


もう少し近づいてもいいような気もするけど、今でレンズ前面15センチ以下、これ以下だと蝶が驚いてコースを変える確率が高くなって、今度はシャッターを押すチャンスが減ってしまう。

f0031682_09464101.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


この辺の加減が難しい。

撮影しながら歩いていたら、メスが止まっていた。

そっと近づいて撮影。

f0031682_09464000.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


周囲を見ると、オスの飛翔コースの中。

これならオスが絡むのが撮影できるなと思いながら、ポジションを定めたり、カメラの設定を確認したりしながら、視線を戻すとなんともうオスが絡んでいた。

メスは小飛して位置が変わっている。

f0031682_09464169.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんてこったと思って、もう一度絡まないかと思って、メスを少し飛ばせて良い位置に止まらせようとするけど、そうは問屋が卸さない。

だんだん土手の斜面を下に移動してしまい、オスの飛翔コースから外れてしまった。

仕方なく広角で撮影。

f0031682_09463248.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


キバナコスモスのところに行くと、今日もキアゲハが吸蜜に来ていた。

f0031682_09463225.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09463205.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメイワダレソウにはギンイチのオスが吸蜜に来ていた。

f0031682_09463229.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し擦れているかなという感じだったけど、まあ許容範囲。

f0031682_09463245.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ふと見ると、少し大きめのシジミが止まっている。
ウラナミシジミだった。

f0031682_09462510.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


もうそんな時期かと、秋を感じてしまった。


16日も同じように晴れて暑そう。
撮影に出る時間をもう少し早めて7時45分頃に川原に出る。

出た時には飛んでいなかったけど、7時50分頃には飛び始めた。


ようやく思った感じで何枚か飛翔が撮影できた。

f0031682_09462589.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_09462570.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_09462665.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


f0031682_09462533.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

それでも上の写真のように草の手前で横に飛んでくれることは少ない。
多くは、草の間を飛んだり、コースを変えて逃げて行ったりする。
f0031682_09461598.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


まだオスも新鮮だ。

f0031682_09461508.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後キバナコスモスのところに行くと、この時間帯はジャコウアゲハが来ていた。

f0031682_09461572.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_09460670.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09461590.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

ジャコウアゲハはキアゲハほどには落ち着いて吸蜜してくれず、一つの花にはせいぜい4,5秒しか止まっていてくれない。
f0031682_09461529.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09460642.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影は難しかったけど、違う種類で楽しく撮影した。

8時半前には撮影を終了し、後はゆっくり自宅で写真の整理をしたりして過ごす。





by dandara2 | 2018-08-22 10:03 | 飛翔 | Comments(6)
2018年 08月 19日

小畔川便り(ギンイチの飛翔設定見直し:2018/8/14)

8月14日、今日も朝から暑い。

朝の掃除も終わったので、9時30分から自宅前の川原に出てみる。
11日と同じで、30分くらいで帰るつもりで、水も持たず、カメラも望遠ズーム付きのD500一台だけ持って出る。

河原に出たとたんにギンイチが飛んでいる、しかも何頭も。
ギンイチの飛翔撮影は想定していなかったので、飛翔用の1V2はもっていないので、無駄と思ったけど一応カメラを向ける。

f0031682_18422330.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


当然ピンボケ。
草の間を飛ぶ小さなギンイチは、画面の中に入れるだけでも一苦労。

一頭が止まってくれたので、一応証拠写真が撮れたけど、他は飛んでばかり。

f0031682_18422468.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


無駄に時間を過ごしても仕方ないので、家に飛翔用の1V2を取りに戻った。

河原に戻ると、なんともうギンイチは飛んでいなかった。
この間、10分も経っていないのに朝の飛翔時間は終わってしまったのだろうか。

仕方ないので、コスモスのところに行ってキアゲハを撮影する。

f0031682_18422433.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


濃い目のキバナコスモスで吸蜜するキアゲハはかなり黄色みが強くなってしまう。

f0031682_18422417.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家に戻りかけると、土手を1頭のギンイチが飛んでいた。
f0031682_18422320.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_18421388.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


なんとか撮影。

アカツメクサではヒメアカタテハが吸蜜していた。

f0031682_18421368.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


自宅で撮影した飛翔写真を確認すると、ピントはあっているけどギンイチが小さい。

飛翔は置きピンだけど、そのままだと持ち歩いているうちに距離リングが動いてしまうので、ピントは30㎝(レンズ前面から20㎝)にして動かないようにセロテープを張ってある。

ただギンイチは小さいので、ついついカメラを近づけすぎてしまう。
当然大きくは写っているけどピンボケ。

それで次からは撮影距離を25㎝にしてみることにした。

距離の設定がどうか気になるので、15時過ぎに再度出かけてみる。

残念なことに土手にはギンイチは飛んでいない。

キバナコスモスのところは日陰になっていてキアゲハもいない。

ヒメアカタテハが一頭だけアカツメクサに来ていたので、これで少し遊ぶことにする。

まずは飛び立ちの撮影。

f0031682_18421379.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_18421220.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


次には広角で背景を入れて撮影。

f0031682_18401509.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_18401692.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


蝶がいないので仕方なく戻りかけると、ギンイチのメスが飛び出した。

様子を見ていると、産卵態勢をとったが産卵はしなかったようだ。

f0031682_18401620.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


すぐに近くで休止態勢に入ってしまった。

f0031682_18401555.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


時間は15時20分を過ぎているので、このまま夜を過ごすのかもしれない。
f0031682_18405880.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


帰ろうと思ったけど、せっかく飛翔の距離の設定を変えたので、このメスに飛んでもらうことにする。

少しの距離を飛んではすぐに止まるけど、なんとか飛んでいるところが撮影できた。

f0031682_18405851.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_18405802.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


蝶の大きさも少しは大きく写るし、自分の距離感にもしっくりくるので、ギンイチの飛翔はこの距離設定で撮影することにした。

今年はギンイチが多い。
草刈りが6月に行われたけど、その時は土手の上の、人が歩く部分のみで、土手の斜面と下の川原は草刈りしなかった。

その後7月上旬にギンイチの2化が発生し、8月中旬に3化が発生。
今の河原の様子はこんな感じになっている。

f0031682_18421304.jpg

草刈りと発生のサイクルがうまくかみ合ったのだろうか。



by dandara2 | 2018-08-19 18:59 | 飛翔 | Comments(8)
2018年 07月 05日

キマルリ再撮影-2(2018/6/25)

オオヒカゲの撮影が無事終わったので、キマルリのポイントを目指して移動。

10時半ころに出発して13時半くらいに着いた。

キマルリの保護をしているTさんに挨拶してから、念のためにチョウセンアカシジミの発生木の周りを探してみると数頭の個体がいた。

f0031682_05531403.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここのチョウセンアカは、キマルリの頃には傷んでいるのであまりカメラを向けたことはないけど、今回は案内係なので、まだ残っていて良かったと喜んでカメラを向けた。

その後キマルリの発生地に行く。

時間的にはまだ早いけど、もしかしたらメスが出ているかもしれないし、前回はほとんどカメラを向けなかったヒメシジミも撮影のチャンスがあるかもしれない。

結果的にはメスは出ていなかったし、ヒメシジミは傷んだ個体ばかりで、カメラは向けなかった。

ひたすらうろうろ歩いて、もしかしたら撮れないんじゃないかと悲観的な考えが頭をよぎり始めた15時30分、ようやく1頭が現れてくれた。

f0031682_05531490.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


風があるので、ピント合わせが難しいけど、葉をそっと手で押さえたりしてなんとかphotobikersさんにも撮影してもらった。

この日は、我々二人以外には、地元の方がお一人撮影しているだけでほぼ貸し切り状態。

きちんと飛翔を取り直したいと思っていたので、お二人の邪魔にならないように、というか人の動きを気にしないで済むように少し離れた別の場所で狙うことにした。

ところがなかなかテリハリ個体が現れないし、現れても周囲を飛び回ってばかりでなかなか止まらない。

16時を過ぎた時にようやく撮影のチャンスがあった。

カメラを構えてじっと待つこと数分、ようやく飛び立ってシャッターを押すことができた。

f0031682_05531603.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05531644.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


もう少し青く光ってくれたら最高だけど、ピントが合っているだけでも良しとしないと。
f0031682_05531442.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


モニターで確認すると何とか写っているようだ。

この後も何回かチャンスがあるけど、なかなか納得のいく写真は撮れない。

f0031682_05525842.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


f0031682_05525835.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05525901.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


体が少し隠れてしまう位置に止まった。
飛翔狙いだから飛び出したときに体全体は写るだろうとカメラを構えていると、何かが近くを飛んだ時にそれを追うようにして飛び出した。

f0031682_05530776.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05530707.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


後でモニターを見ると、近くを通り過ぎたのは別のキマルリで、それを追いかけて飛び出す様子が写っていた。

f0031682_05530745.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05530769.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


飛翔を狙っているときに、目の高さに止まった個体がいたので、急いでカメラを持ち替えて開翅を狙う。

f0031682_05530777.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


発生から10日経っているので、多少擦れてはいるけど、それでも思ったよりはきれいな個体だ。

もう少し翅を開いてくれた。

f0031682_05525825.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この後Tさんがお見えになったので、テリハリ位置が高くて開翅が撮りにくいと愚痴をこぼしたら、昨日から低い位置でテリハリする個体がいるというので、その場所に案内してくれた。

見ていると、1頭が飛んできて腰より低い位置でテリハリを始めた。

f0031682_05525879.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


喜んで撮影し、翅表がより光る位置を求めて周囲を回るけど、個体差だろうか鮮度だろうか、期待したほどには光ってくれなかった。

f0031682_05524976.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_05524815.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでも自分一人なので撮り放題。

f0031682_05524988.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


photobikersさんにも電話するけど出ない。
多分荷物の中に入れっぱなしなんだろうと思って、この個体はまだしばらくはここで翅を開いているだろうからと、少し離れた場所まで声をかけに行く。

戻ってきて少し撮影していたら、飛んで行ってヒメジョオンの周りを飛び回っている。
そのうち花に止まった。

二人で駆け寄って撮影。

f0031682_05524947.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これで少しは華やかな開翅シーンが撮れたと大喜び

縦位置にもトリミングしてみたけど、結構よい感じかな。

f0031682_05524836.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


Tさんのお店で食事をし、家内へのお土産も買って無事帰宅することができた。

photobikersさん、お疲れさまでした。



by dandara2 | 2018-07-05 06:12 | 飛翔 | Comments(8)
2018年 06月 11日

小畔川便り(近くのゼフィルス-4:2018/6/3,4)

6月3日は朝から良い天気。

ミドリシジミのポイントに行ってみたけど、1頭もいなかった。
近くでたくさん見掛けたウラナミアカシジミ1頭もいない。

天気は良いし、気温もそこそこ高い。
いったい何が気に入らないのだろう。

仕方ないのでオオミドリシジミの場所に行くと、オオミドリシジミは相変わらずテリハリ行動をしていた。

f0031682_15270460.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ただ、2日と違ってあまり下には降りてこない。

f0031682_15264834.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


テリハリ場所も若干高いような気がする。

仕方がないので、テリハリ場所からの飛び立ちをメインに撮影する。
f0031682_15270487.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_15270415.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


f0031682_15270420.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_15270466.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_15265675.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


この飛び立ち写真はちょっとお気に入り。
f0031682_15265696.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_15265618.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


飛行機が飛び立つシーンみたいだ。

こちらは翅の輝きがすごい。
止まっている時にはどうアングルを変えてもこうは光らないのに、飛び立つときは光ることが多い。
f0031682_15264895.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


撮影していたら、目の高さのところで2頭がスクランブルを始めた。
しかもちょっと長く。

あわててカメラを向けるけど、ピントが合わず全滅。

ところが、家内がしっかり撮影していた。

f0031682_15265628.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_15265656.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


後で写真を見てがっくり・・・なんてこった。

9時を過ぎるとテリハリ場所はさらに高くなって、2頭が並んで止まることも多くなってきた。

f0031682_15264986.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15264831.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翌4日は月曜日、この日も朝から天気が良い。
先月末から引いている風邪が一向に良くならず、体がだるい。

そろそろオオミドリシジミもいいかなと思うけど、遠出する気力がわいてこないし、オオミドリシジミも何か撮り足りない気がして、孫の朝の世話で出られない家内を置いて一人で出かける。
オオミドリの撮影だと、10時頃には帰宅できて、その後休めるので体が楽だ。

今日の目的は、昨日ピンボケだったスクランブルの撮影と、毎回撮ろう撮ろうと思いながら忘れてしまう、オオミドリのテリハリ環境の撮影。

最初にミドリシジミの場所を確認すると、この日も1頭もいなかった。

8時前にオオミドリシジミのポイントに着くと、低い場所で翅を開いていた。

f0031682_15264852.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


忘れないうちに、テリハリ場所の環境を撮影する。

f0031682_15264105.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


林の中の木漏れ日の当たる場所でテリハリをしている。

f0031682_15264108.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


撮影していたら、目の前でスクランブルが始まった。

f0031682_15264110.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15264215.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15264260.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


チャンスは一回だけだったけど、なんとかピントの合った写真を撮ることができた。


6日は梅雨入りした。



by dandara2 | 2018-06-11 15:46 | 飛翔 | Comments(8)