カテゴリ:吸蜜( 167 )


2018年 05月 20日

北アルプスのクモマツマキチョウ(2018/5/12)

5月12日は里山便りphotobikersさんと北アルプスのクモマツマキチョウを撮影に行く。


現地に着くとハタザオが極端に少ない。

いろいろ気になる話もあるし、今後の発生に影響がなければいいけど。

現地では新潟のギフ撮影の時にお会いした蝶と自然のNAGUさんがお見えになっていたので、いろいろお話をする。


しばらくするとようやくクモマツマキチョウが現れてくれた。

f0031682_17450534.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ところがこの個体を撮影した後ぱったりと姿が見えなくなってしまった。

それで、photobikersさんと相談して二手に分かれることにして別の場所に移動。

移動途中でまたNAGUさんとお会いしたので一緒に歩く。

途中の林道に入ったらクモマツマキはいなかったけど、キベリタテハが飛んできた。

f0031682_17450580.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


越冬個体だからキベリの部分が色あせているけど、あまり傷もなくきれいな個体だった。

別のポイントにも蝶山人さんを始めとして、何人かの知り合いの方たちがいたので話を聞くと、どうもあまり芳しくないらしい。

しばらくその場で待っているけど一向に飛んでくる気配がない。

そのうちNAGUさんの奥様から連絡が入って、最初の場所でクモツキが出たらしいというのでそちらに移動された。

しばらくしたらphotobikersさんからも連絡があって、最初の場所で3頭ほどが現れて無事撮影されたとのこと。

やれやれこれで案内役もお役御免だなと安心して、その場にいらした皆さんにも声をかけてそちらに戻ることにした。

しばらくその場で待っているとクモマツマキチョウが現れてスミレで吸蜜してくれた。

f0031682_17445680.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体は少しずつ移動しながら吸蜜を繰り返してくれたので、その場にいた人達みんなで一緒に撮影する。

f0031682_17445617.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17445603.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17445695.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やたらシャッターを押しているから、吸蜜後飛び立つところも撮れていた。
f0031682_17450547.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17450610.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17450541.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し日が陰ったら、ニリンソウの花に止まって静止した。

f0031682_17565860.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜ではないようだけど、ニリンソウの花と一緒なんて、願ってもないシーンなので大喜びで撮影。

そのうち少しずつ明るくなってきたら、それにつれて翅を開き始めた。

f0031682_17444639.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17444630.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この後も何回か吸蜜のチャンスがあった。

f0031682_17443670.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17444643.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


皆さんはまだ撮影していたけど、ある程度撮影できたので、次のオオルリシジミの方に移動することにした。

ポイントに着くとすでに撮影されている方がいたので声をかけて一緒に撮影する。

新鮮な個体が開翅しているところだった。

f0031682_17443622.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17443669.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


贅沢なもので、オオルリらしい裏面も撮りたいななんて考えていたら、小飛してハルジオンに止まってくれた。

f0031682_17443624.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


一通り撮影できたので、満足して帰宅の途に就くことができた。

現地でお会いした皆さん、いろいろありがとうございました。





by dandara2 | 2018-05-20 08:00 | 吸蜜 | Comments(20)
2018年 05月 17日

黒系アゲハの撮影(2018/5/5)

大型連休後半の5日、窓から高速を見るとさすがに下りの流れはスムース。

この日はUターンラッシュのピークということなので、群馬の山に黒系アゲハの写真を撮りに行って、午後に現れるスミナガシはあきらめて午前中に帰ることにする。

ポイントに着いて最初に現れたのはミヤマカラスアゲハ。

f0031682_16473606.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


あわてて駆け寄ったので近づきすぎてしまった。

モンキアゲハもちらっと出てきてくれた。

f0031682_16473676.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


次に出てきたのはカラスアゲハのメス。

f0031682_16473615.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


何とかきれいな後翅の輝きを撮りたいけど、落ち着かない。

f0031682_16473645.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


羽ばたきながら吸蜜しているから、やたらシャッターを押す。
f0031682_16473626.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16472792.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


一枚くらいはきれいな色の出た写真が撮れるだろう。

それからしばらくは蝶の姿が途絶えてしまった。

この日は時間がないのでやや焦る。

30分くらいしたらまたミヤマカラスアゲハが来てくれた。

f0031682_16472743.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内の方にはモンキアゲハが出てきたようだ。

f0031682_16472852.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_16472892.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_16472744.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_16471989.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ミヤマカラスアゲハはすぐに飛んでしまったので、モンキアゲハの方に行く。

f0031682_16472744.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


10分くらい間が空いてまたミヤマカラスアゲハがやってきた。
f0031682_16471979.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16471220.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16471320.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今度はきれいな翅表を撮影することができた。
尾状突起が残念だけど、撮れただけでも満足。

f0031682_16471909.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ただ飛び上がるので、少しピントが甘いのが残念だ。
f0031682_16471950.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オナガアゲハのメスもやってきた。

f0031682_16471238.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


先日撮っているので、ちょっとテンションが上がらないけど、ツツジの花の色が違うからきちんと撮影しておこうとカメラを向ける。

f0031682_16471387.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



思ったよりはできの良い写真が撮れて、きちんとカメラを向けておいてよかったと思う。

f0031682_16471334.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この時点で11時。

ウスバシロチョウなどの様子を見ながら帰宅することにした。

うれしいことに帰りは全く渋滞に合わずに帰ることができた。



by dandara2 | 2018-05-17 17:07 | 吸蜜 | Comments(13)
2018年 04月 30日

トラフシジミとウスバシロチョウ(2018/4/11.20)

4月11日はウスバシロチョウが出始めたというのでコツバメの公園に様子を見に行く。

ホソオチョウがまだ飛んでいて、春らしい一枚が撮れた。

f0031682_18434983.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ウスバシロチョウが吸蜜に来るウツギのところに行くと、ウスバシロチョウはいなくてトラフシジミが吸蜜していた。

f0031682_18435076.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


これもまたいい感じだ。

f0031682_18435093.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ミヤマセセリも吸蜜に来た。

f0031682_18435043.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


時期的に傷んできているけど、今年は吸蜜写真をほとんど撮っていないので喜んで撮影。

f0031682_18434996.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日はウスバシロチョウは出てきてくれなかったので早めに撤収する。

帰りがけに比較的きれいなミヤマセセリのメスが枯れ葉に止まっていたので撮影。

f0031682_18434372.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


桜の花にも来ていた。

f0031682_18434334.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_18434382.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


タンポポにも来ていた。
f0031682_18434335.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


広々とした風景だったので、飛びあがるところを撮ってみる。

f0031682_18434393.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


残念ながらピントが甘かった。

f0031682_18433567.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


それから10日くらいした4月20日にも再度来てみる。

ウスバシロチョウはそれなりの数が飛んでいて、タンポポに吸蜜に来た。

f0031682_18433585.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ウツギの花にも来ている。

f0031682_18433574.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_18432653.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カメラを向けていたらスジグロシロチョウが飛んできた。

f0031682_18433582.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ベニシジミが瞬間絡んだところを家内がうまく撮っていた。

f0031682_18432690.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


帰りがけには飛翔も撮影しておく。

f0031682_18432683.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_18432681.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18432709.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ゆったりと飛んでいるようでも、こちらの動きに敏感に反応するので、いつもながら思い通りには撮影させてくれなかった。



by dandara2 | 2018-04-30 19:07 | 吸蜜 | Comments(4)
2018年 04月 14日

新潟のギフ-1(吸蜜:2018/4/5)

4月5日は新潟にギフを撮影に行く。

天気予報を見ると、週末は天気が悪そう。
少し早いかなと思ったけど、とりあえず出掛けることにする。

孫は春休みで、この日は用事があって連れて出られない。
家内も孫の用事に付き添っていかないといけないので、一人で出かけることにする。

関越トンネルを抜けた時の雪は、平年並みか少し少ないくらいだった。
ところが、それから先はまだ田んぼが一面の雪だったりして、今年の新潟は平地で雪が多かった印象があった。

3時間ほどで目的地について、無事についたよと連絡を入れていたら、目の前のカタクリにギフが止まった。

あわてて携帯をしまってカメラを向ける。

f0031682_21234257.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カタクリは新鮮、ギフチョウも新鮮。

f0031682_21234218.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やったねと言う感じだ。


それから少しの間は雲が出たりして姿が見えなかったけど、40分ほどして日が射すと、杉の木の上からギフが降りてきてカタクリで吸蜜してくれた。

f0031682_21234213.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず写真が撮れたので、今日の撮影場所と決めていた場所に移動する。

移動の途中ではヒオドシチョウが日光浴をしていた。

f0031682_21234291.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ちょうど良いので飛び立つシーンも撮影。

f0031682_21234288.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


目的地に着くと、少し風があって肌寒い。
雲も出てきてしまった。

空を見上げながら1時間ほど待つと、ようやく薄日が射してきてギフが飛び出した。

カタクリに止まったのが見えたので、急いで近づいてカメラを向ける。

ファインダーに飛び込んできたのはびっくりするくらいきれいなカタクリの花だった。

f0031682_21233236.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


きれいなカタクリに新鮮なギフの組み合わせはなかなか撮影できないので喜んで撮影。

f0031682_21512203.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ただあまりゆっくりはしてくれなかった。

個体数はまだ少なくて、この後はチャンスがなかった。

この場所はこんなものかなと思ったので、ここに来る途中でギフを数頭見掛けた場所に移動することにする。

何頭かのギフがいるけど、例によってオスは全く止まらない。

一頭だけ動きが鈍い個体がいたので、もしかしてと止まったところを見るとメスだった。

f0031682_21231278.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


まだ発生初期だと思っていたから、メスがいるのには少々びっくりしたけど、メスは吸蜜もしてくれるし、もしかしたら交尾、産卵といったシーンも見られるかもしれない。

そっと様子を見ていると期待どおりカタクリで吸蜜してくれた。

f0031682_21231295.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カタクリの花もきれいだし、そこそこまとまって咲いているので、少しずつアングルを変えながら、ここぞとばかりシャッターを押す。

f0031682_21231212.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ゆとりができたので、カタクリから飛び立つシーンを狙うことにする。

広角で近づく間に飛ばれては困るので、望遠で狙うことにした。

f0031682_21233304.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_21233317.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


なんとか撮影することができた。

さらに近づいて狙う。

f0031682_21231277.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_21231244.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


今度もうまく撮影できた。
やっぱり望遠系で飛び出しを狙うのは、近づく必要がないから楽でいい。


ここぞとばかり飛び出し撮影するけど、そうそう良いシーンばかりは続かなかった。

f0031682_21230374.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_21230422.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_21233209.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


メスも飛んで行ってしまったので周囲の様子を見ると、オスが飛んできてカタクリで吸蜜を始めた。

背景が良かったし、落ち着いて吸蜜しているので、広角でそっと近づく。

f0031682_21230472.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


幸い無理やり飛ばさなくても自然と飛び立ってくれたので、良い感じの飛び立ちシーンを撮影することができた。

f0031682_21230429.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_21230377.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


この日は誰とも会わず、一人でギフとの時間を存分に楽しめたので、気分良く帰ることができた。

と言いたいところだけど、帰りに高速に乗るときにETCゲートを通るときにやけに静か。
ピッともなんとも言わない。
あれ、なんか変だなと思いながらそのまま通過、高速を降りてゲートをくぐろうとしたらビーとエラー発生。
係の人の説明では、どうもゲートの機械が壊れていたらしい。
どこのインターかとか、入った時間とか聞かれた。(料金の件もあるだろうけど、そのゲートの係に連絡するんだろうな)

自分のカードとかは全く正常、最後にとんだ落ちがついてしまった。
もし写真が撮れていなかったらかなり落ち込んだところだった。






by dandara2 | 2018-04-14 21:56 | 吸蜜 | Comments(16)
2018年 04月 10日

神奈川のギフ(2018/4/3)

4月3日は里山の蝶便りさんと神奈川のギフを見に行く。
この日は上に登る気はなくて、山麓で各種の花に来るギフを撮影する予定。

9時少し過ぎ位に現地について様子を見る。

数日前に撮影仲間が素晴らしい写真を撮っているので、楽勝のつもりでいたけれどギフの姿がない。

二手に分かれて探すことにする。

10時少し前にギフがツツジに吸蜜に来た。

f0031682_06570538.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200


ここでのツツジ吸蜜は、いつも時期が合わずあまり良い写真がないので喜んで撮影。

f0031682_06570593.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


すぐに電話を入れると、向こうでもギフが現れたらしい。


ところがその後が続かない。

マメザクラの前で散々待つけど、時々飛んでは来るものの全く止まる気配がない。

やけくそで通過するギフを撮ってみたらかろうじて1枚だけ写っていた。

f0031682_06570567.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


結局マメザクラのギフはこの1枚だけだった。

この場所で様子を見るという里山の蝶便りさんを置いて別の場所を見に行く。

遠くのツツジにギフが来ていたので、10m以上あるけど、とりあえず撮影。

f0031682_06570589.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


トリミングしたら多少は見られる写真になった。

近くに飛んでくるけど止まらないので、飛翔を撮影。

f0031682_06570695.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


あまり良い出来ではなかった。

ようやく近くのツツジで吸蜜してくれた。

f0031682_06565963.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんかギフが大きく写るし、フォーカスが遅いなと思いながら撮影。

f0031682_06570044.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後で気が付いたけど、ここのマメザクラの撮影は、少し距離があることが多いのでテレコンをかましてきていたんだった。

撮影していたら里山の蝶便りさんから、マメザクラに吸蜜に来ているという電話。

ちょうどツツジに来ている所だったし、マメザクラは前にも撮れているし、これからチャンスがあるだろうと思ってツツジでの撮影を続行。

f0031682_06570087.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06570085.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

ツツジの蕾にやってきたけど、当然吸蜜せずに離れた。
f0031682_06565927.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06565229.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そしたら2度目の電話があったので移動したら、ちょうど飛んで行ってしまったとのこと。

その後は13時半すぎまでまってみたけど現れてくれなかった。

モデルになったのはミヤマセセリ。

f0031682_06565292.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


スジクロシロチョウのみだった。

f0031682_06565154.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それぞれ写真はないから、貴重なシーンではあるけど、ギフチョウもちゃんと写したかったかな。

なんとなく消化不良の結果だったけど、とりあえずは二人とも撮影できたので帰ることにした。

里山の蝶便りさん、お疲れさまでした。



by dandara2 | 2018-04-10 07:12 | 吸蜜 | Comments(10)
2018年 02月 14日

12月の八重山-6(石垣島中部:2017/12/25

石垣島の4日目は島の中部に出かける。


ここにも北部同様ヒマワリヒヨドリの咲く場所があるという。

ただ、前日とは違ってやや雲が多く、気温も20℃程度とあまり暖かくない。

ヒマワリヒヨドリの規模はそれほど大きくはなく、来ている蝶の数も多くはない。

まあ気温が低いのと雲が多いのが関係しているのかもしれない。

それでもヒメアサギマダラ

f0031682_17402024.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_17402079.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


リュウキュウアサギマダラ

f0031682_17400692.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_17400662.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


スジグロカバマダラ

f0031682_17395974.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_17395972.jpg

ニコンD500 シグマアポマクロ150


ツマムラサキマダラ

f0031682_17395963.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


などの姿を見ることができた。

ここでは、北部ではあまり撮影できなかったマルバネルリマダラを見ることができた。

ただかなり遠い距離でしか撮影できない。

f0031682_17401336.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


曇っていて動きがないので、空を眺めながら晴れて飛び立つ瞬間をひたすら待つ。
f0031682_17400602.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


やっと晴れてきて、動くかなと蝶の様子を見ようとファインダーから目を離した瞬間にジャコウアゲハが絡んで飛び立ってしまった。

今まで我慢して粘ったのはなんだったんだ~
ま、よくあることですけどね。

ヤエヤマムラサキの裏面はマルバネルリマダラによく似ていて、一瞬ドキリとする。

f0031682_17395828.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ジャコウアゲハはやたら多かった。

f0031682_17402086.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_17402123.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


クロテンシロチョウもここには多かった。
いつも飛んでばかりでなかなか止まらないけど、この日は気温が低い関係か、あまり活発には飛ばずに吸蜜なども良くしてくれた。

f0031682_17401320.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_17401495.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


メスにオスが絡むシーンも撮影できた。

f0031682_17402006.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


家内も、花に吸蜜に訪れたシーンをうまく撮影していた。

f0031682_17401304.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_17401319.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


リュウキュウミスジが数頭いたので、コミスジとの違いがよくわかる裏面を撮影。

f0031682_17400663.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


2頭のリュウキュウミスジが仲良く並んでいた。

f0031682_17395821.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


家内はコウトウシロシタセセリも撮影していた。
f0031682_18125678.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


移動した先の草原ではルリウラナミシジミがいた。

f0031682_17400642.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


期待したウスアオオナガウラナミシジミは残念ながら姿がなかった。



by dandara2 | 2018-02-14 18:01 | 吸蜜 | Comments(4)
2018年 01月 13日

12月の八重山-2(2017/12/23:マダラチョウ)

2017年の12月23日は、マダラチョウを撮影に石垣島の北部の方に出かけた。

ここはヒマワリヒヨドリに来るたくさんのマダラチョウを撮影することができる。
8年前の2009年の12月にも来たけど、その時よりは蝶の数は少ないような気がした。
その年の気候とかいろいろあるだろうから、単純に少なくなったという話ではないとは思うけど。


2009年の時には撮影できなくて、今回撮影できたのはヒメアサギマダラ。
少し前から数が増えてきたということだけど、かなりの数を見ることができた。

f0031682_10104416.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


リュウキュウアサギマダラに似ているけど、色も薄く、大きさも少し小さいので、慣れるとすぐに区別がつくようになった。
f0031682_10103785.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_10103886.jpg

ニコンD500 シグマアポマクロ150


今回見たマダラチョウの中では、一番小さく飛び方も弱々しい。

飛翔もそれほど早くないので、久しぶりに飛翔写真も撮影した。

f0031682_10104594.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


明るい場所よりは、こんな感じの少し暗い所が好みのようだ。
f0031682_10104563.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


吸蜜していたヒメアサギマダラのところにジャコウアゲハが飛んで来たら、びっくりしたヒメアサギマダラが飛び出した。

f0031682_10104403.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


スジグロカバマダラは、前日にも撮影したけど、目の前にいるとやはりカメラを向けたくなる。
f0031682_10102083.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


たくさんの個体が吸蜜しているだけでうれしくなる。

f0031682_10100724.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


リュウキュウアサギマダラとのコラボもうれしい。
f0031682_10100747.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


f0031682_10100752.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この個体は黒い部分がはっきりしていてちょっとインパクトがあった。

f0031682_10102189.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


この日は交尾ペアにもいくつも出あうことができた。

f0031682_10103041.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


別の交尾個体を見つけてカメラを向けたら、奥にも交尾個体がいて驚いたのか翅を開いた。

f0031682_10102995.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


両方にピントを合わせようと少し踏み込んだら、驚いたのか飛び上がった。

f0031682_10102128.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


幸い遠くには飛ばずに、並んで止まってくれたので、なんとか両方にピントの合った写真をとることができた。

f0031682_10102124.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


こんなシーンはめったにないので大喜び。

前の写真でもわかるけど、交尾飛翔形式は♂+♀のようだ。

f0031682_10102158.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この時期に一番多いマダラチョウは、やはりリュウキュウアサギマダラ。

f0031682_10103739.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


手元のストックを確認したら、写真(作品)として保存してあるのは10カットのみだった(撮影したものは当然もっと数が多いけど)。
"よく目にする蝶"というフィルターに惑わされないようにカメラを向けた。
f0031682_10102932.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


きれいなブルーの模様は南に来たなという気にさせてくれる。

f0031682_10103061.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この蝶もゆっくり飛ぶので、飛翔写真も何とか撮れた。

f0031682_10103879.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_10103842.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


吸蜜している個体の背景にいるのはアサギマダラ。

f0031682_10103023.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


アサギマダラはこの時期、比較的きれいな個体と翅にシミなどが目立つ個体とが見られた。

普通だときれいな個体にカメラが向いてしまうけど、翅にシミの目立つ個体は本土から越冬のためにはるばる旅をしてきた蝶と思ったので、そういった個体を意識してカメラを向けた。

f0031682_10104492.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


マーキングされた個体がいないかと気にはしてみたけど見つからなかった。




by dandara2 | 2018-01-13 10:40 | 吸蜜 | Comments(6)
2017年 12月 17日

小畔川便り(サザンカでの吸蜜-2:2017/12/5)

12月5日は晴れて気温も高く15℃位になった。

こんな日はサザンカでの吸蜜が見られるだろうといつもの公園に出かける。

最初にムラサキツバメの様子を見に行くと、2頭が飛び出して3頭になっていて、そのうち1頭は隣の葉に移動して翅を開いている。

f0031682_18070611.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


サザンカの場所に行くと浅間の煙さんがお見えになっていた。


路上ではムラサキシジミが吸水していた。

f0031682_18070660.jpg

ニコンD500 シグマアポマクロ150


越冬中のムラサキシジミの集団は1頭になっていた。

f0031682_18070640.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


暖かくて飛び出したのだろうか。
ツバキの葉でメスが翅を開いている。

少し傷があるけど、きれいに輝いている。

f0031682_18070032.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


サザンカを見ると期待通りムラサキシジミが吸蜜に来ていた。

f0031682_18070545.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


例によって花の中に潜り込んでなかなか顔まで写せないけど、顔を出したところを狙ってシャッターを押す。

f0031682_18070108.jpg

ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_18065900.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_18062004.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


少し傷んでいるけど、この花に来たムラサキシジミはいろいろなポーズを見せてくれた。

まずは吸蜜

f0031682_18070031.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_18070053.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


吸蜜を終えたのか移動して翅を開いてくれた。

f0031682_18064991.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_18065040.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


花の中心でも翅を開いた。

f0031682_18064999.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


少し移動して花弁の裏にストローを伸ばしている。

f0031682_18062125.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


下の枯れ葉に、ムラサキシジミのオスが降りて翅を開いた。
f0031682_18070564.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


メスも同じように翅を開いてくれた。

f0031682_18062164.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


サザンカの隣のツバキに止まったメスが翅を開いた。

f0031682_18065002.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


広角でサザンカの咲いた木も入れてみた。

f0031682_18065099.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


一通り撮影が変わって、ムラサキシジミの越冬場所を見ると、3頭に増えていた。

f0031682_18062108.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


今日サザンカでの写真を撮らせてくれたのはここの個体だろう。

ムラサキツバメも飛び出した個体が戻ってきて5頭になっていた。

f0031682_18062043.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300




by dandara2 | 2017-12-17 18:25 | 吸蜜 | Comments(8)
2017年 12月 06日

小畔川便り(サザンカでの吸蜜-1:2017/12/29、30)

11月29日は晴れて気温も上がるようなので、咲き始めたサザンカに吸蜜に来るのがいるかなと思って期待しながらいつもの公園に行く。

最初にムラサキツバメの5頭集団のところを見ると、みんな飛び出して残っているのは1頭になっていた。

f0031682_15561872.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


サザンカの葉の上ではムラサキシジミのメスが翅を開いている。

f0031682_15561941.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


10頭集団を見ると、みんな飛び出して1頭が翅を開いているだけだった。

f0031682_15561934.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


サザンカの花を見ると、期待通りムラサキシジミが吸蜜に来ていた。

f0031682_15561999.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


木陰のサザンカにも。

f0031682_15561120.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


すぐにおしべの間に潜り込んでしまうけど、辛抱強く待って、顔が出てきたところを狙って撮影する。

f0031682_15555954.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_15555919.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_15561149.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


最初は一頭だけだったけど、もう一頭が吸蜜に来てくれた。
f0031682_15561821.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


すぐに花に潜り込んでしまうけど、なんとか2頭の吸蜜が撮れてよかった。

f0031682_15561105.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


十分吸蜜したのか、1頭は姿を消し、もう1頭は花弁の先で小休止の感じ。

f0031682_15555021.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


そのうちゆっくりと翅を開いた。

f0031682_15560040.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


逆光で難しかったけど、翅を透かして花の色が透けて見えていた。

他の花でも吸蜜する個体がいた。

f0031682_15561079.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


この個体は花弁に垂れてきた蜜を吸っているのだろうか。

f0031682_15561281.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


そのうち伸び上がって中心部の蜜を吸い始めた。

f0031682_15560056.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


顔を突っ込んで吸蜜もしていた。

f0031682_15560083.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200



この日は期待したほど晴天が続かず、11時過ぎには曇ってきてしまったので早めに帰宅した。


30日は曇りで寒い。

この日は孫のマラソン大会なので、応援がてら公園に様子を見に行く。

ムラサキツバメは寒いから、一部の個体が体を横にしている。

f0031682_15555159.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


昨日もぬけのからになっていたムラサキシジミの越冬集団のところには5頭が戻ってきていた。

f0031682_15555119.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


子供たちもみんな頑張った。

f0031682_15555138.jpg

帰りがけに再度ムラサキツバメの様子を見ると、少し気温が上がった関係か、手前の2頭が体を起こしていた。

f0031682_15555039.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300




by dandara2 | 2017-12-06 16:20 | 吸蜜 | Comments(6)
2017年 10月 25日

小畔川便り(コスモスの川原で-5:2017/10/12.18)

10月12日は8日、10日と小遠征が続いたし、翌日からは天気が下り坂で、天気が良くなるころにはコスモスも終わりかなと思ったので、自宅前のコスモスの様子を見に行く。

コスモスはかなり終りに近くなってきたけど、まだ何とか見られる状態を保っている。

少し傷んだツマグロヒョウモンのオスがいたので、割合の多くなってきたピンクのコスモスを背景に写真を撮った。

f0031682_07391447.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


こちらは別個体。

f0031682_07391972.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



ヒメアカタテハは相変わらずキバナコスモスが大好き。
f0031682_07391905.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでも黄色やピンクのコスモスが背景に入ってくれるので、カラフルで撮影していても楽しい。

f0031682_07392057.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_07392059.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立ちも撮影。
f0031682_07392044.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


キタテハは秋型になって、ずっと写真写りがよくなった。

f0031682_07391362.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ただ、一番落ち着きがなくて撮影は結構難しい。

f0031682_07391425.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この撮影の後ずっと天気が悪かった。


10月18日になってようやく六日ぶりの晴天になった。

コスモスはかなり花が終わって、種が多くなってきたから、家に帰るとセンダングサほどではないけど、あちこちに種がついている。

カメラを向けても、傷んだ花が多くなって広角は無理そうなので、望遠ズームでヒメアカタテハを撮影。

f0031682_07390564.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_07385409.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

この個体、後翅の黒点がかなり発達していた。


この日は、イチモンジセセリよりもチャバネセセリが多く、飛び出し撮影にチャレンジ。

f0031682_07385497.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


セセリの飛び出しは速くて、翅がゆがんでいる。

f0031682_07385495.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


シャッターの関係か、自然状態でもそうなのかはよくわからない。

ふと見るときれいなツマグロヒョウモンのメスが飛んできて、コスモス畑よりも一段下がった川岸の土に止まった。

上がってこないかなとしばらく見ていたけど、その気配がないので仕方なく下に降りた。

その拍子に地面に止まっていたツマグロヒョウモンがふっと飛び立って、下に生えていたキバナコスモスに止まった。

f0031682_07390478.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


きれいなメスで、翅のブルーが輝いている。

f0031682_07391458.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず望遠で押さえたので、広角で撮ることにする。

少し位置が悪いけど、逃げては困るのでそのまま撮影。

f0031682_07391381.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13



出来れば川が入る位置の花に来てくれないかと思っていたら、願いが通じたのかその花に来てくれた。

やったねと思いながら撮影。

f0031682_07390432.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


出来れば正面から撮影できる位置に来てくれないかなと思ってみていると、少し位置をずらして願った通りの位置で翅を開いてくれた。

f0031682_07390560.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


周りは草で囲まれて、だれにも気兼ねせず、自然の中に浸りきって思い通りのアングルで写真が撮れた。
たった数分のことだけど、至福のひと時だった。

ようやくこの広角レンズの特徴を十分生かした写真が撮れたような気がして大満足。

このレンズは、1枚目の写真でもわかるように、周辺の描写がちょっと気になる(f5.6)。
それでこの日は少し絞ってみたら(f6.3)、ようやく周辺の流れもかなり改善された。
この日は飛び出しも意識して、シャッタースピードは1/4000のマニュアル露出(ISO Auto:この時はISO800になっていた)にしてあったけど、広角専用と割り切って、シャッタースピードをもう少し落として、逆にもう少し絞って写りを確認しておこうと思う。


この後移動して、あまり良い位置には止まってくれなくなってしまったので、飛び出しの写真をとることにする。

f0031682_07390448.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


f0031682_07385485.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


この後上のコスモスの群落に戻った。

少しきれいな花の間に止まってくれたので、広角で撮ろうと思うけど、手前にコスモスがあって近づけない。

仕方なくコスモスの間にそっとカメラを入れて撮影。

f0031682_07385328.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


手前のコスモスが入ってしまったけど、これはこれで面白い絵になった。

コスモスは、先日の台風21号で川原が冠水してダメになってしまったので、これで今年の撮影は終わり。
きれいに世話してくれたおかげで、今年も楽しく撮影し、最後に良い写真が撮れてよかった。
ありがとうございました。



by dandara2 | 2017-10-25 07:58 | 吸蜜 | Comments(4)