カテゴリ:夏眠( 2 )


2018年 09月 10日

晩夏の高原(2018/8/31)

8月31日は遅ればせながらキベリタテハとヤマキチョウを探しに出かけてきた。

撮影仲間のブログだと個体数は少ないし、時期的にも遅い感じだったので、シルビアの方に行こうかと迷ったけど、同時に撮影できるツマグロキチョウはまだ夏型だろうし、これから何回か出かけることもあるだろう。

キベリとヤマキはもう最後だろうから、撮影できなくても、行っておけば良かったと後で思うよりはいいかなと出かけてみた。

結果的には両種とも撮影できなくて、やっぱり今年の夏はもう終わりだなということを実感してきた。

キベリを探して歩いた林道では、シータテハが吸水していた。

f0031682_09264606.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_09264670.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


いくら待ってもキベリは出てこないので、もう少し先の方へ歩くと、少し開けたところで飛び回るギンボシヒョウモンを見つける。

f0031682_09264678.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そういえば昨年もギンボシヒョウモンの産卵を撮影したなと見ていると、スミレの周囲を探るように歩いている。

f0031682_09264713.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そのうち腹端を曲げた。

f0031682_09263726.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


何回かそんな仕草を撮影できた。

f0031682_09263707.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ギンボシヒョウモンの産卵は他の場所では撮影できていないので良かったけど、キベリが気になってじっくりとは撮影できなかった。

キベリが出てこないとわかっていればもう少しじっくり撮影すればよかった。

花もほとんど終わっていて何も咲いていないけど、1か所だけ咲いていたアザミ(ヤツガタケアザミかな)にミドリヒョウモンと、ウラナミシジミが来ていた。

f0031682_09263766.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09263780.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_09263782.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここでウラナミシジミを見るとは思わなかった。

ヒメキマダラヒカゲもいた。

f0031682_09264628.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


クジャクチョウが出てきてくれたけど、花が何もないので地面に止まっている所だけしか撮影できない。

f0031682_09261531.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_09261520.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヤマキチョウのポイントに移動すると、ここも花はほとんど終わっていた。

アサマフウロがたくさん咲いているけど蝶にはあまり人気がない。

f0031682_09261555.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


イチモンジセセリが来ていただけだった。
f0031682_09261503.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近くにはメスグロヒョウモンもいた。

f0031682_09261556.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


家内はミドリシジミを撮影していた。
f0031682_11272109.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ヤマハンノキが食樹の関係で、山地のゼフの中では一番発生が遅い。

タムラソウが咲き残っていて、ミドリヒョウモンが来ている。

f0031682_09254289.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


傷んだ個体が多い。

f0031682_09254325.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オスがこちら向きで翅を全開してくれた。

f0031682_09254337.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後で写真を見直すと、後翅の同じ位置に擦れたような跡が見える。

f0031682_09254244.jpg

よく見ると前翅の一番下の性標(画面では一番上)と白いラインの入った性標の間の黒い斑紋にも同じように左右対称の白い点が見える。

どうやってついた傷だろう。
左右対称だからちょっと印象に残っていた。

tefteffさんの「秩父の蝶」を見ていたら、左右の翅に同じような傷がついている個体がいて、夏眠中についた傷だろうという記事があった。

傷の形状が違うから、同じ原因かどうかはわからないけど、そんなこともあるんだと興味深く拝見した。





by dandara2 | 2018-09-10 11:38 | 夏眠 | Comments(10)
2015年 08月 07日

奥武蔵の高原で(2015/8/2)

昨日で7日連続の猛暑日だとか。
きっと今日も猛暑日で8日連続になるんでしょうね。

自宅周辺はまるっきり出る気になれません。

7月17に親知らずを抜いていて、25日に抜糸したけど、その痕がまだふさがっていなくてぽっかり穴が開いている。
なんとなく鈍痛もするし、今一つ気力が充実しない。

8月2日はそれでもどこかに行きたいなとは思ったけど、窓から見る関越高速は渋滞中。

それで、少し気になる蝶もいたりするので、自宅から1時間程度の奥武蔵の標高930mの場所に行ってみることにした。

最初に目についたのはアサギマダラ。
f0031682_1142480.jpg

f0031682_11422712.jpg


この前来た時にはウスバシロチョウと一緒に吸蜜していたけど、夏の間はここで発生を続けているのかな。
f0031682_11424415.jpg

家内撮影

気になっていた蝶の一つはホソバセセリ。

少ないながら発生していたけど、まだ無事でいるんだろうか。
ポイントに行ってみると草刈りがされていて何もいない。
あちゃーと言う感じで、周辺を探すけどいない。
ぐるっと小一時間歩いて、元の場所近くのベンチのあるところで休んでいたら、目の前のアベリアに吸蜜に来た。
f0031682_11433612.jpg


擦れてはいたけど、無事に発生しているのを見て一安心。

もうひとつ気になっていたのがクモガタヒョウモン。
ブログには載せていないけど、2011年の8月にもここで新鮮なクモガタヒョウモンを撮影した。
f0031682_1144762.jpg

2011年8月1日

普通だと夏眠している時期の8月と言うのが気になっていて、ここでは8月には観察できるのかなと言うのが確かめたかった。
標高がもう少し高い軽井沢あたりだと、8月にもみることがあるらしい。

ところがヒョウモンのヒョの字もない。
ホソバセセリ探しで小一時間歩いていた時に、1本だけ蝶の集まっている木があった。
木の名前はよくわからない。(わかったら教えてください)

ヒョウモンが何頭かいるので距離があるけど撮影してみる。
最初に目についたのは雌のウラギンヒョウモン。
f0031682_1145034.jpg


ミドリヒョウモンもいた。
f0031682_11451637.jpg


少し色の薄いヒョウモンが飛んできたけど、なんだかわからずとりあえず撮影。
f0031682_11454763.jpg


後で確認したらクモガタヒョウモンのようだ。

車に戻ると、以前テングチョウの集団吸汁を撮影したあたりで、また何頭かのテングチョウを見かけた。
f0031682_11464887.jpg

家内撮影

この時期のテングチョウって夏眠しているとばかり思っていたけど、意外とそうでもないのかな。

今迄に来た時も、それほど蝶の姿は多くないし、特に珍しい蝶もいなかったので気にはしていなかったけど、自分の知識が増えたら案外貴重な観察場所になるのかなと言う気がした。

by dandara2 | 2015-08-07 11:48 | 夏眠 | Comments(14)