カテゴリ:機材( 52 )


2018年 09月 18日

小畔川便り(設定の見直し、ダイナミックAF153点:2018/9/8)

9月8日は6日同様AF機能のチェック。

2年も前に発売されたカメラで今更こんなチェックをするのもおかしいけど、もともといい加減な性格なので、自分の撮影スタイルにどの機能が一番合っているのかきちんと試したことはなかった。

この日はAF-C機能の中で、フォーカスポイントが153点のチェックをしてみる。
シャッタースピードは1/2000にした。


今までは25点と72点は使ってきたけど、153点はほとんど使ったことがない。

雑誌などを調べてみると、被写体が静止している場合はAF-S。
被写体が動いていて、動きが予測しにくく、動きが早い場合はAF-Cの25,72,153点を使い、動きが比較的遅い場合はAF-Cの3D-トラッキングを使うと良いと書いてある。

動物の撮影をする人は25点、フォーミュラカーの撮影をする人は153点を使ったりしているようだ。
この記事を読んだときに、蝶も動物だからと単純に考えて25点や72点を使ってきたけど、飛び上がるときの動きの速さはフォーミュラカーよりは速くて、カメラを動かしては追いきれないから、フォーカスポイントが全面にあるこちらが良いかなという気がしてきた。

今までもAF-Cの25点や72点は使ってきたので、撮影の仕方そのものは今までと同じだけど、ピントの食いつきは153点では違っているだろうか。

吸蜜しているキアゲハが飛びあがった。

f0031682_17484412.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17484494.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


フォーカスポイントは横はほぼ全面、縦は画面の中央2/4をカバーしているけど、上と下それぞれ1/4はカバーしていない。

上の写真だと、ちょうどポイントを外れた感じになるのかな。


この写真だとカバー範囲内ということだろうか。

f0031682_17484402.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17484442.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


こちらもカバー範囲内だろう。

f0031682_17482688.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17482660.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この写真でははっきりしないけど、オリジナルを拡大すると、両方とも複眼にピントは来ていた。

f0031682_17472392.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17472200.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


先日の3D-トラッキングと違って、ピントを合わせた後にカメラを横に振ると、フォーカスポイントは動かないから、フォーカスポイントがある位置にピントが合ってしまう。
その場合はフォーカスポイントの位置を変えて撮影する必要がある。

これはカメラを構えながら親指で操作できるのでそう難しくはないけど、画面中央でピントを合わせる頻度はかなり多くなる。


機能のチェック以外にも撮影を楽しんだ。

吸蜜するアゲハの所にモンキチョウが飛んできた。

f0031682_17482659.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


背景にたくさんキバナコスモスが咲いているけど、このレンズはボケもきれいなので、こんな時にはうれしい。

f0031682_17482678.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影していたら、アゲハがピンクのコスモスに吸蜜に来た。
キバナコスモスが良く咲いているこの時期には珍しいので喜んで撮影する。

f0031682_17482661.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


フォーカスポイントを動かしてアングルを変えながら撮影。

f0031682_17472231.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少しアップで、背景の黄色いボケも入れてみる。

f0031682_17472304.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アゲハが飛んだあと、同じ花にキアゲハもやってきた。

f0031682_17472303.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


他にも花はたくさんあるのに、矢張り目立つ花とかあるのだろうか。

ヒメアカタテハも来てくれた。

f0031682_17484488.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日の感じでは、25点よりは食いつきが良いけど、72点との違いはよく分からなかった。
でも、153点だからダメという点はないので、しばらくはこのモードで使ってみることにする。


一通り撮影できたので、カメラを替えて広角で撮影。

f0031682_17472946.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_17471584.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_17471400.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


飛翔も撮影してみたらきっちりピントが来てくれた。

f0031682_17471596.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_17471541.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5






by dandara2 | 2018-09-18 18:01 | 機材 | Comments(0)
2018年 09月 15日

小畔川便り(AF設定の見直し:2018/9/6)

9月6日、朝起きたら、北海道で大きな地震があったとニュースで報道されていた。

北海道全体で停電になるブラックアウトも起きたらしい。

それから1週間以上たつけど、まだまだ大変な状況のようだ、お見舞い申し上げます。


D500の露出関係の調整はほぼ納得できたので、この日はAFの機能の確認をしてみることにした。


河原にはキアゲハが多いし、天気さえよければしばらくは同じ状況だろうから、安心していろいろ試すことができる。

f0031682_12001713.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


今までは一度ピントを合わせると、多少体が前後に動いたり、蝶が飛び立ったり、花が風で揺れたりしてもピントを合わせ続けてくれるようにAF-Cと言うモードを使っていた。

そして、風で蝶がフォーカスポイントを外れても、その周辺のフォーカスポイントを利用してピントを合わせ続けてくれるように、フォーカスポイントを72点にしていた。

前は25点にしていたけど、最近は72点で特に不都合は感じていない。

ただせっかくキアゲハがキバナコスモスで吸蜜していて、結構せわしなく移動したりもしているので、花から飛びあがった時にフォーカスがついていくのはどのモードが一番いいかをきちんと検証しておきたいと思った。

撮影中に細かにモードを変えると、どのモードで写したかわからなくなるので、この日は3D-トラッキングというモード一本に絞って撮影。

D500を購入して2年になるけど、このモードで撮影したことはなかった。


マニュアル本によると、このモードの特徴は、被写体が動いても全てのフォーカスポイントを使ってピントを合わせ続けてくれるのと、ピントを合わせながらでも構図を変えられるという特徴があるという。

早速川原に出てみて撮影する。

f0031682_12005647.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜していたキアゲハが飛び立ったけど、なんとかピントが来ている。(拡大するとちょっと複眼からはピントがずれている)

f0031682_12005664.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


次のアゲハも同様。
f0031682_12005694.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_12005675.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この場合は複眼のピントは外していない。

キバナコスモスでキアゲハが吸蜜しているけど、背景のピンクのコスモスがきれい。

まず画面中心に蝶の複眼を入れてピントを合わせて撮影。

f0031682_12010329.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そのままシャッターを半押ししながらカメラを少し横に振ってみた。

右側のコスモスがきちんと画面に入ったところで撮影。(いずれもノートり)

f0031682_12003020.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カメラを動かすと、フォーカスポイントがちかちかと少し動くのが気になったけど、ピントは大丈夫だった。

この機能はかなり便利。

その後も飛び立つときのピントを確認してみると、かなりの確率でピントはあっていた。

f0031682_12003044.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_12003079.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_12002585.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_12002481.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キャプチャーモードのように、蝶が飛び立ってからシャッターを押しても、飛び立つ前から写っているというわけにはいかないけど、撮影中に蝶が飛び立つということはよくあるので、その時にきちんと写っていると嬉しい。
もちろんそのためにはシャッタースピードなどの問題もあるけど、それは今回とは別の問題
今回はすべて1/1600で撮影したけど、もう少し速いシャッタースピードの方が良かったみたいだ。

下の写真では翅がぶれている。(他の写真の複眼のピンボケもこれが入っているかもしれない。)

f0031682_12001605.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_12001738.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



アゲハ以外には、タテハ類も撮影。

ヒメアカタテハ

f0031682_12003061.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キタテハは地味でついついカメラが向かないけど、この時は気を引き締めなおして撮影。

f0031682_12001791.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オオスカシバが同じ花に来た時にはちょっとビビったようだ。
f0031682_12002598.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この写真ではオオスカシバの方にピントが勝手に行っている。

f0031682_12002524.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツマグロヒョウモンのメスもいた。

f0031682_12001651.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


自宅に帰って写真を見ると、ほぼピントはあっているけどそうでないものもいくつか見られた。
この中にはブレの問題もいくつかはありそうだ。

撮影中に画面を振ると、フォーカスポイントが細かに動いて、ときには他の場所に行ってしまうこともあって多少気になる。

別のマニュアル本を調べると、3D-トラッキングはピントを合わせた位置の色情報を記憶してピントを合わせ続ける機能のようだ。

これって、スポーツなどでユニフォームなどにピントを合わせ続けるには良いけど、今回のような花がたくさんある中で、蝶の複眼にピントを合わせ続けるにはどうかなという気がしないでもない。

それでフォーカスポイントが細かに動いたりしたのかな。

次には別のモードで試すことにする。





by dandara2 | 2018-09-15 12:22 | 機材 | Comments(8)
2017年 10月 01日

小畔川便り(新レンズのテスト:2017/9/24.25)

9月24日
この日は夕方に新しいレンズが届く。
ニコン1用の6.7-13mm(35㎜換算18-35㎜)。

以前ベニヒカゲの撮影に行ったときに使っていた10-30(35㎜換算27-81㎜)よりもう少し広角が欲しいと思ったので、購入することにした。

今まで飛び立つシーンを撮影していた1J5が、裏面照射型のCMOSをつけて画質が良いので、このレンズをつけて広角専用のカメラにすることにした。


今まで1J5で撮影していた飛び立つシーン撮影は1V3ですることにした。

今までも飛び出しの撮影に1V3は使っていたけど、あくまで1J5の補助。

f0031682_16220605.jpg

これを飛び出し撮影のメインにするには、蝶から5-10㎝くらいに近づいたときに、葉や枝に引っ掛けてチョウを脅かさないように、邪魔なネックストラップをはずし、グリップやファインダーも外して、腰につけたカメラボシェットに入るようにした。

f0031682_16220598.jpg

グリップを外すと、カメラの持ち方が少し違ってきたりするので、そういったことの確認に、レンズが届く前の午前中に自宅前の川原で使い勝手のテストをすることにした。

ちょうどキクイモが咲いていて、それにヒメアカタテハが来ていたのでこれを使って飛び出し撮影のチェック。

f0031682_16305298.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ハチが来て驚いて飛び立った。
f0031682_16222783.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


グリップもアングルによっては持ちにくいこともあるけど、特に問題はなかった。

f0031682_16222799.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_22022605.jpg

ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_16222148.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30



25日は、届いた広角ズームのチェックと、いつもの撮影のように他のカメラも持った時に、目的によってすぐにカメラを取り換えられるかの確認。

蝶が出てきたときに、目的のカメラがスムースに短時間に用意できなければ意味がない。

D500で静止画を撮っていて、飛び出しを撮ろうと思ったら、10秒以内に目的の1V3に交換し、スタンバイしたい。

この時にカメラを落とすようでは困る。

この春には、2度レンズを落として、修理代だけでも5万円くらいかかった。


新しいレンズは、最短撮影距離が25㎝というのがちょっと引っかかっていて、カタログ値通りだと、レンズ前面15㎝くらいでピントが合うことになるけど、これだと蝶が小さくしか写らない。

超広角だから、もっと近づいてもピントの合う範囲は広いはずなので、これの確認も大事な目的。

ちょうど土手の上のセンダングサにツマグロヒョウモンが来ていたので、レンズ前面3㎝くらいまで近づいて撮影する。

f0031682_16222252.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


モニターで確認しても問題ないようだ。
背景が広々していい感じだ。


土手の上の方でヒメジャノメが絡んでいたので、飛翔用の1V2で撮影。

f0031682_16222175.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


コスモスの咲いている場所に行くと、イチモンジセセリが求愛している。

f0031682_16222723.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


広角を向けたら飛び立ってしまったけど、ちょうど2頭が追いかけているところが写っていた。

f0031682_16222218.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ツマグロヒョウモンのメスが吸蜜していたので、これはD500で背景をぼかして撮影。
f0031682_16222188.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200


ふと見ると、アオスジアゲハが吸蜜に来ている。

今年はまだアオスジアゲハを撮影していなかったので、これをカメラを交換しながら撮影してみることにする。

せわしなく羽ばたきながら、一つの花では5,6秒くらいしか吸蜜しない。
カメラの交換に手間取らないかの確認にちょうど良い。

まずD500で確実に押さえておく。

f0031682_16221524.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16221566.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


次に、広角で撮影しようとするけど、アオスジアゲハは落ち着きがなく、すぐに飛び立つので、5㎝以内に近づくのはすごく難しかったけどなんとか撮影。

f0031682_16221488.jpg

ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_16221564.jpg

ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


その次には飛び立つところも撮影する。

f0031682_16220606.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


こちらの方がまだやさしかった。

f0031682_16220524.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


色々試して、最後にもう一度D500できちんと撮ろうと思ってカメラを向けたら、もう一頭のアオスジアゲハが飛び込んできた。
とっさにシャッターを押してなんとか押さえることができた。

f0031682_16221401.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


広角の距離感が残っていたので、少し近づきすぎてしまったけど。

f0031682_16220608.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


新レンズは小型だし、性能も良いのでこれからも重宝しそうだ。




by dandara2 | 2017-10-01 16:52 | 機材 | Comments(10)
2017年 06月 21日

1J5の修理完了と栃木のクロミドリシジミ(2017/6/14.16.17)

6月14日に1J5の修理が上がってきた。

3月と今回の2回の修理で合計6万くらいかかってしまった。

一度にそれくらいかかるのだったら、躊躇なく新しいカメラを買ったけど、その都度微妙な金額だったので結局修理する方を選んだ。

かなり痛い出費になったので、もう二度と落とさないように、いろいろ工夫した。

f0031682_14500424.jpg

カメラボシェットは今まで使っていた中で一番使いやすいものをもう一つ購入した。
4月ごろこれを買いに池袋まで出かけるのが面倒で、近くのお店で別の形式のものを購入したけど、カメラを入れる口がチャック式のもので、これほど大きくは開かない。

撮影の時に上にシャツを着ていて、その上からごそごそやっていてきちんと入ったのを確認しないまま手を放してしまったのが、落ちて壊れた原因。

このポシェットは少し大きいけれど、口が大きく開くので使いやすい。
何しろ、蝶から目を離さずにカメラを出したり、入れたりするので、手の感覚だけでも間違いなくカメラを出し入れできる必要がある。

間違って落ちてもいいように、オリンパスのTGシリーズのスポーツフォルダーについているスパイラルコードを付けた。

カメラとの接続部分は、そのままでは使い勝手が悪いので少し工夫をしてみた。
スパイラルコードの先端をベルトに通しておけば、落としても足首より10㎝くらい上で止まってくれる。
物にあたって壊れる確率はかなり減るだろう。

撮影の時には、コードがもう少し伸びてくれると撮影しやすいなと思うけど、それだとカメラが下にぶつかってしまうので仕方ない。

これを、近場を歩くとき用のウエストポーチと、遠征の時に使うヒップバック用に2セット用意した。

一つをその都度付け替えればいいのかもしれないけど、面倒になってしまって忘れたりするといけないので各ポーチにつけっぱなしできるようにした。


1J5が戻ってきたので、修理の間飛翔用にしていた1V2の代わりに1V3を復帰させることにする。

1V2がお蔵入りになってしまうけど、それもかわいそうなので、同じくお蔵入りになりそうなシグマの18-250をつけてみることにした。

焦点距離は35㎜換算45-625mmになる。


インナーフォーカスだから実際には望遠側は換算400mmくらいだけど、これで39㎝まで近づけるので、写りに問題がなければまあまあの性能だ。

D500に70-200をつけたものに比べれば断然小さくて軽い。
その大きさの比較。

f0031682_14500390.jpg


メインカメラにはできないけど、お散歩カメラとして使えるかどうかもついでにチェックすることことにした。

帰りにスーパーに買い物に行くのがわかっているときには、あまり大きなカメラをぶら下げていきたくはないから、十分な性能があれば自宅前位だといいかもしれない。

1J5は修理の時にすべての設定がリセットされていたので再設定して、その確認とポシェットとスパイラルコードの使い勝手を見るために川原を歩いてみた。

川原はイネ科の植物が枯れてすごいことになっていた。

f0031682_14501881.jpg

チョウの姿もほとんどなかったけど、ベニシジミが花に来ていた。

まず1J5で絞り優先の広角撮影。

f0031682_14552702.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


1V2の望遠端ででも撮影。
f0031682_14552664.jpg
ニコン1V2 シグマ18-250


写りはかなりいい感じだ。

モンシロチョウが交尾していた。

f0031682_14552855.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日は、1J5のBMC機能を使うチャンスがなかったので、16日は飛び立ちの撮影をメインにして出かけてみる。

ベニシジミが吸蜜していたので、早速チェック。

最初は1V2+シグマ18-250の広角端で撮影

f0031682_14502435.jpg
ニコン1V2 シグマ18-250


背景のボケもきれいだ。

同じ距離から、望遠端にして撮影。
f0031682_14501808.jpg
ニコン1V2 シグマ18-250


かなり写りは良いので、これなら安心してお散歩カメラにできる。

次に1J5のBMC機能のチェックで無理やり飛び立たせてみる。
f0031682_14501954.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_14501978.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


撮るには撮れたけど、撮影できた枚数が少ない。
確認すると、BMCで撮影できる20枚の枚数が1秒間に設定されていた。
これだと秒20コマということだ。

それで設定を1/3秒にする。
これだと秒60コマになる。

ベニシジミではチャンスがなかったので、モンシロチョウで試してみた。

f0031682_14501863.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_14501197.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_14501151.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_14501157.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


間は何枚か省略したけど、モンシロの飛び立ちの細かな動きが撮れていた。

これで修理に出す前の設定に戻ったことになる。


17日は栃木にクロミドリシジミ他の撮影に出かける。

現地では何人かの顔見知りの方にお会いしていろいろお世話になった。

クロミドリの方は、1頭が降りてきてくれたが、最初は少し高い位置。

1V3の70-300の望遠端(換算810mm)で撮影。

f0031682_14501113.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


翅を開いたがメスのようだ。
f0031682_14501268.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


細い木だったので、そこにいた人達で枝をそっと下げてかわるがわる撮影。

f0031682_14500477.jpg
ニコンD500 ニッコール70-300


なんとか近くからも撮影することができた。
f0031682_14500474.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


最後には1J5の広角側でも撮影できるほどに近づくことができた。
f0031682_14500488.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


当日ご一緒した皆さん、いろいろお世話になりました。





by dandara2 | 2017-06-21 15:28 | 機材 | Comments(9)
2016年 06月 25日

小畔川便り(ジャコウアゲハ:2016/6/23.25)

ヒサマツミドリを撮影した後は天気が悪く撮影に出られない。

それでも23日は14時を過ぎたら明るくなってきたので、家内のニコンD5500の設定を少しいじって、その様子見に出かけてみる。

今回のD5500の設定の見直しでは、ダイナミックAFというものを生かした設定にしてみた。
要は、ピントを合わせた被写体が動いても、周辺のフォーカスポイントを生かして、ピントを合わせ続けるもので、D500で設定したものだけど、D5500にもフォーカスポイントの数は少ないながら同様の機能があることに気が付いた。
今回は、21点のフォーカスポイントを利用する設定にしてみた。

少し前のニコンにはついていない機能のようでD800にはなかったし、ミラーレスのニコン1シリーズにもついてない。(ミラーレスはフォーカスの仕方が違うから当然だけど)

D500ではすごく使える機能だけど、D5500ではどうなんだろう。

春先にモンキチョウを撮影しに足しげく通った場所に久しぶりに来てみたら、雑草が茂ってすごいことになっていた。

f0031682_18431457.jpg

草の間のアカツメクサにモンキチョウが産卵にきていた。

f0031682_18431422.jpg
ニコンD5500 ニッコール55-200


春先にはアカツメクサには見向きもしないで、カラスノエンドウに産卵していたので、カラスノエンドウはどうなっているのかと見ると、この時期には枯れて茶色になっていた。
f0031682_18430993.jpg
オリンパス TG-4


産卵しそうなモンキチョウにピントを合わせてシャッターを押す。

f0031682_18430967.jpg
ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_18431094.jpg
ニコンD5500 ニッコール55-200

秒5コマはちょっとまだるっこしいけど、きちんと写っているようだ。

モンシロチョウが産卵植物を探して飛んでいるが止まらない。

フォーカスポイントに蝶が入った瞬間にシャッターを押す。

f0031682_18431429.jpg
ニコンD5500 ニッコール55-200


ファインダーではピントが合っていたかどうかはわからないけど、結果はオーライ。
ジャスピンだ。

その後の写真も蝶には一応ピントが来ている。(複眼ではなくて尾部だけど)
f0031682_18431449.jpg
拡大して見ると、最初の写真でピントが合っていた位置が、蝶のとんだ方向に追随しているので、フォーカスポイント内では機能がしっかり働いているようだ。(頭の位置はフォーカスポイント外に移動)


24日にはD500用のメモリーカード(XQD)のカードリーダーが届いた。

f0031682_18431076.jpg

発売が遅れていて、ようやく手に入った。
それまでは、カメラを直接PCに接続してデータを落としていたけど、データを落とす間の30分とかはカメラの電源を入れっぱなしなので、うっかりするとバッテリー切れになっていたりして焦ったことがあった。(データは無事だけど)
これでようやく安心して、データを落とせる。

D500には右のXQDカードを使用しているけど、読み込み速度が440MB/秒、書き込み速度が400MB/秒。

D5500や1V3に使っているSDカード、マイクロSDカードの読み込み速度が95MB/秒、書き込み速度が90MB/秒なので、圧倒的に速い。

秒10コマでシャッターを押しっぱなしにしていても、書き込みが遅くなるようなことはないので、ストレスがたまらなくていい。

25日は朝方は雲があるけど雨が落ちていないので、また川原に出てみる。

家庭菜園のラベンダーにジャコウアゲハが来ていた。

f0031682_18430118.jpg
ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_18430197.jpg
ニコンD5500 ニッコール55-200


蝶が移動してもフォーカスはしっかりしているようだ。
f0031682_18430179.jpg
ニコンD5500 ニッコール55-200


撮影していたら、もう一頭が吸蜜に来た。

f0031682_18425467.jpg
ニコンD5500 ニッコール55-200


ジャコウアゲハが2頭もラベンダーで吸蜜とは豪華だ。

f0031682_18425457.jpg
ニコンD5500 ニッコール55-200


ツマグロヒョウモンも新鮮なオスがアカツメクサで吸蜜していた。

f0031682_18425419.jpg

設定がかなりしっかりしてきたので、家内が使ってもきちんと撮影できそうだ。



by dandara2 | 2016-06-25 19:00 | 機材 | Comments(8)
2016年 06月 07日

小畔川便り(ニコンD5500:2016/6/1.3)

ここにきてD500を購入し、白馬や石垣で実際に撮影してみて、その性能の素晴らしさにすっかり満足し、D800の出番はたぶんなくなるなと思ったので、手放して家内用にニコンD5500を購入することにした。

D5500は昨年発売された時から気になっていたカメラで、自分で使おうかと思った時もあったのだけど、D800が手元にあるのに、さらに買ってもな~と思って見合わせていた。


ニコンD500を使ってみると、ミラーレスのニコン1V3の立ち上がりの遅さが気になってきてきた。
家内も石垣では何回かチャンスを逃していて、愚痴をこぼすようになっていたので、家内のニコン1V2とほぼ同じくらいの軽さのD5500なら、少なくとも立ち上がりの遅さは解消されるかなと思った。

もともと家内に1V2を使ってもらっていたのは、機能云々ではなく、軽くて小型であることが一番だったから。

f0031682_17023569.jpg
上がD500+70-200(1710g)、下がD5500+55-200(770g)

ニコン1V2に70-300をつけた重さは887g、ニコンD5500に55-200をつけた時の重さは770gと重さに関してはかえって軽くなる。

望遠に関しては、ニコン1V2に70-300をつけると、35mm換算810mm(最短撮影距離1.6m)、ニコンD5500に55-200をつけると35mm換算300mm(最短撮影距離1.1m)とちょっと望遠側が不足になるけど、別にニコン1V2を捨てるわけではないので、撮影対象によっては自分が背中のリュックにペットボトルと一緒に入れておけばいいやと思った。


55-200は家にあるので、ボディだけでよかったのだけど、いつも行くお店にはボディだけのは置いて無くて、取り寄せになるという。
すぐに撮影にもっていきたかったので、お店にあった18-55と55-300のレンズのついたダブルズームキットにした。

10万円弱の値段だったけど、D800を下取りしてもらって2万円くらいの持ち出しですんだ。
2012年の3月に購入したカメラだから、4年間使って8万円弱の下取り価格は悪くはないかなと思った。

6月1日は自宅近くのポイントにゼフの生き残りを探しに行った。
この日はキットについてきた55-300をつけてみる。

先日のミズイロオナガシジミの多かった場所に行くと、まだそこにいてくれて無事撮影。

f0031682_17024763.jpg
家内撮影 D5500+55-300

f0031682_17024735.jpg
家内撮影 D5500+55-300

近くにはウラナミアカシジミもいた。
f0031682_17024704.jpg
家内撮影 D5500+55-300

f0031682_17024333.jpg
ニコン1V3+70-300

歩いていたら、テングチョウの1化が産卵をしていた。
これは貴重なシーンだと喜んで撮影。

f0031682_17024764.jpg

家内撮影 ニコンD5500  ニッコール55-300

f0031682_17024793.jpg

ニコン1J5 1ニッコール10-30

その後少し移動して、コムラサキやサトウラギンヒョウモンが発生していないかと様子を見に行く。

コムラサキは3頭くらいがテリハリをしていた。

f0031682_17024340.jpg
ニコンD500+70-200

サトウラギンヒョウモンは見つからなくて、キアゲハが吸蜜していた。

f0031682_17024387.jpg
ニコンD500+70-200

AF-Cで、被写体の蝶が移動してもピントが合う範囲を少し変更したのでその調子も見てみる。
f0031682_17024324.jpg
f0031682_17024329.jpg

そうこうしているとサトウラギンヒョウモンが一頭だけでてきた。

f0031682_17023928.jpg
家内撮影 ニコンD5500  ニッコール55-300

今年も発生していることを確認できてうれしい。
f0031682_17023966.jpg
ニコンD500+70-200

自宅に帰って、D5500で家内が撮影した写真をチェックしてみると、ピントがちょっと甘い。

このレンズは、以前にも使ったことがあるけれど、その時にもピントに納得いかないことがあったので、すぐに手放したことを思い出した。

それに、ピントの来ている位置をよく見ると、ピント位置が少しずれているものが多かった。
考えてみると、この日は風が強く葉が絶えず揺れていた。
AF-Cでは常にフォーカスポイントにピントを合わせるのだけど、風で蝶の位置が少しずれた時に、フォーカスポイントに入った部分にピントが合い、蝶にはピンボケを起こしてしまうのではないかと思った。

それで、AF-Sに変えてみる。
これだとピントが合った時に、ピッと音がする。

ピントが合ってもファインダーの像がきっちり見えないような気がするというので、視度調節も行った。
視度調節しているのを横で見ていると、体が前後に揺れているので、ピントが合ってピッと音がしてもピンボケになるから、何枚か連続して撮影しておくようにアドバイスする。(そのためにAF-Cにしたのだけど、風で蝶がフォーカスポイントから外れるのは考えなかった)

そんなこんなで、6月3日は、55-200を使ってみることにする。

この日は、サトウラギンヒョウモンの確認だけに絞って出かけるけど、ちょうど田植えの日に当たって人が多く、落ち着いて撮影はできなかった。

それでも先日とは少し離れたところで、2頭のサトウラギンヒョウモンを見つけて撮影する。

f0031682_17023961.jpg
ニコンD500+70-200

f0031682_17023592.jpg
ニコンD500+70-200

柳の木の幹に何かが止まったので、コムラサキかと思って覗くとサトキマダラヒカゲだった。

吸汁している位置が高く、D500につけた70-200では小さくしか写らない。

f0031682_17023580.jpg
ニコンD500+70-200

それで1V3と70-300で撮影する。

f0031682_17023528.jpg
ニコン1V3+70-300

さすがに35mm換算810mmの威力は、距離のあるこんな時にはすごい。(いずれもノートリ)

家内はウラギンヒョウモンは小さくしか撮影できなかったけど、ツバメシジミはきれいに撮影していた。
f0031682_17023583.jpg
家内撮影 ニコンD5500  ニッコール55-200

D5500+55-200のセットの使い心地を聞くと、この組み合わせが気に入ったようなので、今後はこれをメインにして、遠くの蝶に対しては予定通り1V2+70-300で行くことにした。






by dandara2 | 2016-06-07 17:30 | 機材 | Comments(6)
2016年 05月 20日

小畔川便り(D500のAF性能:2016/5/15)

5月14日は天気もすっきりしないし、家族の用事で一日忙しく過ごした。(すっかりアッシー君)
15日は天気もまあまあなので、クモマツマキチョウなどを撮影しに行こうと思ったけど、天気予報が何となくすっきりしないし、やや疲れ気味で気力がわかない。

ネットでD500の記事を見ていたら、D500のカタログ用の写真を撮られた山形豪さんの記事に、D500のAFについて面白い内容のものがあった。

これは蝶の場合にも使えるのではないかと、クモマツマキチョウに行くのはやめて自宅前で試してみることにした。
(都合のよい言い訳ができたような感じで、その日一日あまり後悔しないですんだ)

モンシロチョウが黄色の花に吸蜜にきているけど、蜜の量が少なく、止まってもすぐに飛び立つ。

これはちょうどいい被写体だなと思って、吸蜜に止まったらすぐに複眼にピントを合わせ連射してみた。
(見やすくするために、どれもかなりトリミングしています)

f0031682_07385084.jpg


吸蜜している蝶の左上のところに花の種子の綿毛のようなものがもやっとしているし、前翅の右側に細い枯草が伸びている。

これが注意点。

まず複眼の部分を拡大してみると、しっかりピントが合っている。

f0031682_07385094.jpg

綿毛にもピントが合っている。

f0031682_07385014.jpg


次に吸蜜を終えて飛び立ったシーン。

f0031682_07385043.jpg


細い枯葉の位置から、蝶が少し上に移動したことがわかる。

拡大してみると、複眼にはしっかりピントが合っている。

f0031682_07385033.jpg

けれども綿毛はピンボケになっている。

f0031682_07384542.jpg

これは、蝶が手前にも移動したけど、カメラがしっかり複眼にピントを合わせ続けていたことを示している。

今までもAF-Cという機能はあって、動いているものでもピントが合い続けるというのはあったけど、これはあくまでフォーカスポイントをきちんと置いていた場合の話で、今回のように飛び上がった蝶の複眼にフォーカスポイントを置き続けるのは不可能で、結局ピンボケになっていた。
なんかすごい。

別の写真も撮れていた。

やはり吸蜜中のモンシロの複眼にピントを合わせる。

f0031682_07384592.jpg

右側の花の下にも綿毛が引っ掛かっているけど、少し手前側にあるのかピンボケ。

飛び立った時には水平に移動したのかピント位置は変わっていない。

f0031682_07384590.jpg

花粉が飛び散っているようだ。

そのあと、少し手前に移動したのか、綿毛にピントが合って、吸蜜していた花はピンボケになっている。

f0031682_07384540.jpg

もちろん複眼にはきちんとピントが合っている。
f0031682_06464344.jpg


先日のアゲハの撮影でも、蝶が吸蜜から飛び立つとピントがずれてしまうケースが多かったけど、この機能を使えばそんな失敗がかなり軽減されそうだ。

機材の進歩ってすごい。


えっと、19日から南に遠征で、22日の夜に帰ります。
梅雨入りしたけど大丈夫かな…予報は全部曇りマーク、ちょっと傘がのぞいたりしている。



by dandara2 | 2016-05-20 07:35 | 機材 | Comments(10)
2015年 05月 25日

小畔川便り(平地性ゼフィルス)


北海道から帰った翌日の18日にニコン1用に70-300を購入した。

北海道に行くときに間に合えばよかったけど、品薄で一時は2か月待ちとか言っていたので、買うのをやめていた。
ここに来て品物が出回り始めたので注文したけど、それでも1週間ほど待たされた。

上が1V3に付けた70-300、下が1V2に付けた70-200

f0031682_19315646.jpg

大分小さいし軽い。70-300が550g 70-200が850g

70-200は大きくて重いことを除けば性能には文句ないけど、ニコン1用のレンズではないので、マウントアダプターを介する必要があって合計1kg になる。

フォーカスポイントが中央固定になる(日の丸写真にならざるを得ない)とか、BMC(バスト連射)が使えないとか、ニコン1の性能をフルにはいかせない。

70-300はニコン1用の専用レンズだから、ニコン1の性能をフルに生かせる。

MTF曲線を見ると、70-200以上の写りは期待できないけど、それなりに使えるのなら軽くて小さい専用レンズの方がいい。

なんといっても、35㎜換算、190-810㎜ と言うのは、これから予定しているゼフ等の撮影にはかなり威力を発揮しそうだ。

その試し撮りを兼ねて、5月19日と20日は自宅近くに平地性ゼフを見に行く。

ウラゴマダラシジミは個体数は多かったけど、すでに痛んだ個体が多い。

それでもこの個体は、木のてっぺん近くに止まっていて、距離は3m以上。

f0031682_19315693.jpg

これは右を少しトリミングしたけど、肉眼では翅を開いたのがようやく判るくらいの距離。

f0031682_19315650.jpg

17時ころになると、それまで飛び回ってばかりいたものが吸蜜するようになった。

f0031682_19315620.jpg
f0031682_19315749.jpg

2頭が絡んだシーンもあったけど、この日は暗くて条件が悪く、像は甘い感じがした。

f0031682_19315623.jpg

翌20日は、別の場所にアカシジミなどの平地性ゼフィルスを探しに行く。

ポイントについてすぐ見つかったのはウラナミアカシジミ。

f0031682_19320571.jpg

ああもう出ているんだ。例年に比べて早いなと言うのが印象。

f0031682_19320540.jpg

それではと言うことでアカシジミの多い場所に行くけど全くいない。
やっぱりまだ早いかなと思いながら、ゆっくりゆっくり探すけど見つからない。
いつもなら簡単にみつかるミズイロオナガシジミも全くいない。

少し早いかなと思って帰りかけると、ウラゴマダラシジミが目についた。
昨日の場所と違ってまだ新鮮な感じ。

f0031682_19320548.jpg


目でも拭っているのだろうか、足を上げてダンスをしているみたい。

f0031682_19320507.jpg


最初にウラナミアカシジミを撮影した場所に戻ってよく探すと、アカシジミも見つかった。

f0031682_19320518.jpg

位置が悪いので葉にさわると小飛して笹の枝にとまった。
f0031682_19320544.jpg

やや逆光気味でなかなか良い感じ。

昨日よりは条件が良かったせいか、写真の質の方も何とか使えそうな感じがした。







by dandara2 | 2015-05-25 19:43 | 機材 | Comments(8)
2015年 04月 28日

小畔川便り(ニコン1J5:2015/4/23)

4月23日はニコン1J5の発売日。
蝶の写真を撮るには頼りないカメラだけど小さくて軽い。

機能の中のBMC(ベストモーメントキャプチャー:カシオのバスト連射と同じ機能)は撮影枚数が少ないことを除けばV3と同じ。

2台あるV3のうち1台をBMC用に充てていたけど、そうしょっちゅう撮影するものでもないし、ファインダーもグリップも使わないので、小さいJ5のほうが邪魔にならなくていいかと思った。

画素数も2080万画素ある。

V3(1840万画素)には、静止画用にV2(1425万画素)に付けていた70-200のズームを付けることにする。

それで2台あるV2のうち、使用頻度が少なくなった1台と10-100のレンズを下取りに出してJ5を注文することにした。
10時の開店と同時に予約しておいたJ5を取りに行く。
カシオのTG-3と比べてもボディの横幅は小さい。

f0031682_13492220.jpg

バッテリーを充電している間に自宅から少し離れたギンイチのポイントに出かける。
ここが自宅周辺では一番個体数が多く撮りやすい場所。

着いてみると、ギンイチの数が多いのにびっくり。
あちこちで飛んでいる。

f0031682_13491790.jpg

ときどき2頭が絡んだりしている。

f0031682_13491659.jpg

これはカメラに気づいて方向転換のために急ブレーキをかけたところ。

f0031682_13491683.jpg

12時近くなったら吸蜜する個体が出始めた。

f0031682_13491607.jpg
f0031682_13491270.jpg
f0031682_13491288.jpg
家内撮影

まだ雄が多くメスはあまり見かけないが、1頭がスギナに産卵態勢をとった。

f0031682_13491295.jpg

後で写真を確認するけど産卵はしなかったようだ。

昼食後は、J5の電池も充電できたので、J5だけを持ち、J5が入ったら撮影しようと思っていた場所に行ってみる。

冬の間モンキチョウを探すときによく歩いた場所だけど、この時期は菜の花が満開になっている。
画質は十分満足できそうだ。

f0031682_13575625.jpg

ここで、菜の花を背景に、電車が通ったらBMCで飛び立つところを撮ろうと思っていた。

ただ、菜の花が多すぎて蝶は全く来てくれず、撮れたのはこんな写真。

f0031682_13492272.jpg

残念ながら満開の菜の花ではないし、電車も来ていない。
ま、仕方ないか。

J5のBMCは撮影コマ数が20コマとV3の半分。
シャッターを押すタイミングでどのように撮影するかの設定は、シャッターを押したらその前の20コマが撮影できるようにした。

秒60コマで撮影するから、シャッターを押す前の0.3秒分が記録されることになる。

人間の反射には0.2秒くらいかかるから、飛んだと思った瞬間にシャッターを押しても、実際には飛び出す前の0.1秒分とその後の0.2秒分が写ることになる。

40コマ撮影できるV3の場合は、シャッターを押す前の0.5秒分と、その後の0.2秒分が写る計算。

V3の場合は必ず撮れていたけど、J5の場合はかなりシビアな気もする。
うっかりすると、何も写っていなかったりしそうだ。

ちなみにさっきのベニシジミの写真は20枚中の1枚目。
V3の時と同じ感じでシャッターを押したので、かなり飛びあがってから撮影されていた。
撮れた写真を確認して、上に書いたようなことに気がついて、そのあとはなるべく早くシャッターを押すようにした。

これは20枚中の2枚目から4枚目

f0031682_13492257.jpg
f0031682_13492286.jpg
f0031682_13492212.jpg

歩いていたら、ギンイチが飛んでいる。
ここでギンイチを確認するのは初めて。
記録を残したいけど、J5一台しかもってきていない。

しばらく見ていたら、菜の花に止まった。
幸い少しゆっくり吸蜜してくれたので飛び出すところは二の次で、確実に記録に残したいと思って撮影。

ただ色気もあるので、左手の先を軽く振ってギンイチを飛び立たせ、飛んだらすぐにシャッターを押した。

幸いちゃんと吸蜜しているところから写っていた。

f0031682_13491282.jpg


こちらは5枚目の写真。

f0031682_13491749.jpg
しばらくは遊べそうだ。




by dandara2 | 2015-04-28 14:15 | 機材 | Comments(4)
2015年 03月 11日

小畔川便り(魚眼+ケンコー1.4:2015/3/5.6)

3月5日は、前の記事にも書いたようにベニシジミを始めて撮影したが、それ以外には、魚眼にテレコンをかませてみた。

魚眼だと、50㎝以上の距離があると蝶が小さくしか写らないので、これにテレコンをかませてみたらどうだろうと考えた。

それ以前のタムロンの10-24のズームレンズでは、14mmか20mm前後で使うことが多かったので、10.5mmの魚眼に1.4倍のテレコンを付ければいつもの感覚に戻るかなと言うわけだ。

丁度何年も前に買ったケンコーのテレコンが使わずに置いてあるので、とにかく試してみることにした。

結果は、何となくすっきりしない。

f0031682_09264942.jpg
ニコン1V3 10.5+ケンコーテレコン1.4


背景がなぜかべったりつぶれたような感じがする。
f0031682_09264987.jpg


蝶の大きさは確かに少し大きくなっているけど、ピクセル等倍で像を確認すると、かなり甘い感じがする。

f0031682_09264952.jpg

ただ、撮影条件にもよるのかもしれないので、翌日再度試してみることにする。

こちらは、10-30による飛び出しの飛翔写真。

f0031682_09264979.jpg
ニコン1V3 10-30

絞りは開放に近いけど、センサーサイズが1インチと小さいので、被写界深度は深い。



6日はテレコンのあるなしでの確認のために、最初はテレコンを付けて撮影。


雄同士が絡んでいたので撮影するが、極端な露出不足になっていた。

f0031682_09320152.jpg
ニコン1V3 10.5+ケンコーテレコン1.4


撮影情報を見ると、 1/5000 f13 ISO800 露出補正-0.3

シャッター優先にしてあったので、絞りがこんな値になって露出不足になるはずがない。

写真そのものは、RAWで撮影してあるので何とか救えた。

f0031682_09270887.jpg

背景の土手の草がやはりべったりつぶれたような感じがする。

どうしてこんなことになったのかなと思って、マウントアダプターの仕様を見ると、テレコンは使用不可と書いてある。
オートフォーカスは確かにきかなくなるけど、置きピンだから関係ないかと思ったけど、こんな動作不良が起こるのでは使えない。

その後はテレコンを外して撮影。

こちらの雄同士の絡みでは、背景もきちんと分離していて、ペタッとつぶれたような感じはしない。

f0031682_09270852.jpg
ニコン1V3 10.5

f0031682_09270858.jpg

飛び方が比較的ゆっくりな個体を見つけたので撮影。

f0031682_09270398.jpg
f0031682_09270327.jpg
黄色をしていたので雄かなと思ったけど、尾端を見るとどうも雌だったようだ。
f0031682_09270449.jpg
秒20コマなので、ピントが合うと何枚かの連続した写真が撮れる。
f0031682_09270352.jpg

この日は1V2+70-200に変えて、D800で吸蜜を撮影。

f0031682_09270354.jpg
D800 シグママクロ150


この写真ではわからないけど、拡大した時の圧倒的な解像度はやはりさすがだと思う。



by dandara2 | 2015-03-11 09:44 | 機材 | Comments(4)