人気ブログランキング |

2019年 08月 08日 ( 1 )


2019年 08月 08日

高原の蝶-2(ヒメヒカゲ、アカセセリ: 2019/8/2)

クロシジミを撮影した後は、ヒメヒカゲの場所に移動。

出発して2時間後の13時頃に目的地に着いた。

この日の天気予報では午後から不安定になるというので、とりあえずは証拠写真を撮っておきたい。

幸いなことに車を降りてすぐに草の間に止まるヒメヒカゲを見つけることができた。

f0031682_06392879.jpg

とりあえず撮影できたので一安心。

その後はのんびり探すことにする。

歩くと草の間からパラパラと飛び出してくれる。

こちらは新鮮なオス。

f0031682_06392231.jpg

オスの翅表

f0031682_06391524.jpg


新鮮なメス。

f0031682_06392148.jpg

メスの翅表。

f0031682_06392236.jpg


こちらのメスは羽化後少し時間が経った個体かな。

f0031682_06392937.jpg

少し傷んだオスがフウロの花で吸蜜していた。

f0031682_06392848.jpg

f0031682_06392985.jpg


お二人もそれぞれ撮影されている。
とりあえずは良かった。

草の間に分け入って探す気もしないので、新鮮なメスをじっくり撮影することにした。

f0031682_06392292.jpg

f0031682_06392218.jpg

もう一つの目的のアカセセリの姿は見られない。

ヤマキチョウ同様まだ少し早いのかなと思いながら車の近くまで行くと、黄色い花に止まっているアカセセリの姿が見えた。

いた! と声を出して急いで撮影する。

f0031682_06391518.jpg

この個体はすぐに飛んでしまって、その後一生懸命探しても見つからなかった。


心配した雨が降ってきて車の中で小休止。

幸いすぐに上がったので再度アカセセリを探すと、別個体と思われるのも1頭いたけど撮影できなかった。

これはヒメキマダラセセリかな。

f0031682_06390720.jpg

裏面がやけに黒い。


メスの翅表は自宅のストックを確認したら、きちんと撮れていたのはこれが初めてだった。

f0031682_06390707.jpg

傷んではいるけど、その意味では貴重な一枚になった。

この日はヒョウモン類も少なかった。

ウラギンヒョウモン。

f0031682_06390724.jpg

多分ヤマウラギン。

f0031682_06392955.jpg

標高は1600m、撮影するたびに自分独自の区別点を検証しているけど、なかなか難しい。

ここにはウラギンスジヒョウモンが確実に生息しているので期待していたけど、ようやく一頭見つけることができた。

f0031682_06390732.jpg

一通り撮影できたので15時前には引き上げることにする。

Farfallaさん、maximiechanさん、楽しい一日をありがとうございました。





by dandara2 | 2019-08-08 06:57 | 吸蜜 | Comments(6)