人気ブログランキング |

2019年 06月 07日 ( 1 )


2019年 06月 07日

小畔川便り(ちょっと素敵な異常型:2019/5/30)

5月30日、この日は晴れで風もない穏やかな日。
気温は27℃くらいに上がるようだけど、朝は気温も低く湿度も少なくてさわやかな朝だった。

家内は所用があるので、家の掃除などを済ませた後、10時少し前に一人で昨日と同じ場所に出かける。

前日アカシジミが多かった場所を探すけど1頭もいない。

歩き回っていたら足元からウラナミアカシジミが飛び出した。

f0031682_10482061.jpg

羽化間もないのか不活発で、飛び立ってもすぐに止まる。

それで飛び立ちを撮ることにした。

f0031682_10482080.jpg
f0031682_10482055.jpg

近くには樹液の出ている樹があって、4,5頭のサトキマダラヒカゲが来ている。

見ると中にコムラサキが混じっていた。

サトキマダラヒカゲと一緒に吸汁しているので、縦画面で撮影。

f0031682_10482134.jpg

ノンストロボだけど結構いい感じに撮れた。

その後もうろうろ歩くけど、アカシジミは見つからない。
ミズイロオナガシジミが出てきた。

f0031682_10482044.jpg

羽化間もない感じ。

近づいて撮影していたら嫌がったのか小飛して、近くの笹の葉に止まった。

f0031682_10481653.jpg

アカボシゴマダラも相変わらず多い。

f0031682_10481611.jpg

前翅が青くてちょっときれいな個体がいた。

f0031682_10481636.jpg

自宅で写真を見ていたら、前翅のブルーだけでなく後翅にも変わった点があるのに気がついた。

拡大してみると、左後翅にハートマークが!! 右後翅は支脈異常のようだ。

f0031682_10481666.jpg


支脈異常は時々見るけど、ハートマークの異常型は初めて見た。

蝶からのメッセージみたいでうれしい。

この日はミズイロオナガシジミが何頭か見られた。

f0031682_10481622.jpg

飛び立ちを撮影したらなんとか翅表が写っていた。

この日はそろそろサトウラギンヒョウモンが出ているかなと思ってそちらにもよってみた。

川原の土手をゆっくり歩いているとヒメアカタテハがたくさんいる。

f0031682_10480611.jpg

飛び立つとウラギンヒョウモンみたいで紛らわしい。

f0031682_10480603.jpg
f0031682_10480532.jpg

いつものポイントに着くと、お目当てのサトウラギンヒョウモンがアカツメクサで吸蜜していた。

f0031682_10481120.jpg
f0031682_10481163.jpg

一頭しかいないけど、今年も無事発生していたかと思ってうれしい。

そのウラギンヒョウモンが側溝を挟んだ空き地の方に行って止まった。

そこでしばらく休みそうな感じだったので、側溝を渡ってそちらに行くことにした。

田植え前だったので側溝は空だけど、深さは結構深くて膝よりも上、太もも近くまであった。

下に降りてまた上がるのは面倒なので跨ぐことにするけど、草が茂っていて側溝の幅が良く分からない。

こんなもんだろうと跨いだら思ったより幅が広い。

自分の側に体重をかけていると足が届かないので、えいやっと向こう側に体重を移すと、足先が側溝にかかったけど、滑ってそのまま側溝の中にあおむけにひっくり返ってしまった。

体がすっぽりはまって動けない。

上に伸びている丈夫な草につかまってなんとか立ち上がったけど、もし水が入っていて、頭なんか打って気絶したらえらいことになったなと思った。

幸い少し擦りむいただけで、カメラにも異常はなかった。

当然のことながら草むらのウラギンヒョウモンは逃げてしまっていた。

しばらくその辺をうろうろしていると、またサトウラギンが吸蜜に戻ってきた。

f0031682_10481184.jpg

草地を背景に入れながら飛び立ちを撮影する。

f0031682_10481244.jpg
f0031682_10481170.jpg
f0031682_10480566.jpg
f0031682_10480618.jpg

側溝に足をとられるなんて、その昔ギフチョウを追いかけていて、側溝に落ちてもんどりうってひっくり返って以来かな。



by dandara2 | 2019-06-07 11:05 | 変異・異常型 | Comments(14)