2018年 06月 04日 ( 1 )


2018年 06月 04日

小畔川便り(近くのゼフィルス-3:2018/05/27 06/01)

5月27日はオオミドリシジミの確認とミドリシジミの発生の確認に25日と同じ場所に出かける。

ミドリシジミの姿はまだなかった。
ただ、あちこち見ながら歩いて、現場に着いたのが8時20分過ぎだったので、その後の観察で分かったことを考えると少し時間が遅かったのかもしれない。


家内が比較的新鮮なウラゴマダラシジミを見つけた。

f0031682_13445000.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_13444974.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


しばらく探すけどミドリシジミの姿が見えないので、オオミドリシジミの場所に移動する。

途中にはミズイロオナガシジミの姿が見えた。

f0031682_13445098.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


オオミドリシジミの場所に着くと、木の上でスクランブルを繰り返すオオミドリシジミが見えた。

f0031682_13422264.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


いるのはわかったけど、これもやはり時間が少し遅かったのか、テリハリ位置が2m以上と、撮影にはやや高い。

f0031682_13423010.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_13422956.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


その後周辺を歩くと、アカシジミの姿が見えた。

f0031682_13422262.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


偶然飛び立つところも撮れたけど、残念ながらピントが甘い。

f0031682_13422220.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ウラナミアカシジミの姿も見えた。

f0031682_13422236.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立つところも撮れたけど、左後翅がやや擦れているようだ。

f0031682_13422116.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


6月1日は久しぶりの晴天。
27日の反省から、孫がまだ食事をしている間に出かけることにする。

7時半前にミドリシジミのポイントに着くと、期待通りミドリシジミの姿が見えた。

f0031682_13421176.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


7時半を過ぎると、木の上からパラパラとミドリシジミが降りてきて下草の上で翅を開く。

f0031682_13421188.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ただ、この日は陽射しが強く、気温も高めだったので、全開翅してくれる個体はいなかった。

f0031682_13421057.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後オオミドリシジミのポイントに移動。

こちらでは期待通り、低い位置でテリハリをしていた。

f0031682_13421055.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_13420172.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


陽射しが強いので、翅がぎらぎら光っている。

f0031682_13421141.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_13420293.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_13420213.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なかなか翅の全面が輝くようには撮れなかったけど、昨年、ここでオオミドリシジミがスクランブルしているのを見つけた時から、今年は適期に観察したいと思っていたのでようやく願いがかなった。


時間とともに日の当たる場所が移っていくと、一番明るい場所でテリハリをする様子も観察できて面白かった。

例によって飛び立つところも撮影する。

f0031682_13420202.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


f0031682_13420256.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


背景が暗く、成功した写真は少なかったけど、これから何回か様子を見に来ることにする。




by dandara2 | 2018-06-04 13:57 | 初見日 | Comments(16)