2006年 02月 12日

ゴマダラチョウの幼虫

 土曜日は暖かくて、春が近いと思わせたけど勤務。それでも午前中で終わったので、帰ってから少しだけ自宅前の土手を歩くがまだ何もいなかった。
その後甲府に出かける。
 今日は昨日とはうってかわって風が強く寒い。
 それでも新しく購入したレンズの試し撮りに、昔多かったウラキンシジミの卵探しと、オオムラサキの幼虫でも撮影しようと裏山に登る。
 ところが30年の間に山の木はすっかり大きくなって薄暗くなってしまい、さらにはうっかりしてルーペと眼鏡(老眼鏡)を忘れてしまったので卵は全然見つからない。
 ようやくそれらしいのを1卵見つけたが、どうも昨年孵化したもののようだ。さらにはカメラのダイアルが動いてマニュアルになっていて、とんでもない設定になっていた。
f0031682_2123961.jpg
ニコンD100、マクロ105mm、1/500、f16

 レタッチで何とか見られる状態には持ってきたがノイズがすごく大失敗。
 目をこらして見つめているうちに、目が疲れたのかさらに見えなくなったので、卵探しはすっぱり諦めて今度は幼虫探し。
 ところがエノキの根本にはあまり落ち葉が積もっていない。ようやく見つけたのはゴマダラチョウの幼虫。
f0031682_21244650.jpg
ニコンD70、シグマ17-70、1/160、f16

 それでもいないよりは良いかと広角接写。出来はと見ると、ウーン・・・、雰囲気はでているかな。
 幼虫くらいの大きさの広角接写にはコンデジの方が向いているかも、相手も動かないし。
 成虫の大きさなら威力は発揮しそうですが、それはもう少し待たないとわかりませんね。
 山を登ってうっすら汗をかいた所に、エノキの根本にかがみ込んで風に吹かれていたら体が冷えて、寒くなってしまったのでこちらも早めに諦める。
 それでも寒い山で2時間も過ごして、甲府の家ではどこまで行ったんだろうと心配していたようだ。

by dandara2 | 2006-02-12 17:32 | 幼虫 | Comments(4)
Commented by chochoensis at 2006-02-12 19:34 x
ダンダラさん、お疲れ様でした。甲府に行っていたのですか、寒かったでしょうね。ゴマダラチョウの枯葉との雰囲気が寒そうで・・・、大変でしたね・・・。ここのところ、ウスバシロチョウの幼虫に時間を取られています。ダンダラさんにもらった「卵」を含めて14卵の内、7卵孵化しましたが孵化率50%でした。でも、ちっとも葉に食いつきません、もっとも夜中に摂食しているのかもしれないですが・・。
そろそろ、春のチョウの準備をしたいな・・・と思っています。
Commented by thecla at 2006-02-12 21:51 x
こんばんは、今日は寒かったですね。
シグマ17-70の画像、落ち葉の山の雰囲気よくでているのではないでしょうか。
ところで、ゴマダラチョウの幼虫は、ファインダーを覗きながらの撮影でしょうか。
Commented by ダンダラ at 2006-02-12 22:09 x
chochoensisさん、甲府は寒かったです。山にはいると風がごうごうと吹いていて。
ウスバシロチョウはかなり良い孵化率ではないでしょうか。
葉に食痕はあるのですか、あれば安心ですね。
Commented by ダンダラ at 2006-02-12 22:14 x
theclaさん、17-70はファインダーを見ながら構図を決められるので、やはり体にあった感じがして安心です。
この写真は落ち葉の上に上体を倒してファインダーを覗きながら撮影しました。
幼虫までは5cmくらいだと思います、若干トリミングしてあります。
撮影の時にズーミングすればいいのでしょうが、姿勢が悪くズームリングがうまく操作できませんでした。


<< 今日の小畦川      シグマ17-70 MACRO を購入 >>