2007年 06月 04日

自宅近くでゼフの撮影

今日は月曜なので早く帰れる。
色々スケジュールを立ててみると、平地のゼフィルスは今週が勝負のようなので、今日は新産地探索は止めて車で10分ほどの既知のポイントに出かける。
歩き始めてすぐに足元からオレンジの蝶が飛び出す。ウラナミアカシジミだ。新鮮な個体で発生が始まったばかりのようだ。
f0031682_0291319.jpg

歩いているとぽつぽつとミズイロオナガシジミが目につく。今日はかなり気合いを入れて撮影するが、なかなかお気に入りの一枚になった。
今日の目標の3種の平地生ゼフの中では一番地味な存在だが、この写真は他の2種に負けない存在感を表すことが出来たような気がする。
翅をすりすり動かしているので、開翅しないかと期待するがそれは無理のようだった。
f0031682_2355123.jpg
これでミズイロオナガとウラナミアカが撮れたので残るはアカシジミだが姿が見えない。
昨年もここではアカシジミが撮影出来なかったので時期が遅いか、環境が変わって発生数が減ったのかな、などと思いながら車の近くまで戻るとちょこんとアカシジミが止まっていた。
ちょっとボロだが、これで予定したゼフは全部撮影出来たので良かった。
f0031682_23553961.jpg
アカシジミはどこか別の所で撮り直さないといけない。
何本かの木で樹液が出ていてサトキマダラヒカゲが盛んに飛んでいる。ことしはきちんと撮影することにしているが、家内の撮影した1枚は逆光でやや擦れたサトキマダラヒカゲが、そんなことは気にならないほどきれいに撮れている。
f0031682_23562183.jpg

私がこの反対側で順光で撮影していたので、逆光で狙ってみたとのこと。サトキマダラも光線の加減ではこんなにきれいな写真になるのかと目から鱗の感じだ。

by dandara2 | 2007-06-04 23:58 | 静止 | Comments(38)
Commented by papilabo at 2007-06-05 04:06
ミズイロオナガシジミの写真、とてもいい雰囲気ですね♪
葉に当たっている光と陰のやわらかなコントラスト、
立体感が出ていてとてもキレイだと思います。
翅を摺り合わせてモジモジしている様子がいきいきと思い出されました。
Commented by nomusan at 2007-06-05 06:21 x
ウラナミアカ、はっとするような美しさですね。こんなに綺麗な蝶やったんかいな?と再認識させられました。
↓と合わせてヤマ、サト両キマダラヒカゲ撮影、ええですね。いや、綺麗な蝶だと思いますよ~。
Commented by chochoensis at 2007-06-05 06:56 x
ダンダラさん、やりましたね!!!平地産ゼフ・・・揃い踏みお見事です・・・。最近この2-3日入院準備などでサボっていたら=ゼフのシーズン=が来ていたのですね、おめでとうございます。
↓のスミナガシ春型も羨ましいです・・・。今日当たり近くを回ってみようと思います。
Commented by 虫林 at 2007-06-05 18:12 x
雑木林のゼフ御三家、一網打尽ですね。羨ましいです。
少しの時間で、これだけの成果を挙げるなんて、さすがだと思います。
また、写真もオーソドックスで、きっちりと撮影されていて、感心してしまいました。
オメデトウございます。
Commented by banyan10 at 2007-06-05 19:05
僕の場合は夕方に撮影可能な位置で見ることはないのですが、探し方が悪いのでしょうか。(^^;
どれも綺麗ですが、逆光のサトキマダラ輝いていますね。
アカシジミ苦労しているので、破損していても羨ましいです。
どこか良いポイントないですかね。(笑)
Commented by kmkurobe at 2007-06-05 19:50
白馬にはクヌギがないのでウラナミアカは大変個体数が少ない超です。なんとか今年は白馬産の写真を撮影したいのですが。しかしこのウラナミアカの写真本当に教科書通りのうつくしさですね。すばらしい・・・・・・
Commented by maeda at 2007-06-05 20:17 x
支度から10分程度のポイントというのがまたすばらしいです。
近場の良さが光りますね。
昔はどこもこんな感じだったのだろうと思います。
ウラナミアカ、北海道に来るとどうしても難しい蝶になります。
Commented by cactuss at 2007-06-05 21:41
ゼフ3種、きれいに撮れていますね。すばらしい。
この美しさに出会えるので、蝶撮影はやめられませんね。
でも、家の近くにこんないい場所があって、うらやましいです。
Commented by fanseab at 2007-06-05 21:48
いずれも素晴らしいですが、やはりミズイロオナガが素敵です。木漏れ日の射す
葉上でしっとりと表現されていてさすがです。
Commented by ダンダラ at 2007-06-05 22:55 x
papilaboさん、ミズイロオナガはおっしゃる通りで結構難しい条件ですが、日陰の蝶がしっとりと立体感を持って表現出来たとお気に入りです。
実は表面が結構写っているのもあるんですが、肝心の頭が葉に隠れてしまっているので、NG企画があればその時用になってしまいました。
Commented by ダンダラ at 2007-06-05 22:58 x
nomusanさん、ウラナミアカ、それにアカは見かけるとハッとさせられる美しさですね。
九州ではやっぱり山地に行かないと見られないのでしょうか。
サトキマは意外な美しさがありますが、今回は自分で狙ったのではない所が少々残念です。
でもこつがわかりましたので、次にチャンスがあればこれ以上にきれいに撮りたいと思っています。
Commented by ダンダラ at 2007-06-05 23:01 x
chochoensisさん、入院の準備でお忙しいのですね。何事もなく無事退院されるようにお祈りしています。
今日はゼフの成果はいかがだったでしょうか。
Commented by ダンダラ at 2007-06-05 23:05 x
虫林さん、1時間少々の探索でしたが何とかなりました。
でも最初の40分くらいはウラナミアカ1頭とミズイロオナガが少々しか見られず、あきらめて帰りかけた時に良いポイントにあたり、ようやく撮影出来ました。
知っているはずの場所でも、環境の変化や時間などの関係でなかなか思い通りには行きませんね。
Commented by ダンダラ at 2007-06-05 23:11 x
banyanさん、大体16時頃までは不活発なので何とかなるような気がします。
もっとも早朝に来ればきっと下草にパラパラと止まっているのかも知れませんね。
この時も上を見上げると5.6頭のウラナミアカが葉に止まっていましたから、もう少し時間が経つとオレンジの乱舞になったのではないかと思います。
ここは、コツバメの公園ですが、1日近場で時間をとるとすればミドリシジミのいる○○湖が良いのではないでしょうか。
あそこなら6種の平地性ゼフが全部いますから。
Commented by thecla at 2007-06-05 23:12 x
ウラナミアカは、背景のボケも綺麗で、これぞマクロという感じですね。
どうも平地性ゼフの発生状況は微妙に変化するのでしょうかね。先日近所を探したときにもいつもみかける場所でみなかったりで、簡単に考えると痛い目にあってしまいました(^^;
Commented by ダンダラ at 2007-06-05 23:15 x
kmkurobeさん、クヌギは暖かい場所に生える木なのですね。ウラナミアカが少ないのはちょっと寂しいですが、それを上回る種類のゼフがいるのでやっぱりあこがれてしまいます。
この時のウラナミアカは腰くらいの高さでじっとしていてくれましたので、かなり自由なアングルで思いっきり撮影が出来ました。
Commented by ダンダラ at 2007-06-05 23:19 x
maedaさん、ここはクヌギやコナラが多い場所でミヤマセセリや平地性ゼフには良い場所です。
確かに自宅から近いので、土曜とかの勤務後には強い味方になります。
ずっと都心にいたので、近くにこんなに簡単にゼフが撮れる場所があるというのはほんとに幸せなことだと感じてしまいます。
Commented by ダンダラ at 2007-06-05 23:24 x
cactussさんの場所に比べればこちらはまだ条件が悪いと思いますよ。
ただ、ここは公園なのでつぶれてしまう心配は少ないのかなと思いますが。
赤系のゼフは見つけた時にはどきどきしてしまう美しさですね。
Commented by ダンダラ at 2007-06-05 23:27 x
fanseabさん、ありがとうございます。
思い通りに写すのが難しいミズイロオナガが、思いがけず良く撮れました。
この時は何とか翅表も撮ろうと思ってあまり難しいことは考えていなかったのですが、結果的には一番良い出来でした。
Commented by ダンダラ at 2007-06-05 23:31 x
theclaさん、平地性ゼフは意外に気むずかしい所があって、前年のポイントがそのまま今年も通用するというわけでもないですね。
今回探していて気がついたのは、やっぱり人間が気持ちいい場所にチョウもいるんだなと言うことでした。
日当たり、風の通り、そして食樹。案外単純なのかも知れません。
Commented by 霧島緑 at 2007-06-05 23:34 x
ウラゴマダラに始まり、身近なゼフをしっかり撮影されましたね。
確かに今週辺りまでがこれらのチョウの撮影チャンスですね。
こちらは山のオレンジにうつつを抜かし、里のオレンジをおろそかにしてしまいました。どちらも好結果が得られそうになく、目標の立て方を誤ってしまったようです。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-06-06 00:04
車で10分とは近いです。ダンダラさんのマイフィールドですね。ウラナミアカは私のマイフィールドでは珍です。発生も関東よりは遅いです。代わりにウラジロが生息していますので、次の休みに狙いたいと思います。ゼフ3種とも丁寧に、綺麗に撮影されていますよ。奥様のサトキも素敵です。
Commented by ダンダラ at 2007-06-06 15:21 x
霧島緑さん、発生期と他の蝶の撮影スケジュールなどを考えると、関東の平地では今週位までに取りあえずは押さえておきたい感じですね(今週末でも大丈夫だと思いますが)
山のオレンジはやや発生が遅れ気味のようですね。ただ梅雨にはいるので、今度はそっちが問題ですね。
Commented by ダンダラ at 2007-06-06 15:25 x
ノゾピーさん、こちらではこの時期はアカよりもウラナミアカの方が多いです。
でもそちらでは変わりにウラジロが多いとのこと、関東と関西ではゼフでも随分異なりますね。
ヒサマツとかキリシマとかこちらではなかなかお目にかかれない蝶がいるのもうらやましいです。
この日はマクロで丁寧に撮りました。といっても広角でとっても後ろは雑木林だし、飛翔といってもマグロ状態なので撮れないしといった感じでしたが。
Commented by ainomidori443zeph at 2007-06-06 21:46
今日、ウラナミアカに出会ったのですが、風が強く被写体ブレがほとんどで良い写真が撮れませんでした・・・。ダンダラさんのように顔からしっぽまでピントのあったものを撮りたかったのですけど。
ミズイロオナガも偶然飛び出し、こちらはなんとかなりました(^^;
Commented by KAZ at 2007-06-06 22:23 x
こんばんは。
3種揃い踏みですね、私も日曜にこの3種をねらったのですが、1種入れ替わってしまいました。
いいですねーミズイロオナガ、私も少し逆光ぎみで撮りたいですよ。
全部撮らないとどうも落着きませんね、今週末はミズイロ探しになりそうです。

Commented by ダンダラ at 2007-06-06 23:44 x
愛野緑さん、ウラナミアカ残念でしたね。ミズイロオナガシジミはきれいに撮影されていると思います。
ゼフはなかなか思い通りの所に止まってくれないから、アングル的に苦しかったり、風でぶれたりと難しいことが多いです。
Commented by ダンダラ at 2007-06-06 23:46 x
KAZさん、ミズイロオナガの代わりにミドリシジミは逆に贅沢な感じですね。
ミドリシジミはこれからが本番だと思うので私もしっかり押さえておきたいと思います。
ミドリシジミは♀の各種のタイプの翅表をを撮影するのが当面の目標なんですが、うまく行くかどうか。
でも楽しみです。
Commented by cicada_nana at 2007-06-08 08:59
もう出てますね、ウラナミアカ・・・良いですね、背景の色合いが特に綺麗です
オオミドリシジミには目の前でフラレマシタ(><)
Commented by ダンダラ at 2007-06-08 10:11 x
cicada_nanaさん、ウラナミアカの写真は昨夜入れ替えましたので、この写真に対する初コメントです、ありがとうございます。
ちょっと露出不足で最初はお蔵入りにしていたんですが、背景の光がきれいなので昨夜レタッチしてみたら予想以上の仕上がりになったので取り替えることにしました。
オオミドリですか、残念でしたね。普通種の割に確実に撮影できる場所って言うのが少ないから、取り逃がすと結構悔しいですよね。
Commented by ryochan_ex at 2007-06-08 21:24
 普通種(私にとってはどれも普通種ではないのですが)の場合、それこそ普通に撮っても面白くないので、色々と撮影条件を変えて撮っていると、はっとするようなお気に入りの写真になることは、私も何度か経験しています。特に逆光は露出が難しいのですが、決まると本当に綺麗ですね。一枚目の逆光がお気に入りです。
Commented by ダンダラ at 2007-06-08 22:09 x
ryochanさん、マクロでの撮影の最大の利点は背景のボケの美しさにあるので、条件が許せばその効果を存分に出したい所ですね。
以前はズームを多用していましたが、確かに遠くからでも撮れるのですがレンズ構成が複雑な分、ボケ味を活かすには不利です。
でも実際はそんな絵作りをしている余裕なんてありませんけど、まだ活動前の時間だったので少しゆとりがありました。
逆光はおっしゃる通りうまく決まればきれいな写真になりますね。
この写真の場合は雑木林越しの撮影だったので、背景がこんなにきれいになっているとは撮影時には気がつきませんでした (^^ゞ
ちょっともうけた感じです。
Commented by たにつち at 2007-06-09 23:05 x
順当に、近場での今年のゼフを押さえられて、よいですね~
もしや遠征間近でしょうか・・
ウラナミアカだとかの、はっとするような色がどうも出せません。
ま、今年は、会うことが先決ですが・・はい
Commented by ダンダラ at 2007-06-10 01:32 x
たにつちさん、遠征したいのですが、明日は雨模様。来週は所用で午前中しか動けないので、今年のオレンジは×の可能性大です (T_T)
財布と体に良いと慰めてます。
その分身近なゼフをちゃんと押さえたいなとは思ってますが。
Commented by furu at 2007-06-10 19:17 x
こんな綺麗なウラナミアカの写真になぜ気付かなかったんだろうと思ったら差替えていたんですね。主役も背景の色やボケも素晴らしく、今まで見たウラナミアカ画像の中でもベストです。
Commented by ダンダラ at 2007-06-10 22:46 x
furuさん、ありがとうございます。
その日撮影した写真をざっと見て取りあえず使える写真を載せたんですが、その後ゆっくり見てみたら、露出不足であまりきれいに見えなかった写真が、レタッチしてみたら意外ときれいだったので差し替えることにしました。
スタジオで撮ったみたいでちょっときれいすぎるかなという気もしますが、この年はこんな写真が撮れたという意味でも見ていただくことにしました。
いよいよ梅雨ですね。週末毎に天気悪そうでストレスが溜まりそうです。
Commented by grassmonblue at 2007-06-11 15:20 x
ゼフ3種余裕でゲットされていますね。
わたしも地元の公園で先日3種一挙に出会え、興奮しました。
で、最後の逆光のサトキマダラに感嘆しました。
Commented by ダンダラ at 2007-06-11 22:47 x
grassmonblueさん、3種撮影成功、それに4種眼のミドリシジミも目撃されたとか。
素晴らしいですね。この時期これらの蝶が確実に撮影出来る身近なフィールドを知っていると楽しいですね。
また、意外に身近な所にも生息しているので、小さな雑木林に見当をつけて探しに行くのも楽しいですね、いなくてがっかりすることも多いですが。


<< 自宅近くのミドリシジミは今年も健在      春のなごり探し・軽井沢 >>