2007年 02月 04日

2月の房総

自宅付近のポイントもムラサキシジミの越冬個体がいなくなってしまい、春一番の蝶にももう少しかかりそうなので、それまではリスクが高そうで敬遠していた、ムラサキ3兄弟の本場では2月はどんな状況なのかを確認しに、房総に行ってきた。
予報では風が強そうだったが気温はやや上がりそうなので、現地は谷間なので風は何とかなるだろうと朝6時10分くらいに家を出る。
いつも混む外環道と首都高は奇跡的に空いていて、途中ゆっくり朝食をとる時間を入れても3時間少々でついてしまった。
現地は風が結構あったので、最初に12月に枯れ葉にルーミスが止まった場所に行ってみるが何もいなかった。家内がオオキンカメムシを見つける。
カメムシには興味なかったが、横から見るときれいに光っているというので取りあえず撮影してみる。
f0031682_23205298.jpg

その後は何も見つからないので、いつものポイントに見に行くが11時30分くらいまでねばって2頭のムラサキシジミを見たのみで、撮影は出来なかった。
天気は最高だし、気温もまあまあ、風は少しあるけどそれでも大したことはない。それでこの時間まで待っても姿が見られないのということは、やはり個体数自体が少なくなっているのだろう。
小鳥が枯れ葉の間を熱心に覗いているのをここでも目撃したから、鳥の補食圧はかなり強いのではないだろうか。
ここではたった一枝だけどアセビが咲き始めていた。
f0031682_23212256.jpg

次にムラサキツバメの集団越冬を確認するために場所を移動する。
昨年の暮れにfuruさんがいくつかの越冬集団を観察されているので、数が少なくなっていても見ることは出来るだろうと思っていたがここでもあっさりふられてしまった。
マテバシイの葉の状態も悪く、どう見ても集団越冬が出来るような状況ではない。がっかりして歩き始めたら足元からムラサキツバメが飛び立って頭上のシイの高所に飛んでいってしまった。
気がついていれば撮影出来たのに残念。今日の状況から考えると、このチャンスをものに出来なかったのはかなりやばそうだ。
コスミレがきれいな花を咲かせていた。ここではいつでもいくつかのスミレを見かけるけど、この時期にこんなに姿のまとまった花も珍しいような気がする。
f0031682_232271.jpg

かなり気をつけてみたがそれ以上の個体を見つけられなかったので、最後にマテバシイの多い別の場所を見に行く。
道を歩いていると林の中の日だまりにちらりと動く影を見かけたので、急な斜面をよじ登ってみるとムラサキツバメの♀が枯れ枝に止まっている。
取りあえず数枚撮影して崩れやすい斜面を何とか近づこうとするが逃げられてしまう。残念だけど取りあえずシャッターを押せただけでも良かった。
f0031682_23231825.jpg
その後はいつものように海産物を買って帰るが、帰りも渋滞には遭わずに帰ることが出来た。
往復410kmも走って、ボツ写真を数枚撮っただではほんとはすごく空しいはずなのに、空白だった2月の状況を確認出来たのでなぜか充実した感じだった。

by dandara2 | 2007-02-04 23:29 | 静止 | Comments(26)
Commented by Noreen05 at 2007-02-05 05:29
逆光気味のアセビの花が清楚で可愛らしいですね・・・スミレの花も美しいです。
遠出をして目的を果たせない時もありますよね。
でも、いつも奥様とご一緒で充実した休日を過ごされている様子が伝わります。
春近し・・・ですね~♪
Commented by 虫林 at 2007-02-05 06:43 x
暖地海岸性のオオキンカメムシがいるなんてやはり暖かいところですね。
カメムシは特に好んでいるわけではありませんが、オオキンカメムシは大
型美麗種なので、いつか撮影したいと思っていました。うらやましいです。
コスミレの花も意外ですね。山梨では4月の花です。
Commented by ダンダラ at 2007-02-05 09:53 x
Noreenさん、撮影にいくと蝶が出るまでその場で待ったり、だめなら移動したり、納得いく写真が撮れるまで何枚も撮影したりと、なにかと気兼ねなくわがままに行動したいので多くの方は単独行動が多いですね。
幸い我が家では家内がつきあってくれるので、やはり一人よりは相手がいる方が良いので良く出かけます。
花の写真はすべて家内のもので、アセビの枝を良い位置で保持したり、写真のレタッチをしたりはしましたが、けっこう上手でしょ。
Commented by ダンダラ at 2007-02-05 09:57 x
虫林さん、オオキンカメムシはルーミスの越冬場所を探しているときに見つけましたが、暖地のカメムシなんですか。
スミレは好きで良く撮影しますが、この時期は1つか2つの花がかくれるようにして咲いていることが多く、こんなに整ったのははじめてみました。
やはり暖冬なんですね。
Commented by chochoensis at 2007-02-05 10:21
ダンダラさん、「オオキンカメムシ」未だに撮影できないでいます、羨ましいです・・・暖かい地方では、越冬コロニーを作るようですが、1頭しかいなかったですか・・・?そんな光景の写真を見ただけなのでうらやましい・・・。
Commented by banyan10 at 2007-02-05 11:52
ムラツの大集団が見れなくなってしまったのは残念ですね。
今年はアセビもたくさん咲きそうですね。
吸蜜狙いで行くかどうか迷います。(^^;
何度か行っているのにオオキンカメムシは見つけられていません。
Commented by ダンダラ at 2007-02-05 11:56 x
chochoensisさん、オオキンカメムシは結構それなりのカメムシなんですね。
まさに猫に小判というやつでしょうか。家内が、横から見るときれいと言わなければカメラも向けませんでした。
越冬コロニーを作るには葉がやや小さいような気もしますが、今度からは気をつけてみることにします。
Commented by ダンダラ at 2007-02-05 12:03 x
banyanさん、成虫の越冬はかなり厳しいですね。
ウラギンシジミのように動かなければ越冬の成否が良くわかるけど、紫3兄弟のように暖かい日には活動すると、無事越冬できたのかどうかがわかりにくいです。
これから成虫が出てきたときに、以前やった個体識別が役立つかどうか楽しみです。
アセビは他の木の様子を見ていないのでわかりませんが、暖冬だと花をつけやすいのでしょうか。
オオキンカメムシはいつものポイントとは違う場所です、いつもの所では見かけませんでした。
Commented by ainomidori443zeph at 2007-02-05 21:32
定点観察は大事だと思います。たとえ無駄足になっても・・・。
年によって季節の進み方が違うので同じ場所でも一概に言えませんが、まぁそこでは2月初めは少ないということが分かれば。
しかし、遠方だとチト辛いですね(苦笑。)
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-02-05 22:37
2月の蝶ゲットおめでとうございます。往復410㎞もあるとは房総って遠いのですね。ムラツ少し遠方からの撮影のようですが、撮影出来て良かったですね。2枚目のアセビもエエ雰囲気です。やはり花単独でも絵になりますね。少々誤解していたようです。オオキンは私も冬場に撮影したことがありますが、凄い存在感で、ついついレンズを向けたくなるでしょ。
Commented by ダンダラ at 2007-02-05 23:23 x
愛野緑さん、天気が良くて暖かくなりそうだとお尻がムズムズしてダメですね。
家にいてあれこれ想像するよりも現地に行って・・やっぱりいないわ・・と納得する方がよっぽど精神衛生上はいいです。(ふところはきついけど)
これで来年以降は2月は家でのんびり出来ます (^^ゞ
Commented by ダンダラ at 2007-02-05 23:32 x
ノゾピーさん、房総は埼玉のわが家からは遠いです。
時間的には新潟や白馬に行くのと大して変わらないです。
ムラツはほんとに証拠写真と言うだけですが、一応ファインダーで確認し、シャッターを押すことが出来たので少しは慰められました。
花の方は家内の趣味ですが、蝶や鳥と違って逃げないので、多少の知識があるとそれなりに楽しめます。
Commented by KAZ at 2007-02-05 23:37 x
こんばんは。
オオキンカメムシは房総南部に行くとよく見かけますね。
カメムシは嫌いですが、綺麗なカメムシは大歓迎です。
気温が少し低かったのでしょうか?。
近所の公園では14度ぐらいになるとムラサキシジミとムラサキツバメが出てきます。

アセビの花、清々しい白に仕上がっていますね、綺麗です。

Commented by fanseab at 2007-02-06 00:02
ルーミスは残念でした。今年のように暖冬が進むと、そもそもムラツの集団越冬シーンを観察するチャンスもなくなってしまうかもしれません。複雑な気分ですね。厳寒期ではなく、少し暖かくなってから観察したいのは人情ですが、そうもいかないとは。。。。
アセビの花、春を彩る提灯行列のようで、季節感タップリですね。
Commented by furu at 2007-02-06 03:52 x
私も両方のポイントに行ってきましたがルーミスもムラツも完全nullでした。
ルーミスは徐々に少なくなっていく感じで違和感は無いですが、ムラツは突如跡形も無く消え失せる感じで不思議です。3年連続で2月に消えているのでこういう習性なのかも知れませんね。
今日は風景写真を4枚撮っただけで帰ってきました。(^^;)
Commented by ダンダラ at 2007-02-06 07:59 x
KAZさん、ルーミスやムラツに行って成虫が出てくるときの目安が、上着を脱ぎたくなる位の気温(15℃くらいかな)というのがあるのですが、この日はギリギリ位でした(風があったので脱ぎませんでした)。
ムラサキシジミもほとんど飛ばなかったので、たぶん風のせいだと思います。
この時期は千葉にお住いの方がうらやましいです。
Commented by ダンダラ at 2007-02-06 08:04 x
fanseabさん、数シーズン観察してみて11月から12月がルーミス、ムラツとも撮影のチャンスと言うことが良くわかりました。
ムラツの集団越冬は11月下旬が一番大きくて立派な感じです。
それが過ぎるとルーミスは3月の吸蜜の頃でしょうか。この頃再チャレンジします。
1.2月は色々な準備期間ですね。わかってはいるけどついつい・・・ですね。
Commented by ダンダラ at 2007-02-06 08:08 x
furuさんも行かれましたか。この時期はやっぱり厳しいですね。
furuさんの見つけた集団越冬の場所がわからず、探し方が悪いのかと思いましたが、写真を拝見する限りそれほど高い位置でもなくやはりどこかに飛んでしまったのでしょうか。
2月に突如消え失せる・・・・、こういう習性・・
ウーン、来年は集団越冬をこの眼で見てからもう一回通わないとだめかなー。
Commented by nomusan at 2007-02-06 20:37 x
ルーミス、残念でしたね。ムラシにしてもムラツにしても、越冬状態での定点観察はなかなか難しいものなのですね。今年はダンダラさんのおかげでムラシを一カ所見つけられたので、雰囲気を味わえました。これからも参考にさせていただきます。
Commented by ダンダラ at 2007-02-06 21:05 x
nomusanさん、出かける前まではルーミスはああ撮って、その後はムラツの集団越冬をこう撮ってと皮算用ばかりしていたのですが。
やっぱり欲をかくとダメですね。
それにしてもタテハモドキ・・・・うらやましいです。
Commented by thecla at 2007-02-06 23:30 x
ルーミスは残念でした。
実は、ブログには書いていませんが、1月の初め強風の日に行ってみました。
その時は、樹上を飛んでいる姿を数回見たのですが、飛んでいる姿も見れなかったのでしょうか。
やっぱり12月までが個体数も多くて良いようですね。我が家からは短時間で行けるのですが、高速代は信州に行くのと変わらないくらいかかってしまいます。
Commented by ダンダラ at 2007-02-07 08:55 x
theclaさん、まさかルーミス、ムラツの両方にふられるとは思っていませんでしたが、これが自然の姿なんですね。
木の上の方は結構強い風が吹いていて1頭も姿を見かけませんでした。
唯一、例の蜂の巣の下の川の近くを飛んでいる白っぽい姿を見かけ、大急ぎで近づいたのですが、向こう側だったこともあり良くわかりませんでした。
2月に行って写真が撮れても同じようなポーズだし、11月か12月に行くのが正解ですね。
Commented by papilabo at 2007-02-09 00:00
残念でしたね。
私は今日、房総に行って来ました。
帰って来てからダンダラさんの記事を見せて頂きました。
どういうタイミングでしょうか、今日は撮影が出来ました。
オオキンカメムシは私も以前ルーミスポイントで撮影したことがあります。
今日は残念ながら見つけられませんでした。
Commented by ダンダラ at 2007-02-09 09:08 x
papilaboさん、ブログ拝見しました。
papilaboさんの見つけた越冬状態のものを随分探したのですが見つかりませんでしたが、いなくなってしまった可能性が大きいですね。
探し方が悪かったわけではなかったようなので少しほっとしました。
撮影された個体はほんとに新鮮ですね。色々考えさせられる蝶です。
Commented by maeda at 2007-02-10 06:48 x
相手が自然ですから時には空振りになることもありますね。
手強いとリベンジしたくなりますね。
2月のルーはどんな生活をしているの興味深いです。
Commented by ダンダラ at 2007-02-10 12:07 x
maedaさん、最近は様子のわかったところに行くことが多いので、滅多に空振りはないんですが見事にやられちゃいました。
それがこの時期の実態と言うことだとは思いますが、遠出しての空振りはなかなか・・・です。
今度は探索の範囲を少し広げてオリジナルポイントもつくりたいなと思っていますが。


<< モンキチョウ初見      春が少し近づいてきた >>