2006年 12月 24日

ムラサキツバメの♂は魔性の女?

今日も天気はまあまあ、千葉にムラサキツバメを見に出かける。
先日越冬場所を確認してあったので、何の心配もせずにポイントつくと・・ガーン、何もいない。
1頭も残っていなかった。昨日は良い天気だったので飛び出してしまったのだろうか。
周囲を探すが何も見つけることは出来なかった。
こうなったら気温が上がって蝶が飛び出すのを待つしかない。
小一時間ほど馬鹿のように上を見上げていて、ようやく11時20分過ぎになって10m位あるクスノキの梢をムラサキツバメが飛び始めた。
全く下に降りてくる気配がない。ただこれは下の方がまだ気温が低いからだと思ってひたすら待つ。
ようやく下の方に飛び出したチョウがいるがやや小振りで茶色っぽい、ムラサキシジミに違いない。
それでも何も撮れないよりましなので近づいて何枚も撮影する。ウーン、でもこれだけだったら家の近くでも撮れたなー。
f0031682_050557.jpg
さらに待つこと20分、1頭のムラサキツバメが撮影距離内に降りてきたが、止まったところは先日の越冬集団があったところ。
f0031682_0512875.jpg

2m位の高さなのでこれ以上の写真は撮れない、下手に脅かして逃げられたら今日の条件ではもう撮影出来るかどうかわからないので、ただじっと下で待っていると「チョウですか」と声をかけられる。
みると散歩していたお年寄り。この方結構詳しくて、ムラサキツバメのことも知っていたし、今年はナガサキアゲハがいたとか教えてくれた。
その方にムラサキツバメを指し示して少し話をしていると「あ、あれは!」と声を上げた。みると別のムラツが地面に降りてきたところだった。
f0031682_0521628.jpg

大喜びで撮影するが、そのうちじわっと翅を広げ始めた。見ると雄だった。ほんとは今日は♀が撮影したかったのだが仕方ない。
新鮮な♂で、翅表はビロードのような黒、何とか角度を選んで紫色が出るようにしたいが思い通りには行かない。
f0031682_0523941.jpg

家内がもっと下から見るときれいに色が出ているというのだが、どうやっても黒っぽい色しかでない。
ところが、家に帰って家内がコンデジで撮影した画像を見てびっくり、きれいな紫色が出ている。
驚いて、本当にこんな色が出ていたのか聞くと、下から見るとほんとにこんな色だったと言う話。
f0031682_053052.jpg
ムラツが止まったのは道路から少し盛り上がった土の部分。私はすぐにその土の部分に上がって撮影を始めたのだが、家内は少し下の道路から見ていた。
このほんの少しの高さの違いと、かがみ方が足りなかったせいでこれだけの差が出てしまったようだ。
ほんとにムラサキツバメの♂は魔性の女(おっと男か)のようだ。

そうそう、上に止まっていた個体だけど、日が陰って来て触角を揃えたところでそっと枝を下ろして指にとまらせ、撮影しやすい位置に持ってきてこちらも無事撮影(ヤラセですが)。
f0031682_014268.jpg

その後日が出てきたら翅を開いて日光浴をした後飛び立って、元と同じ位置に止まってました。
やっぱり何か条件が良いんでしょうね。

by dandara2 | 2006-12-24 23:54 | Comments(20)
Commented by banyan10 at 2006-12-25 04:35
奥様の1枚、素晴らしいですね。
こういう角度も良い色が出るのですね。
先入観にとらわれず、いろいろ試してみる価値がありそうですね。
Commented by chochoensis at 2006-12-25 08:46
ダンダラさん、最後の写真の色彩、なるほど素晴らしい幻光ですね・・・角度の違い、勉強になりました・・・コムラサキのように前から狙うものとばかり思っていましたが、違うのですね・・・。とても参考になりました・・・。
Commented by ダンダラ at 2006-12-25 17:06 x
banyanさん、家内が撮影した時は私も後ろから見ていたのですが、立って見ていたのでこんな色になっているとは全く気がつきませんでした。
ムラツの♂に関しては色々な方向、角度から眺めてみる必要がありそうです。
Commented by ダンダラ at 2006-12-25 17:09 x
chochoensisさん、ほんとにこのチョウは太陽光線の角度や高さが違うと色の出る様子も違うようで、この角度ならこの色と読み切れないところがあります。
その分工夫のしがいもあるのでしょうが、今回は全く予想もしていなかったので、写真を見た時はほんとに驚きました。
Commented by maeda at 2006-12-25 17:46 x
嫁さんに1本とられましたね。
でも本当に綺麗な紫ですよ。標本なら自由に角度を変えて眺められますが、写真でこの絵とは。
唸るだけです。
Commented by 虫林 at 2006-12-25 18:01 x
ムラサキツバメ出てきて良かったですね。
地面で日向ぼっこするなんて、多分そんなに多いことではないのでしょうか?
撮影角度で全く別なチョウになるところはこのチョウの撮影の面白さですよね。
奥さんの素晴らしい写真を出すところがまたいいですよ。
Commented by nomusan at 2006-12-25 21:28 x
おお、すごいぞすごいぞ! こんな色が出るんだぁ! 実際に見てる分にはダンダラさんの画像がそのままかなって感じですが、角度によってこんな紫が出るんですね~・・・・。奥様の画像、見事に一本!ですね。いや驚きました。
Commented by cactuss at 2006-12-25 21:33
奥さんの写真は紫色がきれいに出ていますね。ムラサキツバメ♂はこの角度がいいのですか。今後、撮影する時は参考にしたいと思います。
Commented by fanseab at 2006-12-25 23:23
奥様の撮られた紫色は独特な色合いですね。通常幻光撮影は正面前方からと思って
いましたが、盲点となる角度域があったということでしょうか?魔性の女、確かに奥が深いですが、小生、未だ♂に遭遇したことがないので、確認しようがありません。トホホです。
Commented by ダンダラ at 2006-12-25 23:36 x
maedaさん、ほんとにやられてしまいました。
この色合いははじめてなので、ちょっと信じられないくらいです。
随分かがんだつもりなのですが、写真を見るとまだまだですね。最近からだが硬いからなー。
Commented by ダンダラ at 2006-12-25 23:41 x
虫林さん、時間をかけてきてますので、最初の一枚が撮れるまでは今日はやっちゃったかなーとか色々考えて大変です。
この時期当てがはずれると他にカバーする物がないですからね。
家内の写真は他にお見せする場所がないので、せめて良いのが撮れた時くらいはと思ってます。
Commented by ダンダラ at 2006-12-25 23:45 x
nomusanさん、普通は私の写真くらいですよね。それでもまあまあ色が出ている方だと思います。
家内が色が出ていると言った時も、色々な方向から見てはみたものの、これが精一杯だと思ってましたので、写真を見た時はビックリです。
こんな色が出るんだーと言う感じです。
Commented by ダンダラ at 2006-12-25 23:49 x
cactussさん、普通はゼフィルスと同じように斜め前方から撮った時が一番色が出ると思います。
このときもその方向に回り込んでみましたが、あまりよい色が出なかったので、この個体はこんな物かなと思ってました。
この角度からなら常にこの色が出るのかわかりません。太陽の位置も重要だと思うのですが、♂がいたら是非試してみてください。
Commented by ダンダラ at 2006-12-25 23:54 x
fanseabさん、私もおっしゃる通りだと思っていましたし、実際そうなります。
家内の撮った写真はその角度から撮った物とは色合いが全く異なるので、ムラツの鱗粉の構造ってゼフ類とは違っているのでしょうかね。
♂に会われたらいろいろとチャレンジして素晴らしい写真を撮ってください。
Commented by kenken at 2006-12-26 00:32 x
う~む、ムラツ♂がこういう色が出せるのだということを知ると、次からは狙えそうですね。
それにしても同じ場所に戻るってのは、やはりそこには越冬のための良い条件が何かあるのでしょう。こちら、最近撮影サボってますが、一度ムラツでもやってみようかと思い始めました~
Commented by ダンダラ at 2006-12-26 18:05 x
kenkenさん、私のように成虫しか興味のない人間にとっては、いかに1年中撮影出来るか頭をひねるところなので、ムラサキシジミやムラサキツバメはいいお相手です。
じっと越冬しているわけではなく、天気の良い日には動いてくれるところも良いです。
ムラサキツバメは集団越冬、♂の翅表と冬でもテーマが多くて楽しいです。
でももう少し個体数が多くて身近にいると良いのですが、それがネックですね。
ぜひムラツを狙ってくださいませ。
Commented by Ryochan at 2006-12-26 21:44 x
 うーん、この時期これだけの写真が撮れるとは・・・さすがですわ。最近は天気が良くないこともあり、完全にギブアップしています。ムラサキツバメは必ず見つかるポイントを見つけたので、行ってみたくなりました。ムラサキシジミの方は、いまだに必ず見つかるポイントが見つかりません。結構どこにでもいることはいるんですがねー・・・。
Commented by ダンダラ at 2006-12-26 23:33 x
Ryochanさん、私のところは冬でも暖かい日にはかろうじてこれらのチョウが活動してくれる程度には暖かい場所なので救われます。
今年はほんとに天気が悪いですね。冬にこれだけ雨が多いと太平洋側のギフチョウは春には個体数が多いかも知れないですが、日本海側のギフチョウは雪が少ないとどうなってしまうのでしょうか。ふとそんなことも考えてしまいます。
ムラツは真冬でも10度以上ある風の弱い晴天の日ならそこそこ遊んでくれるので、チャレンジされてはいかがですか。
Commented by thecla at 2006-12-29 22:10 x
お~っと、年末で忙しい間にすっかり出遅れてしまいましたが、ムラツのオスは低い位置で横から撮るとこんなに素敵な色合いになるのですね。
今度参考にさせていただきます。その前にまず、オスを見つけなきゃ。今年は、何故か♀ばかりです。

Commented by ダンダラ at 2006-12-29 23:57 x
theclaさん、banyanさんもこの後チャレンジされて紫色が出ているようなので、かなりうまく行くようです。
これからムラツを見つけるのもなかなか厳しくなりますが、うまく見つけられると良いですね。


<< ムラサキシジミ越冬定点観測(3)      久しぶりの晴天、ムラサキシジミ >>