2006年 11月 12日

木枯らし吹く日のムラサキシジミ

 今日は朝から天気が良いが、台風並みに発達した低気圧のおかげで風が強い。東京では木枯らし1号が記録された。
 午後から仕事なので、午前中10時30分から11時までの30分だけ自宅近くの公園に出かける。
 いつもは15時頃の夕方に来ることが多くて侘びしい感じのポイントが、今日は朝日を受けてきらきらしてとても素敵だ。
風も思ったほどには強くなく、程なく♀が飛び出して日光浴を始めた。若干いたんではいるがまあまあの個体だ。
f0031682_22394988.jpg

 近くを見ると紫色の翅をした結構大きなのが止まっている。一瞬ムラサキツバメの♂かと思って近づくがムラサキシジミだった。
翅の一部が破れているが大ぶりの見事な♂だ。喜んで撮影しようとするが2枚ほどシャッターを押したら飛んでいってしまった。
f0031682_22404112.jpg

ふと上を見上げると、なんと今度は本物のムラサキツバメが止まっている。尾条突起がなくなっているが、この公園では今年初めての観察だ。高い場所なので、カメラを頭の上に持ち上げてノーファインダーで撮影する。
f0031682_22412045.jpg

 その後場所を移動して、いつもムラサキシジミが日光浴をしているヒイラギの道に行く。
 予想通りここでも日光浴をするムラサキシジミを見つけることが出来た。
f0031682_22432934.jpg

 ところがこの個体、♀なのになんか色が薄い。傷んだのかと思ったが鱗粉の乗りが悪いようだ。こんな個体もいるんだと思った。
f0031682_2244445.jpg
その近くではもう1個体がいたが、こちらは11時だというのに触角を揃えてすっかりお休みモード。
やや薄日で風が通る場所なので、飛び出しては見たもののはやばやと休むことにしたのだろう。
f0031682_22443872.jpg
ちょっとの時間だけど写真も撮れたので、これでこの冬条件がよい日ならかなり楽しめそうだとわかって満足だ。いつまで写真が撮れるだろうか。

by dandara2 | 2006-11-12 22:45 | Comments(12)
Commented by 虫林 at 2006-11-12 23:15 x
ムラサキシジミみたいな綺麗な蝶が多くいてうらやましい限りです。
1枚目のメスの開翅は特に綺麗ですね。また広角写真も秀逸だと思います。
こちらでも少し探してみたいとおもいます。
Commented by chochoensis at 2006-11-13 07:45
ダンダラさん、今年「ムラサキツバメ」は見かけないと思っていたのですが、居るんですね!あまり居ないので最近は探さなくなっていました・・・気をつけてみます、ありがとうございます。
Commented by ダンダラ at 2006-11-13 21:14 x
虫林さん、ムラサキシジミは確かに暖地性の蝶ですけど、甲府あたりにはいるのではないでしょうか。
こちらでは、アラカシの林に多くて、今頃だと南東向きの日の良く当たる林縁に見られるようです。
10時頃だと低い位置で日光浴をするので、そんな場所を探されてはいかがでしょうか。
でも、クロツバメシジミとかが手近に見られる環境がなんと言っても良いですね。
Commented by ダンダラ at 2006-11-13 21:20 x
chochoensisさん、今年はムラサキツバメは少ないですね。
マテバシイのヒコバエを見ても幼虫が少ないので、発生数自体が少ないように思います。
今年の冬は寒かったし、暖地性の蝶は少しの気温変動などでも影響を受けるのでしょうね。
Commented by 愛野緑 at 2006-11-13 21:58 x
やはり今年はムラツは少ないのでしょうか?未だに見ることが出来ません。
Commented by miyagi at 2006-11-13 22:39 x
ダンダラさん ムラサキツバメやムラサキシジミのポイントがあっていいですね。私は春先に見たっきりで、その後ほとんど見ていません。(尤も、大きい蝶に目がいってしまうので観察不足のせいかもしれませんが(^^;
ムラサキ色が冬になると光を吸収して発熱しているように見えます☆
Commented by ダンダラ at 2006-11-13 22:41 x
愛野緑さん、こちらよりもそちらの方が先にムラサキツバメが確認された場所ですから、そちらでも見られないと言うことはやはりかなり少ないのでしょうね。
ウラナミシジミもわが家付近では確認出来ませんでした。
Commented by ダンダラ at 2006-11-13 22:50 x
miyagiさん、それほど蝶が多い場所ではないのですが、アラカシの雑木林になっているので、ムラサキシジミにとっては良い場所のようです。
人も入ってこないので、だれにも邪魔されずに写真が撮れます。もっとも昨年下枝を刈られてしまったので、少し撮影しにくくなってしまいました。
ムラサキシジミの♂の濃い紫は素晴らしいと思います。
ベニシジミと並んで、普通種の中ではダントツだと思います。
Commented by mtana2 at 2006-11-17 19:21 x
ダンダラさんの家の近くで、ムラサキシジミ、ムラサキツバメが見られるということは、わが家の近くの公園でも見られる筈ですが、見つけられません。あんなにいたウラギンシジミもサッパリ。また頑張って探すことにしま~す。
Commented by ダンダラ at 2006-11-18 08:08 x
mtana2さん、我が家近くの公園はほんとに小さな公園で、mtana2さんのフィールドの方がずっと豊かなフィールドなので調べると面白いでしょうね。
マテバシイ、アラカシとも落葉樹ではないから、今の時期が探しやすいですね。
Commented by thecla at 2006-11-19 19:57 x
この時期、皆さんそれぞれのマイポイントでムラサキ兄弟を撮影されていますね。
それぞれの場所の微妙な違いが、なんとも味があって楽しめます。
この時期、本当に慰めてくれる蝶ですね。
Commented by ダンダラ at 2006-11-20 12:44 x
theclaさん、日本国内、それも関東近辺にいるものにとっては、ムラサキ3兄弟は心強い見方です。
しかも兄弟それぞれ個性があって、一番身近にいるムラサキシジミが一番写真写りが良いというのも泣かせますよね。


<< 定期演奏会      夕方のムラサキシジミとウラギンシジミ >>