2021年 07月 18日

小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)

7月7日は朝はガス。
晴れてくるのかと思ったら小雨になった。

10時ころに明るくなってきたので、11時にギンイチの確認に行くけどやはり出てこない。

代わりにアゲハがアカツメクサで吸蜜してモデルになってくれた。

小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06561265.jpg
小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06561268.jpg

吸蜜してはすぐに飛び立つので飛び立ちを撮影する。

小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06561273.jpg
小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06561358.jpg
小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06561202.jpg
小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06560632.jpg
小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06560606.jpg

撮影して戻ろうとしたら川原に何やら丸くて光るものが。

スッポンだ !!

小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06560605.jpg

最初はじっとしていたけど、カメラを向けたら動き始めて、川に戻っていった。

小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06555839.jpg

一昨年の6月下旬にもこの場所で撮影しているけど、どうもこの付近に産卵していたような気がする。

その後下流に行って、ジャコウアゲハが産卵していた土手の斜面がどうなっているか見に行った。

思った通り、刈った草を集める機械で、土手の斜面は引っ掻き回されていた。

小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06555849.jpg
小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06555894.jpg

この日はウマノスズクサを見つけられなかった。

雨水池の横の、狭い草地のウマノスズクサにはジャコウアゲハの幼虫を見ることができたが、とても足りそうもない。

小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06555834.jpg

撮影を終えてふと土手を見ると、アカミミガメの20㎝以上もあるような大きな個体がいた。

小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06555889.jpg

この個体も産卵に出てきたのかな。


8日、9日とも曇りで小雨も降る。

10日は久しぶりに朝から晴れ。

午前中に買い物、その後川原へ。

すぐにツマグロヒョウモンのオスが出てきてくれたので、飛び立ちを撮影。

小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06555164.jpg
小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06555140.jpg

土手の刈った草は回収されていた。

3日間の間に少しはウマノスズクサが見やすくなったかなと思って土手の斜面を探す。

10㎝くらいのウマノスズクサがあったので、葉の裏を注意してみると、矢印の先端に2卵を見つけた。

小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06555199.jpg

こちらの株には6卵が見つかった。

小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06555168.jpg

もともとあったのか、草刈り後母蝶が見つけて産卵したのかは不明。

雨水池の横の草地のウマノスズクサには今日も幼虫が見つかった。

小畔川便り(草刈りの後で-6:カメさんたち:2021/7/7.10)_f0031682_06555175.jpg

葉の裏側にも影が見える。

とりあえず卵が見つかって良かった。





by dandara2 | 2021-07-18 07:08 | 幼虫 | Comments(4)
Commented by naoggio at 2021-07-18 09:12 x
スッポンどうしたかなあと思っていましたが元気にやっているみたいですね。
ツマグロヒョウモンの飛び立ち、ジャスピンでナイスです。
これくらいピントが合っていると気持ちいいですね。
Commented by ダンダラ at 2021-07-18 19:32 x
naoggioさん、ありがとうございます。
スッポンは私もこの日、まだ元気にいたんだねと思いました。
習性は全く分かりませんが、場所を覚えていて産卵に来るんでしょうか。
この時期くらいから、ジャコウアゲハも含めて、蝶の姿は川原ではあまり見かけなくなったので、ツマグロヒョウモンもうれしい被写体になりました。
Commented by 22wn3288 at 2021-07-20 20:29
かなり徹底した草刈りが行われたようです。
ギンイチの発生に影響がありそうですね。
ジャコウアゲハは生き延びそうですか。
葉の量が心配ですね。
Commented by ダンダラ at 2021-07-20 21:27 x
旅友さん、ありがとうございます。
いつもは草刈りがあっても、あまり注意してみてはいませんでしたが、今年は川原の整地とかあったり、コロナで自宅にいる時間が増えたりで、観察の時間が増えたことで色々なことがわかってきました。
おっしゃるように、葉の量が足りなくなりそうです。


<< 小畔川便り(ウラナミシジミ産卵...      小畔川便り(ギンイチ2化:20... >>