2021年 07月 16日

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)

7月4日は終日雨、家から出なかった。

静岡川県の熱海では3日に土石流で大きな被害があった。
この日は終日そのニュースが流れていた。

7月5日も朝は雨、昼は曇り時々雨。
この日も一日家にいた。

7月6日は曇り。
久しぶりに雨の降っていない日になった。

小畔川の上流部にギンイチ2化の発生の確認に行く。

いつもいる場所では姿がなかった。

この日はオオチャバネせせりをよく見かけた。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09201394.jpg

タンポポで吸蜜していたメスの所にオスが絡んできた。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09201360.jpg
小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09201377.jpg

家内はヒメウラナミジャノメがアカバナユウゲショウで吸蜜しているところを撮影していた。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09201386.jpg

少し奥まで探したけどギンイチが見つからないので、最初のポイントに戻って丁寧に探すと、1頭のオスが飛び出した。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09200295.jpg
小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09200789.jpg
家内撮影


羽化間もないのか不活発で飛んでもすぐ止まる。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09200769.jpg

ある程度撮影したところで、飛翔を撮影する。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09200795.jpg
小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09200709.jpg

遠くには飛ばないので、何度か撮影のチャンスがあった。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09200221.jpg
小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09200273.jpg

家内は少し傷んだオスを撮影していた。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09315438.jpg
家内撮影


この日見たのはこの2頭で、メスは見つからなかった。

ギンイチを追いかけていたら、家内がヒメウラナミジャノメの交尾ペアを見つけた。

草の茂った中だったので、そっと草を分けて撮影する。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09200278.jpg
家内撮影


手をどけて交代しようかと思ったら、もう1頭のヒメウラナミジャノメが飛んできてこのペアに絡んだ。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09200263.jpg
家内撮影

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09195700.jpg
家内撮影


帰宅して昼食後、13時半過ぎからジャコウアゲハの場所に行く。


ジャコウアゲハの成虫はいなかったけど、3日に孵化を確認した幼虫は2齢になっていた。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09195781.jpg

近くには脱皮殻も見えるので、2齢になったばかりだろう。
1齢の期間は3日間ということだろうか。

近くの葉には1齢幼虫も1頭見つかった。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09195766.jpg

これで3日にあった4卵の幼虫はすべて無事ということになる。
カメムシの被害にはあわなかったようだ。

その後念のためにギンイチの発生地の様子を見に行く。

ギンイチはいなかったけど、ここにもジャコウアゲハが飛んでいた。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09195798.jpg

ツバメシジミの交尾も見つかった。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09195794.jpg

左側のメスは縁毛も擦れた感じで、新鮮個体には見えないけど、2度交尾したりすることはあるのかな。

家に戻る途中、枯れた草を集めているのに出会った。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09195135.jpg

機械が通った後は茶色くなっている。

大きな針金のついた機械で、草を土手の上にかき集めている。

小畔川便り(ギンイチ2化:2021/7/6)_f0031682_09195189.jpg

これでかき回されたら、ジャコウアゲハの幼虫も卵もひとたまりもない感じだ。




by dandara2 | 2021-07-16 09:41 | 交尾 | Comments(4)
Commented by naoggio at 2021-07-17 08:37 x
上流部とはいえ第2化が確認できて本当に良かったです。
この辺りの環境が破壊される前に下流部の環境が復元してくると良いのですが。
広角飛翔、相変わらずお見事ですね。
ヒメウラナミジャノメの交尾も静止場所がよく綺麗な写真です。
ツバメシジミのメス、擦れてますねえ。複数回交尾すると見た方がよさそうな気がします。
Commented by ダンダラ at 2021-07-17 16:08 x
naoggioさん、ありがとうございます。
今年は2化のギンイチが少なくて、ようやく撮影できたのはこの2個体だけでした。
おっしゃるように自宅周辺のギンイチも生き残ってくれていると嬉しいです。
ツバメシジミ、そんな感じですよね。
複数回交尾するのは珍しくないとどっかで読んだ記憶があるんですが、どこだったか忘れてしまいました。
Commented by himeoo27 at 2021-07-23 06:24
ギンイチモンジセセリ2化確認おめでとうございます。
3化へ命の連鎖を繋いでくれそうで安心しました。
見沼田んぼ①の2化は個体数が少ないものの安定して発生しています。見沼田んぼ②は開発予定地なので未調査。見沼田んぼ③は何度も訪問していますが未確認、明日24日に再度確認に出かけてみます。
Commented by ダンダラ at 2021-07-23 06:50 x
ヒメオオさん、ありがとうございます。
この場所は、自宅前の川原から5㎞くらい上流で、整地もされていない場所なので、何とか生き延びてくれています。
私も今日、再度自宅周辺を歩いてみようと思っています。


<< 小畔川便り(草刈りの後で-6:...      小畔川便り(草刈りの後で-5:... >>