2021年 07月 12日

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)

6月28日は朝から晴れ。

例年だとギンイチモンジセセリ2化の発生時期なので、念のために例年発生していた場所の右岸と左岸を歩いてみることにする。

まず右岸側の例年ギンイチを撮影していた場所に行く。

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16310514.jpg

この春に整地され、まだほとんど草が生えていない。
当然ギンイチも見かけない。

対岸に行って、同じ場所を左岸側から見る。

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16310596.jpg

川原の真ん中に少し木があるけど、その右側のこんもり茂った草地には、ツマキチョウやギンイチモンジセセリがいた。

ここは整地も草刈りもされていないので、ギンイチが残っている可能性はあるけど、足元がぬかるんでいて軽登山靴では入れなかった。

木の左側の草地にもギンイチは飛んでいたけど、今回はそこまで整地された。

左岸を下流側に歩いて橋の見えるところまで来る。

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16310530.jpg

ここは両岸とも年に2回の草刈りが入って、ギンイチはたまに飛ぶ程度。

結局ギンイチは見つからなかった。


橋をくぐって下流側に行ったら、堤防の舗装工事の休工の看板が。

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16310594.jpg

いつまで休工になるのかわからないけど、草刈りと舗装のダブルパンチは避けられそうだ。

昨日帰りがけに見たジャコウアゲハはまだ止まっていた。

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16310551.jpg

およそ24時間同じ場所に止まったままだ。

死んではいないと思うけど、あえて触らずに撮影するだけにした。

土手の斜面ではジャコウアゲハが飛んでいたけど、止まらずにどこかに行ってしまった。

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16305778.jpg

他には何もいないので、この前までジャコウアゲハが何頭も産卵に来ていた、ラベンダーの場所から上流側を見る。

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16305744.jpg


気になるのは、刈った草の後始末。

このまま放っておいてくれたらいいんだけど、この後刈った草の後始末があるから、産卵された卵とかにさらにダメージがありそう。

ジャコウアゲハはどうやってしのいでいるのかと周囲を見てみると、雨水池の生け垣に絡んだウマノスズクサの周りを飛んでいる個体がいた。(上の部分は池の水面)

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16305774.jpg
小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16305764.jpg
小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16305732.jpg

これに産卵したそうにしていたけど、この時は生け垣の下に行ってわからなくなった。
小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16304802.jpg
小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16304891.jpg

危険防止のため、生け垣の向こうには行けないので、雨水池の斜面がどうなっているのかわからないけど、ここで繁殖しているのかもしれない。

雨水池側から遊歩道に戻ると、ジャコウアゲハが飛んできて、植木の下に生えている小さなウマノスズクサに産卵を始めた。

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16304864.jpg
小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16304856.jpg

この植木の周辺を飛んでは産卵場所を探している。

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16304086.jpg

この個体はその後植木に止まったので、周囲の様子を入れて撮影。

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16304084.jpg

この狭い間に何本ものウマノスズクサの芽生えがあった。

来るときに見かけた、昨日から止まったままのジャコウアゲハはいなくなっていた。


29日は1回目のワクチン接種。
その後は家でおとなしくしていた。
夜になって少し肩が傷む、熱は特に出なかった。

30日は終日曇り。

10時半くらいから歩いてみるけど、天気が悪いので何も動きがない。

メスが1頭だけ飛んできて笹の葉に止まったので撮影。

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16304027.jpg

水滴がいっぱいついている。
小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_16304073.jpg


昼食後、音がするので窓の外を見たら、こちら側の土手に草刈りが入っていた。

小畔川便り(草刈りの後で-4:周辺の様子:2021/6/28.30)_f0031682_06131167.jpg



by dandara2 | 2021-07-12 16:49 | 産卵 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2021-07-13 05:40
>右側のこんもり茂った草地には、
>ツマキチョウやギンイチモンジセセリがいた。
この場所でギンイチモンジセセリが生き延びて
いたら嬉しいです。
こちら見沼田んぼでは2化の発生は確認出来て
いますが1化に比べて個体数が極端に少なく、
状況観察中です。
そちらでも昨年まで2化は個体数が、少なかっ
たのでしょうか?
Commented by ダンダラ at 2021-07-13 06:42 x
ヒメオオさん、ありがとうございます。
この場所でギンイチが生き残っているとしたら、この場所周辺かなと思っていますが、それほど広い場所ではないので心配ではあります。
2化の数ですが、きちんとカウントしたわけではないですが、おっしゃるように数は少ない感じですね。
写真の撮影枚数は少ないです。


<< 小畔川便り(草刈りの後で-5:...      小畔川便り(草刈りの後で-3:... >>