2021年 07月 04日

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)

6月24日は午前中は曇り、機械の音がするので窓から見ると、対岸に草刈りが入っていた。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10012675.jpg

13時ころから晴れてきたので川原に様子を見に出る。

2019,2020年は両年とも6月26日がギンイチ2化の初見日なので、こちら側のギンイチが発生していた場所の様子を見に行く。

左の川より手前側は、整地はされなかったけど、コスモスは咲いていなかったので年に2回草刈りが入っていた。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10012777.jpg

ギンイチは飛んではいたけど、草丈が短いので産卵はほとんどしていなかった。

ギンイチが多かった場所は整地されて、上の土砂を削って下流側に持って行ったので草もあまり生えていない。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10012736.jpg

土手に戻って橋のほうに歩き始める。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10012774.jpg

この辺りまでギンイチは見られたけど川原は整地されてしまった。
川が見えている下のこんもりした場所から先は、整地はされなかったけど年2回草刈りが入って、ギンイチはあまり見られなかった。

この日はギンイチの姿は見られなかった。

下流へ歩いて、橋を渡って左岸側に行ったら、草刈り機がすぐ手前まで来ていた。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10012678.jpg

川原の草を刈って、橋より下流に来るのは後になるだろうと思って、橋をくぐって下流に行く。

下流側は思った通りまだ草刈りはされていなかった。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10002031.jpg

川原を歩くとジャコウアゲハがアカツメクサに吸蜜に来ていた。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10002191.jpg

この個体は近くの桑の葉に止まった。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10002130.jpg

奥には今くぐってきた橋が見えている。

土手の上に上がって下流側を撮影。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10002153.jpg

この道も舗装されるんだろう。
真ん中は左にある雨水池の排水路。


少し先に行くと、ジャコウアゲハが産卵場所を探して飛んでいる。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10002060.jpg
小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10000980.jpg
小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10000974.jpg

草の間にもぐりこんで産卵を始めた。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10000908.jpg

別の場所でも産卵態勢をとる個体がいた。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10000952.jpg

この個体はすぐ飛び立って、別のウマノスズクサを探し始めた。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10000923.jpg

このウマノスズクサに産卵してくれたら撮影しやすいのに、と思って見ている。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10000112.jpg

葉に止まってなんだか怪しい雰囲気。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10000130.jpg

やった産卵を始めてくれた。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10000202.jpg

でもすぐに飛んでしまった。

後を追いかけたので、卵は確認していない。

草の間のウマノスズクサを覗いている。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10000236.jpg

少し飛んだ先で、産卵を始めたけど撮影しにくい。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_10000188.jpg


産み付けられた卵。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_09594174.jpg

撮影しやすいように葉を上に向けようとして、ごそごそしたので、卵が落ちてしまったような気がする。

産卵も撮れたので橋の方に戻ると、予想に反して草刈りが橋をくぐってこちら側にもきていた。

小畔川便り(草刈り開始:2021/6/24)_f0031682_09594139.jpg

さっきジャコウアゲハが止まっていた桑の木が、左腕の所に見えている。
橋の上流側は、斜面のみで川原は草刈りはしなかったようだ。





by dandara2 | 2021-07-04 10:23 | 産卵 | Comments(6)
Commented by naoggio at 2021-07-04 17:36 x
よく土手が綺麗に草刈りされていますがこんな機械でやっているんですね。
かなり傾斜があるところでも刈れるなんてすごいです。
などと感心している場合ではありませんね。
ギンイチには厳しい環境になりそうで本当に心配です。
↓アカツメクサとツバメシジミのメスは色的にとても相性がいいですね。
Commented by Farfalla65 at 2021-07-04 21:25
堤防の舗装や草刈りの告知が出て
いましたが、いよいよ本格的な草
刈りが始まったのですね。ギンイ
チなどには影響が出そうで心配で
すね。
Commented by ダンダラ at 2021-07-04 21:44 x
naoggioさん、我が家の窓からは毎年みられる光景なので、機械も見慣れていますけどこんな感じです。
もう少しきつい土手の斜面もうまく刈っています。
まあ見ていると、時々はベテランの方が指導しているのも見かけますけど。
ギンイチは2化に関しては厳しそうです。
今後どうなるんでしょう、個人的にはきっと戻ってきてくれると思っていますが。
Commented by ダンダラ at 2021-07-04 21:47 x
Farfallaさん、いよいよ草刈りが始まりました。
草刈り自体は毎年のことなんですが、今年は川原の環境自体が変わってしまいましたので、ギンイチに関しては心配です。
非常に微妙な環境の中で生きていたんだなというのを改めて感じています。
Commented by himeoo27 at 2021-07-05 06:20
ジャコウアゲハ雌の妖艶な表翅の色合い良いですね!
こちらでも見かけますが中々上手く写せません。
ここまで徹底的に草刈りされるとギンイチモンジセセリ
2化厳しいと思います。3化以降に期待したいです。
Commented by ダンダラ at 2021-07-05 09:37 x
ヒメオオさん、ありがとうございます。
ジャコウアゲハはおっしゃる通りで、独特の雰囲気がありますね。
それに生態もここでは観察しやすいので良い被写体です。
ギンイチは、おっしゃるように草刈りが定期的に行われるところでは、継続的な発生は難しいですね。
近くに発生地がある場合には、そこから移動してきて発生しますが、ここはどうなるのか心配です。


<< 小畔川便り(草刈りの後-1:2...      小畔川便り(雨の後で:2021... >>