2021年 06月 24日

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)

6月16日は曇り時々晴れ、夕方からは雨になった。

10時半ころに前日のネジバナの場所に行くけど今回も納得いく写真は撮れなかった。

蝶の姿はないので川原へ行く。

モンキチョウがアカツメクサで吸蜜していた。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06300961.jpg

ジャコウアゲハのメスが川原を飛び回っている。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06300935.jpg

産卵したそうなので様子を見ていると、草の中で姿が消えた。

土手を降りて様子を見ると、草の間のウマノスズクサに産卵していた。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06300948.jpg

枯れ草が邪魔だけど、どけるわけにもいかず四苦八苦していると、産卵を終えて飛び立った。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06300969.jpg

葉の形が元に戻って産み付けられた卵が見えている。
小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06300993.jpg


近くのウマノスズクサを見ると幼虫もいた。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06300339.jpg

自宅に戻る途中ではキタテハが吸蜜している。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06300377.jpg

夏型のキタテハはあまりパッとしないけど、オオキンケイギクの花の上で、きれいに見えた。


17日は雲が多いけど、時々日も射して明るい。

息子のお嫁さんの昇進が内定したというので、お祝いにケーキを買いに行く。

最初のお店は定休日だったので、別のお店に家内は歩いていくけど、私は車を止めた場所にある公園に行ってみることにした。

ヒカゲチョウが目の前に止まった。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06300323.jpg

新鮮な個体だけど、不活発。
羽化直なのかな。

帰宅して昼食後、再度川原に行く。
公園ではZ50+50-250 だったけど、この時はD500にシグマのアポマクロ150をつけて持っていくことにした。

家内がD5500を使うようになって、Z50が手元に戻ってきたけど、D500に70-200をつけたものとの使い分けをどうしようかと思っていた。
基本同じような使い方になってしまう。

考えてみると、ヒカゲチョウの時はZ50には内臓ストロボがあったので使ったけど、D500にはない。
D500だと、それだけで撮影の難易度が少し上がったかなと思って、明るいオープンな場所ではD500、ストロボを使う可能性のある時はZ50と使い分けてみることにした。

レンズも産卵などが撮れるようにマクロの150をつけて、この時は使い勝手のチェック。


歩き始めると、モンキチョウが絡んでいる。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06300435.jpg

とりあえず撮影して様子を見ていると、土手の上に上がってその場でホバリングしている。

急いで土手を登ってカメラを向ける。

最初はマニュアルフォーカスにしたけど、少しずつ移動しているので、蝶を追いかけながらファインダーに蝶を入れ、ピントリングを回してピントを合わせるのは難しい。

それでオートフォーカスにして、蝶がフォーカスポイントの中に入ったらシャッターを押す方法に切り替えた。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06300312.jpg
小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06295846.jpg

D500はピントが合うと、多少動いてもフォーカスが追随してくれるので、蝶がフォーカスポイントに入ってピントが合ったと思ったら、あとはひたすらシャッターを押して撮影。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06295958.jpg
小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06295924.jpg
小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06295984.jpg

土手の上から、腰から下くらいで求愛しているシーンを狙えたので、いつもとは違うアングルで撮影できた。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06295836.jpg
小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06295391.jpg
小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06295354.jpg
小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06295387.jpg
小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06295383.jpg
小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06295339.jpg

かなりの枚数を撮影して、やったー、撮れた!! と充実感がわいてきた。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06294740.jpg
小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06294780.jpg

その後ウマノスズクサの場所に行くと、この日は産卵する個体は見つからなかったけど、アカツメクサで吸蜜するメスがいた。

小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06294758.jpg
小畔川便り(モンキチョウの追飛:2021/6/16.17)_f0031682_06294767.jpg

Z50+50-250 と D500+マクロ150 の使い分けもしっくりしていい感じだ。




by dandara2 | 2021-06-24 06:48 | 配偶行動 | Comments(4)
Commented by ibatyou010 at 2021-06-24 17:59
D500にシグマのアポマクロ150mmで飛翔は凄いですね.
しかもオートフォーカスとは素晴らしいです.
シグマのアポマクロ150mmはとてもお気に入りのレンズでしたが,飛翔は撮れそうもないので諦めてオリンパスに鞍替えしました.
工夫次第で飛翔も綺麗に撮れるんですね.
とても参考になりました.ありがとうございます.
Commented by ダンダラ at 2021-06-24 19:51 x
ibatyouさん、ありがとうございます。
私も、マクロ150で飛翔撮影というのは考えてはいませんでしたが、今回はモンキの求愛が比較的ゆっくり飛んでくれたのと、手持ちがD500+マクロ150だったので、チャレンジしました。
結果は写真の通りで意外と使えました。
いまは自宅前の川原ではジャコウアゲハの個体が多いですが、その飛翔撮影にも使っていて結構撮れます。
もしお手元にあるなら試されてみるのもいいと思います。
Commented by 22wn3288 at 2021-06-26 06:05
モンキチョウ雌雄の飛翔 綺麗に撮れましたね。
オートフォーカスでもピントが合うのですね。
ジャコウアゲハは産卵時に、幼虫も一緒に発育しているのですね。生活力が強いですね。
Commented by ダンダラ at 2021-06-26 06:53 x
旅友さん、ありがとうございます。
モンキチョウの求愛はよく見ますけど、いつも下から見上げる感じで、数枚撮ると上がってしまうことが多いんですけど、この時は長いこと同じような高さで求愛してくれたので、たまたまついていたマクロレンズで撮ることができました。
なかなかこんなことはないです。
ジャコウアゲハはおっしゃるような状況で、今までこんな生態は把握していなかったので気を付けて撮影しようと思っていましたが、この後、この場所に草刈りが入ってしまって、継続観察がかなり難しくなってしまいました。


<< 小畔川便り(ネジバナに来たチョ...      小畔川便り(アゲハの吸蜜と飛翔... >>