2021年 06月 14日

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)

6月2日から4日は天気が悪かったり、所用があったりで撮影には出なかった。

5日も終日曇りで特に午前中は雲が厚い。
11時ころから明るくなってきたので、12時少し前から自宅前の川原に出る。

土手の花壇にはモンシロチョウが来ていた。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07195025.jpg
小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07195099.jpg
小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07195014.jpg

モンキチョウが追飛していたので、E-M5Ⅲ の設定をマニュアルフォーカスに変えて撮影する。

ミラーレスはフォーカスモードを変えるまでに少し時間がかかるけど、何とか間に合った。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07195178.jpg

撮影していたらもう一頭が画面に入ってきた。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07195022.jpg

真ん中がメスだけど、黄色タイプだった。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07194676.jpg

あとはひたすら撮影。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07194652.jpg
小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07194659.jpg
小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07194689.jpg

6日は午前中は曇り、買い物に行った時には小雨が降ってきた。

午後になって明るくなってきたので、川原に出る。

モンシロチョウが吸蜜に来ていた。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07194681.jpg

ベニシジミはノビルの花に来ていた。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07194008.jpg

ノビルは花自体があまり咲いていないので、初めての撮影になった。

家に戻りかけると、赤いコスモスの花の所で2頭が絡んだ。

1頭はすぐに飛び去ったけど、コスモスの陰に止まった蝶がなかなか出てこない。

確かあそこにいるはずだと思って、土手から川原に降りる。

止まったはずの花を、もし蝶がいたら驚かさないようにそっと回り込むと、モンキチョウが吸蜜していた。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07194075.jpg

モンキチョウのコスモス吸蜜は、今年初めてなのでそっと撮影する。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07194191.jpg

7日も午前中は雲が多い。

13時過ぎから川原に出る。

今日は少し下流のウマノスズクサの生えているところまで行ってみることにする。

期待通りジャコウアゲハが来ていて、ウマノスズクサの周りを飛んでいる。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07193903.jpg

少し傷んではいるけど、メスがウマノスズクサの間にもぐりこんだので、産卵かなと思ってカメラを構える。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07193454.jpg

産卵を始めたようだけど、背面からなのでよくわからない。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07193499.jpg

そっと回り込んで撮影。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07193546.jpg

この時には尾部を伸ばしているけど、脚の下のウマノスズクサには産卵された卵が見えている。

驚いたことに、終齢に近い幼虫も何頭も見つかった。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07193510.jpg

もう一頭のあまり壊れていないメスが飛んできてウマノスズクサの周りを探っている。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07193473.jpg
家内撮影


やがてこの個体も産卵を始めた。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07192774.jpg

飛び去った後には産卵された卵があった。

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵:2021/6/5-7)_f0031682_07192720.jpg



by dandara2 | 2021-06-14 07:32 | 産卵 | Comments(2)
Commented by naoggio at 2021-06-14 16:48 x
モンキチョウが見事に3頭が並んで飛翔する撮れそうで撮れない写真、素晴らしいです。
12〜13枚目の濃いピンクのコスモスとモンキチョウは強烈なコントラストが面白いですね。
ボロボロのジャコウアゲハの産卵シーンも感動しますね。
昆虫は最後の瞬間まで手を抜くことを知らずに必死に生きているのでしょう。
Commented by ダンダラ at 2021-06-14 19:11 x
naoggioさん、ありがとうございます。
おっしゃるように、モンキチョウの追飛は今までも何度も撮影していますが、すぐに上に飛んでしまったりでなかなかうまく撮れませんでした。
この時は3頭がしばらく絡んでくれましたので撮れましたが、今まではオスがメスの前を飛んで発香鱗の匂いをかがせて、未交尾のメスを地面に降ろして交尾するというイメージだったんですが、後ろのオスは何をしているのかなというのがちょっと疑問の感じになりました。


<< 小畔川便り(ミドリシジミ確認:...      小畔川便り(モンシロチョウの集... >>