2006年 08月 30日

ギンイチモンジセセリ3化

 今日はキベリやクジャク、エルなどのタテハ類でも撮りに高原に行こうかと思っていたが、天気が思わしくないので、先日撮影出来なかった自宅前のギンイチモンジセセリを撮りに10時頃に出かける。
 出たとたんにぽつぽつと雨が降り出した。本降りになる前に何とか撮影をと思って河原を歩くと♂のギンイチが1頭現れてくれた。
 やったーこれで片が付くと思って近づくと、繁茂したクズの蔓が引っかかって色々な方向の草が揺れて飛び立ってしまう。
 しかし動きが鈍くすぐに止まる。近づくとまた草が揺れて逃げ出す。
 そんなことを繰り返すうちに、飛ぶことによって体が温まったのかだんだん飛ぶ距離が長くなり、とうとう1枚も撮影しないうちに逃げられてしまった。
 ガックリして河原を探すが他には1頭も現れなかった。非常に悔しい。
 雨はそれほど強くはならないので、何か撮影出来ないかと思って歩くと交尾しているモンシロチョウを発見、撮影する。
f0031682_21183125.jpg

 白い翅に露出が引きずられてアンダー気味になってしまった。この辺り露出補正が考えなくても出来るように練習の必要がありそうだ。
 ここではギンイチはだめそうなので、先日新しくギンイチを見かけてた場所に行ってみることにする。途中ヤマトシジミが交尾していた。今日は交尾個体に良くお目にかかる日だ。
f0031682_21184558.jpg
 
 目指す場所についてゆっくり歩いていると足元からギンイチが飛び出しすぐに止まった。
 場所はこんな感じで、右側は高速道路の関越、左側は畑で、その間の農道のススキに発生していた。
f0031682_21194370.jpg
 ほんの狭い場所だが突き当たりは小畦川になっていて、そこの河原にギンイチがいるので移動してきたものだろう。
 20年以上前に多摩川でギンイチの調査をした時も、河原から1Km以上離れた住宅地の空き地にギンイチが発生していて、きっと昔は一面のススキ原で、その時の依存的な発生地だろうと思ったが、今回も条件は違うが、河原から離れたところへ分布を広げる仕組みを見ているような気がして面白かった。
 ♀なので動きも鈍く良いモデルになってくれた。先日は♂がいたので他にもいないかと探してみるが見つからなかった。
f0031682_2120327.jpg

 小雨が降っているのでいても飛ばなくて見つからないのだろう。
 先ほどの♀が今度はエノコログサの葉に止まったので、再度撮影。お腹が大きくて重そうだ。たくさん卵を産んで子孫を残してもらいたいものだ。
f0031682_21201315.jpg

 雨が少し強くなったので家に帰ることにする。

by dandara2 | 2006-08-30 21:20 | 交尾 | Comments(10)
Commented by maeda at 2006-08-30 21:33 x
ギンイチの銀一があまり目立たないように感じますが、偶然ですか?それとも3化の言えることでしょうか?
Commented by fanseab at 2006-08-31 00:11
多摩川のギンイチ生息地と比較すると、3枚目、エッと思うような生息環境ですね。
♀が止まっているカヤツリグサにも産卵するのでしょうか?
小生も何とか第3化撮影したいと思っています。
Commented by ダンダラ at 2006-08-31 06:21 x
maedaさん、3化のギンイチは2化の夏型と同じで裏面の銀一条の模様は1化の春型のようにはっきりとはしません。
ベニもトラフも春型の方が模様がくっきりとしてきれいですが、ギンイチでも同じ事が言えるみたいです。
私はギンイチの夏型はそれなりに美しいと思っているので好きです。
Commented by ダンダラ at 2006-08-31 06:25 x
fanseabさん、たしかに狭い農道の一角にススキが生えていて、そこで発生しているようなので、多摩川のような広い河原での発生とはだいぶ趣が違います。
もっとも小畦川での発生自体、小さな川のほんの狭いススキでの発生ですから、ここをご覧になるとビックリされると思います。
ギンイチが止まっているのはメヒシバだと思いますが、ここでも食草になっているのはススキだと思います。細かな種類はわかりません。
3化撮影、成功すると良いですね。
Commented by banyan10 at 2006-08-31 17:54
ギンイチの夏型もいいですね。
春型に比べて柔らかい印象です。
未撮影なので、今日少し探しに行きましたが成果なしでした。
Commented by papilabo at 2006-08-31 19:07
私も昨日ギンイチモンジセセリを探しに行きました。
初めて見る蝶だったのです♪
とてもかわいらしかったです。
やっぱりメスのお腹ぷっくりに注目してしまいますよね。
Commented by ダンダラ at 2006-09-01 00:43 x
banyanさん、結婚してから5回ほど引っ越ししたんですけど、そのうち2回は川が近くにあって、ギンイチが生息していて、そこでの生活が一番長くなるんですよ。
色々楽しめて住みやすいんですね。ですからギンイチはとっても好きなチョウです。
これから2週間程度はいると思いますから是非見つけて良い写真を撮ってください。
Commented by ダンダラ at 2006-09-01 00:45 x
papilaboさん、ブログ拝見しました。写真がとっても素敵ですね。
ギンイチは気に入っていただけたようでうれしいです。
今度は春型も是非撮影してください。今以上に素敵でエレガントなチョウです。
Commented by thecla at 2006-09-02 21:41 x
そういえば、ギンイチは昔に比べてびっくりするくらい見かけなくなったような気がします。
私が小学生の頃は、学校の帰りに、ギンイチ、ツマグロキチョウ、ウラナミシジミが観察できました。今では、ウラナミシジミだけですね。
その頃は、まだ空き地が一杯あって、その空き地のススキでギンイチがたくさん見られたので、ちゃんと探せば見つかるのかもしれませんが。
Commented by ダンダラ at 2006-09-05 22:55 x
theclaさん、すっかり確認し損なってました。
その頃にはまだツマグロキチョウがいたんですね。気がつきませんでした。
ギンイチは意外とちょっとした空き地にも残っているような感じがします。
もちろん新しく更地になったような場所ではなくて、昔から広場だったような場所ですけど。
子供の頃遊んだ場所がいまだに空き地だったら、そして昔ギンイチがいたとしたらシーズンに1度くらい覗いてみる価値はあるかも知れませんね。


<< 今が旬のタテハ類      トンボ観察会 >>