2006年 08月 24日

山梨のゴマシジミ

 先日「西久保田んぼへようこそ」の霧島緑さんがゴマの撮影に行った場所のうち、1ヶ所は知らない場所だったので、霧島緑さんにお願いして情報をいただき様子を見に行ってきた。
 最初に既知の場所に行くとすぐに♀のゴマシジミを見かける。時間が早いせいか不活発なので、広角接写で周囲の雰囲気を出してみた。
f0031682_23104920.jpg

 そのうち翅表を見せてくれたが、かなり黒っぽい個体だった。
f0031682_231198.jpg

 もう1頭、かなり青い♂の個体と一瞬絡んだが、たった1枚写した写真はピンボケ+動体ブレ+葉かぶりの三重苦。
f0031682_23165446.jpg
VRレンズだからとISOを低く設定し、シャッタースピードを遅くしたのが間違いだった。やっぱり多少荒れても早いシャッターが切れるように設定し直そう。
 次に、教えてもらったポイントに行くが、なんと時々桃を買っている店の近くだった。それでまず桃を買いに行くが、今年は雨が多く、雨がかかった桃はお尻?の部分に黒い斑点が出来てしまい、味は変わらないのに商品価値が下がってしまうとのこと。
 味見に丸ごと1個くれたが、食べきれないくらい大きい。 家庭用だからそれで一向に差し支えないので1箱買うと、1500円で良いとのこと。さらにおまけに2個つけてくれた。とっても得した気分。
f0031682_23174894.jpg

 ポイントに着いてゴマシジミを探すが見つからない。そのうちネットを担いだ採集者が現れた。ガックリ来たが狭い場所なので取り合えず挨拶する。そのうちその人が1頭見つけて、そこにいますよと声をかけてくれた。
 翅の一部が欠けているけど翅を開いているという。止まっているところが良くわからないので聞き返すと、ネットの先で示してくれたがそのひょうしに飛んでいってしまった。
 いることはわかったので探すとさらに2.3頭見つけることが出来て、ワレモコウで吸蜜しているところを撮影することが出来た。
f0031682_23191221.jpg

 そのうち翅を開いたが、急斜面で近づくことが出来ない、さらに前翅の一部が切れてしまっているようだ。
 ここのもかなり黒っぽい個体だったが、ブルーの現れ方は最初の場所とは異なっているようだ。
f0031682_23195236.jpg

 その後キベリタテハを探しに行く途中で、以前から気になっていた林道に入ってみる。
 結果ははずれで、わずかにシータテハとヘリグロチャバネセセリを撮影出来ただけだった。
f0031682_23201389.jpg

 シータテハは斜面に止まっていたので見上げる感じでしか撮影出来なかったが、普段撮らないアングルなのでそれも良いかなという感じ。
f0031682_23202279.jpg

 ヘリグロチャバネセセリは比較的新鮮な♀だった。
f0031682_23203723.jpg

 キベリタテハは助手席の家内はいくつか見たらしいが私は全く見かけなかった。今年は不作の年かも知れない。
 貴重な情報を提供してくれた霧島緑さん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2006-08-24 23:22 | Comments(20)
Commented by 霧島緑 at 2006-08-25 00:07 x
ゴマ撮影、おめでとうございます。
さらに翅表までしっかり撮影できて羨ましいですね。ゴマの翅表撮影は飛翔を狙うしかないのかななんて悩んでいましたが、チャンスはあるのですね。
私も毎回この近くで桃を土産に買っていますよ、ただこの半分ぐらいの箱ですが。
今年はキベリが少ないようで残念ですが、ヘリグロなどの写真は良いですね。
Commented by kenken at 2006-08-25 07:06 x
おっ、ゴマですね。
黒い個体、青い個体、いろんなのが混じっていて興味深いです。
シータテハ、なかなかすばしっこいので、私はまだまともに撮れていません。
見事な水平開翅で、こんなポーズを斜め前上から撮ってみたいです。
キベリは今年はハズレ年の予感かな。
モモは極めて旨そうです。(笑)
Commented by maeda at 2006-08-25 07:43 x
霧島緑さんところでも書いたのですが、ゴマは気まぐれです。
今年は全然開翅を撮らせてくれません。
キベリはこちらでは今年も多いのではと予想されているようです。
Commented by banyan10 at 2006-08-25 11:01
富士山麓の方もかなり青いのがいるのですね。
黒ばかりだと思っていました。
キベリは山梨は少ないのでしょうかね。今年は広角や飛翔が撮りたいと思っているのですが。
Commented by miyagi at 2006-08-25 11:47 x
dandaraさん 最初のゴマ、逆さで吸蜜のポーズが面白いです。(蝶にとっては逆さでもなんでもないかも(^^;山と青空と白い雲の背景が良いですね☆開翅の翅の色がシブイ魅力。ワレモコウでの吸蜜はバックのボケ具合がいい雰囲気です。
Commented by ダンダラ at 2006-08-25 19:32 x
霧島緑さん、ありがとうございます。
ブルーのゴマの開翅を撮りたかったのですが、目の前で開いてくれたのですが、草が邪魔になり撮影出来ませんでした。
それは残念ですがおかげさまで無事撮影出来ました。
桃はやはり近くでお買いですか、今回は近く結婚する息子とその彼女が週末に泊まりに来るので少し奮発しました。
キベリはどうなんでしょうか、新学期までにもう一度見に行きたいとは思っていますが。
Commented by ダンダラ at 2006-08-25 19:36 x
kenkenさん、シータテハは関西では少し撮影しにくくなるようですね。
こちらでも意識しない時に時々合う感じで、エルやクジャクほどには熱心に撮影しないのでなかなか写真がたまりません。
Commented by ダンダラ at 2006-08-25 19:39 x
maedaさん、ゴマは今まであまり意識していなくて、それほど撮影したいとも思わなかったのですが、今年は少ししつこく探しています。でもブルーの翅表が撮れずに終わりそうで少し残念です。
キベリは北海道は多いのですか、こちらではどうなんでしょうか。
Commented by ダンダラ at 2006-08-25 19:42 x
banyanさん、今回のゴマは富士山のものではありませんが、富士のものは黒い感じですね。
生態的にはどっちでも良いんですが、ブルーのきれいな開翅ポーズも撮影しておきたいです。
キベリはどうなんでしょう、少ないとしたら会った時にきちんと撮影しておくべきで下。
Commented by ダンダラ at 2006-08-25 19:47 x
miyagiさん、蝶は頭に血が上らないみたいですね。
広角はどなたかがおっしゃったように、青空が入るとぐっと広がりが出ますね。
マクロのぼけはとってもきれいで、接写をはじめた頃はほんとに新鮮な驚きでした。
広角での風景も背景をぼかすように絞りはかなりあけてあります。
Commented by chochoensis at 2006-08-25 20:26
「ゴマ」も「ヘリグロ」も羨ましいです、まだ撮影していません・・・来年は撮影に行けるかな・・・。
写真は、殆どの種類を撮影していないので、これから準備して少しづつ撮影してみます、「桃」は、おいしそうですね。
Commented by cactuss at 2006-08-25 20:31
まだ、ゴマシジミは新鮮なものもいるんですね。今年はまだ、撮影していませんが、これからでは遅いようです。今週末はキベリタテハを撮影に行って来ます。結果はブログを見て下さい。
Commented by furu at 2006-08-25 22:16 x
山梨のゴマも色々変化があって飽きないですね。私も昨日いつものポイントに行ってきましたが、5年目にして初めてのnullでした。
今年はキベリは少ないようですが、シータテハは例年よりもよく見かけるような気がします。
Commented by ダンダラ at 2006-08-25 23:04 x
chochoensisさん、術後の体調も良いようですし、十分可能ではないでしょうか。
これから秋になると、もう遠出も出来なくなり身近な蝶の観察が主になりますが、ムラサキツバメなどは今年も姿を見せてくれるのでしょうか、楽しみですね。
Commented by ダンダラ at 2006-08-25 23:05 x
cactussさん、今年のキベリはどうなんでしょうか。
あまり不作ではないと良いんですが、ブログを楽しみにしています。
Commented by ダンダラ at 2006-08-25 23:07 x
furuさん、今まであまり気にしていなかったんですが、ゴマの翅表は同じ場所でも色々現れて面白いですね。
ただ、発生地が小さなポイントが多く、滅び行く蝶の最後の姿を見ているようで寂しいです。
もう何年もしないうちに、クロシジミのようなことになってしまうのでしょうか。
Commented by fanseab at 2006-08-26 20:24
6枚目の開翅画像、雰囲気が出て好きですね。
前翅の欠けも気になりません。それにしても奇妙な(人の手で刳り貫いたように丸い)
欠け方ですね。
7-8月の山梨探索は地元農園に立ち寄っての桃とブドウを物色するのも楽しみですね。
小生も蝶がハズレでも果物にハズレはないと思って楽しんだものです。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2006-08-26 21:00
ゴマも流石にシーズンオフが近づいているようですね。翅表が地域によって色・模様が違うのが興味を引かれました。ぼちぼち鳥撮の準備をしなくては。

Commented by ダンダラ at 2006-08-26 23:33 x
fanseabさん、私もゴマの翅の欠けが妙な形だとは思っていましたが、羽化後まだ翅の柔らかいうちに枝にでも刺さったのかと思っていました。
家内の実家が山梨なので、ブドウはあまり買いませんが、桃は好きなので機会があればお店に寄ります。春の一面の桃の花もきれいで最高ですね。
Commented by ダンダラ at 2006-08-26 23:35 x
ノゾピーさん、ゴマの翅表はそちらの方が青いのでしょうか。
来年はきれいなブルーを撮影したいものです。
関西もまだまだ蝶も楽しめるのではないでしょうか。昨年同様シルビアの目のさめるようなブルーを期待してます。


<< 自宅付近でクロコノマチョウ      八ヶ岳山麓のムモンアカシジミ >>