人気ブログランキング |
2019年 06月 17日

小畔川便り(ミドリシジミのポイント発見とコムラサキの誤?産卵:2019/6/11)

6月11日は朝のうちは曇りだったけど、そのうち晴れてきた。
最高気温は22℃くらいとやや肌寒い。

この前オオミドリシジミのテリハリは一応撮影できたので、この日はオオミドリの新規ポイント探しとミドリシジミのこれも新規ポイント探し。

オオミドリの方は成果がなかったけど、ミドリシジミはハンノキを目当てに探したらようやくそれらしい場所を見つけることができた。

ハンノキの周りを飛ぶ蝶を見つけ、止まったと思われる葉の間を探すと、ミドリシジミが止まっているのが見えた。

f0031682_22035143.jpg


様子を見ていると、葉の間を移動して全体の姿が見えるところに出てきてくれた。

f0031682_22034438.jpg

そのうち翅をゆっくり開いてくれた。
緑色に輝くのを期待して待っていたら何か変。

f0031682_22034452.jpg

どうもメスのようだ。

このメスを見ていた家内は、ここに出てくる前に枝の間をゆっくる探るように移動していたというので、その時の写真を見るとお腹を曲げていた。

f0031682_22035118.jpg
家内撮影


目の前を活発に飛ぶ茶色の蝶がいたのでミドリシジミかと思って追いかけるとムラサキツバメだった。

f0031682_22035144.jpg


ストローを伸ばして吸汁しているようだ。

そのうち小飛して止まるとゆっくり翅を開き始めた。

f0031682_22035182.jpg
f0031682_22035236.jpg

オスだった。

その後移動して、またサトウラギンヒョウモンを探しに行くけど今回も見つからなかった。

相変わらずヒメアカタテハが多い。

f0031682_22034552.jpg


コムラサキも何頭かいてテリハリをしたり、柳の樹液の所に止まったりしている。

f0031682_22033782.jpg
f0031682_22033834.jpg
家内撮影


この写真ではサトキマダラヒカゲと一緒に吸汁しているようだ。

そのうちの一頭がオニグルミサワグルミの実に止まった。
吸汁するのかなと思ってそっと近づいて撮影していたら、お腹を曲げだした。

f0031682_22034432.jpg


エッと思ってシャッターを押すとすぐに飛びあがってしまった。

f0031682_22034463.jpg

コムラサキの食樹はヤナギのはずだから、まさかなーと思ったけど、気になったので家に帰ってからその写真を拡大してみたら、なんと卵が写っていた。

f0031682_22033841.jpg
上の写真の拡大


手元の図鑑やネットで調べてみたけど、そんな記録はないようだ。

この個体はその後も何度かクルミの木の周りを飛び回っていたので、あるいはさらに産卵したかもしれない。

この日はオオミドリの新しいテリハリ場所は見つからなかったし、サトウラギンヒョウモンもいなかったけど、ミドリシジミの新しい場所が見つかったし、コムラサキの多分二度とは撮れない写真が撮れてうれしかった。




by dandara2 | 2019-06-17 10:02 | 産卵 | Comments(8)
Commented by ainomidori443zeph at 2019-06-17 13:12
クルミへの産卵とは!私も誤産卵だと思いますが、オナガシジミの食樹ですし、このようにして食性が広がるのでしょうね。
飼育したいです。
Commented by naoggio at 2019-06-17 14:21 x
ミドリシジミの新ポイント発見おめでとうございます。
身近なポイントでの今後の観察が楽しみですね。
コムラサキにはびっくりしました。
サワグルミの、それも実に産むとは・・・
飼育してみたらまさかの羽化に至るなんてことはないでしょうか(笑)。
誤産卵なのでしょうね。
Commented by ダンダラ at 2019-06-17 18:11 x
愛野緑さん、コムラサキがクルミに産卵するのはやはり誤産卵ですよね。
栄養的にはどの植物も問題がないようなので、後は幼虫が食いつくかどうかで食草になるかどうかが決まるんでしょうね。
この実は土手を降りた川原にあるんですが、はしごでもないと届かないので、確認は難しそうです。
Commented by ダンダラ at 2019-06-17 18:16 x
naoggioさん、有難うございます。
ミドリシジミの新ポイントは、あまり色々なシーンは期待できないような場所なんですが、行けば確実に撮影はできそうなので良かったです。
コムラサキのクルミへの産卵はほんとにびっくりですよね。
飼育してみてどうなるのかは興味ある所ですが、クルミまでが届きにくいのと、私自身にそんな才能がないので、今後も産卵が観察できるのか機会があれば見ていきたいと思っています。
Commented at 2019-06-17 21:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ダンダラ at 2019-06-17 22:44 x
鍵コメさん、ご指摘ありがとうございます。
たしかにサワグルミだと実の様子が全然違いますね。
訂正しておきました。
Commented by clossiana at 2019-06-19 17:13
う~む、確かに卵が写っていますね。ってことは誤産卵なんでしょう。それにしてもクルミの実に産み付けるとは想像を超えています。とても貴重な写真ではないでしょうか。
Commented by ダンダラ at 2019-06-19 18:47 x
clossianaさん、ほんとにクルミの実に卵がついているのを見つけた時には、うそでしょと思いました。
同時にやったねという気もしましたけど。
最初から気がついていても、川の方に張り出した枝で、はしごでも持ってこなければ届かない枝でしたが、愛野緑さんが言うように育ててみたい気がします。


<< 小畔川便り(オオミドリシジミの...      小畔川便り(オオミドリシジミの... >>