2019年 06月 10日

初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)

前の記事でアカボシゴマダラの異常型について書いたけど、他にも異常型(変異型)を撮影していたのを思い出したので、あまり古くならないうちに載せておくことにします。

北海道のヒメギフや黒系アゲハの整理をしているうちにすっかり忘れてしまいました。

5月11日、この日は9日と同じ奥武蔵の渓流に、主にオナガアゲハの撮影に行きました。

晴れで、気温も最高25℃以上になったような日だった。

オナガアゲハはこの日も見られたけど、花が痛み始めている。

初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05481248.jpg
初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05481287.jpg
初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05481295.jpg
家内撮影


クロアゲハも出てきてくれた。

初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05481267.jpg
初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05481218.jpg

カラスアゲハもちょっとだけモデルになってくれた。

初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05480599.jpg

ある程度撮影できたので、少し移動してアオバセセリの場所に移動すると、 photobikers さんがお見えになっていた。

アオバセセリは時々出てくるけど、飛び古した個体だけだった。

ここではアオスジアゲハがウツギに吸蜜に来ていた。
この春はまだ未撮影だったので、それにカメラを向ける。

初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_06062808.jpg


後で写真を見ると、その中にハンキュウ型(前翅の一番先の斑紋に過剰紋がある)が混じっていた。

初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_06110240.jpg
家内撮影


その時にはそんなことには気がつかずに撮影していたけど、写真を整理していて家内が撮影した中にハンキュウ型がいるのに気がついた。

初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05480051.jpg
家内撮影

初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05480079.jpg
家内撮影


私は主に飛翔を撮影したけど、その中にもハンキュウ型がいた。

初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05480575.jpg
初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05480645.jpg
初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05480534.jpg

多分同一個体だと思われる。
初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05475926.jpg

少々くどいですが、めったにお目にかかれないので…
初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05475994.jpg
初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05475222.jpg


後でよく見直すと、家内の撮影した中にエサキ型も混じっていた。

初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05475248.jpg
家内撮影


エサキ型は前翅の中央付近の内側に過剰紋があるタイプで、この写真は一見傷のように見えるけど、拡大すると鱗粉がのっているのがわかる。
初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05475261.jpg
上の拡大


この日はきれいなアオバセセリが出てこないので、あきらめて車の所に戻ったら、そこに咲いていたウツギに新鮮な個体が来てよいモデルになってくれた。

初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05475240.jpg
家内撮影


初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)_f0031682_05475121.jpg

その場では最後に綺麗なアオバセセリが撮れて気分良く帰ったけど、家に帰って写真を見直してびっくりした一日だった。

photobikersさん、お疲れさまでした。



by dandara2 | 2019-06-10 06:20 | 変異・異常型 | Comments(10)
Commented by fushiginomori at 2019-06-10 07:27
オナガアゲハの飛翔写真は流れるようで、とても良い雰囲気ですね。
アオスジアゲハの変異型はどちらも見たことがありません。
もう少し注意深く観察してみようと思います。
最後のアオバセセリは綺麗な個体に出会えてよかったですね。
Commented by naoggio at 2019-06-10 17:25 x
ハンキュウ型、初めて聞きました。もちろん見たことがありません。
目玉状の斑紋になって面白い異常型ですね。
確かに滅多にお目にかかれるものではなさそうです。
ダンダラさんが撮影されたハンキュウ型の1〜3枚目、背景もとても綺麗でピントもよく素晴らしいですね。
オナガアゲハもらしい優雅さが溢れていてとても素敵です。
Commented by ダンダラ at 2019-06-10 18:44 x
不思議の森さん、有難うございます。
オナガアゲハの1枚目は、自分でもこのアゲハの持つ雰囲気がうまく出ていると思いました。
アオスジアゲハの変異型はなかなか見つからないので、チャンスがあれば撮っておくしかないですね。
とは言っても、この時もそんなことは全く考えていなくて、自宅付近ではなかなかアオスジアゲハの撮影チャンスがないので喜んで撮影したというだけですけど。
Commented by ダンダラ at 2019-06-10 18:54 x
naoggioさん、有難うございます。
アオスジアゲハの変異型は主なもので3つほどあるようですけど、そのなかではエサキ型が有名でハンキュウ型とタンノ型はあまり出てこないですね。
今回はちょっと地味ながらエサキ型も撮れて、3種すべて撮影できました。
どれも狙って撮れものではないですが、思わぬ出会いがあると嬉しいですね。
オナガアゲハは、この場所は数が多いので色々なシーンが撮れて楽しいです。
Commented by photobikers at 2019-06-11 00:51
私も最近は異常型を気にする様になってきました。
ご一緒しているときは、アオバセセリが傷んだ個体ばかりだったですね。私だけいいとこ撮りして恐縮していましたが、お先に失礼した後、美個体が撮れたのですね。早い時間の美個体は、やはりそちらから現れて、戻って行きました。 テリがあったのでしょうか? 今回の掲載を見て安心しました。
Commented by Farfalla65 at 2019-06-11 15:47
アオスジアゲハも奥が深いですね。
アオスジアゲハを見かけると、なんだ、
アオスジかと思ってしまいますが、こう
した変異があるのを教えて頂くともっと
熱心にカメラを向けないといけないなと
反省します。
Commented by ダンダラ at 2019-06-11 19:35 x
photobikersさん、異常型とか、アオスジアゲハの変異型とかは狙って撮れるものではないですけど、コムラサキの黒色型とかは知識さえあれば狙って撮れるものなので、そんなものを狙ってみるのも良いかもしれないですね。
アオバセセリはおっしゃるようにウツギの間を巡回していたのかもしれないですね。
Commented by ダンダラ at 2019-06-11 19:42 x
Farfallaさん、アオスジアゲハは自宅付近ではそれほど数が多くないので、撮影できるチャンスがあれば喜んでカメラを向けますけど、都心にもいる蝶だし、おっしゃるような感じでカメラを向けないこともありますよね。
アオスジアゲハの変異型は多分遺伝だと思うので、多い場所、少ない場所があるかもしれないですね。
それがどこかは良く分からないので、矢張りチャンスがあればとっておくのが一番でしょうね。
Commented by Akakokko at 2019-06-12 21:45 x
冒頭の2頭のオナガのシーン、美しい日本画を観ているような気になりました。
アオスジアゲハのエサキ型は知っていましたが、ハンキュウ型は知りませんでした。
半球型てっきり、後翅の縁の三日月が半月になっているのかと思いました。ハンキュウって発見者の名前とかですかね?
Commented by ダンダラ at 2019-06-12 22:06 x
Akakkokoさん、有難うございます。
オナガアゲハはダイナミックさは少ないでいすが、優雅な感じがありますよね。
アオスジアゲハのハンキュウ型は2回目の撮影で、エサキ型は初めての撮影ですが、どちらが多く表れるんでしょうかね。
エサキ型は過剰紋が大きくて目立つので(今回のものは小さいですが)、良く知られているんでしょうね。
名前の由来はよく知りませんが、他の変異型の名前を見ると、おっしゃるように人の名前が多い感じですね。


<< 小畔川便り(梅雨入り前の蝶たち...      小畔川便り(ちょっと素敵な異常... >>