2019年 01月 13日

小畔川便り(ムラサキツバメの集団の推移:2018/12/25-27)

12月25日、晴れ、10℃位。

最初にマテバシイの4頭集団を確認に行く。

気温が低いので、みんな横になっていたけど、数を数えると5頭になっていた。

f0031682_21325095.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


枯れ葉のムラツ集団はごちゃごちゃしていて何頭いるのかよくわからない。

f0031682_21325008.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


9頭はいるようだ。

ツバキの集団は、上にかかっていた枯れ葉が昨夜の強い風で飛んでしまい、3頭になっていた。

f0031682_21325067.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


一頭は枯れ葉に乗っていたので、一緒に飛んでしまったのかな。



12月26日、朝のうちは曇っていたけど晴れてきた。
気温は5℃と寒い。
10時過ぎに公園に行く。

枯れ葉の集団は1頭増えて10頭になっているようだ。

f0031682_21325018.jpg
ニコン1V3 マイクロニッコール85


ツバキの集団は3頭のまま。

f0031682_21323805.jpg
ニコン1V3 マイクロニッコール85


マテバシイの集団は11時には5頭のまま。

f0031682_21323208.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


このまま5頭体制で越冬していくのだろうか。

ところが、ほかの観察を終えて、20分後にもう一度確認に行くと一頭もいなくなっていた。

f0031682_21323242.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


たった20分の間に5頭ともいなくなるなんておかしい。
ちょうどそのころ近くにいた家内の話では、鳥が近くに飛んできて、ムラツが飛び出すのが見えたという。


27日、晴れ、気温は7、8℃と昨日よりは暖かい。

最初にマテバシイのムラツの集団の確認に行く。
ムラツは5頭とも戻っていた。

f0031682_21323238.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


一安心。

この日は前日よりは気温が上がったので、サザンカの木にムラツが止まっていた。

f0031682_21323267.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


拡大して見るとストローを伸ばしていた。

新たにムラツの2頭集団を見つけた。

f0031682_21323261.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツバキの集団はとうとう1頭だけになってしまった。

f0031682_21322391.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


枯れたクヌギの集団は10頭いるようだ。

f0031682_21322465.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


近くのマテバシイではきれいなメスが翅を開いた。

f0031682_21321678.jpg
ニコン1V3 マイクロニッコール85


この時期にしてはかなりの別嬪さんだ。

f0031682_21322301.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近くにオスも飛んできて翅を開いてくれた。

f0031682_21321659.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


上を見るとクヌギの枯れ葉の上にムラツが止まっていた。

f0031682_21321727.jpg
ニコン1V3 マイクロニッコール85


逆光なので、クヌギの葉が黄色く輝いてきれいだった。






by dandara2 | 2019-01-13 21:48 | 越冬 | Comments(0)


<< 小畔川便り(年明けのムラサキ兄...      ルーミスシジミ再挑戦(2018... >>