2019年 01月 04日

小畔川便り(新たな集団の形成:2018/12/18.19)

少し話が戻りますが、12月18日、晴れで、気温も12℃位と暖かい。
10時くらいに公園に行く。

サザンカにムラサキツバメが吸蜜に来ている。

f0031682_16223878.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後ろの枯れかかった花が邪魔だけど仕方ない。
f0031682_16223887.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ムラツが少し動いてくれたので傷んだ花を隠すことができた。
f0031682_16223856.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


頭より高い位置で、葉の間の花なので、1V3を頭の上に持ち上げてチルト液晶を見ながら撮影する。

f0031682_16223843.jpg
ニコン1V3 マイクロニッコール85


手前の花びらが濡れているのは、花の蜜が流れてきているのだろうか。

少し移動してその濡れた花びらでも吸蜜している。

f0031682_16223803.jpg
ニコン1V3 マイクロニッコール85


ムラサキツバメが枯れたクヌギの葉で7頭の集団でいた場所をみると、前日の17日に2頭がいた枯れ葉には1頭もいなくなっていた。

近くのツバキの3頭集団は4頭になっていた。

f0031682_16222900.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


帰りがけにキタテハが飛んできて陽だまりで日光浴を始めた。

f0031682_16223093.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


多分これがキタテハの終見になるだろうな。


17日の観察で13時過ぎに越冬場所に戻ってくるのが観察できていたので、この日は13時半過ぎに再度様子を見に行く。

午前中にはいなくなっていたクヌギの枯れ葉を見ると、すぐ上の丸まった葉に5頭の集団ができていた。

f0031682_16223049.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


丸まった葉なので、みんな窮屈そうに止まっているけど、7頭集団の一部が戻ってきたのだろう。

こんな狭い場所で今後どうなるんだろう。

近くを見ると、緑のクヌギの葉には5頭の集団ができていた。

f0031682_16223094.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


19日は晴れているけど、18日よりは少し気温が低い。

クヌギの枯れ葉には18日と同じ5頭の集団がそのままあった。

f0031682_16222959.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


横からも撮影。

f0031682_16320470.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この位置からだと下の2頭が重なって4頭の集団にしか見えない。

マテバシイの葉にムラツの2頭集団があった。

f0031682_16222219.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今までは気がつかなかったので、新たに飛んできたのかな。

クヌギの緑色の葉の集団は3頭になっていたけど、一頭が戻ってきて、葉の先端の日の当たっている場所で翅を開いた。

f0031682_16222225.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200


ツバキの葉にムラツのオスが降りてきて翅を開いた。
f0031682_16222212.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


別のツバキの葉ではメスが翅を開いた。

f0031682_16221339.jpg
ニコン1V3 マイクロニッコール85


歩き回っていたら足元からムラツが飛び出して少し離れた地面に止まって翅を開いた。

f0031682_16221397.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


よく見ると、近くにももう一頭いて2頭で開翅している。

f0031682_16222170.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し離れているので、これが精いっぱい。

いったん帰宅して、昼食後再度様子を見に来る。

ツバキの葉の越冬個体は4頭いることを確認。

f0031682_16221472.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


マテバシイの4頭集団も午前中に見た時には2頭だったけど、4頭になっているのを確認した。

f0031682_16221399.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200





by dandara2 | 2019-01-04 16:46 | 越冬 | Comments(10)
Commented by field24k at 2019-01-04 18:08 x
今年もよろしくお願いします。
ムラサキツバメや、越冬集団、昨年からいい写真をたくさん掲載され、すごいなと思うととともに、関東でもこんなにいるんだなと思ってました。しかも緑の葉でなく枯葉にも。
こちら京都府南部ではいつになく数少なく、救いはやっと我が市でも見つけられたことです。でもたった2、3匹。
これから小寒/大寒に入ると、脱落者が出て、いっきに減るとかもしれませんね。継続観察楽しみにしてます。
Commented by ダンダラ at 2019-01-04 19:22 x
field24kさん、明けましておめでとうございます。
関東には昔はいなくて、この撮影のために九州まで行ったこともありました。
温暖化と公園にマテバシイが植栽されたことで普通に見られるようになってきたように思います。
これから寒くなるとどうなるんでしょうね。
おっしゃるように大寒ごろには見られなくなることが多いです。
ただ、今年は例年とはちょっと様子が違うのでどうなるか楽しみです。
Commented by photobikers at 2019-01-04 22:11
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。
当方ブログお休みをいただきましたので、コメントも控えていました。 再開と共にコメントもお邪魔します。
やはりサザンカ止まりは別物ですね。 此方では撮れない「絵図」です。 撮影も何時になくテンションが上がるのでしょうね。 力作の数々見ているほうが癒されます。
Commented by ダンダラ at 2019-01-04 22:42 x
photobikersさん、明けましておめでとうございます。
今年はサザンカの花はいつになくたくさん咲いたのですが、ムラサキシジミが少なくて、サザンカに来るムラサキ兄弟が少なく寂しい思いをしました。
少ないチャンスに巡り合って、おっしゃるようにテンションが上がりました。
今年もよろしくお願いします。
Commented by himeoo27 at 2019-01-06 13:00
一番最初の赤いサザンカの花で
吸蜜するムラサキツバメのシーン
ホノボノした感じが良いですね!

今年もよろしくお願いします。
Commented by ダンダラ at 2019-01-06 17:46 x
ヒメオオさん、有難うございます。
お帰りになったのかな。
サザンカの花には、今年はなかなか吸蜜に来てくれず苦戦しましたが、何とか撮れました。
ムラサキツバメよりもムラサキシジミの方が花を好む感じですね。
今年もよろしくお願いします。
Commented by yurinBD at 2019-01-07 02:49
サザンカでのムラサキツバメの吸蜜シーンがお見事ですね♪
背景もスッキリ晴れ渡り、拝見していてとても明るい気持ちになりました。
濡れた花びらでの吸蜜シーンがとても印象的です。
集団にも様々な変化があるのですね、継続的に観察してこそ分かる生態ですね。
Commented at 2019-01-07 14:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ダンダラ at 2019-01-07 15:49 x
悠凜さん、有難うございます。
吸蜜している場所は、2mくらいの高さで、撮影はちょっと難しかったんですが、思ったよりはちゃんと撮れました。
集団はこのところ毎日行くたびに変化があります。
寒に入りましたので、これからどうなるか目が離せません。
Commented by ダンダラ at 2019-01-07 15:55 x
鍵コメさん、ご指摘ありがとうございます。
オリジナルは特に問題なかったし、作っている時も正常だったので気がつきませんでした。
何かが原因でおかしくなったようです。
コメントの最後は今までハートマークだったのに、今はLikeになってたりするので、向こうでプログラムを修正する過程でおかしくなったのかななんて思っています・・・コメントを入れたらまたハートマークに戻ってました。
張りなおしておきました。


<< 小畔川便り(新たな集団の形成-...      ムラツの越冬集団(2018/1... >>