2018年 12月 24日

ムラサキ3兄弟の混成(2018/12/13)

12月13日はnaoggioさんのお誘いで千葉のルーミスを撮影に行った。

今年はムラサキ3兄弟の混成、ルーミスの6頭集団、それにAkakokkoさんの撮影された後翅にきれいな白斑の入った個体と色々興味を惹かれる対象が多い。

このうち6頭集団はばらけるかもしれないし、白斑の入った個体は必ずしも会えるとは限らないけど、できれば混生集団は撮影したいと思った。

昨年は圏央道が千葉まで開通したのでそれを利用したけど、今年の6月には外環道が延長して、自宅からだと距離も短くなるし、首都高を通らずにすむので渋滞を避けられるかもしれない、その確認も楽しみだ。

道路の方は、12月の平日ということでトラックが多くて、かなりの渋滞。
行きは結局4時間かかってしまった。

現地に10時に着くと、ちょうどclossianaさんとpapilaboさんがお着きになったところだった。

お二人にご挨拶をして、ポイントに行くとnaoggioさんとK.Tさんがすでに着かれて撮影をしておられた。

聞くと6頭集団の方はばらけてしまったようだ。

話をしていると目の前にルーミスがふらふらと飛んできた。

気温が低い関係か、日当たりの良い地面に止まって翅を開いた。

f0031682_22153731.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


着いて10分も経っていないのでラッキーだ。

そっと回り込んで撮影、後翅を見るけどノーマルな感じの個体だった。

f0031682_22153784.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ばらけてしまった6頭集団の位置を聞くと、かなり高い位置に2頭が止まっている。

撮影意欲がそがれてしまったので、とりあえず証拠写真を撮影してあきらめた。

f0031682_22153133.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


肝心の混生集団はというと、無事そのままでいるとのこと。

2mちょっとの所に混生集団があったので、まずは撮影。

f0031682_22153626.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


もう少し近づいて、混生集団がルーミス2頭、ムラサキツバメ5頭、ムラサキシジミ1頭(右下)からなることも確認できる写真を撮ることができた。

f0031682_22153142.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


一通り撮影して、考えてみればルーミスの裏面をきちんと撮影していないことに気がついた。

ルーミスはやはり裏面が肝心。

みんなが探した後だからもういないかなと思いながら歩いていると、まるまった葉の中に隠れるようにしているルーミスを発見。

f0031682_22153130.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_22153068.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


これでルーミスのきちんとした裏面も撮影できた。

空を見ると雲に覆われて晴れ間は期待できそうもないので、皆さんにご挨拶をして帰ることにした。

当日ご一緒した皆さん、ありがとうございました。


そうそう、撮影中naoggioさんから、後翅に白斑が出たルーミスはある程度の確率で見られるけど、冬になると翅が擦れてはっきりしなくなるとのご教示をいただいた。

自宅に帰ってみると、確かに過去に何度か撮影はしてあった。
その中で、2006年に撮影した個体が多少白斑がはっきりしていて、ブログには載せていなかった写真があったので、ここに載せておくことにします。

f0031682_22153602.jpg
2006年1月15日撮影  ニコンD100 マイクロニッコール105mm


お手元のルーミスの写真を確認すれば同様な個体があるかもしれません。



by dandara2 | 2018-12-24 08:14 | 越冬 | Comments(16)
Commented by yurinBD at 2018-12-24 12:25
ルーミス、ムラサキツバメ、ムラサキシジミの混成集団は超貴重ですね!
是非見たかったですが、皆さんのブログで楽しませて頂きました。
ルーミスを横から捉えたお写真は、裏翅の模様がとても綺麗ですね。
ルーミスに会いにいきたくなるお写真です。
Commented by Farfalla65 at 2018-12-24 12:51
ルーミスの6頭集団は7頭に増えること
なく、ばらけてしまったのですね。いろ
いろな条件が重なったのでしょうか。
3兄弟は相変わらずのようで不思議です。
新年をこのまま迎えるのでしょうか。貴
重な観察写真を拝見しました。ルーミス
の開翅の写真は本当にきれいですね。
Commented by banyan10 at 2018-12-24 17:20
ルーミスだけの集団は残念でしたね。
混成集団の方は配置が変わって1個体だけのムラシが分かりやすくなっていますね。
後翅の白斑は新鮮な時期に撮影するのが難しいので、綺麗な個体を撮るのは厳しいですね。
僕も昨年に撮影したのはうっすら出ている程度でした。
Commented by さっちゃん♪ at 2018-12-25 07:05 x
おはようございます。
混生地凄いですね!
集団でいてもルーミスに目がいってしまいます^^;
裏翅は魅力的ですね♪

白斑ですか(驚  探してみようかな・・・
Commented by ダンダラ at 2018-12-25 09:43 x
悠凜さん、おっしゃる通りムラサキ3兄弟の混成は貴重なシーンだと思います。
ルーミスを除く2種の混成は撮影したことがありますけど、それにルーミスが加わるというのはまずないですよね。
ルーミスの裏面はやはり独特で、以前はこれに憧れていましたので、現地に行ったら撮影しておきたいですね。
この冬に帰国されたらぜひどうぞ…って混成集団はなくなってしまいました。
Commented by ダンダラ at 2018-12-25 09:47 x
Farfallaさん、ルーミスの集団はここにきて単独になってしまったようです。
実は昨日も行ってきたのですが、3兄弟の混成集団はなくなってしまいました。
雨が降ったりしたようなのでそれが原因かもしれません。
解散する前に撮影できて良かったと安堵しました。
Commented by ダンダラ at 2018-12-25 09:50 x
banyanさん、混成集団もルーミスだけの集団もここにきてなくなってしまいました。
結構直射日光が当たったりしますし、雨が降ったりもしましたので、その関係でしょうか。
ルーミスの開翅は撮影の新たな楽しみが増えた感じですね。
Commented by ダンダラ at 2018-12-25 09:55 x
さっちゃん♪さん、3兄弟の混成集団はもう2度と見られないかもしれないので、撮影できて良かったです。
現地に足繁く通われた方のおかげだと思って感謝しています。
ルーミスの裏面はやはり魅力的ですよね。
翅表は正直離れているとムラサキシジミのメスと見分けがつきません。
白斑、お手元の写真を確認してみてください。
各地で見られることなのか、こちらに特徴的なものなのか、知識不足でよくわかりません。
Commented by 22wn3288 at 2018-12-26 08:23
ムラサキ3兄弟の混成が続いていますね。
何時まで続くのか 貴重な記録だと思います。
ルーミスは開翅も裏翅もいいですね。
Commented at 2018-12-26 17:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ダンダラ at 2018-12-26 18:19 x
旅友さん、上の方のコメントにも書きましたが、混成集団はここにきてなくなってしまいました。
残念ですが個人的な記録は残せたので満足しています。
おっしゃるように、ルーミスは裏面も、開翅も素晴らしい蝶ですね。
Commented by ダンダラ at 2018-12-26 18:20 x
鍵コメさん、情報ありがとうございます。
そんなことがあったんですね、それはかなり疑わしいですね。
Commented by mikiosu at 2018-12-27 07:08
こんにちは。
ルーミスシジミ、越冬集団が減ったのは残念でしたが、三兄弟そろい踏みとルーミスシジミの開翅シーンが撮れたのは収穫でしたね。
そろい踏みはその後なくなってしまったとのことなので、余計貴重なシーンになりますね。人為的な問題でばらけちゃったのでないと良いのですが…。
過去画像を調べましたがルーミスシジミの白斑は自分にはまったく撮れていませんでした。いつかチャンスをものにしたいです。
Commented by naoggio at 2018-12-27 07:59 x
お早うございます。
当日はお世話になりました。
とりあえず混成集団がそのまま残ってくれていたので良かったです。
ラストの過去画像ですが、Sさんのお話ではこのように白斑を飲み込む勢いで青紋が伸びている個体を彗星型と言うのだそうです。
ダンダラさんは昨年もそれに近いものを撮影されているのでお知らせしようと思っていましたが遅くなってしまいました。
すでにお気づきだったとはさすがですね。
Commented by ダンダラ at 2018-12-27 21:47 x
みき♂さん、有難うございます。
出会いの難しさから言うと、3兄弟が1枚の葉で越冬しているというのは、これから先見られるかどうかわからないなと思いましたので、とりあえずきちんと撮影できて良かったです。
ルーミスの白斑は、今後の撮影の楽しみが一つ増えた感じですね。
Commented by ダンダラ at 2018-12-27 21:50 x
naoggioさん、当日はいろいろありがとうございました。
当初予定していた日では、混成集団は見られなくなっていたので、あの時にお声をかけていただいてよかったです。
彗星型ですか、再度写真を見直しましたがなるほどピッタリの命名ですね。
撮影の楽しみが一つ増えましたね。


<< 小畔川便り(ムラツの7頭集団は...      小畔川便り(ムラツの集団-3:... >>