人気ブログランキング |
2018年 11月 30日

小畔川便り(きれいなムラサキツバメの雌雄:2018/11/23.24)

3連休初日の11月23日は晴れだけど北風が強い。
気温もそれほど高くなく、12℃位。

サラリーマンではなくなったけど、孫の世話をしなくていいので休日はうれしい。

10時頃に家を出る。
ムラサキツバメの4頭集団はそのまま。

f0031682_09415791.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ムラサキシジミの越冬個体もそのまま。

f0031682_09415729.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ストロボを焚いたら翅を開いた。

f0031682_09415736.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


メスのようだ。


イチョウの木の近くにムラサキツバメが止まっていた。

f0031682_09415715.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


小飛して近くのクヌギに止まった。

f0031682_09415719.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


向きを変えて翅を開いてくれた。

f0031682_09415083.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


きれいな個体だ。

別個体も翅を開いた。

f0031682_09415102.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


道路側のツバキにも止また。

f0031682_09415107.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ムラサキシジミも降りてきた。

f0031682_09415065.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


飛び回って、目の高さのツバキに止まって翅を開いた。

f0031682_09414534.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


少し傷があるけど、きれいに輝いていた。
f0031682_09414557.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85



撮影していたら、ムラサキツバメが降りてきて、翅を開いたらしい。
家内がすごくきれいだという。

f0031682_09414594.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


翅が緑色に光ってすごくきれいな個体だけど、止まった位置が微妙に高い。

一眼レフだと、目の高さ以上にはカメラを上げられないから、マクロレンズ付きの1V3を頭の上に持ち上げて撮影する。

上を向いて液晶を見ての撮影だから、フォーカスポイントをピンポイントに複眼に当てるのは難しいけど、なんとか撮影。

f0031682_09415043.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


この角度からだと複雑な色合いをしている。

家内と位置を変わってもらって、少し前からも撮影。

f0031682_09414572.jpg
ニコン1V3 マイクロニっコール85


かなりいい色が出た。


24日は晴れたけど気温が10℃位と低い。

10時半ころに公園へ出かける。

ムラサキツバメのオスが下に降りてきて、草の上で日光浴をして翅を開いている。

f0031682_09414470.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヤマトシジミが飛んでいると思ったらムラサキツバメのメスだった。

f0031682_09413767.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ずいぶん小さな個体だ。

11時にムラサキツバメの集団越冬の様子を見に行くと、3頭になっていた。

f0031682_09413867.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


一頭は飛び出したようだ。


越冬中のムラサキシジミはそのままだった。

f0031682_09413880.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ムラサキツバメがサザンカの蕾の間に止まった。
試しに85mmのマクロをつけて使い心地をみた。

f0031682_09413891.jpg
ニコン1J5 マイクロニっコール85


目を離して液晶を見るから、ファインダーの無い1J5でも支障はなかった。

11時40分過ぎにムラサキツバメの様子を見に行くと4頭になっていた。

f0031682_09413711.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


別の場所で撮影していたので戻ってくるところは見そこなった。



by dandara2 | 2018-11-30 10:00 | 開翅 | Comments(12)
Commented by himeoo27 at 2018-12-01 17:40
今年も貴兄の観察エリアでは
綺麗な雄個体を含む越冬ムラツ集団と
越冬雌ムラシとの両方観察できるので
すね!
特に奥様が先に撮影されたムラツ雄の
表翅綺麗ですね!
Commented by ダンダラ at 2018-12-01 22:07 x
ヒメオオさん、有難うございます。
今年は個体数が少なく、数年前のようなアブラムシの排泄物に来るようなポイントもなく、結構苦労していますが、その分足で稼いでいる感じです。
お褒めいただいたとおり、家内の撮ったアングルだと翅が緑色に輝いていました。
私も同様なアングルで撮影しましたが、背の高さの関係か、緑の輝きが微妙に違っていたりしました。
この辺、ほんとに難しい蝶ですね。
Commented by 霧島緑 at 2018-12-02 02:16 x
先日は大変お世話になりました。
その時話されていた翅表が緑色のムラツはこの雄のことですね。
確かに普通の雄の発色とは違って綺麗ですね。角度や光の加減などで写真に表現するのは難しそうですが、是非実物を見てみたいものです。
また、お邪魔させて頂きます。
Commented by 22wn3288 at 2018-12-02 08:30
綺麗なムラサキ兄弟が見れていいですね。
特にムラサキツバメの表翅の輝きが素敵です。
僅かな角度で変わる微妙な違いもよく表現されていますね。
Commented by Farfalla65 at 2018-12-02 09:55
ムラサキツバメのオスの翅の輝きが
とても美しいですね。なかなかこう
いう色で写真に再現出来ません。
ムラサキシジミは今年ちょっと数が
少ない感じです。
Commented by naoggio at 2018-12-02 10:50 x
ムラサキツバメ、雌雄ともに素晴らしい画像が得られましたね。
殊になかなか綺麗な個体の開翅が見られないオスの画像が見事です。
オスは直射日光の下ではあまり色が出ないと思っていましたが、今回はいい感じに輝いてくれましたね。
越冬中の孤独そうなムラサキシジミにも頑張ってもらいたいです。
Commented by ダンダラ at 2018-12-02 15:18 x
霧島緑さん、こちらこそいろいろお世話になりました。
このムラツがお話をした個体ですが、実際に撮影結果を見ると、もう少し緑が出た写真は複眼にピントが来ていなかったり、複眼にピントが来ていると翅がピンボケだったりと、なかなか狙った通りにはいきませんでした。
ぜひまたおいでください。
Commented by ダンダラ at 2018-12-02 15:25 x
旅友さん、有難うございます。
今年はムラサキ兄弟の集まる木にアブラムシがいないので、なかなか思い通りにはいかないんですが、たまたまきれいな個体が出てきてくれました。
ムラツのオスはほんとに微妙な角度で色が変わりますし、必ずしも撮影しやすい所に止まってくれるとは限らないので、その日その日の運任せですね。
Commented by ダンダラ at 2018-12-02 15:28 x
Farfallaさん、有難うございます。
ムラツのオスのきれいな色の撮影は難しいですね。
というか、そんな個体に出会うのが難しいですよね。
開いてくれないことも多いですし。
ムラサキシジミはこちらでも少ないです。
今年はサザンカの花は多いのに、なかなか吸蜜に来てくれません。
Commented by ダンダラ at 2018-12-02 15:31 x
naoggioさん、有難うございます。
ムラツのオスの開翅できれいな色に撮るのは難しいですけど、メスも意外ときれいに撮るのが難しいので、今回は雌雄ともきれいな個体にあって、撮影できて良かったです。
越冬中のムラサキシジミは、昨日の夜の強風でちょっとやばいです。
Commented by banyan10 at 2018-12-02 16:23
ムラツの雄は綺麗ですね。
こういう緑色の翅表は千葉で一度だけ撮影したことがあります。
まだチャンスありそうなので期待したいです。
今日は一応出かけてみましたが、雲が多くて早々に撤収でした。集団は4個体でした。
Commented by ダンダラ at 2018-12-02 21:31 x
banyanさん、有難うございます。
私も過去に一度千葉で観察しましたが、この個体はその時ほどには緑がかっていませんでしたが、それでも珍しいですよね。
新鮮な個体でしたから、条件が良ければまた現れてくれるかもしれませんね。
今日も行かれたのですね。
私も気になることがあったので様子を見に行きましたが、時間が違ったのかお会いしませんでしたね。


<< 小畔川便り(サザンカとムラサキ...      小畔川便り(ムラサキシジミの越... >>