2018年 10月 11日

タテハチョウの産卵(2018/9/28)

9月25日からずっと天気が悪かったけど、28日はようやく晴れ。
大型で強い台風24号が30日頃に関東を直撃しそうなので、その前にヒガンバナが遅く咲く場所の様子を見に出かける。

車に乗って走り始めると家内が用事を思い出した。
その用事をこなすためには、現地にいられる時間は1時間半くらい。
あわただしいけど仕方ない。

現地ついて歩き始めると、芝生の中でツマグロヒョウモンがスミレの近くに産卵をしていた。

f0031682_11424456.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵を終えた直後の写真では、赤矢印の先端にピンボケだけど卵が写っている。

f0031682_11424493.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒガンバナの場所に行く途中、メスグロヒョウモンのメスが飛んできて、木の根元のミズゴケに止まった。

少し距離があったので、脅かさないようにそっと近づいて撮影。

この写真ではただ止まっているようだけど、もしかしたら近づく前に産卵行動をしたのかなと思う。

f0031682_11424444.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影後は飛んで行ってしまった。

ヒガンバナの場所に行くと、予想通りまだ咲いていてくれた。

f0031682_11423732.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ただ蝶は何も来ていない。

周囲の様子を見ていると、家内がゴマダラチョウが産卵しているという。

駆け付けた時にはもう飛んでしまったけど、家内はかろうじてその様子を撮影していた。

f0031682_11423758.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ヒガンバナの場所をうろうろ探していると、家内が呼んでいる。

急いで近づくと、ミヤマカラスアゲハがいるという。

木の陰で見えないのでそっと近づくと、かなり傷んだミヤマカラスアゲハが吸蜜していた。

f0031682_11423798.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


残念だけど、この場所は花の鮮度と蝶の鮮度が一致しないことが多いので、撮れただけでも良しと割り切って撮影する。

f0031682_11423762.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず撮れたので少し移動すると、畑の縁にヒガンバナが咲いていてアゲハやキアゲハが来ていた。

f0031682_11422822.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_11422830.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮っていると家内が、ヒガンバナがたくさん咲いている場所が見えるというのでそちらに歩いていくと、誰かが蝶を探しているのが見える。

近づくとこちらに向かって手を振っている。

どうもphotobikersさんのようだ。

挨拶をして一緒に探すけど、蝶の姿がない。

帰らないといけない時間が近づいてきたので、photobikersさんに挨拶をすると、目の前を指さしてヒメウラナミジャノメが交尾してますよと教えてくれた。

f0031682_11471725.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


車に戻る途中で、ヒョウモンが飛んできて足元に止まった。

見るとミドリヒョウモンのメス。

しかも産卵行動をしている。

f0031682_11422804.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


咄嗟に撮影するけどすぐに飛んでしまった。

写真を確認しながら、ミドリヒョウモンって木の幹に産卵するんじゃなかったっけ。
この個体は下草の間に産卵したけど、これって珍しいのかな、それともよく知らないだけで普通にあることなのかなと言う疑問がわいてきた。

ネットや生態図鑑などで調べてみると、こういった産卵例も多くはないけどあるようだった。




by dandara2 | 2018-10-11 11:53 | 産卵 | Comments(4)
Commented by Farfalla65 at 2018-10-12 09:00
ヒョウモン類やゴマダラチョウなど
いろいろな蝶の産卵風景が見られて
勉強になりました。ゴマダラチョウ
はエノキでしょうか。エノキのよう
なそうでないような??
ヒガンバナが随分遅くまで咲いてい
るのですね。
Commented by ダンダラ at 2018-10-12 17:37 x
Farfallaさん、これからの時期はツマグロヒョウモンを始めタテハ類の産卵が見られるようになりますね。
この時は見られませんでしたが、これからだとヒメアカタテハも産卵するかもしれませんね。
ゴマダラチョウの産卵していたのは、写真でははっきりしませんがエノキです。
ここの彼岸花は他の場所が終わったころにピークになってくれるのですが、その分アゲハが痛んでしまうのが難点です。
Commented by fushiginomori at 2018-10-13 09:16
秋は蝶たちの産卵の季節でもあるのですね。
千葉県では台風24号の塩害の影響がかなりあります。
木や草も風に当たった方だけ枯れているところが目立っています。
Commented by ダンダラ at 2018-10-13 11:04 x
不思議の森さん、秋は夏眠したヒョウモン類の産卵の時期になっていますね。
種によっていろいろな産卵形態がありますが、なかなか狙って撮影できないのが難しい所です。
千葉県の塩害、千葉ではなかったですが、塩害で発火したりとかいろいろな被害がありましたね。
こちらでも木が倒れたりしていましたが、そうでなくて風に当たっても木の一部が枯れてしまうのだと、被害は広い範囲でしょうから大変ですね。


<< 小畔川便り(台風の後:2018...      秋の川原へ-2(ツマグロキチョ... >>