2018年 08月 15日

小畔川便り(ギンイチ3化:2018/8/10)

台風13号が関東に向かってきていたので、8日、9日と予定していた遠征はキャンセル。

8月10日は3日ぶりに天気が良くなった。

窓から見える関越道は金曜日なのに朝6時前から大渋滞。

朝食後、ふと下の川原を見ると、川原に少し大きめの蝶が飛んでいる。
モンキチョウではなくてキアゲハのようだ。

アカツメクサで吸蜜している。

のんびりしていると飛んで行ってしまいそうなので、掃除の途中だったけどカメラをもって急いで外に出る。

何とか間に合ってアカツメクサで吸蜜するキアゲハの写真が撮れた。

f0031682_21450960.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21450902.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家の用事を済ませた後、下流側の川原の様子を見るために再度出かけた。

途中の花壇でもキアゲハが吸蜜していた。

f0031682_21450931.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21450915.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21450901.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


春先にモンキチョウを撮影する場所では、草が茂っていて何もいない。

それでギンイチのいる場所に戻ってみることにする。

河原に降りようとしたらギンイチがよたよたと飛んできた。

羽化間もないオスのようだ。

f0031682_21450115.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21450024.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


草の間に隠れるようにして止まっている。

f0031682_21441685.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


周囲を探すけど、この個体しか見つからなかった。
まだ出始めたばかりのようだ。

キバナコスモスの咲き始めた場所に行くと、この前と同様キアゲハが吸蜜に来ている。

f0031682_21445092.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21441606.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21441600.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


夏型のメスだからかずいぶん黒い。

f0031682_21441651.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キアゲハが吸蜜しているところにツマグロヒョウモンのオスが飛んできた。

f0031682_21450045.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21450128.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キアゲハも少し驚いたようだけど、そのまま吸蜜を続けた。

f0031682_21450139.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


大好きなギンイチモンジセセリが出るようになると、しばらくは川原の撮影も楽しみになる。

この日はヒメアカタテハの姿は見られなかった。



by dandara2 | 2018-08-15 05:59 | 初見日 | Comments(8)
Commented by naoggio at 2018-08-15 10:21 x
ここまで新鮮なギンイチモンジセセリが撮影できるというのはやはり地の利ですね。
このところ安定して発生しているようで良かったです。
夏型のキアゲハのメスは見応えがありますね。
私もどこかで出会えないかなと思っています。
Commented by clossiana at 2018-08-15 15:31
炎天下の河原と言えば、それだけでビビッてしまいそうですが、それでも出撃が可能なのはやはり、ご自宅が近いからでしょうね。先日、盆前に鬼怒川の河原に行ってきたのですが最初は風に吹かれてまぁまぁだったのですが最後は汗びっしょりで何もかも気力が失せてしまいました。でもギンイチが見られるなら頑張り甲斐がありますね。3化の出始めとすれば例年に比べて早いですか?
Commented by photobikers at 2018-08-15 22:15
小畔川のギンイチモンジセセリは何時も早いですね。
それにピッカピカですね。
荒川では生息範囲が大きすぎて、この猛暑では
探しに行けません。 連日「命に係わる問題です。」
と放送される、日本で○○○○暑い場所、いるのが
解っていても躊躇します。 むしろ小畔川へ遠征
したいくらいです。(笑い)
Commented by ダンダラ at 2018-08-15 22:19 x
naoggioさん、小さな川ですけど、ギンイチモンジセセリが生息していて、そろそろ発生が始まりました。
草刈りの仕方が少し変わって、刈り残すところがあるので安定して発生することができるようになったようです。
キアゲハは、川原に行けば必ずキバナコスモスで吸蜜していてくれるので、ギンイチがいなくても安心して撮影に出られます。
食草の関係か河川敷には多いですね。
Commented by ダンダラ at 2018-08-15 22:24 x
clossianaさん、ほんとに暑いですね。
外に出るにはよしっという気合がいりますね。
ギンイチは自宅前の土手に出たらもう飛んでいるので、なんとか行く気になります。
我が家の前での発生は、例年8月下旬(24日頃)なので10日以上早いですね。
Commented by ダンダラ at 2018-08-15 22:28 x
photobikersさん、ここは小さな川なので、ギンイチの発生範囲も自宅からせいぜい10分も歩けばすべてをカバーできてしまいます。
今だと、玄関を出て1分で4,5頭がちらちら飛んでいますよ。
ここ数日は気合を入れて飛翔撮影にチャレンジしています。
ほんとに暑いですね。
熱中症にならないように注意してください。
Commented by yurinBD at 2018-08-16 10:16
夏のギンイチの姿、とても暑い中にいると思いますが、爽やかさを感じます。
キアゲハは元気ですね!
北方系・山頂好きなのに、平地でも元気イッパイで適応力が強いのですね~
キバナコスモスとキアゲハは色のマッチングもよく、似合いますね。
Commented by ダンダラ at 2018-08-16 22:26 x
悠凜さん、ギンイチも例年であれば3化は8月下旬の出現なので、そろそろ秋の蝶が始まるかなという気になるのですが、今年はまだ暑い盛りで、少し感覚が狂います。
キアゲハは確かにおっしゃる通りですね。
高原に行っても元気に飛んでいますよね。
ここでも毎日楽しませてくれていますし、確かにキバナコスモスとはよく似あいますね。


<< 小畔川便り(アゲハとキアゲハ:...      小畔川便り(ヒメアカタテハ産卵... >>