2018年 07月 25日

北海道旅行-1(カラフトルリシジミ:2018/7/14)

7月13日から16日は、40年くらい前にフィルムで撮ったカラフトルリシジミとアサヒヒョウモンを、デジタルで撮りなおすために北海道に行ってきた。

関東は晴れて暑いけど、北海道はそれまでずっと雨。

13日に空港に着くと、雨はちょうど上がったようだけど、厚い雲に覆われている。

ポイントの近くに宿をとったので、宿に入る前に登山口の様子と車を止める場所を確認する。

かなり擦れたエゾシロチョウがチシマフウロで吸蜜していた。

f0031682_18264818.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


翌日は、9時くらいから登り始める。

登山道はかなりの急傾斜。

f0031682_18264801.jpg

それでも1時間20分くらいでポイントに着く。

ナキウサギの撮影に来ている方が2名ほどいらした。

周囲を見渡すと、最初に目についたのはコヒオドシ。

f0031682_18264810.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影するのは久しぶりだ。

次に目についたのはナキウサギ。
撮影中も顔を出してはキュッ、キュッと元気よく泣いていた。
そのうちに、小灌木の葉を噛み切って巣に運び入れていた。

f0031682_18262691.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


撮影している人に教えたら、「今日はそのシーンが撮りたかった」と言って喜んでいた。

肝心のカラフトルリシジミは、岩場の周囲をちらちらと飛んでは、チシマフウロなどに吸蜜に来たり、岩の上で日光浴をしていた。

f0031682_18264848.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


シャッターを押して、やれやれこれでやっと一つデジタルで撮影できたと喜ぶ。
f0031682_18264857.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18372677.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18262635.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翅を開いた時には思ったより翅表が暗いのにびっくりしたけど、角度によって明るさは変化するようだ。

f0031682_18372644.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18372629.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18263345.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_18264014.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


地衣類の近くで翅を開くと、いかにも北の高山という感じがしていい。

f0031682_18263398.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_18262654.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


飛び上がったところも撮れていた。
f0031682_18263416.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ある程度撮れたので、11時少し過ぎには下山を始めて(後で考えてみれば、撮影していたのは1時間もなかった)、翌日の撮影ポイントの下見をしながら130kmくらい先の次の宿まで移動した。



by dandara2 | 2018-07-25 18:46 | 吸蜜 | Comments(16)
Commented by Farfalla65 at 2018-07-26 10:30
カラフトルリシジミ可憐で、美しい
ですね。吸蜜や飛翔の写真がきっち
り撮影され、うっとりします。
私は山に登らず、平地?を1時間半
歩いて、霧雨の中やっと叩き出しで
撮影しました。帰りの飛行機が間に
合わなくなりそうでひやひやでした。
Commented by photobikers at 2018-07-26 12:45
40年ぶりで再会できたカラフトルリシジミが新鮮個体で楽しめましたね。遠征に成功が付きものとは限りませんよね。撮り直しのきかない状況で見事に撮影できましたね。地衣類での撮影‘北の高山’が伝わってきました。
相変わらず奥様の撮りはぐれのない映像に癒されます。続編を期待しています。
次の移動の距離が遠いのにも驚きです。
Commented by ダンダラ at 2018-07-26 19:48 x
Farfallaさん、ありがとうございます。
平地の方にいらしたのですね。
カラフトルリシジミは結構撮影のタイミングが難しい蝶ですね。
それに天気にも泣かされますね。

Commented by ダンダラ at 2018-07-26 19:53 x
photobikersさん、ありがとうございます。
北海道や八重山は前もって予約するので、目的の蝶が撮影できるかどうかはギャンブルですね。
効率よくはないですが、何度も足を運ぶしかないみたいです。
北海道はどこに行くにも遠いです。
Commented by 22wn3288 at 2018-07-27 07:35
チシマフウロで吸蜜するカラフトルリシジミ 綺麗ですね。
地衣類に止まる姿もいいですね。
北海道の雰囲気を伝えてくれました。
Commented by yurinBD at 2018-07-27 12:45
岩にとまるコヒオドシ、背景がシンプルなだけにとても綺麗ですね!
ナキウサギも可愛らしさタップリですね。
カラフトルリシジミ表翅のブルーは独特な色合いですね、美しいです。
薄紫の花がとっても似合っています、美しい蝶景です。
ラストの飛び上がりのお写真、とてもクリアでお見事です!
Commented by ダンダラ at 2018-07-27 20:01 x
旅友さん、ありがとうございます。
フウロの仲間も本州のものより花も大きく、より見栄えがするように思います。
地衣類に止まる蝶は北海道以外ではあまり撮影した記憶がないので、これもうれしいです。
Commented by ダンダラ at 2018-07-27 20:04 x
悠凜さん、ありがとうございます。
おっしゃるようにコヒオドシも翅の色が際立って見えました。
カラフトルリシジミの翅表は、色々に変化して、個体差なのか光線の加減なのかよくわかりませんでした。
チシマフウロは花も大きく、見栄えのする花ですね。
カラフトルリが小さな蝶なので、より花が大きく見えました。
Commented by naoggio at 2018-07-28 08:38 x
カラルリの素晴らしいデジタル撮影成功おめでとうございます。
チシマフウロでの吸蜜、岩肌に止まる姿、この蝶の魅力を改めて感じました。
翅表の少しくすんだカラルリブルーも本当に綺麗です。
苦労して登られた甲斐がありましたね。
コヒオドシも綺麗です。本州産のものよりやや明るく感じますが、どうでしょう?
Commented by ダンダラ at 2018-07-28 09:54 x
naoggioさん、ありがとうございます。
デジタルで撮りなおさなくてはいけない蝶も、後アサヒヒョウモンだけになりました。
今回は撮影できなかったので、また来年仕切り直しと言ったところです。
カラフトルリはナキウサギがいる傍らをちらちらと飛んで可愛らしかったです。
コヒオドシは、おっしゃるように本州のものよりは明るく、オレンジがより目立つように思います。
Commented by fushiginomori at 2018-07-28 16:58
カラフトルリシジミ、素晴らしいですね。憧れの蝶です。
私は、モンゴルで楽して見てきましたが、裏の紋が違うのです。
北海道産の滴のような形の紋は、とても魅力的だと思います。
Commented by clossiana at 2018-07-28 17:07
私もfushiginomoriさんと同じでカラルリは翅裏の方が好きです。特に流れ紋のような模様です。ですので6枚目が羨ましいです。翅表は深い青でスギルリのような色合いかと思っていましたが角度によって明るくなるのですか。。角度と言えばナキウサギの背面からの写真は初めてみたような気がします。背面も丸っこくて何か可愛いですね。
Commented by himeoo27 at 2018-07-29 09:05
警戒心が強く早朝や、曇天しか見かけにくい
可愛い「ナキウサギ」の餌を運ぶ後ろ姿
上手く撮りこみましたね!
我が家では私以外チョウより哺乳類好きなので
この写真に眼が釘付けになりました。
Commented by ダンダラ at 2018-07-29 09:30 x
不思議の森さん、モンゴルで撮影されたんですね。
なるほど、裏面の模様が違うんですね。
あまり意識しませんでしたが、色々な場所で見てこられると、微妙な違いも撮影の思い出とともに懐かしく思い出されるでしょうね。
Commented by ダンダラ at 2018-07-29 09:33 x
clossianaさん、確かに裏面は魅力的ですよね。
蝶は表面よりも裏面にいろいろな工夫がされていて、その種の特徴がよく表れていますね。
ナキウサギは、撮影されている方の邪魔をしないように、そっと撮っただけですが、色々な仕草がかわいかったです。
Commented by ダンダラ at 2018-07-29 09:35 x
ヒメオオさん、ここのナキウサギはあまり警戒心が強くなくて、少し離れていればよく姿を見せてくれました。
ご家族は哺乳類が好きなんですね。
きっとナキウサギのかわいい姿に歓声が上がるのではないでしょうか。


<< 北海道旅行-2(ウラジロミドリ...      中信の蝶-2(ミヤマモンキチョ... >>