2018年 07月 05日

キマルリ再撮影-2(2018/6/25)

オオヒカゲの撮影が無事終わったので、キマルリのポイントを目指して移動。

10時半ころに出発して13時半くらいに着いた。

キマルリの保護をしているTさんに挨拶してから、念のためにチョウセンアカシジミの発生木の周りを探してみると数頭の個体がいた。

f0031682_05531403.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここのチョウセンアカは、キマルリの頃には傷んでいるのであまりカメラを向けたことはないけど、今回は案内係なので、まだ残っていて良かったと喜んでカメラを向けた。

その後キマルリの発生地に行く。

時間的にはまだ早いけど、もしかしたらメスが出ているかもしれないし、前回はほとんどカメラを向けなかったヒメシジミも撮影のチャンスがあるかもしれない。

結果的にはメスは出ていなかったし、ヒメシジミは傷んだ個体ばかりで、カメラは向けなかった。

ひたすらうろうろ歩いて、もしかしたら撮れないんじゃないかと悲観的な考えが頭をよぎり始めた15時30分、ようやく1頭が現れてくれた。

f0031682_05531490.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


風があるので、ピント合わせが難しいけど、葉をそっと手で押さえたりしてなんとかphotobikersさんにも撮影してもらった。

この日は、我々二人以外には、地元の方がお一人撮影しているだけでほぼ貸し切り状態。

きちんと飛翔を取り直したいと思っていたので、お二人の邪魔にならないように、というか人の動きを気にしないで済むように少し離れた別の場所で狙うことにした。

ところがなかなかテリハリ個体が現れないし、現れても周囲を飛び回ってばかりでなかなか止まらない。

16時を過ぎた時にようやく撮影のチャンスがあった。

カメラを構えてじっと待つこと数分、ようやく飛び立ってシャッターを押すことができた。

f0031682_05531603.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05531644.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


もう少し青く光ってくれたら最高だけど、ピントが合っているだけでも良しとしないと。
f0031682_05531442.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


モニターで確認すると何とか写っているようだ。

この後も何回かチャンスがあるけど、なかなか納得のいく写真は撮れない。

f0031682_05525842.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


f0031682_05525835.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05525901.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


体が少し隠れてしまう位置に止まった。
飛翔狙いだから飛び出したときに体全体は写るだろうとカメラを構えていると、何かが近くを飛んだ時にそれを追うようにして飛び出した。

f0031682_05530776.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05530707.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


後でモニターを見ると、近くを通り過ぎたのは別のキマルリで、それを追いかけて飛び出す様子が写っていた。

f0031682_05530745.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05530769.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


飛翔を狙っているときに、目の高さに止まった個体がいたので、急いでカメラを持ち替えて開翅を狙う。

f0031682_05530777.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


発生から10日経っているので、多少擦れてはいるけど、それでも思ったよりはきれいな個体だ。

もう少し翅を開いてくれた。

f0031682_05525825.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この後Tさんがお見えになったので、テリハリ位置が高くて開翅が撮りにくいと愚痴をこぼしたら、昨日から低い位置でテリハリする個体がいるというので、その場所に案内してくれた。

見ていると、1頭が飛んできて腰より低い位置でテリハリを始めた。

f0031682_05525879.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


喜んで撮影し、翅表がより光る位置を求めて周囲を回るけど、個体差だろうか鮮度だろうか、期待したほどには光ってくれなかった。

f0031682_05524976.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_05524815.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでも自分一人なので撮り放題。

f0031682_05524988.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


photobikersさんにも電話するけど出ない。
多分荷物の中に入れっぱなしなんだろうと思って、この個体はまだしばらくはここで翅を開いているだろうからと、少し離れた場所まで声をかけに行く。

戻ってきて少し撮影していたら、飛んで行ってヒメジョオンの周りを飛び回っている。
そのうち花に止まった。

二人で駆け寄って撮影。

f0031682_05524947.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これで少しは華やかな開翅シーンが撮れたと大喜び

縦位置にもトリミングしてみたけど、結構よい感じかな。

f0031682_05524836.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


Tさんのお店で食事をし、家内へのお土産も買って無事帰宅することができた。

photobikersさん、お疲れさまでした。



by dandara2 | 2018-07-05 06:12 | 飛翔 | Comments(8)
Commented by photobikers at 2018-07-05 09:41
いや~!素晴らしい飛翔映像ですね。流石です。
緑の背景抜けといい、テリ張感ありきもですね。
最後の花に訪花してくれたのも良かったです。 なんか、お土産を戴いた感じでした。 当日は本当にお疲れ様でした。
Commented by yurinBD at 2018-07-05 12:53
キマルリは表、裏ともに魅力的な蝶ですね。
飛び出し飛翔の様子を捉えられ、さすがです!
一度しか出会っていませんが、その際は素早すぎて飛翔は撮れず、将来課題として残っています。
花どまりのキマルリ、美しいです!
Commented by ダンダラ at 2018-07-06 05:53 x
photobikersさん、ありがとうございます。
再度出かけたおかげで、前回うまく撮影できなかった飛翔が撮れました。
人が少なくて、チャンスを生かせたのが幸いしました。
最後に、花に止まってくれたのはほんとにラッキーでしたね。
花での全開翅はなかなかチャンスがないです。
Commented by ダンダラ at 2018-07-06 05:58 x
悠凜さん、ありがとうございます。
おっしゃるように、キマルリは表も裏も魅力的で絵になりますね。
飛翔はほんとに速くて、目で追うのも大変なくらいなので、キャプチャーモードのあるカメラでないと撮影は難しいです。
なんとか撮れてよかったです。
花どまりのキマルリは、最後の最後になって撮れましたので、満足して撮影を切り上げることができました。
Commented by 22wn3288 at 2018-07-07 08:43
キマダラルリツバメの飛翔がいいですね。
2頭が写っているのが素敵です。
白い花に止まる姿は綺麗ですね。
光の角度が少し違うと紫色の輝きが上手く見れないように思います。良い位置を見つけるのも難しいですね。
Commented by ダンダラ at 2018-07-07 11:57 x
旅友さん、ありがとうございます。
今回の再訪の目的の一つがキマルリの飛翔の撮影でしたので、何とか写ってくれました。
2頭が写っているのは偶然ですが、良い一瞬が撮影できたと喜んでます。
キマルリの飛翔は速いので、こんなシーンが撮影できるのは最近のカメラのおかげです。
確かにキマルリの翅表の輝きは、角度によってもずいぶん違いますね。
Commented by midori at 2018-07-07 17:40 x
キマルリ再訪されていたんですね。
発生初期より、少しずらした方がジックリ撮れますよ
ね。でも、ここへ来られる方は、マナーがいいので、
案外満足いく写真が撮られますね(*^_^*)。
“弾丸ブルー!”の飛翔写真お見事の一言です。
いつか、連写中に当たらないかな~(笑)!?
Commented by ダンダラ at 2018-07-07 21:55 x
midoriさん、色々あって再度行くことになりました。
おっしゃるように人が少なかったのでじっくりとれました。
思ったほどに鮮度が落ちていなかったのも収穫でした。
連射中ですか~、シャッタースピードもそれなりにしておかないと、当たったけどがっくりなんてことにもなってしまいますよね。
キマルリを納得いくように撮るのはなかなか難しいですね。


<< 小畔川便り(ギンイチ2化:20...      キマルリ再撮影-1(栃木のオオ... >>