2018年 06月 30日

近くのオオムラサキ(2018/6/24)

6月24日はオオムラサキを見に、春先にコツバメを撮影する公園に行く。

家内の実家が山梨県だから、今まではそっちにオオムラサキを撮影に行っていて、ここには来たことはなかった。

ここではオオムラサキの保護のために、越冬幼虫を集めて、ネットをかけて飼育、保護している。

ネットをかけて飼育し羽化した個体を撮影しても仕方ないなと思っていたけど、地元のオオムラサキの様子を見ておくことも大切かなと思って出かけてみた。

現場に着くと、係の人が今朝羽化した個体がいますよと教えてくれた。

行ってみると7,8人の人がカメラやスマホを構えている。
その先を見ると、羽化したオオムラサキがいた。

f0031682_11551953.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず撮影して、周囲の様子を見に行くけど、樹液の出ている木もないし、オオムラサキ自体も見つからない。

最初の場所に戻ると、先ほどの人たちがまだカメラを構えていた。

裏側に回ると、蛹に止まっている様子がよくわかる。

f0031682_11551967.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


係の人が息を吹きかけると少し翅を開いた。

f0031682_11551961.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


蛹に止まっている様子も撮影できたので、もう少し周囲の様子を見てから帰ることにする。

歩いていると、ムラサキシジミがクヌギの周囲を飛んでいる。

f0031682_11551006.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


様子を見ているとどうも産卵したいらしい。

産卵態勢をとったところを撮影する。

f0031682_11551918.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内は葉の裏に腹部を曲げる様子も撮影していた。

f0031682_11551001.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ついでに飛び立つところも撮影する。

f0031682_11551931.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_11551077.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ホソオチョウの幼虫の様子などを見ていたら、ヒョウモンがいるという。

見るとメスグロヒョウモンのようだ。

f0031682_11551038.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


木の間からなので撮影しにくいけど、なんとか証拠写真を撮影した。

f0031682_11551097.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


帰りがけに、孫の大好きなお店のマフィンと、これまた大好きな燻製屋さんのビーフジャーキーを買って帰る。(ここに来た目的の半分はこの買い物かな)




by dandara2 | 2018-06-30 12:06 | 産卵 | Comments(2)
Commented by yurinBD at 2018-07-01 23:47
オオムラサキが羽化する季節になったのですね、蝶のシーズンが始まると季節の進行が速いですね。
羽化直後に蛹にとまっている様子が良いですね♪
ムラサキシジミの産卵シーン、お見事です!
Commented by ダンダラ at 2018-07-02 13:06 x
悠凜さん、季節はどんどん進んで、とうとうオオムラサキの時期になりました。
もう少しすれば高原の蝶の時期になりますね。
ムラサキシジミの産卵は、ストックを見てみたらこの時期が一番撮影していました。
新芽が出ていて、ムラサキシジミも1化が産卵の時期になるからでしょうね。


<< キマルリ再撮影-1(栃木のオオ...      小畔川便り(オオチャバネセセリ... >>