2018年 06月 17日

2018年の北海道遠征:6月-2

アカマダラの撮影が終わって移動しようとしたら、目の前のカンゾウの仲間にカラスアゲハが来ていた。

f0031682_18524414.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


すぐに飛んでしまったけど、隣のウツギの木にはミヤマカラスアゲハの姿も。

f0031682_18524420.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


光線の向きが悪く、きれいな翅表の輝きが撮れなかったのは残念だ。

f0031682_18524479.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後少し移動。

気になっていた場所に車を止めて、周囲の草地を見てみるとタンポポにチャマダラセセリが来ていた。

f0031682_18523695.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


全く予期していなかったので、エッ!! と思って、間違いないよなと思わず見直してしまった。

チャマダラセセリは、本州での撮影場所が、草が茂って撮影できなくなってしまったので、もう7年くらい撮影していなかった。

北海道にいることは知っていたけど、細かなポイントとか、発生時期は把握していなかったので、まさかそのチャマダラセセリが、目の前にいるとは思わなかった。

f0031682_18522977.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ちゃんと裏面も撮影。
f0031682_18524464.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


かなり興奮しながら何枚か撮影して、ふと横のタンポポを見ると、カラフトタカネキマダラセセリが吸蜜している。

f0031682_18524337.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これも全く意識していなかったので、予想外の展開。
f0031682_18523713.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヤッター、これでカラフトヒョウモンが撮れなくても、多少雨にたたられても、なんとか北海道に来た甲斐があったと思えそうだと大喜び。

家内がまだ追いついてきていないので、姿が見えたら大声で呼んで手を振ってしまった。

その後は二人で撮影。

f0031682_18523722.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


f0031682_18523690.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_18523639.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200



f0031682_18522906.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18522981.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18522995.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


f0031682_18523058.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


f0031682_18522220.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


何頭かの個体がいて、そのうちの一頭が産卵しているように見える。

f0031682_18522231.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これはチャンスと撮影するけど、はっきりとした産卵写真は残念ながら撮れなかった。
f0031682_18522259.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18522302.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体は砂利の間から吸水していたようだった。

f0031682_18522366.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


3日間北海道に来て、たった3時間半の撮影だったけど、最後の日に撮影が出来て、気分良く帰ることができた。



by dandara2 | 2018-06-17 09:31 | 産卵 | Comments(20)
Commented by mikiosu at 2018-06-17 13:11
こんにちは。
チャマダラセセリは可愛いですね♪
カラフトタカネキマダラセセリはいつか見てみたいと思っていたので羨ましいです。
アップももちろん良いですが、広角シーンが撮れるとさらに良いですね!
Commented by yurinBD at 2018-06-17 13:11
ミヤマカラスアゲハの複雑な色合いはやはり魅力的です。
とても綺麗なミヤマカラスアゲハですね♪
北海道のチャマダラセセリと出会えて良かったですね!
裏翅のデザインは大好きです。
カラフトタカネキマダラセセリ、表翅のイエローがとても珍しく感じます。
裏翅の模様も独特ですね~♪
Commented by photobikers at 2018-06-17 21:23
うわ~! 見たことが無いセセリがいっぱい掲載してある。 見ている此方が興奮します。 只々、う~ん,,,,, 状態です。
ミヤマカラスアゲハもまったく新個体ですね。 こんなに綺麗に撮れるのですね。
流石奥様、いつも撮り逃がしがないですね。 勉強になります。
Commented by dragonbutter at 2018-06-17 23:00
3時間半でこの成果とはさすがです。
チャマダラは白斑が大きくて本州産とはだいぶ雰囲気が違いますね。
カラフトタカネキの金ぴかの前翅もまばゆいです。

Commented by さっちゃん♪ at 2018-06-18 06:51 x
おはようございます。
凄い!凄い!
嬉しい出会いって何だろう?と思っていましたが
チャマダラセセリと日本一名前が長いカラフトタカネキマダラセセリとはラッキーでしたね♪
険しい山に1時間登ってやっと撮影できた私でしたが平地にもいるのですね。羨ましい〜!
北の大地に行ってよかったですね。
Commented by 22wn3288 at 2018-06-18 08:39
チャマダラセセリとカラフトタカネキマダラセセリに出会えるとは大成功の遠征でしたね。
素晴らしい成果ですね。
Commented by Farfalla65 at 2018-06-18 08:56
3日間の最後の日が天気が回復し、素晴らしい
北の蝶との出会いがたくさんあって良かったで
すね。それも僅時間半の間ですか。奥様の撮影
されたチャマダラセセリもきれいですね。ご夫
妻の蝶旅行うらやましいです。
Commented by ダンダラ at 2018-06-18 14:29 x
みき♂さん、ありがとうございます。
チャマダラセセリはおっしゃるようにかわいい素敵な蝶ですよね。
本州でも手軽にみられるといいと思いますが、最近は難しいですね。
カラフトタカネキマダラセセリも素敵な蝶ですよね。
将来出会いがあるといいですね。
Commented by ダンダラ at 2018-06-18 14:31 x
悠凜さん、ミヤマカラスアゲハは何回か撮影のチャンスはあったのですが、止まる場所が目線より高くうまく撮れませんでした。
おっしゃるようにきれいな蝶ですよね。
チャマダラセセリは、本州でうまく撮影されていたんですよね。
それこそ素晴らしい出会いでしたね。
Commented by ダンダラ at 2018-06-18 14:34 x
photobikersさん、ありがとうございます。
北の大地も、南の島も魅力的な蝶が多いですよね。
家内は、私が見逃してしまうような蝶でも、ちゃんと撮影しておいてくれるので、ほんと助かってます。
ついあてにしてしまったりしますが・・・
Commented by ダンダラ at 2018-06-18 14:37 x
dragonbutterさん、ありがとうございます。
最後に撮影できなかったら、ほんと悲惨でした。
天気が悪いと嘆いていましたが、その後の北海道の天気を見ると、この一日の晴れはほんとにラッキーだったんだなと感じています。
チャマの白斑、そうですか。
久しぶりに見たので、小さいのには驚きましたが・・・後で写真を見比べてみますね。
Commented by ダンダラ at 2018-06-18 14:39 x
さっちゃん♪さん、ありがとうございます。
チャマは本州での撮影はかなりやばそうだなと思っていた矢先だったので、撮影できてほんとうれしかったです。
以前に北海道で撮影されていたんですよね、ブログを拝見しなおしてわかりました。
やはりうれしい出会いですよね。
Commented by ダンダラ at 2018-06-18 14:42 x
旅友さん、ありがとうございます。
この2種の出会いがないとかなり寂しい成果でした。
でも、先のことはわからないので、アカマダラが撮影できた時点で満足して、かなり穏やかな気持ちになっていたので、そんな欲のなさが幸いしたのかもしれません。
Commented by ダンダラ at 2018-06-18 14:45 x
Farfallaさん、ありがとうございます。
ほんとにこの一日の晴れは、あとで振り返ると貴重な一日で、そこにたまたま当たってくれたのが良かったです。
家内も最近は蝶の撮影を楽しんでくれるので、フィールドに出ていても、余計な気を遣わずに撮影に専念できて、感謝しています。
Commented by clossiana at 2018-06-18 15:08
チャマダラを撮影していて「ふと横のタンポポを見ると、カラフトタカネキマダラセセリ」ってところが北海道の何ともすごいところですね。それにしてもこの両種が同じ時期に見られるってのは初めて知りました。季節的には何か少し不思議な感じがします。ところでカラフトヒョウモンはどうしたのでしょうね?時期から言えば適期に思えるのですが。。
Commented by ダンダラ at 2018-06-18 22:47 x
clossianaさん、ほんとにそうですね。
北海道のことはほとんど知らないのですが、やはりこの両種が同じ時期に見られるのは少ないのでしょうか。
今回は時期的に、アカマダラの春型は撮影が難しくて、カラフトヒョウモンがびったりかなと思っていたのですが、比較的新鮮なアカマダラが見られたことが少々びっくりでした。
チャマダラセセリも本州では1か月前が撮影の時期ですよね。
7月にも再度北海道に行きますので、カラフトヒョウモンに会えるか楽しみです。
Commented by maximiechan at 2018-06-19 05:41
前の記事での「うれしい出会い」という予告がこれらだったのですね。
特にチャマダラセセリは確かに自分の知っている北関東の有名ポイントは草や木が大きくなりすぎて期待できなくなってしまいました。
北海道でも数が減っていると聞いたことがあります。また時期的にはもう少し早いのではと思っていましたが、素晴らしい出会いでしたね。特に産卵しているように見える個体はくっきりした斑紋の美形です。前の記事のアカマダラも素敵です。
来年は北海道に是非とも行きたくなりました。そうそう一番見てみたいのはジョウザンシジミなのです。
Commented by fushiginomori at 2018-06-19 17:22
チャマダラセセリにカラフトタカネキマダラセセリ、どちらもとてもかわいらしい蝶ですね。
特にチャマダラセセリの、一所懸命翅を伸ばしているように見える仕草がとても愛らしく感じます。
濃縮された3時間半だったのですね。
Commented by ダンダラ at 2018-06-19 21:08 x
maximiechanさん、はい、特にチャマダラセセリは全く考えていなかったので、びっくりしました。
北海道在住の方のブログでは5月中に撮影されていたので、いつかは機会を作って撮影に行きたいと思っていたものでした。
ジョウザンシジミですか、素晴らしい蝶ですよね。
時期とポイントをしっかり把握されれば、可能性は大きいと思います。
Commented by ダンダラ at 2018-06-19 21:12 x
不思議の森さん、そうですね。
どちらもベニシジミよりは小さい可愛らしい蝶です。
チャマダラセセリはおっしゃるようにとてもかわいいし、めったに見られない蝶になってしまったので、こんな偶然の出会いはとっても嬉しいものでした。
今思えば充実した時間でしたが、最初の一時間位は何も成果がなく、今年はダメだったかとかなり落ち込んでいました。


<< 小畔川便り(キアゲハの交尾・吸...      2018年の北海道遠征:6月-... >>